U-mobileのプリペイドプランについて解説 利用開始の流れや注意点

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-mobileのプリペイドプランについて解説 利用開始の流れや注意点

U-mobileプリペイドのプラン

プリペイドSIMとは、事前に料金を前払いすることによって、一定期間利用できるSIMカードのことです。通常の格安SIMとは異なり、電話ができる音声通話SIMは用意されておらず、データ通信専用SIMのみの提供となっています。プリペイドSIMには、SMS対応SIMもありません。

代表的なプリペイドSIMとして、IIJmioが提供している「JAPAN TRAVEL SIM」や、mineoが提供している「Prepaid SIM for JAPAN Travel」など、訪日外国人向けのデータ通信専用SIMカードが挙げられます。これらの訪日外国人向けのSIMカードは、空港のSIMカード自動販売機などで販売されています。

旅行者向けのみならず、「格安SIMカードってどんなものだろう、試してみようかな…」と思った方にも良いサービスです。プリペイドSIMであれば、面倒な開通作業は必要なく、また先払い方式のため、クレジットカードも必要ありません。SIMカードを購入したら、APN設定をするだけですぐに利用することができます。その上、一定期間の使い切り方式であるため、利用期間が終了してしまえば解約の手続きも必要ありません。月額料金がかかる一般的な格安SIMカードの中には、最低利用期間が設定されており、その期間がすぎる前に解約すると違約金が発生してしまうことがあります。プリペイドSIMであればそのようなことは起こらないので、お試しにはうってつけのサービスであるといえます。

しかし、プリペイドSIMの価格は、他の一般的な格安SIMカード(月額料金がかかるタイプ)よりも割高になっています。プリペイドSIMを使って「これからも長期間格安SIMを利用したい!」と感じた方は、月額料金がかかる一般的な契約も視野に入れるとよいでしょう。

U-mobileプリペイドでは、利用期間が「7日間」「15日間」「30日間」の3つのプランが用意されています。いずれのプランでも、一日に利用できる高速データ通信容量は200MBとなっています。お試し用途だけであれば7日間のプランでもよいでしょうが、旅行や一時帰国のために少し長い期間使いたい…という場合もあるでしょう。用途に合わせてプランを選びましょう。

SIMカードのサイズは、標準SIM、ナノSIM、マイクロSIMの3種類が用意されています。購入後にSIMカードのサイズを変更することはできないため、所持している端末に合わせて選ぶことが大切になってきます。

また、ヤマダ電機では、U-mobileが提供する「ヤマダSIM」を販売しています。ヤマダSIMにもプリペイドプラン「Prepaid YAMADA SIM Powered by U-mobile」があり、本家U-mobileプリペイドと同じく7日間、15日間、30日間のプランが用意されています。1日に使える高速データ通信容量や速度、そして価格についても、U-mobileプリペイドと同じ設定です。ヤマダSIMを選択するメリットとしては、相談できる窓口が多いことが挙げられます。ヤマダ電機が窓口となっているため、近くにヤマダ電機があれば、気軽に相談に行くことができます。また、一部のヤマダ電機にはより良いプランやおすすめのスマホ端末について相談に乗ってくれるSIMカウンターが設置されています。プリペイドSIMの使用にあたり、気軽にお店で相談したいという方にとっては、ヤマダSIMはとても安心感のある格安SIMであるといえるでしょう。

U-mobileプリペイドはどんな人におすすめ?

「とりあえず格安データ通信SIMというものを試してみたい!」「ユーモバイルの使い心地を試してみたい!」といった方におすすめです。U-mobileプリペイドであれば、身分証の提示などの手間が必要ないため、気軽に使ってみることができます。

また、普段は海外に住んでおり、短期間のみ日本に帰国してデータSIMを利用したいという場合や、旅行で日本を訪れる場合も、成田空港の自動販売機などで気軽にSIMカードを購入できるため、大変便利です。SIMフリースマホに、空港などで購入したU-mobileのSIMカードを挿して設定を済ませれば、すぐに高速データ通信を利用することができます。

また、普段は家の外でデータ通信を利用することがあまりないけれども、仕事などで急に外でデータ通信できる環境が必要になってしまった!という場合にもおすすめです。U-mobileプリペイドであれば開通作業が必要ないため、余計な時間をかけずにデータ通信を利用することができます。

U-mobileプリペイドはどこで購入できる?

U-mobileプリペイドは、「U-NEXTストア」で購入することができます。U-NEXTストアとは、U-mobileを運営している「株式会社U-NEXT」が提供するサービスを取り扱っているショップのことです。

U-NEXTストア以外で購入できる店舗について、以下に箇条書きにしていきます。

・GLOBAL WiFi 羽田空港店

・GLOBAL WiFi 福岡空港店

・GLOBAL WiFi 関西国際空港店

・羽田空港第1ターミナルのミニストップ

・成田空港SKYカウンター

・春秋航空(国際線航空機内)

・山陽新幹線車内(新大阪〜博多間)

・新宿ワシントンホテル(本館1階)

・ホテルニューオータニ内ビジネスサポートセンター

・ホテルモントレ京都

空港やホテルなど、旅行者が利用しやすい場所が多いことがわかりますね。

また、U-mobileプリペイドのSIMカードが購入できる自動販売機が設置されている場所は以下のとおりです。

・九州佐賀国際空港旅客ターミナル1階到着ロビー

・富山きときと空港国際線到着フロア

・成田国際空港第1旅客ターミナル到着ロビー

・成田国際空港第2旅客ターミナル到着ロビー

・成田国際空港第3旅客ターミナル本館2階出入口

自動販売機で取り扱っているU-mobileプリペイドのSIMカードは、他の店舗で購入した場合とは価格が異なるため、注意が必要です。

U-mobileプリペイドの速度と通信制限

U-mobileプリペイドの速度は、下りの最大速度が225Mbps、上りの最大速度が50Mbpsとなっています。ただし、NTTドコモの225Mbps対応エリアでなければその通信速度は出ないため、注意が必要です。

1日の高速データ通信容量は200MBに設定されていますが、その日のうちに200MBを超えた通信をしてしまった場合、その日の通信速度は200kbpsとなります。通信制限がかかってしまった場合であっても、次の日であればまた高速通信を利用することが可能となっています。

U-mobileプリペイドの料金は?

料金プランは、7日間のプランが1,980円、15日間のプランが2,980円、30日間のプランが3,780円(いずれも税込)となっています。U-mobileが提供し、ヤマダ電機が販売している「Prepaid YAMADA SIM Powered by U-mobile」についても、料金設定は店舗販売のU-mobileプリペイドに準じています。

空港の自動販売機で販売されているU-mobileプリペイドのSIMカードは、店舗で販売されているものとは料金が異なります。7日間のプランが2,500円、15日間のプランが4,000円(いずれも税込)となっています。1日に使用できるデータ通信容量や速度については、自動販売機以外で販売されているU-mobileプリペイドのプランと同様になっています。

U-mobileプリペイドで音声通話は可能?

U-mobileプリペイドを含む一般的なプリペイドSIMでは、データ通信専用SIMのみを扱っています。そのため、電話をすることはできません。U-mobileプリペイドを用いて音声でやり取りしたい場合は、LINEなど、インターネット回線を用いて通話を行うアプリが必要になります。

U-mobileプリペイドの利用開始までの流れ

通常の格安SIMであれば、開通作業(アクティベート)と呼ばれる作業が必要となりますが、プリペイドSIMならば必要ありません。U-mobileプリペイドのSIMカードが手に入ったら、APN設定を行えば、すぐに利用を開始することができます。

u-mobileプリペイドのAPN設定方法

Androidの場合、端末によって多少操作や項目名が異なることがありますが、概ね、「設定」メニュー内の「モバイルネットワーク」をタップし、さらに「アクセスポイント名」、そしてその先の+マークをタップして、必要な情報を入力することで設定が完了します。

AndroidのAPN設定に必要な情報は次の通りです。

・アクセスポイント名(APN) umobile.jp
・認証ID(ユーザー名) umobile@umobile.jp
・パスワード umobile

・認証方式 CHAPまたはPAP

iPhoneの場合は、ひとまずWi-Fiに接続します。そして、「設定」メニュー内の「一般」をタップし、現れるメニューの一番下の「リセット」をタップし、その先の「すべての設定をリセット」をタップして、確認画面の「ネットワーク設定をリセット」をタップします。すると、一旦端末が再起動します。そうしたら、Safariを立ち上げ、画面上部のアドレスバーに「umobile.jp/i6」と入力します。すると、プロファイルのインストール画面になるので、右上の「インストール」をタップします。「承諾」の画面になったら「次へ」をタップ、そして「警告」の画面になったら「インストール」をタップして、最後に「インストール完了」の画面で「完了」をタップします。これで、iPhoneのAPN設定は完了となります。

もし、すぐにWi-Fi環境を用意できない場合は、あらかじめインターネットができるパソコンなどでAPN構成プロファイルをダウンロードしておき、のちほどWi-Fiを繋げたiPhoneのメールアドレスに送信するといった方法があります。

U-mobileプリペイドのSIM返却方法

SIMカードは、U-mobileから貸与されるものという扱いであるため、サービスの利用期間が終了したらU-mobileに返却しなくてはなりません。返却の際は、以下の住所にSIMカードを郵送します。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-3-10 田村駒東京本社ビル 5階
「U-mobile SIMカード回収係」

U-mobileプリペイドに関する注意点

プリペイドSIMは大変便利なものですが、いくつか注意しなければならないことがあります。まず、プリペイドSIMパッケージを購入したら、購入日から30日以内にSIMカードの利用を開始する必要があります。その期間を過ぎてしまった場合、SIMカードの利用ができなくなる可能性があります。

また、U-mobileプリペイドSIMを購入した場合、返品はできません。プラン変更も不可となっています。SIMカードのサイズや利用期間など、きちんと確認してから購入する必要があります。

U-mobileプリペイドでは、SMSの送受信および電話はできません。あくまでもデータ通信専用のSIMカードとなっています。その点にも留意して利用しましょう。