格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

UQモバイルはタブレットでも使えるの?詳細や注意点を紹介します

UQ mobileでタブレット端末の販売はある?

●現在はタブレット販売がされていない

UQ mobileではタブレットの販売を行っていません。WiMAXとのセット購入が行われているだけです。

UQ mobileのSIMをタブレットで利用する場合はSIMカードのみUQ mobileで契約してタブレットは別のところから調達する必要があります。タブレットは新品のものをメーカー購入しても良いですし、中古品で良いものを探すのも良いでしょう。

UQ mobileで利用できるタブレット端末

●UQ mobileで利用できるタブレットは少なくない

UQ mobileで使えるタブレットはこちらのサイトから調べます。

http://www.uqwimax.jp/products/mobile/sim/devices/

全ての機種が並んでいるため、タブレットだけを調べたいときはページ上部にある「端末種別を選択」をクリックして、展開されたメニューから「タブレット」をクリックします。なお、スマホのみの動作確認を調べたいときも同様に端末種別のメニューを展開して「スマホ」をクリックします

こちらが、UQ mobileで動作確認されているタブレットの一覧です。

ASUS ASUS Memo Pad 8 AST21
ASUS ZenPad 10 (Z300CL)
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)
FUJITSU ARROWS Tab FJT21
HP(ヒューレットパッカード) HP Elite x2 1012 G1 for au
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
Qua tab 02
京セラ Qua tab 01
LG Electronics(LG電子) LG G pad 8.0 L Edition
Qua tab PX
SAMSUNG(サムスン) GALAXY Tab S SCT21
SHARP AQUOS PAD SHT21
AQUOS PAD SHT22
Sony Mobile Communications XPERIA Z2 Tablet SOT21
XPERIA Z4 Tablet SOT31

 

基本的にはAndroid端末でのみ動作確認がされているようですね。

タブレット端末でUQ mobileを利用するならどのプランがおすすめ?

●通話ができないので基本的にデータプランを使います

動作確認されているタブレットは、さらに、使える機能と使えない機能を確認することができます。現在は、どのタブレットも音声通話ができないのでデータ専用プランを選びます。

●単体で使うならデータ無制限プラン、Wi-Fi接続との併用やサブ利用ならデータ高速プラン

UQ mobileは選べるプランが少ないという特徴があり、データプランはこの2つだけです。

データ高速プラン:月額980円(税抜)、データ容量は3GB、下りの通信速度は最大150Mbps

データ無制限プラン:月額1980円(税抜)、データ無制限だが送受信の速度は500Mbps

データ高速プランの3GBは動画を観ない限り毎日使っても余るので、普通の生活を想定するなら安くて高速通信が使えるデータ高速プランがおすすめです。

一方でデータ無制限プランの500Mbpsも、低画質(360p)までなら問題ないスピードです。

もし、自宅に回線を引いていない、動画やテレビ電話をたくさん利用する、テザリングもしたいという場合はこちらのプランを選ぶとお得に使えるでしょう。

UQ mobileでタブレットを利用する際の注意点

●タブレットは機能が制限されているものが多い

タブレットの詳細も動作確認端末一覧から確認できます。そして、見てみると音声通話の他にSMSやテザリングが使えない端末もあります。

:SMSが使えないタブレット

ASUS ASUS ZenPad 10 (Z300CL)
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)
HP(ヒューレットパッカード) HP Elite x2 1012 G1 for au
HUAWEI Qua tab 02
LG Electronics(LG電子) LG G pad 8.0 L Edition

 

:UQ mobileメールサービスが使えないタブレット

ASUS ASUS Memo Pad 8 AST21
ASUS ZenPad 10 (Z300CL)
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)
FUJITSU ARROWS Tab FJT21
HP(ヒューレットパッカード) HP Elite x2 1012 G1 for au
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
Qua tab 02
京セラ Qua tab 01
LG Electronics(LG電子) LG G pad 8.0 L Edition
SHARP AQUOS PAD SHT21
AQUOS PAD SHT22
Sony Mobile Communications XPERIA Z2 Tablet SOT21
XPERIA Z4 Tablet SOT31

 

:テザリングができないタブレット

ASUS ASUS Memo Pad 8 AST21
ASUS ZenPad 10 (Z300CL)
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)
FUJITSU ARROWS Tab FJT21
HP(ヒューレットパッカード) HP Elite x2 1012 G1 for au
LG Electronics(LG電子) LG G pad 8.0 L Edition

 

よって、UQ mobileでメール、SMS、テザリングをすべて使いたいならこの2つがおすすめです

LG Electronics(LG電子):Qua tab PX
SAMSUNG(サムスン):GALAXY Tab S SCT21

●SIMカードのサイズを間違えない様にしよう

また、タブレットによってSIMカードや種類が異なるので注意しましょう。SIMカードは基本的にmicroSIMかnanoSIMですが、タブレットは端末との同時購入ができないため、自分でサイズを選ばなくてはいけません。

万が一間違えた時はSIMカードの交換手数料として3000円かかってしまいます。

タブレットはまだまだmicroSIMを使う端末が多いようです。しかし、スマホがnanoSIMに移行しているようにタブレットもいずれnanoSIMが主流となっていくでしょう。その時に備えてあえてnanoSIM+SIM変換アダプター(120円くらい)を購入するのも一つの手です。

:microSIMを使うタブレット

ASUS ASUS Memo Pad 8 AST21
ASUS ZenPad 10 (Z300CL)
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)
FUJITSU ARROWS Tab FJT21
HP(ヒューレットパッカード) HP Elite x2 1012 G1 for au
LG Electronics(LG電子) LG G pad 8.0 L Edition
Qua tab PX
SAMSUNG(サムスン) GALAXY Tab S SCT21
SHARP AQUOS PAD SHT21
Sony Mobile Communications XPERIA Z2 Tablet SOT21

 

:nanoSIMを使うタブレット

nanoSIMを使うのはこの1種だけです。

SHAR AQUOS PAD SHT22

 

:マルチSIMを使うタブレット

VoLTE対応端末の場合はマルチSIMを使います。マルチSIM(VoLTE専用SIM)と普通のSIMも間違えないようにしましょう。

マルチSIMが必要なタブレットはこちらです。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
Qua tab 02
京セラ Qua tab 01
Sony Mobile Communications XPERIA Z4 Tablet SOT31

 

:MediaPad T2 7.0 Pro以外の3種はSIMロックの解除が必須

この4種の内MediaPad T2 7.0 ProはSIMフリーですが、残りの3種はauで売られています。そのため、スマホと同じようにSIMロックがされています。

同じ回線ならSIMロック解除は不要といいたいところですが、マルチSIMを使う端末に限りSIMロックを解除しなくてはいけない仕様になっています。スマホでは徐々に知られるようになっていますが、タブレットでもこのルールを忘れないでください。

●iPadは動作確認されていない

そして、意外なことにUQ mobileではiPadの動作確認がされていません。Apple製品ならどの会社でも対応できる…というわけでは無いようですね。