格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

UQモバイルでiPhoneを利用するために必要な「プロファイル」のインストール方法と注意点まとめ

プロファイルをインストールする理由

iPhoneやiPadなどの、いわゆる「iOS端末」で格安SIMを利用するためには、「APN構成プロファイル」と呼ばれるものをインストールする必要があります。今まで利用したことがない格安SIMをiPhoneで利用する場合に、SIMカードを申し込んで、SIMカードが届いたら最初にやるべきアクションがAPN構成プロファイルのインストール作業です。

■なぜ、APN構成プロファイルをインストールしなければならないのか?

APN構成プロファイルとは、そもそも何かということを理解しておかないと、インストール作業をしなくても良いのではと勘違いされる方がいらっしゃると思います。そもそも「APN」というものは「アクセスポイント名(ネーム)」の略称です。これは、携帯電話端末からインターネットに接続するに当たっての「接続窓口・ゲートウェイ」を指定する方法になります。

■アンドロイド端末ではそんなことしなかったけれど・・・?

今までAndroid端末を利用していたユーザーは、AAPN構成プロファイルをインストールしたことがないかと思います。おそらく、APN設定を手入力で行ってきたことかと思います。

iPhoneでもアンドロイド端末でも、やっていることは基本的に同じで、どのケートウェイを経由してインターネットに接続するか、その行き先を指定していることは変わりません。ただ、アンドロイド端末の場合はそれをすべて手入力で実施することができるのに対して、iPhoneの場合はそれを構成する専用のファイルを端末にダウンロードし、インストールすることで同じ結果をもたらすのです。

つまり「APN構成プロファイルを自作できれば、ダウンロードする必要はない?」と思われるかもしれません。実際、技術問題的にそれは可能ではありますが、ただ面倒なだけです。どの格安SIMでも、自社のホームページで自社格安SIMサービス用のAPN構成プロファイルを配布しています。これを端末にダウンロードしてインストール作業を行うだけなので、非常に手軽です。わざわざ自作でAPN構成プロファイルを作成する必要なんてどこにも無いのです。

■ここまでのまとめ

  1. APN構成プロファイルは、インターネットに接続する際のゲートウェイを指定する作業
     
  2. SIMカードが届いたら最初に実行する作業
     
  3. アンドロイド端末の場合は手入力で、iPhoneの場合はファイルをインストールする
     
  4. MVNOでは自社用のAPN構成プロファイルを無料で配布している
     

プロファイルのインストール手順

それでは、実際にUQモバイルでiPhoneやiPadを利用する際のAPN構成プロファイルのインストール方法について一つずつ解説していきます。

■Wi-Fi接続でSafariを起動し、専用のURLにアクセスする

まず、前提条件としてiPhoneでAPN構成プロファイルをインストールする際には「Wi-Fi接続」を利用できる環境下にあることが必要です。Wi-Fi接続でインターネットブラウザ「Safari」を起動し、以下のURLにアクセスします。

iPhone5シリーズの場合

http:// www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile.mobileconfig

iPhone6シリーズの場合

http:// www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig

  • なぜWi-Fiが必要なの?

せっかくiPhoneが手元にあるのに、わざわざAPN構成プロファイルをインストールするのにWi-Fiが必要な理由は何であるか、その理由は「データ通信が利用できない状態だから」です。

APN構成プロファイルをインストールすることは、「契約中の格安SIMを利用する際に、データ通信を行うための第一の作業」です。つまり、APN構成プロファイルをインストールするためにはデータ通信が必要、けれどもAPN構成プロファイルをインストールできていない状態ではインターネットに接続することができない、というジレンマを抱えている状態なのです。文字情報を入力するだけで良いアンドロイド端末の場合はオフライン状態でも問題ないのですが、単一のAPN構成プロファイルしかインストールできないiPhoneの場合は、乗り換え前の状態でAPN構成プロファイルをインストールしておくことが出来ないのです。

なので、格安SIMによるデータ通信環境下ではない状態でインターネットに接続してAPN構成プロファイルをインストールするためには、無線接続サービスであるWi-Fiを利用するのが一番だということなのです。なお、APN構成プロファイルを事前にダウンロードしておき、オフライン環境下でこれをインストールする方法もありますが、失敗するリスクもありますのでここでは説明しないでおきます。近所のコンビニやカフェで利用できるWi-Fiスポットをあらかじめ調べておき、SIMカードが届いたらいつでも利用できるようにしておきましょう。

■インストールを実行する

ファイルのダウンロードが完了したら、「インストール」と表示されますので、タップしてインストールを開始します。その際、端末にパスコードが設定されている場合は、パスコードの入力を求められます。パスコードを入力して、インストールが完了するのを待ちます。完了画面が表示されたら、「完了」をタップすればAPN構成プロファイルのインストール作業はすべて完了します。

■念のためブラウザを起動してみよう

ただし、場合によってはインストール作業に何らかのトラブルが発生し、APN構成プロファイルを正しくインストール出来ていないことも十分に考えられます。なので、上記の作業が完了したら最初に、Wi-Fi接続環境ではない状態でSafariを起動してみましょう。きちんとAPN構成プロファイルをインストールできていれば、インターネットに接続できているはずです。Safariを起動してもデータ通信が出来ない場合は、一度APN構成プロファイルを削除して、上記の手順をもう一度繰り返しましょう。それでも問題が解決しない場合は、UQモバイルに問い合わせを行いましょう。

インストール時の注意点

次に、APN構成プロファイルをインストールする際の注意点について解説していきます。

■Wi-Fi接続環境を確保する

まず、「Wi-Fi接続環境を確保する」というポイントです。iOSでのAPN構成プロファイルのインストールは、その性質上どうしてもWi-Fi接続が利用可能な環境下でないと利用することができません。これを実現する方法としては「Wi-Fiスポットを探す」というのが一般的です。

近所のコンビニやカフェ、その他の商業施設などでWi-Fiスポットが利用できるかどうかを確認しておきましょう。また、事前に登録等が必要である場合もありますので、その場合はあらかじめ登録を済ませるなどしていつでも該当のWi-Fiスポットを利用できるように準備しておくことをオススメします。

■ダウンロードするプロファイルの種類を間違えない

次に、「ダウンロードするプロファイルの種類を間違えない」というポイントです。iPhone向けのプロファイルは2種類あって、iPhone5シリーズとiPhone6シリーズ(iPhoneSEを含む)ではダウンロードURLが異なります。ご利用のiPhoneに対応したAPN構成プロファイルをダウンロードするようにしてください。

■わからないポイントはサポートに確認を行う

その他、APN構成プロファイルをインストールする上で不明な点がある、もしくはインストール途中およびインストール後に何らかのトラブルが発生した場合は、早めにUQモバイルのサポートセンターに問い合わせを行いましょう。場合によってはちょっとした手違いに気がついて解決できることもありますが、技術的な問題を抱えた状態で素人が当てずっぽうな解決方法を実践したところで事態は解決するわけがありません。余計に事態が悪化してしまう前に、専門家であるサポートセンターの助力を得て、迅速かつスマートに問題を解決しましょう。もちろん、サポートセンターに頼らずに済むのであれば、それに越したことはありません。

利用可能端末について

次に、UQモバイルで利用可能な端末について解説します。UQモバイルで利用可能なiPhoneは以下のとおりです。2016年12月現在

・iPhone5

・iPhone5s

・iPhone5c

・iPhone6

・iPhone6Plus

・iPhone6s

・iPhone6sPlus

・iPhoneSE

■場合によっては利用できない可能性もある

ただし、上記端末を利用する場合においても、条件次第ではUQモバイルで利用できない可能性もあります。主な原因としては「OSのバージョン」が問題になる可能性があります。OSをアップデートした後でデータ通信ができなくなる場合は、APN設定をやり直す、もしくは電源を入れ直した後にデータ通信を再試行するといった解決策があります。詳しい端末の情報についてはUQモバイルのホームページで確認しておきましょう。

プロファイルの削除方法

最後に、APN構成プロファイルを削除する方法について解説します。これは「他社からUQモバイルに乗り換えする時」と「UQモバイルから他社に乗り換えする時」に必要になります。

iPhoneには単一の構成プロファイルしか読み込めないので、別の格安SIMサービスを利用する時にはAPN構成プロファイルを削除して、新しいAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。これは海外旅行中に現地のプリペイドSIMを利用するときなどにも必要な作業となりますので、覚えておくと非常に便利です(そう何度も経験するようなものでも無いとは思いますが)。

■APN構成プロファイルを削除する方法

  1. 手持ちのiPhoneで「設定」「一般」「プロファイル」の順に操作する
     
  2. 「UQ mobile」のプロファイルを選択して「削除」をタップする
     
  3. 確認画面が表示されたら「削除」をタップする
     

■APN構成プロファイルを削除する際の注意点

先程「APN構成プロファイルのインストールは、データ通信を利用する上で最初に行うこと」と説明しています。つまり、APN構成プロファイルをインストールしなければデータ通信が利用できないということになります。

iPhoneでは、アンドロイド端末のように「複数のAPN構成プロファイルを保存しておき、これを任意に切り替えて利用する」という方法が実行できません。つまり、インストールしたAPN構成プロファイルを削除すると、その端末の中に有効なAPN構成プロファイルは残っていない状態になります。そして、APN構成プロファイルを削除している状態ではデータ通信を行うことはできなくなります。つまり、APN構成プロファイルを削除する際には別のAPN構成プロファイルをインストールするための環境、つまりWi-Fi接続環境を確保しておかなければならないということです。

もし、外出先でAPN構成プロファイルを削除して別のSIMカードを使いたいという場合であっても、これを安易に削除してしまうとモバイル通信ができない状態になってしまいます。しかも、対応する新しいSIMカードをカードを利用するためのAPN構成プロファイルをインストールするためのWi-Fi接続環境が確保できない場合、これを確保できるようになるまではモバイル通信が利用できず、非常に不便を強いられます。

なので、例えば前述の「海外旅行中に現地のプリペイドSIMを利用する」という場合には、Wi-Fi接続を利用できる場所に移動してから、現在のAPN構成プロファイルを削除しなければならないということになります。これなら、APN構成プロファイルを削除した後もWi-Fi接続を利用してインターネットに接続することができ、必要なAPN構成プロファイルをダウンロードおよびインストールして、現地SIMでモバイル通信を利用することができるようになります。

■新しいAPN構成プロファイルをダウンロードできるURLを調べておく

もう一つ注意しておきたいポイントとしては「新しいAPN構成プロファイルをダウンロードできるURLを調べておき、Wi-Fi接続環境を確保したらすぐにアクセスできるようにしておく」というポイントです。

APN構成プロファイルは、専用のURLにアクセスしてダウンロードします。基本的に無料でダウンロードすることができますが、問題は「どうやってダウンロードするのか」、その方法をきちんと確保できているかということです。

例えば、UQモバイルの場合であれば前述の2種類のAPN構成プロファイルに、それぞれ専用のURLが割り振られています。そのURLを控えておく、もしくはそのURLにアクセスできるページのURLを控えておくなどしておき、すぐにアクセスできるようにしておきましょう。特に、ページに複数のURLが記載されている場合は、どのURLが目的のAPN構成プロファイルをダウンロードできるURLかということについても把握できるようにしておきましょう。

■APN構成プロファイルを削除できない場合は?

もし、上記の手順でAPN構成プロファイルを削除しようとしてもうまく削除できないという場合は、本当にその方法が正しいものかどうかをもう一度試して確認し、内容に問題がなければメーカーに問い合わせを行いましょう。

構成プロファイルを削除することは、インストールのときほど難易度は高くありません。もし、正しい手順でもAPN構成プロファイルを削除できない場合は端末の技術的な部分が問題になっている可能性が高いです。そのため、何度試行してもおそらくうまくいかないでしょう。

ですが、APN構成プロファイルを削除しない限り、新しいAPN構成プロファイルをインストールすることはできません。これはつまり、新しいSIMカードを用意してもそれを使ってのモバイル通信を利用できないということになりますので、非常に困ったことになります。手早くこの問題を解決するためには、メーカーに問い合わせを行い、適切な対処を行う必要があります。