格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

UQモバイル「ぴったりプラン」のプラン詳細やおすすめポイントについて

UQモバイルのぴったりプランとは?

格安SIMを利用する上では、「どのMVNOに申し込むか」ということだけでなく、そのMVNOにおいて「どのプランに申し込むか」ということも重要になります。各MVNOは、特徴の異なる複数のプランを提供していることが多いです。同じMVNO内でもプランごとにその特徴が異なるので、自分にとって最適なプランを選ぶことが快適なスマホライフを送るために必要になります。

  • UQモバイルのプラン「ぴったりプラン」とは?

UQモバイルが提供する格安SIMサービスのプランの中に「ぴったりプラン」というプランがあります。このプランは音声通話のプランであり、最大の特徴は「1,200円分の音声通話が無料で利用できる」というポイントです。

  • 格安SIMを安く利用できない原因「通話料」

1,200円分の通話料となると、およそ30分の音声通話を利用することで発生します。決して長くはない通話時間であり、毎月それ以上に音声通話を利用するという人は少なくありません。

スマートフォンの音声通話(LINEなどの無料通話機能のあるアプリ等ではない、スマートフォンでの通常の音声通話機能)は、30秒あたり20円の通話料金が発生します。なので、1時間で2,400円の通話料が発生する仕組みとなります。さて、スマートフォンは従来の携帯電話ほどではないにしても、「外出先での音声通話の手段」としての役割を担っています。プライベートから仕事まで、さまざまなスタイルで音声通話機能を必要とすることになります。

格安SIMは、文字通り「安い」のですが、その実態としては「基本料金が安い」と言い換えることができます。大手キャリアと同じ水準のサービスを、半額から3分の1程度の料金で利用することができますので、通信費の節約に大いに役立ってくれます。しかし、大手キャリアを利用していた頃と同じような使い方をして、額面通りの安さを享受できるかと言えば、その限りではありません。

例えば、1日10分の音声通話を利用するとします。そうすると、1日あたり400円の通話料です。これが1ヶ月で12,000円になるのですが、この金額だけでも大手キャリアの基本料金を大きく上回るのではないかと思います。しかし、大手キャリアを利用していた頃には、通話料がそこまで嵩んだことはないという人が多いと思います。

大手キャリアでの契約には「かけ放題」のオプションが付帯しています。あるいは「かけ放題ライト」の場合もありますが、これらは月額料金がプラスされることで、通話料を無料にすることができるサービスです(ライトの場合は条件がありますが)。なので、大手キャリア時代と同じように音声通話を利用していれば、30秒20円のレートでどんどん通話料が加算されていき、請求書の金額に驚かされることになるのです。

  • ぴったりプランは「基本料金の中に通話定額」が含まれている

格安SIMの中には、大手キャリアで言うところの「かけ放題ライト」と同じような、条件付きで通話料を無料にできるオプションサービスを提供していることが多いです。UQモバイルもその一つではありますが、UQモバイルのぴったりプランの場合は「通話定額サービスが一体となったプラン」ということで、選択式で利用するのではなく、あくまでもコミコミのプランとして利用することになるのです。

そうなると気になるのは「本当にこのプランはお得なのか?」というポイントです。ぴったりプランはデータ通信容量1GBの音声通話プランです。この条件と同じプランを、業界最安値の「DMM mobile」と比較してみましょう。DMM mobileの「1GBの音声通話プラン」の月額料金は1,260円です。ぴったりプランは、割引適用で最大13ヶ月間1,980円での利用になります。その差額は720円であり、ぴったりプランには「1,200円分の無料通話」が含まれています。つまり、その差額480円分だけお得に利用することができるプランなのです。

  • キャンペーンにより、さらにお得なプランに変身!

さらに、ぴったりプランはキャンペーン中であり。「無料通話3倍」「データ通信容量2倍」のキャンペーンを適用することができます。つまり、1,980円の月額料金で「3,600円(90分)分の無料通話」と「2GBのデータ通信容量」を利用することができるのです。月額料金の2倍弱の無料通話が利用できますので、非常にお得なプランに変貌しています。

ただし、無料通話は2017年2月利用分までの適用、データ通信容量は最大25ヶ月分の適用となります。これ以降は、「キャンペーン適用時の数字」を基本として解説していきます。

  • 2017年3月からは「おしゃべりプランS」に自動移行

これからぴったりプランに申し込もうと考えている人の場合、2017年3月からは「おしゃべりプランS」に自動移行になることを理解しておきましょう。

  • おしゃべりプランSとは?

あらたに登場する新プラン「おしゃべりプラン」は、従来のぴったりプランの通話定額サービスとは異なる通話定額サービスを盛り込んだ音声通話プランです。従来は「毎月◯円まで」という制限でしたが、おしゃべりプランの通話定額サービスは「1回5分まで、何度でも通話料無料」というサービスに変化します。

これによって、1回あたりの通話時間は制限されますが、月間の上限金額が設定されていないので、音声通話を利用する頻度の高い人ほど恩恵を得られるプランなのです。例えば、1回5分の通話を1日2回利用することを想定します。

プラン名 ぴったりプラン(キャンペーン適用時) おしゃべりプラン
通話料 5分×2回×30日×40円=12,000円 5分×2回×30日×40円=?
オプション 無料通話3,600円分 1回5分までは通話料無料
合計 8,400円 0円

 

どちらのプランも「条件を超過した分に関しては、通常レートで通話料が計算される」という特徴があります。さて、1回5分の通話を1日2回利用したとすると、その本来の通話料は12,000円です。ぴったりプランの従来の通話定額サービスは(キャンペーン内容を含めて)3,600円分なので、差し引き8,400円の通話料がかかります。

一方でおしゃべりプランの場合は合計金額ではなく「1回あたりの通話時間」が条件の対象となるので、5分までの通話は何度でも無料、つまりこの条件下においては通話料が一切かからないということになるのです。

ぴったりプランのオススメポイント!

それでは、移行前のぴったりプランを利用する上でどんな部分がオススメなのかということについて解説していきます。

  • 通話料が安くなる

まずは基本的なこととして、前述の通り「通話料が安くなる」というポイントです。ぴったりプランでは、キャンペーン内容を加味すると毎月3,600円分の通話料が無料になります。それを含めた月額料金は1,980円(割引適用時)であり、非常にお得な料金でスマートフォンと音声通話を利用することができます。

  • 通信速度が昼間でも速い

次に、UQモバイルの特徴として「通信速度が速い」というポイントが挙げられます。

  12時台 20時台 22時台
UQモバイル 8.23Mbps 9.08Mbps 8.69Mbps
IIJmio 0.61Mbps 9.11Mbps 5.98Mbps
楽天モバイル 0.58Mbps 7.51Mbps 3.13Mbps
OCNモバイル 0.49Mbps 4.36Mbps 3.66Mbps

 

上記のデータは、2016年12月某日に当方が測定した、各MVNOの時間帯別の通信速度です。ご覧の通り、UQモバイルは1日を通してほとんど通信速度に変化が見られません。おおよそ8Mbps~9Mbpsの水準を保っています。

しかし、他社は「12時台の通信速度」が極めて遅く、致命的な通信速度であると言えます。どのMVNOもその理論値として100Mbps以上の通信速度を謳っていますが、実際のところは通信環境やユーザー数の多さに依存して、通信速度の実測値は10Mbps前後まで落ち込みます。その中でも特に12時台というのはユーザー数が集中しやすい時間帯であり、通信速度が極めて低い水準となるのです。

多くのMVNOに共通するその特徴を、しかしながらUQモバイルを始めとした一部のMVNOでは全くその特徴が見られないのです。特にUQモバイルは優秀であり、他社に関しては「料金の高いY!mobile」や「新参でユーザー数が少ないMVNO」がほとんどであるのにもかかわらず、格安SIMとしてはベテランの域であるUQモバイルでありながら、昼間の通信速度も快適な水準を保てていることが素晴らしいのです。

  • 1万円分のギフトカードが貰える

最後に、ぴったりプランはキャンペーンサイトからの申し込みで1万円分の「JCBギフトカード」を貰うことができます。

http://www.uqwimax.jp/promotion/uqmobile_lp_23e4dkkdatadtt.html

上記のサイトにアクセスして、そのサイト内で申し込み手続きを開始することでキャンペーンの対象となります。一部のプランは対象外となっているのですが、ぴったりプランは対象となっています。ぴったりプランに申込むのであればほぼ無条件でギフトカードを貰えますので、WiMAXでよく見られるキャッシュバックキャンペーンと比較して簡単にその恩恵を受けることができます。

ぴったりプランはこんな人におすすめ

次に、上記の特徴を踏まえた上で「UQモバイルのぴったりプランは、こんな人にこそ利用して欲しい!」というポイントについてまとめてみました。

  • 音声通話を利用する頻度が多い人

まずは「音声通話を利用する頻度が多い人」です。通話料を大幅に削減して、通信費を節約したい人にとって通話定額サービスが付帯しているぴったりプランは非常に利便性が高いです。

ただし、音声通話をする機会が非常に多い場合だと、通話定額の無料通話分を超過する可能性もあります。その場合でも3,600円分は割引してもらうことができるので、完全に無駄になるというわけではありません。例えば月間100分の音声通話を利用する場合であれば、通話料として計算されるのは10分の通話時間分に相当する400円だけです。本来であれば4,000円の通話料がかかることを考えれば、相当な節約効果があることがわかります。

この「3,600円分の無料通話」を活かせる人こそ、ぴったりプランを利用するべきだと言えます。例えば、7200円分の通話料がかかるという人の場合であれば、後述の「たっぷりプラン」の方がお得に利用できます。しかし、ほとんど音声通話をしない人の場合であれば、このプランの無料通話分がほとんど無駄になり、割高な料金だけが残ってしまいます。なので、このプランの無料通話を活かせる人、つまり毎月の通話料が3600円前後の人が、最もこのプランの無料通話サービスを活かせるのだと言えます。

  • 昼間でも快適なデータ通信を利用したい人

次に、「昼間でも快適なデータ通信を利用したい人」です。UQモバイル全体の特徴として、昼間の通信速度が速いことが挙げられます。今まで「昼間は通信速度が遅くて使いにくい」と感じていた人は、UQモバイルの安定した通信速度を利用することをオススメします。

  • あまりデータ通信量が多くない人

次に、「あまりデータ通信量が多くない人」です。通信速度が安定しているので、気兼ねなくデータ通信を利用したいと考えるかもしれません。しかし、ぴったりプランはキャンペーン適用時でも2GBのデータ通信容量しか付与されていません。

そのため、毎月のデータ通信量が多い人がぴったりプランを利用することになると、月の途中で2GBを使い切ってしまって、通信速度が制限された状態でデータ通信を利用しなければならなくなってしまいます。2GBを少し超える程度であればまだしも、月の半分までにこれを使い切るほどにデータ通信を利用するというユーザーの場合、このプランは利便性が高いとは言えなくなってしまいます。

なので、ぴったりプランを利用する人の特徴としては「スマートフォンを、データ通信用端末としてではなく、音声通話端末として利用する割合のほうが多い」ということが挙げられます。なので、外出先でのスマートフォンの利用は音声通話やメールの送受信など、連絡手段としての利用法がメインになる人が適していると言えます。もし、スマートフォンで動画の視聴やアプリのダウンロードなどを利用したいと考えている場合、このプランではデータ通信容量が少ないので「Wi-Fi」を利用してデータ通信容量を気にすること無くデータ通信を利用すると言ったことが必要になります。

  • 移行後の「おしゃべりプランS」に魅力を感じる人

最後に、「おしゃべりプランS」に対して魅力を感じる人です。現在、ぴったりプランに申込んだ場合、2017年3月に自動的におしゃべりプランSに移行する仕組みとなっています。移行後は「3,600円の無料通話」ではなく「1回5分を何度でも無料通話」というルールに変化します。そちらのルールのほうが利便性が高いというのであれば、今のうちにぴったりプランに申し込んでおき、自動移行でおしゃべりプランSを利用するようにしましょう。

  • 3月以降は従来のプランは利用できないの?

2017年3月以降は、自動的におしゃべりプランSに移行するようなルールになっています。しかし、3月以降も現在のルールでスマートフォンを利用したいという場合には、「my UQ mobile」にてプラン変更を行う必要があります。なお、プランの変更適用は申し込みの翌月からなので、一度もおしゃべりプランに移行したくないという場合は2017年2月末までに手続きを済ませておく必要があります。

なお、ぴったりプランの「無料通話3倍」は、2017年2月分までとなっています。3月以降もぴったりプランを利用し続ける場合は、加入月から起算して25ヶ月間の期間限定で無料通話は今までの3倍ではなく、2倍の60分となります。

もっと使いたい人はたっぷりプランへ

先程も少し触れましたが、UQモバイルにはぴったりプランよりも上位のプランとして「たっぷりプラン」というプランが用意されています。

  • たっぷりプランとは?

たっぷりプランは、ぴったりプランと大まかなルールは同じプランなのですが、「無料通話2400円分」「データ通信容量3GB」と、ぴったりプランの上位互換のプランとなっています。また、ぴったりプランと同様に無料通話は3倍の7,200円分、データ通信容量は2倍の6GBとなります。

料金はその分だけ高くなっており、割引適用で最安値2,980円での利用となります。また、キャンペーンサイトからの申し込みによるJCBギフトカードの金額もグレードアップし、13,000円分のギフトカードを貰うことができます。

  • 3月以降は「おしゃべりプランM」に自動以降

また、ぴったりプランと同様に、2017年3月以降は「おしゃべりプラン」に移行します。たっぷりプランの場合は「おしゃべりプランM」に自動移行します。月額料金は割引を適用で2,980円、データ通信容量は最大25ヶ月間6GBで利用することができます。

  • ぴったりプランよりもたっぷりプランの方がお得に利用できる人は?

ぴったりプランに申し込むよりもたっぷりプランに申し込んだほうがお得になるという人は、以下の特徴があります。

  • 月間の通話料金が4,600円を超える人

まずは、「月間の通話料が4,600円を超える人」です。ぴったりプランは3,600円の無料通話、たっぷりプランは7,200円の無料通話が設定されています。また、たっぷりプランの方が月額料金が1,000円高く設定されています。

つまり、ぴったりプランで無料にできる3,600円分と、2つのプランの月額料金の差額1,000円を合計した4,600円より多くの通話料が発生する人の場合、たっぷりプランの方がお得に利用できるのです。例えば5,000円分の通話料が発生する場合、ぴったりプランでは無料通話の超過分1,400円と月額料金1,980円を合計した3,380円を支払う必要があります。一方、たっぷりプランの無料通話は7,200円分であり、5,000円の通話料は無料にできるので、月額料金2,980円だけになり、ぴったりプランの3,380円を下回ります。

  • 月間のデータ通信量が6GB前後の人

次に、「毎月のデータ通信量が約6GBの人」です。2つのプランの違いとして、データ通信容量が2GBと6GBという違いがあります。そのため、たっぷりプランの方が4GB多く高速のデータ通信を利用することができ、多くのデータ通信量を発生させる動画視聴やアプリダウンロードなども、ある程度は気兼ねなく利用することができます。

この特徴は3月以降の「おしゃべりプラン」でも同様です。おしゃべりプランに移行すると「1回5分で何度でもかけ放題」の特徴は同じになります。両者の違いは「月額料金」と「データ通信容量」だけになります。

ぴったりプランの評判について

最後に、ぴったりプランに関する評判について解説しておきます。

  • 通信環境はおおむね高い評価を得ている

まず、UQモバイルならではの通信環境の良さについては高い評価を受けている様子です。やはり昼までの快適なデータ通信を利用することができるというのは大きなポイントになます。ユーザーによっては、「昼間」に「人が多い場所」でデータ通信をしても10Mbps以上の通信速度が出たという報告をしているケースもあります。

持ち歩くという特性上、どうしても通信速度が低下しやすくなる時間帯に、通信速度が低下しやすくなるような場所でデータ通信を利用する機会もあるかと思います。スマートフォンは、ガラケー時代と比較してインターネットの利用も重視されるので、通信速度の早さや安定性は、スマホライフの快適さに直結することなのです。

  • 料金に関しては微妙な評価

しかしながら、料金面では少し微妙な評価を受けています。現状において、ぴったりプランの1,980円という月額料金は、2GBの音声通話SIM+3,600円分の無料通話サービスという枠組みで考えると非常にお得です。しかし、他社と比較してみると、これが一概にはそうとも言えなくなってしまうのです。

MVNOの中には、通話料を安くできるサービスを展開しているところがあります。そうなると、料金面で細かく比較する必要も出てくることになります。ただし、「通信環境の良さ」も考慮すると、単純に料金の安さだけで比較することは難しくなります。この点は「データ通信環境の良さを、どれだけ重視するか」という点も含めて考える必要がありますので、最終的にはどうとも言えなくなってしまうのが正直なところです。