格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BIGLOBE WiMAXの提供エリアを確認する方法

自宅でインターネット通信を楽しみたくても光ケーブルが導入されていない場合、新規で光ケーブルを敷設してもらう他に、WiMAX(ワイマックス)を契約する方法があります。BIGLOBE WiMAXは、WiMAXサービスのひとつで、BIGLOBEインターネット接続サービスの一種です。WiMAXは外出時だけでなく屋内でも利用可能です。

WiMAXには、UQコミュニケーションズ社が持っている全国的なWiMAX回線の他、光回線のような高速通信が整っていない地域で展開される「地域WiMAX」という回線もあります。BIGLOBE WiMAXは全国的なWiMAX通信のサービスです。

現在、WiMAX回線は「WiMAX 2+」と呼ばれる通信方式がメインで提供されています。WiMAXが登場した当初は「WiMAX」という通信方式でした。この無印のWiMAX時代は通信速度(下り)が最大40Mbps。現在のメインであるWiMAX 2+は通信速度(下り)が最大440Mbpsと速くなりました。(参考:上りは最大30Mbpsです。)

なお、現在はWiMAX 2+の通信エリアが広まったこともあり、無印のWiMAXは将来的に廃止される予定で、BIGLOBE WiMAXでも無印のWiMAX単体の新規契約は行えなくなりました。WiMAXモードのひとつで、速度制限無しで無印のWiMAXを利用できる「ノーリミットモード」も利用できなくなります。

無印のWiMAXとは周波数帯が異なるWiMAX 2+で新規契約した場合、通常はWiMAX 2+を利用しますがWiMAX 2+対応エリアの外に出た場合に無印のWiMAXを利用する「ハイスピードモード」が標準の通信モードです。

その他に、auの4G通信(LTE)の回線を併用できる「ハイスピードプラスエリアモード」が用意されています。ただし、ハイスピードプラスエリアモードを利用した場合、別途auインターネット利用料として月額1,005円(税別)がかかります。また、ルーターはファーウェイジャパン株式会社製のau 4G LTE対応ルーター(WiMAXカード端末)をUQコミュニケーションズ社か家電量販店で購入する必要があります。

WiMAX 2+ではノーリミットモードが用意されていない代わりに「Flatツープラス ギガ放題」という料金プランが設定されています。月額料金がFlatプラス月額料金より少し高くなりますが、月間7GB制限(月のデータ通信量が7GBを超えると通信制限がかかり低速通信となる制度)が撤廃され、通信制限無しで利用できます。(ただし、3日で10GBのデータ通信量があると速度制限がかかります。)

ここまでWiMAXの通信方式について説明してきましたが、本題に戻ります。

最初に述べたようにBIGLOBE WiMAXは全国的なサービスではありますが「自分の住む場所はサービス提供エリアに入っているか」「WiMAXのプロバイダによって提供エリアは変わってくるか」などについて疑問や不安をもつ方は多いかと思います。

そこで当記事では、WiMAXを提供するサービスのひとつであるBIGLOBE WiMAXのエリアに関する疑問に答えます。

BIGLOBE WiMAXのサービス提供エリアは?

エリアのことについて説明していく前に、知っておいてほしいことがあります。無印のWiMAXやWiMAX 2+のエリアは、どのプロバイダでも同じです。

そもそも、日本における全国的なWiMAX回線はUQコミュニケーションズ社が保有しています。UQコミュニケーションズ社は独自で「UQ WiMAX」というインターネット接続サービスをしていますが、他の事業者に対して「WiMAX申し込みの窓口になっていいですよ」と許可を出しています。BIGLOBE WiMAXも、UQコミュニケーションズ社から許可を貰ってWiMAXのサービスを展開しています。

そのため、どのプロバイダと契約してもWiMAXのエリアは変わらないのです。データ端末(WiMAXルーター)や専用のクレードルも同じです。よって、プロバイダを選ぶ際は、利用料金や新規契約時のキャンペーンで決めることになります。

話が横道にそれましたので、本線に戻しましょう。

基本的にWiMAXのエリアは、日本のほぼ全域をカバーしていると考えて問題ありません。無印のWiMAXは人口の90%以上をカバーしています。新しいWiMAX 2+も順次拡大を続けており、東名阪を中心とした都市部では問題なく利用できます。奥地のような人里離れた地域でない限りはWiMAXに接続することが可能です。

BIGLOBE WiMAXのサービスエリアの確認方法

WiMAXのエリアの確認は、各プロバイダのホームページに記載されていますが、すべてUQコミュニケーションズ社から提供された情報なので、どこで見ても同じです。BIGLOBE WiMAXのサイトでは、こちらのページ(http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/service_2.html)でエリアを確認できます。

「サービスエリアマップ」では無印のWiMAX、WiMAX 2+、au 4G LTEそれぞれのサービスエリアの対応状況を確認できます。基本的には都道府県のマップの絵をクリックして確認しますが、フリーワードによるエリア検索も可能です。

他にも「ピンポイントエリア判定」というものが利用できます。リストやフリーワード検索によって、番地や号まで住所を入力することで、その場所でWiMAX通信が利用できるかどうかを「○」「△」「×」の三段階で判定を出してくれます。なお、この判定は、UQコミュニケーションズ社が実施した屋外でのシミュレーションに基づいた判定です。

BIGLOBE WiMAXのピンポイント判定で△や×が出ると使えないの?

判定結果で「△」や「×」が出ると「電波強度が弱くて使い物にならないかもしれない」というイメージを持つかもしれません。しかし、先ほど説明したとおり、あくまでもシミュレーションに基づいた判定であり、目安です。「△」や「×」となっていても、実際にルーターを使ってみたら問題なくWiMAXに接続できる可能性は高いです。

「△」や「×」の判定結果に対する不安を払拭する、ちょっとした裏技をご紹介します。それは、WiMAX端末(ルーター)のお試しレンタルです。

UQ WiMAXが実施している「Try WiMAXレンタル」と呼ばれるサービスに申し込むと、15日間無料でWiMAXを利用できます。登録料や通信料、レンタル料、配送費用など全て無料です。「Try WiMAXレンタル」で機器をレンタルし、よく使うことを想定している場所で試用して、実際の電波状況を確認し、問題なければキャンペーン経由でBIGLOBE WiMAXを契約するのがスマートな方法です。

なお、この試用サービスはUQ WiMAXのサービスであり、プロバイダはBIGLOBEと異なりますが、どのプロバイダでも同じWiMAX回線を使うため、プロバイダが違うことによる通信速度や電波強度への影響は少ないです。UQ WiMAXの試用サービスで使ってみた結果とBIGLOBE WiMAXで正式契約して届いたルーターで使ってみた場合の結果に違いは殆ど無いと考えて構いません。

エリア判定や試用サービスにより、BIGLOBE WiMAXの正式契約を一時的に見送る場合、UQ WiMAXへサービスエリアの改善要望を出すという方法もあります。

UQ WiMAXの公式サイトでは、サービス改善への取り組みに関する姿勢を掲載しています。その中に、サービスエリアに関する顧客の声を送るためのアンケートフォームhttps://questant.jp/q/Q47WK0Y8)があります。こちらのフォームから意見を送信することで、あなたの要望が反映されるかもしれません。

なお、アンケートから送った意見に関する個別の返信はありませんが、毎月アンケートの集計を行い、地図に落とし込んだデータの報告会議がUQコミュニケーションズ社内で行われているとのことです。意見を送信することは決して無駄な行為ではなく、エリアの改善・拡大のための貴重なデータとして活用されています。

BIGLOBE WiMAXのエリアに関する注意点

エリアに関する注意点を、いくつか述べたいと思います。

最初に、WiMAXを利用したいエリアが微妙だからといって契約を完全に諦めるのは勿体無いということです。先ほど説明したUQ WiMAXの「Try WiMAXレンタル」を利用したり、サービスエリアに関する改善要望のアンケートに回答したりすることで、微妙だと思っていた場所でも利用できる可能性が出ます。こういったサービスを使って、ぜひWiMAX通信を楽しんでください。

また、正式契約して以降に「通信速度が遅い」といった理由で解約手続きを行ったとしても、あなたにペナルティーが発生する可能性があるので気をつけてください。

更新月ではないときに解約手続きを行うと、契約解除料を支払わなければなりません。具体的には、1年以内の解約で19,000円(税別)、1年を超えて2年以内の場合は14,000円(税別)の契約解除料になります。

また、新規契約時に適用されたWiMAXキャンペーンの特典によっては、特典に対する違約金が発生します。違約金が発生するキャンペーンの例としては、ルーターの分割払いの分を値下げして端末代を実質無料にするWiMAX端末機器キャンペーンや、ポイントや現金のキャッシュバックに関するキャンペーンです。

キャンペーンの詳細はBIGLOBE WiMAXキャンペーンのページ(http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/campaign/index.html)で確認できます。解約を検討する際は、ぜひ、契約解除料やキャンペーンの違約金に注意してください。