格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXは何が違う?料金やキャンペーンを徹底比較

インターネットを楽しみたい場合はインターネット回線を契約する必要があります。宅内でのみ利用するのであれば光回線を契約すればOKですが、外出先でも宅内でも利用したいのであれば、WiMAX(ワイマックス)回線を契約するのが一つの手です。

WiMAX回線を利用する際は、WiMAX契約時に届くルーターをWiMAX回線に接続します。そうすれば、そのルーターはモバイルWi-Fiルーターとして利用できるので、お手持ちのWi-Fi対応の機器をWiMAX端末にWi-Fi接続すればモバイルWi-Fiを利用したインターネットを楽しめます。

WiMAX接続サービスは数多く存在します。@nifty WiMAXやso-netモバイルWiMAXなどが一例です。その中に、BIGLOBEが展開するBIGLOBE WiMAXがあります。BIGLOBEは格安SIMのサービスなど種々のインターネット接続サービスを行っているプロバイダです。しかし、WiMAXというと一番有名なサービスはUQ WiMAXになります。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXは、どこがどのように違うのでしょうか。当記事では、UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXを、さまざまな観点から比較していきます。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXは何が違う?

最初に、WiMAX回線そのものについて触れておきます。

日本における全国的なWiMAX回線はUQコミュニケーションズ社が保有しています。UQコミュニケーションズ社は独自で「UQ WiMAX」というインターネット接続ができるWiMAXサービスをしているWiMAXプロバイダですが、他の事業者に対して「WiMAX申し込みの窓口になっていいですよ」と許可を出しています。

つまり、BIGLOBE WiMAXは、UQコミュニケーションズ社から許可を貰ってWiMAXのサービスを展開しているプロバイダのひとつです。

そのため、どのプロバイダと契約してもWiMAXのエリアや通信回線の品質は変わらないのです。データ端末(WiMAXルーター)や専用のクレードルも同じです。よって、プロバイダを選ぶ際は、利用料金や新規契約時のキャンペーンで決めることになります。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの料金を比較

WiMAX申し込みの際、最初に月額料金のプランとデータ端末(ルーター端末)を選びます。

どのようなモバイルWi-Fiルーターが選べるかについては公式サイトの「端末」ページで確認できます。ACアダプタや、有線LANで通信できるようになるクレードルは別売の場合があればクレードル付きのものもありますので、気をつけてチェックしてください。

●BIGLOBE WiMAXの月額料金は?

次に価格について観ていきましょう。先にBIGLOBE WiMAXの場合について解説します。BIGLOBE WiMAXの月額プランは、基本的には「Flatツープラスギガ放題」と「Flatツープラス」の2タイプです。

ギガ放題プランは、WiMAX2+の月間のデータ通信量に制限がありません。何GB使おうが月末まで通信制限がかかりません。反対に「ギガ放題」が付かない方の「Flatツープラス」は、月間のデータ通信量が7GBを超えると速度制限がかかり、月末まで通信速度が128kbpsという低速通信での利用となってしまいます。

月額利用料は、特典の利用の有無や契約期間の長さ、BIGLOBE会員か新規契約かによって変わるため、平均月額料金(目安)となりますが、Flatツープラスギガ放題」の利用料金は月額4,380円(税別)、「Flatツープラス」の月額料金は3,695円(税別)となります。

また、お使いのスマホがauスマホでしたら、BIGLOBE WiMAX2+では専用プランが用意されています。「auスマートバリューmine」です。

BIGLOBE WiMAX2+の利用料金は通常の「Flatツープラス」ならびに「Flatツープラスギガ放題」と変わりませんが、auスマートバリューmineの月額プランに加入することで、KDDIの方でauスマホの料金を最大934円値引きしてくれます。

なお、どちらのプランでも、初期費用として申込手数料が3,000円(税別)かかります。

料金に関して1つ補足します。新規契約の流れで月額料金のプランとデータ端末を選んだ後は、申込者が既存のBIGLOBE会員か否かで、登録の流れが変わります。

BIGLOBE会員の場合は、BIGLOBE WiMAX2+へ申し込みをするのみです。

BIGLOBE会員ではない場合は、支払い方法にクレジットカードか口座振替かを選択する必要があります。クレジットカードを選んだ際は、すぐに手続きが完了します。口座振替を選んだ場合は、後日「支払方法登録申込書(口座振替依頼書)」が郵送されますので、記入の上、返送し、BIGLOBEで内容が確認できたところでBIGLOBE WiMAX申し込み手続き完了です。

●UQ WiMAXの料金

UQ WiMAXの料金プランにも「Flatツープラス」「Flatツープラス ギガ放題」「auスマートバリューmine」が存在します。「Flatツープラス」は3,696円(税別・7GBで速度制限)、「Flatツープラス ギガ放題」は4,380円(税別)、「auスマートバリューmine」でのauスマホの値下げ額は934円です。BIGLOBE WiMAXの料金との間に違いはありません。

また、UQ WiMAXの料金の支払い方法がクレジットカードと口座振替の2種類である点もBIGLOBE WiMAXと変わりません。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXのキャンペーンを比較

各WiMAXプロバイダでは新規契約者に向けた様々なWiMAXキャンペーンを展開しています。

●BIGLOBE WiMAXのキャンペーン

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン特典のひとつが、データ端末の代金に相当する分を毎月値引きしてもらえるという特典です。BIGLOBE WiMAXで取り扱っているルーターは、ほとんどが月額800円(税別)×24ヶ月で買えます。この端末料金に相当する800円(毎月の額)を月額料金から値引いてもらえます

また、最新のAndroidタブレットが貰えるというキャンペーン特典があります。

さらに、サービス開始月の翌月から24ヶ月間、サービスの月額料金から一定額を値引きするという特典があります。

「Flat ツープラス」プランの場合、月額基本料金が4,195円になりますが、サービス開始月の翌月から24ヶ月目(auスマホ割 [4年]の場合は48ヶ月目)まで、月額料金値引きの特典として500円を値引きします。データ端末代相当分800円の値引きを含めると、月額3,695円(税別)になります。

一方、月額基本料金は4,880円と割高になりますがFlat ツープラス ギガ放題」プランの場合、サービス開始月の翌月1ヶ月目から2ヶ月目までは月額利用料金値引きの特典で1,185円の値引きになります。データ端末代相当分の値引きを入れると、「Flat ツープラス」と同じ月額3,695円(税別)になります。ただ、3ヶ月目から24ヶ月目までは1,185円から500円の値引きに変更されるため、月額4,380円(税別)に変わります。

この「月額利用料金の値引き」は24ヶ月で終わりますが、25ヶ月目からは「長期利用割引」という値引きが開始されます。同じ500円の値引きです。データ端末代の支払いも完済(相当分の値引きも同時終了)するため、25ヶ月目以降も月額料金は変わりません。

一番注目すべきキャンペーンはキャッシュバックのキャンペーンです。キャッシュバックされるものは、BIGLOBE WiMAXの場合、Gポイントや現金です。月額料金の値引きという形のキャッシュバック付き特典も選べます。現金キャッシュバックのキャッシュバック額は、時期によって異なりますが、概ね20,000円前後の高額キャッシュバックです。

●UQ WiMAXのキャンペーン

一方、UQ WiMAXのキャンペーンは、BIGLOBE WiMAXほど充実していません。Amazonギフト券が貰えるキャンペーンや、特定のプランで契約することでハイスピードプラスエリアモードにおけるLTEオプション料金が無料になるキャンペーンなどが展開されています。

また、キャッシュバックキャンペーンも実施されていますが、UQ WiMAXのキャッシュバック金額は概ね3,000円から10,000円程度で、BIGLOBE WiMAXの方が高額です。

UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXのサービス面を比較

●選べるWiMAXルーターの種類

先述のとおり、WiMAXルーターはプロバイダーによって変わるということはありません。各社共通のルーター端末を利用します。よって、BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXでデータ端末に違いはありません。どちらのプロバイダーでも、新規契約時は最新ルーターを選択できます。WiMAXホームルーターを選ぶこともできます。端末代も違いはありません。

●初期契約解除

契約後にWiMAX回線を利用してみたら、最初に聞いていた話ほど快適に利用できない等のトラブルが発生した場合、新規契約後から一定期間以内であれば自由に解約できる初期契約解除という仕組みが電気通信事業法で定められています。クーリングオフに近い制度です。BIGLOBE WiMAXでもUQ WiMAXでも初期契約解除は可能です。

●契約解除料金

BIGLOBE WiMAXには「定期利用期間」というものが設定されています。基本的には2年(24ヶ月)です。定期利用期間よりも前に解約すると「契約解除料」という名目で違約金を支払わなければなりません。

解約金の金額は、1年以内の解約で19,000円(税別)、1年を超えて2年以内の場合は14,000円(税別)の契約解除料になります。2年以上で尚且つ更新月でない月の解約には9,500円(税別)の違約金がかかります。

このルールはUQ WiMAXでも同じです。1年以内の解約で19,000円(税別)、1年を超えて2年以内の場合は14,000円(税別)の契約解除料、2年以上で尚且つ更新月でない月の解約には9,500円(税別)の解約金がかかるというUQ WiMAXの契約解除料金もBIGLOBE WiMAXと同じです。