格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ブロードワイマックスのキャンペーン内容とメリットデメリットについて解説

月額利用料が2,000円台で、さらに2万円近くの初期費用を割り引いてくれる、ということで注目を集めるBroad WiMAX。この超激安価格は、キャンペーンによって実現されています。その驚異的に見えるキャンペーンの実態はどうなのか、ここですべて説明します。

Broad WiMAXのキャンペーンはどんなものがあるの?

Broad WiMAXのホームページを開くと、最初に目に入るのが「月額利用料2,726円」というフレーズです。他の多くのWiMAXプロバイダの場合、月額利用料金は3,000円台ですから、これは非常に魅力的な数字に見えます。

また、その隣には「公式キャンペーン 18.857円お得!」という文字があります。

Broad WiMAXは、月間データ量の上限がない料金プランとして「ギガ放題月額最安プラン」と「ギガ放題ベーシックプラン」の2つを提供しています。「ギガ放題月額最安プラン」と「ギガ放題ベーシックプラン」の違いは、初期費用の有無にあります。月額料金が高めに見える「ギガ放題ベーシックプラン」の場合初期費用は0円ですが、「ギガ放題月額最安プラン」だと18,857円の初期費用が必要となります。

つまり、「ギガ放題月額最安プラン」は、値引き分をあらかじめ初期費用の形で徴収し、月額料金を引き下げる方法を取っているのです。

Broad WiMAXでは「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」「全端末0円キャンペーン」と、「もう一台初期費用割引キャンペーン」を実施しています。「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」は、「ギガ放題月額最安プラン」の初期費用を0円にするというものです。最初から初期費用が設定されていない「ギガ放題ベーシックプラン」には適用されません。

「全端末0円キャンペーン」は、読んで字のごとしで、利用できる全部の端末の代金を0円とするものです。

「もう一台初期費用割引キャンペーン」は、「ギガ放題月額最安プラン」で2台めの端末を契約すると、2台めの初期費用が10,000円引きとなるものです。初期費用割引ですので、「ギガ放題ベーシックプラン」には適用されませんが、こちらは最初から初期費用が存在しないので大きな問題にはなりません。

なお、「キャンペーン」とは言いながらどれも現在では「終了時期未定」となっているので、実質的には通常価格の一環に組み込まれている状態です。

Broad WiMAXはキャンペーン期間中だとどれくらいお得?

WiMAXプロバイダは元々UQコミュニケーションズから回線を借りて営業しているので、一社だけ突出して価格を低くすることはできません。卸値が決まっているので、どうしてもその近辺にまとまる傾向があるのです。

では、Broad WiMAXはどのようにして「2,726円」を実現しているのでしょう。

しかしBroad WiMAXでは契約後一定期間通常月額料金から割引が行われるシステムを取っています。

実は「通常月額料金」は、「ギガ放題月額最安プラン」が4,011円、「ギガ放題ベーシックプラン」が4,380円であり、他社と比べて激安というわけでもないのです。

「ギガ放題月額最安プラン」は契約後2ヶ月目まで1,285円、3ヶ月目から24ヶ月目までは600円の割引が設定されています。この結果、最初の2ヶ月については「2,726円」という上記のフレーズ通りの価格となるのです。3~24ヶ月目は3,411円です。

「ギガ放題ベーシックプラン」の方は1~2ヶ月目については1,185円、3ヶ月め以降は500円の割引が設定されます。割引後の料金はそれぞれ3,695円、4,380円です。

24ヶ月間契約し続けた場合、「ギガ放題月額最安プラン」の料金はトータルで95,940円となり、「ギガ放題ベーシックプラン」は99.370円になります。トータルでも差額は3,430円、月あたり約134円で、実はあまり負担額は変わらないのです。

ところが、先に述べた通りBroad WiMAXでは「ギガ放題月額最安プラン」の初期費用を0円にするキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンの適用を受けると、24ヶ月間の負担総額は77,083円となり、「ギガ放題ベーシックプラン」との差はぐっと広がります。つまり「お得」なのです。

 キャンペーンはどこから申し込むといいの?

公式キャンペーンの申し込みは、Webからのみの受付となっています。

一種の「縛り」ですが、ほとんどのユーザーにとって、これは実質的に意味のない「縛り」だと言えるでしょう。

というのは、現在のWiMAXプロバイダの大部分が店舗を持たないWebのみの運営形態を取っていて、業者を問わず「Webで申し込み」が常識となっているせいです。

実はBroad WiMAXには契約後端末を即日受け取るための「受取センター」というものが存在します。これは一種の店舗のようにも考えられるのですが、行っているのは端末の引き渡しだけで一般ユーザーの契約受付はWebのみとなっています。

Broad WiMAXのキャンペーン申し込む際の注意

Broad WiMAXのキャンペーンに申し込む際には、いくつかの条件が付与されます。

そのうちの一つは、「Web申し込みに限る」というものですが、先に説明した通り普通に契約する場合Web契約のみとなるので、これはほぼ気にする必要はありません。

「全端末0円キャンペーン」と「もう一台初期費用割引キャンペーン」の場合、Web申し込み以外の「縛り」はありません。

「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」の場合、これに加え2つの条件が追加されます。

ひとつは、支払いはクレジットカード決済のみに限られる、というものです。

Broad WiMAXは、クレジットカード払い以外にも口座振替に対応しているのですが、「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」を受ける際には口座振替が使えなくなる、ということになります。

元々口座振替そのものに対応しているプロバイダは数が少なく、クレジットカードのみの業者が大部分ですから、この点もあまり問題にはならないでしょう。

ただ、最後の条件には注意が必要です。

それは「安心サポートプラス・My Broadサポートのオプションに加入」というものです。このオプションはいずれも有料で、「安心サポートプラス」が月額550円、「My Broadサポート」が月額907円になります。

「安心サポートプラス」は、取扱説明書の通りに通常使用していた時に故障した場合、無償で修理してもらえるというものです。こちらは、いざという時に備えて加入しておく意味があるかも知れません。

しかし、「My Broadサポート」は、パソコンの使い方に対するガイドサービスと、市販ソフトを使ってのセキュリティサービスを合わせたもので、わざわざここで申し込まなければならないようなものではありません。パソコンのトラブルやセキュリティ問題を自力で解決できるユーザーなら、即刻解約してよいものです。

これら有料オプションは、端末到着後にWebで解約が可能なので、契約した場合は少なくとも「My Broadサポート」は解約しておきましょう。そうでないと毎月他のプロバイダよりも高額な料金を支払うことになりかねません。

Broad WiMAXのキャンペーンのメリット・デメリット

Broad WiMAXのキャンペーンのメリットは、それがほぼ通常の価格体系に取り込まれている、という点にあります。

どのキャンペーンも終了時期が未定となっているので、実質的には「ギガ放題月額最安プラン」は有料オプション追加とクレジットカード決済を選ぶだけで初期費用0円となっています。このため、他の多くのプロバイダよりも安くWiMAXを利用できるようになるのです。

デメリットは、キャンペーンの適用を受けないと「お得」にはならないということです。キャンペーンそのものが設定されていない「ギガ放題ベーシックプラン」を契約する意味はほとんどなくなってしまっています。

また、小さいことですが口座振替を選択した場合「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」の適用が受けられないので、お得感の薄い「ギガ放題ベーシックプラン」を選ぶか、高額な初期費用を支払うことになります。

まとめ

Broad WiMAXのキャンペーンの中心は、初期費用0円です。

他プロバイダでは初期費用そのものが設定されていないケースが大部分なので、割引の仕組みがちょっとわかりにくいかも知れません。

しかしキャンペーンなしだと、Broad WiMAXは決して「お得なプロバイダ」にはならないのです。

キャンペーンの適用条件も比較的緩やかなので、これは通常の価格システムの一環なのだ、と理解して積極的に利用していくとよいでしょう。

ただその場合、必ず後で有料オプションの不要なものを解約しておくことを忘れないようにしましょう。