格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BroadWiMAXの機種変更方法と注意点をまとめて解説

broad wimax端末の機種変更方法について

Broad WiMAXで契約した端末は、基本的に機種変更できません。ただし以下2つのうち、いずれかの条件に一致する場合は話が別。キャンペーンを利用することで、機種変更を行えます。

・WiMAX端末を利用している

・WiMAX2+端末を20ヶ月以上利用している

WiMAX端末を利用している方は、キャンペーンによってWiMAX2+端末に機種変更できます。ここでいうWiMAX端末とは、WiMAX2+非対応の端末のことです。たとえば「AtermWM3800R」を利用している方は、キャンペーンの対象となります。

同じWiMAX2+端末を20ヶ月以上利用している方も、機種変更キャンペーンの対象です。たとえば2015年1月30日に発売された「W01」を20ヶ月以上使っている方は、キャンペーンを利用して機種変更を行えます。

ただし、WiMAX端末を利用している方とWiMAX2+端末を利用している方では、申し込めるキャンペーンが違うのでご注意ください。具体的にいうと、契約できるプランが両者で違っています。どのようなプランを契約できるのか、順番に見ていきましょう。

・WiMAX端末からの機種変更で選べるプラン

WiMAX端末から機種変更する場合、以下2つのうちいずれかのプランを選ぶことができます。

・ギガ放題プラン

・継続プラン

「ギガ放題プラン」は、月間データ通信量の制限が設定されていないプランです。いわゆる定額使い放題プランとなっており、WiMAXのノーリミットモードとほぼ同じ感覚で利用できます。

ただしギガ放題プランは、完全な使い放題のプランではありません。3日間に利用できるデータ通信量が、10GBに制限されています。この制限を超えてデータ通信を行うと、帯域制限が課せられるので要注意です。

といっても、帯域制限時も1Mbps程度の通信速度は確保されるので、ネット閲覧程度であれば問題なく行えます。You Tubeも標準画質であれば十分視聴できるので、帯域制限時に大きな不便を感じることはないはずです。

次に「継続プラン」について。こちらは、WiMAX回線契約時と同額の基本使用料で、WiMAX2+を2年間利用できるプランになります。継続プランを選択すれば、月々の通信費を増やすことなくWiMAXからWiMAX2+に乗り換え可能。ただしこちらのプランには、月間データ通信量制限が設定されています。

継続プランで1ヶ月間に使える高速データ通信量は、最大7GBです。7GB以上の通信を行うと、帯域制限によって通信速度が128kbpsまで低下します。128kbpsの速度では、まともにインターネットを利用できません。画像の多いサイトを開くだけで、数分かかる場合もあります。

また、月間データ通信量に対する帯域制限は、解除する方法がありません。継続プランを契約する場合は、7GBの通信量制限に十分注意してください。

なお、継続プランにも、ギガ放題プランと同様に3日間のデータ通信量制限が設けられています。ノーリミットモードに慣れ親しんだ方にとって、継続プランは使いにくさを感じるプランかもしれませんね。

…と、継続プランについてもご紹介しましたが、こちらのプランを選ぶ意味はほとんどありません。というのも、2017年2月17日現在で行われているキャンペーンでは、ギガ放題プランを割引料金で契約できるようになっているからです。

通常だと、ギガ放題プランの月額料金は4,380円。キャンペーン適用によって、この金額が3,695円にディスカウントされます。一方、継続プランの月額料金も3,695円。つまり、キャンペーンを適用すると、継続プランと同じ金額でギガ放題プランを利用できるのです。

同じ金額で利用するなら、ギガ放題プランを契約した方が確実におトク。制限の厳しい継続プランを契約する意味はありません。ただし、月々3,695円でギガ放題プランを利用できるのは、最大で25ヶ月間まで。契約26ヶ月目以降の月額料金は、通常の4,380円となるのでご注意ください。

なお、契約したプランは、契約期間中の変更が可能となっています。「ギガ放題プランじゃなくてもいいかな」と感じたら、いつでも継続プランに変更できますよ。

・WiMAX2+端末からの機種変更で契約できるプラン

WiMAX2+端末から機種変更する場合、契約できるプランは「機種変更限定プラン」のみとなります。こちらのプランも前述のギガ放題プランと同様に、月間データ通信量の制限がありません。3日間のデータ通信量制限のルールも、ギガ放題プランと同様です。

また、機種変更限定プランにも、特別な割引が用意されています。割引額は、月々685円。割引後の月額料金は、割引適用時のギガ放題プランと同じく3,695円となります。

ただし、機種変更限定プランの割引適用期間は最大で12ヶ月。13ヶ月目からは割引がなくなり、月額料金が4,380円になります。ギガ放題プランと比べると、割引条件はあまりよくないようですね。

・auスマートバリューmineを適用できる

auのスマホや携帯電話を契約している方は、機種変更と同時に「auスマートバリューmine」の適用を受けることができます。auスマートバリューmineとは、WiMAX端末とauスマホ・携帯電話を同時利用することで、毎月auの利用料金が割引かれるサービスです。

割引額は、500円、743円、934円のいずれか。auで契約している内容によって、割引額が異なります。たとえばデータ定額5/8/10/13/20/30を契約している場合は、月々934円の割引を受けることが可能。毎月かかる通信費を安くできますよ。

選べる端末の種類と特徴について

ここまでにご紹介したとおり、条件を満たせる方であれば、キャンペーンによってBroad WiMAXの端末を機種変更できます。ただし、キャンペーンで選べる端末は以下の2機種。ほかの端末への機種変更はできません。

・Speed Wi-Fi NEXT W04

・Speed Wi-Fi NEXT WX03

上記2機種は、いずれも最新鋭の機能をもつ端末になります。各機種の特徴をチェックしてみましょう。

・W04

「W04」は、2017年2月17日に発売された、最新のWiMAX2+端末です。対応回線は、WiMAX2+とau 4G LTE。WiMAX2+通信時は「4×4MIMO CA」による、下り最大440Mbpsの超高速通信を利用できます。4×4MIMO CAとは、4×4MIMO(フォー・バイ・フォーマイモ)とCA(キャリアアグリゲーション)を同時に利用する通信技術です。

4×4MIMOとは、基地局とルーターに4本ずつ搭載したアンテナを使って通信する技術。計8本のアンテナを同時利用することで、下り最大220Mbpsの高速通信を実現できます。一方のCAは、2つのWiMAX2+電波を束ねて利用する通信技術です。こちらも下り最大通信速度は、220Mbpsとなっています。

4×4MIMOとCAを同時に利用することで実現されるのが、下り最大440Mbpsの超高速通信。電波状態のよい場所であれば、光回線なみの通信速度でインターネットを利用できます。

au 4G LTEを利用できる点も、W04の優れたポイントです。au 4G LTEの利用可能エリアは、WiMAX2+のエリアよりも広大。人口カバー率を99%以上としており、全国のほぼすべての地域で利用できます。

また、屋内での通信に強いことも、au 4G LTEの魅力です。障害物を回り込む特性のあるプラチナバンドを利用しているため、建物の中でも安定した通信を確保できます。

ただしau 4G LTEは、無料では利用できません。利用した月に限り、1,004円のオプション料金が発生してしまいます。もう1つ注意したいのが、月間データ通信量制限。ギガ放題プランを利用している場合でも、au 4G LTEを利用した時点で、7GBの月間データ通信量制限が課されてしまいます。au 4G LTEは、あくまでWiMAX2+の電波が入らない場合の、緊急用オプションと割り切ったほうがよいでしょう。

以上の機能を備えるW04は、デザインがスティック型でオシャレ。ポップなグリーンカラーも用意されており、思わず持ち歩きたくなるようなWiMAX端末となっています。

・WX03

「WX03」は、2016年12月2日に発売された端末です。対応回線はWiMAX2+。先にご紹介した4×4MIMO CAは、WX03で初めて実現されました。通信速度は、W04と同じく下り最大440Mbpsとなっています。au 4G LTEこそ利用できないものの、通信の快適さは最新機種であるW04と変わりません。

WX03の特徴としてあげられるのが、バッテリーもちのよさ。休止状態での連続待ち受け時間が1,100時間と長く、外出先での利用に適しています。

WX03の形状は、オーソドックスなカードタイプ。W04よりも厚みが薄く、カバンやポケットに入れやすい形になっています。深みのあるブルーカラーが用意されている点も、WX03のグッドポイント。ビジネスの場で取り出しても、違和感を感じさせません。

以上の2機種は、いずれも高性能で最新の通信技術を利用できる端末となっています。端末選びで迷ったら、デザインの好みで選ぶのもアリですよ。

機種変更ってお金はかかるの?

前節でご紹介したとおり、キャンペーンを利用すると最新鋭のWiMAX端末に機種変更できます。ただ、ちょっと気になるのが費用面。最新機種に乗り換えるとなると、高額な端末代の支払が発生してしまいそうですよね。

でもご安心を。キャンペーンを利用して機種変更を行っても、端末代は請求されません。なんと、W04とWX03のどちらを選んだ場合も、0円で機種変更できてしまいます。

また、機種変更すると現在利用している端末を解約することになりますが、契約解除料は発生しません。発生する費用といえば、3,000円の事務手数料のみです。

月額料金に関しても、新しく契約する端末は初月の料金が無料となります。つまり、旧端末と新端末の料金が、重複して発生することはありません。

以上の内容をまとめましょう。キャンペーンを利用すれば、3,000円の事務手数料のみで最新端末に機種変更できます。ただし、申込時にクレードルの利用を希望した場合は話が別。請求額に、3,500円のクレードル購入費がプラスされます。

機種変更の手続きと利用開始までの流れ

キャンペーンを使ってBroad WiMAXの機種変更を行うには、まずキャンペーンサイトにアクセスする必要があります。“Broad WiMAX 機種変更”といったキーワードでインターネットを検索して、キャンペーンサイトを見つけてください。

キャンペーンサイトは、WiMAX端末利用者向けのサイトと、WiMAX2+利用者向けのサイトの2種類があります。WiMAX端末をお使いの方は、「おトクに機種変更!」と大きく書かれているサイトから手続きを行ってください。WiMAX2+をお使いの方は、「0円で機種変更!」と大きく書かれているサイトから手続きを行いましょう。

いずれのサイトから機種変更する場合も、手続き方法は同じです。まず「機種変更はこちら」と書かれているバナーをクリックして、「機種変更お申込フォーム」にアクセスしてください。

続いて機種変更する機種とそのカラー、クレードル希望の有無などを選択します。WiMAX端末から機種変更する方は、契約するプランの選択も行ってください。

申し込み内容を決めたら、重要事項説明を一読して「同意する」のラジオボタンにチェックを入れます。続けて「お客様情報の入力へ進む」をクリック。住所氏名、連絡先の電話番号などを入力します。すべての項目を入力したら、「確認画面に進む」をクリックしてください。

申し込み内容と利用者の情報が表示されるので、間違いがなければ「この内容で送信する」をクリックしましょう。以上で、機種変更の申し込み手続きは完了です。

新しいWiMAX端末は、準備が整い次第発送されます。ただし申し込み数が多いため、タイミングによっては発送までに1ヶ月程度を要する場合もあるようです。

自宅に新しいWiMAX端末が届いたら、旧端末のSIMカードを新端末に差し替えてください。正しくセットできていれば、新端末での通信が可能になるはずです。

なお、Broad WiMAXでは、古いWiMAX端末の回収を行っていません。使わなくなった端末は、ユーザー自身で処分してください。

機種変更の際に気を付けるべきこと

新しいWiMAX端末に機種変更を行うと、新たな契約期間が始まります。今までの契約が更新されるわけではありません。機種変更を行った月から、新たに25ヶ月間の契約がスタートするのです。

これにともない、契約解除料の条件もリセットされます。契約期間内に解約を行うと、以下の契約解除料が発生するのでご注意ください。

・機種変更後1年以内に解約した場合・・・19,000円

・機種変更後2年目に解約した場合・・・14,000円

ご利用中のWiMAX端末を1回以上契約更新しているなら、現在の契約解除料は9,500円になっているはずです。機種変更を行うと、契約解除料が高額になるので注意しましょう。