格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

Broad WiMAXの速度制限について解説!原因や対処方法を紹介

Broad WiMAX利用中に速度制限がかかるタイミングとは?

Broad WiMAXの各プランには、3日間のデータ通信量に対する制限が設けられています。直近3日間に10GBを超えるデータ通信を行うと、通信速度が大幅に制限されてしまうのです。

この制限は、月間データ通信量に制限のないギガ放題プランにも設定されています。「3日間で使えるデータ通信量が制限されるなんて、ちょっと厳しいルールだな」と思うかもしれませんね。

しかし、現在のルールは、以前と比べれば大幅に緩和されています。というのも、2017年2月1日までは、3日間で3GB以上の通信を行うと速度制限が課されていたのです。従来の制限と比べれば、現在の制限はかなり緩いものといってよいでしょう。

現在の3日間制限のルールは、利用者の要望に応える形で2017年2月2日から適用が開始されました。このとき変更されたのは、3日間で利用できるデータ通信量だけではありません。速度制限がかかるタイミングも、同時に変更されています。以下をご覧ください。

・旧ルール・・・通信量を超過した翌日の昼ごろから通信速度を制限する

・新ルール・・・通信量を超過した翌日の18時ごろから通信速度を制限する

旧ルールでは、通信量超過が発生した翌日の昼ごろから、通信速度の制限が実行されるよう設定されていました。しかし現在のルールでは、速度制限のスタート時間が18時ごろに変更されています。

この変更により、通信量を超過した場合も、昼間のWiMAX利用に影響が出なくなりました。つまり、仕事でWiMAX端末を利用する方にとっての利便性が向上したのです。3日間の通信量制限は、たしかに厳しいルールかもしれません。しかしユーザーの意見を組み入れたルール改善により、その厳しさは大きく緩和されています。

■どんな場合に3日間制限がかかる?

ここまでの説明だけでは、3日間制限のルールがよくわからないかもしれませんね。そこで、どんなケースで3日間制限が課されるのかを、具体例をあげて見てみることにしましょう。まず、以下のケースをご覧ください。

・初日に使ったデータ通信量・・・3GB

・2日目に使ったデータ通信量・・・4.2GB

・3日目に使ったデータ通信量・・・3GB

このケースでは、3日間の合計データ通信量が10.2GBに達するため、速度制限が課されます。続いて、3日間制限が課されないケースを見てみましょう。

・初日に使ったデータ通信量・・・4GB

・2日目に使ったデータ通信量・・・1GB

・3日目に使ったデータ通信量・・・4GB

こちらのケースでは、3日間のデータ通信量が9GBに収まるため、速度制限が課されません。ただしこのケースでも、4日目に5GBを超えるデータ通信を行うと、速度制限の対象となってしまいます。2日目〜4日目のデータ通信量が10GBを超えるため、速度制限の対象となってしまうのです。

このように3日間制限は、連続した3日間のデータ通信量を制限するルールとなっています。以上の説明で、3日間制限についてご理解いただけたでしょうか。

10GBって具体的にはどれくらい?

直近3日間で利用できる10GBとは、具体的にどのぐらいの容量なのでしょうか。容量の大きさを理解するために、10GBを使うとどの程度YouTube動画を視聴できるのかをチェックしてみましょう。

以下は、10GBの容量を目いっぱい使った場合の、動画再生可能回数および視聴可能時間となります。視聴環境はパソコン、動画1本あたりの時間は5分間に設定しています。

・超高画質動画(1080p)・・・約88回再生可能(約7時間)

・高画質動画(720p)・・・約166回再生可能(約13時間)

・標準画質動画(240p)・・・約570回再生可能(約47時間)

・低画質動画(144p)・・・約1,000回再生可能(約83時間)

標準画質の動画であれば、1日あたり15時間視聴可能です。また、低画質動画は72時間以上再生可能となるため、ずっと視聴を続けても3日間制限に引っかかりません。なお、動画視聴に必要なデータ通信量は、動画ごとに大きく変わります。このため、上記データはあくまで一例だと思ってください。

続いて、10GBのデータ通信量で、有料動画配信サイトをどの程度利用できるのかをチェックしてみましょう。パソコンで動画サイト「Hulu」を視聴すると、30分あたり500〜700MB程度のデータ通信が発生します。

仮に1時間の動画視聴に1.4GBのデータ通信量を要するとすれば、10GBの通信容量で視聴できる時間は7時間程度になります。動画視聴以外にもデータ通信を利用することを考えれば、1日あたりで視聴できる時間は2時間が限度でしょう。

2時間あれば、1日1本の映画を観ることができます。ただ、ドラマやアニメを“ながら見”すると、思いのほかデータ通信量を使ってしまう可能性があるので要注意です。

以上のように、10GBの通信容量があっても、動画を視聴できる時間はある程度限られます。この一方で、メール送受信やネット閲覧であれば、制限をほぼ気にせず利用可能です。3日間にどれだけネットサーフィンを行っても、データ通信量が10GBを超えることはまずありません。

たとえば10GBあれば、Yahoo!JAPANのトップページを約3万回表示できます。1日に1万ページ以上のウェブサイトを訪問することは、まずないでしょう。

動画の視聴にはやや注意が必要なものの、10GBの通信量でネット利用に不便を感じることはほとんどないはずです。やはり、Broad WiMAXの3日間制限は、かなりルールが緩いといえそうですね。

低速モードが解消されるタイミングは?

3日間のデータ通信量を超過しても、延々と速度制限が課され続けるわけではありません。18時ごろに実行された速度制限は、約8時間で解除されます。ここで、3日間のデータ通信量超過に対して、速度制限が課される時間帯をまとめておきましょう。

・通信量を超過した翌日の18時ごろから、翌々日の2時ごろまで通信速度が制限される

速度制限は最も回線が混雑する18時ごろに実行され、深夜2時に解除されます。ただ、深夜2時を回っても、朝方6時まで制限が解除されない場合もあるようです。こうしたケースに対して、WiMAXの回線提供元であるUQコミュニケーションズでは、以下のようにアナウンスしています。

・“一度セッションを切断することで制限が解除される”

インターネット用語でいう「セッション」とは、サイトにアクセスしてから利用を終了するまでの期間を指します。このようにいうと、ブラウザを閉じればセッションが切断されそうな感じがしますよね?

しかし、ブラウザを閉じただけでは、セッションが終了しない場合があります。この場合は、一度WiMAX端末の電源を切ってください。これにより、セッションが切断されます。あとはWiMAX端末を再起動すれば、速度制限が解除されるはずです。

低速モードはどれくらい遅いの?

3日間制限が課されると、Broad WiMAXの通信速度はどの程度まで遅くなるのでしょうか。あまりに通信速度が遅いと、ネットをまともに利用できなくなりそうですよね。

しかしご安心を。速度制限中の通信速度は、1Mbps前後とさほど遅くはありません。少なくとも、YouTubeで標準画質の動画を視聴できるレベルの速度は保たれます。高画質動画の視聴は厳しいかもしれませんが、1Mbpsの通信速度が出ればネットの閲覧は問題なく行えると思ってよいでしょう。

ただ、2017年2月2日に3日間制限のルールが改変されるまでは、速度制限時の通信速度はもう少し高速でした。速度制限時も、YouTubeの高画質動画(1080p)を視聴できる速度が保たれていたのです。ルール改変前からWiMAXを利用しているユーザーには、現在の速度制限時の通信速度に不満を感じている方が少なくありません。

とはいえ、制限時の通信速度の低下は、3日間制限のルール緩和とのトレードオフ。データ通信量超過にさえ気を配っておけば、速度制限による不便を感じずに済むはずです。

通信量の確認方法について

通信量超過による速度制限を回避するには、3日間のデータ通信量を自己管理する必要があります。そこで活用したいのが、WiMAX端末のデータ通信量表示機能。近年発売されているWiMAX端末には、現在利用している高速データ通信容量をディスプレイに表示する機能が備わっています。

もちろん端末のディスプレイには、直近3日間のデータ通信量を表示することも可能です。WiMAX端末のディスプレイに直近3日間のデータ通信量を表示させるための設定方法を、詳しくチェックしてみましょう。

まずチェックするのは、人気端末である「WX03」。出荷時の状態では、WX03の画面にデータ通信量は表示されません。3日間のデータ通信量を表示させるには、以下の設定を行う必要があります。

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.メニューが表示されるので「データ通信量設定」をタップ

3.続けて「データ通信量表示機能」をタップ

4.リストが表示されるので「3日」をタップ

以上の手順で、ホーム画面に直近3日間のデータ通信量が表示されるようになります。ただし、出荷時の設定では、3日間で利用できる最大データ通信量の表示が3GBになっているかもしれません。

この設定を10GBに変更するには、パソコンを使って「クイック設定Web」にアクセスする必要があります。クイック設定Webを使った設定変更方法を、チェックしておきましょう。

1.Webブラウザのアドレス入力欄に「http://192.168.179.1」と入力してEnterキーを押す

2.クイック設定Webの画面が開いたら「詳細設定トップへ」を選択

3.クイック設定Webで使用する「管理者パスワード」を決める

4.「設定」をクリック

5.ユーザー名とパスワード入力を求められるので、ユーザー名に「admin」と入力

6.続けてパスワード欄に管理者パスワードを入力し、「OK」をクリック

7.クイック設定Webの画面に戻るので「ネットワーク設定」を選択

8.続けて「通信量カウンター」を選択

9.「日次通信量」欄の「上限値(3日間)」の項目を10GBに変更する

10.「設定」をクリック

11.「保存」ボタンを押して設定完了

以上の手順で、直近3日間で利用できる最大データ通信量の表示が10GBに変更されます。続いて、旧機種でありながら人気の高い「W03」の、ディスプレイ設定方法をチェックしてみましょう。

出荷時の状態で、W03のディスプレイには通信量カウンターが表示されています。ただし、表示されているのは、1ヶ月間のデータ通信量。直近3日間のデータ通信量を表示させるには、以下の手順で設定を変更する必要があります。

1.ホーム画面で「通信量カウンター」をタップ

2.メニューが表示されるので「1ヶ月」となっている項目をタップ

3.「3日」をタップ

4.チェックマークをタップ

以上の手順で、ディスプレイに直近3日間のデータ通信量が表示されます。続けて、3日間に利用できる最大データ通信量の表示設定を変更しましょう。W03の場合は、端末上で表示設定を変更できます。以下の手順をご覧ください。

1.ホーム画面で「通信量カウンター」をタップ

2.メニューが表示されるので「設定(3日)」をタップ

3.「カウントする最大データ通信量」を10GBに変更する

4.ホームマークをタップして設定完了

以上の手順で、3日間で利用できるデータ通信量の上限が、10GBに変更されます。ここにご紹介した方法でディスプレイの表示を設定しておけば、データ通信量を簡単に自己管理できるようになるはずです。WiMAX端末を入手したら、ぜひ設定変更にチャレンジしてみてください。

※2017年6月30日現在、Broad WiMAXでは「W03」は取り扱っていません。