格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ブロードワイマックスの特徴と料金プラン、申し込み時の注意点について徹底解説

ブロードワイマックスとは?

ブロードワイマックスは、WiMAXのプロバイダです。WiMAXとは、世界的な無線通信規格。アメリカや韓国で普及しているほか、台湾やポルトガルでも導入が進められています。

日本におけるWiMAXの提供事業者は、KDDIグループのUQコミュニケーションズです。回線設備を持たずにサービスを提供していることから、ブロードワイマックスはMVNOに分類されます。

ちなみに、ブロードワイマックスのサービス提供元は、株式会社リンクライフという企業です。リンクライフは平成20年に設立された比較的新しい企業で、インターネット接続サービスだけでなく、ウォーターサーバーの販売も手がけています。

WiMAXのキホンを押さえよう

WiMAXはデータ通信専用の無線通信規格。サービスの提供は、専用無線Wi-Fiルーターを通じて行われます。WiMAX最大の特徴といえるのが、通信速度の速さです。以下をご覧ください。

・ノーリミットモード(使用回線=WiMAX)・・・下り最大13.3Mbps

・ハイスピードモード(使用回線=WiMAX2+)・・・下り最大220Mbps

・ハイスピードプラスエリアモード(使用回線=WiMAX2+・4GLTE併用)・・・下り最大370Mbps

上記のほか、東名阪を中心としたエリアでは、下り最大440Mbpsの通信速度を実現する新サービスの提供も開始されています。ただし上記の通信速度は、あくまでも理論上の最高値です。実際の通信速度は、使用環境に大きく左右されるもの。理論上の最高速度が出ることは、まずないと思ってください。

なお、ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用月のみオプション料金が発生します。オプション料金は1,004円。この金額は、どのプロバイダでもほぼ同じです。

ブロードワイマックスの特徴

日本国内でWiMAXを取り扱うプロバイダは、ブロードワイマックスだけではありません。UQコミュニケーションズ直属の「UQ mobile」をはじめ、「BIGLOBE」「とくとくBB」など多数のプロバイダがWiMAXを取り扱っています。

当然のことですが、WiMAXそのものの性能はどのプロバイダでも同じです。UQ mobileのWiMAXだけ通信速度が速く、ほかのプロバイダは遅い、なんていうことはありません。各プロバイダの違いは、料金プランや特典にあります。

ブロードワイマックスは、特に料金プランに特徴のあるプロバイダです。より具体的にいいましょう。ブロードワイマックスは、業界最安クラスの月額料金を特徴としているプロバイダなのです。

…とここで、「どのぐらい安いのか教えて!」という声が聞こえてきそうですね。次節では、気になるブロードワイマックスの料金についてチェックしてみることにしましょう。

ブロードワイマックスの料金プランについて

ブロードワイマックスの料金プランは、「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」に大別できます。各プランの内容と料金をチェックしてみましょう。

ギガ放題プランの内容と料金

ギガ放題プランは、WiMAX2+の高速通信を月間の帯域制限なしで利用できるプランです。モバイルWi-Fiルーターには、月間7GBの帯域制限が儲けられていることが一般的。制限を超えて高速通信を利用すると、混雑を回避するために通信速度が大幅に低下してしまいます。

一方、ブロードワイマックスのギガ放題プランには、この帯域制限がありません。ハイスピードモードでの快適な通信を、心ゆくまで楽しむことができます。

ただし「ギガ放題プラン」も、一切の制限なしで利用できるわけではありません。3日間の通信量に対しては、帯域制限が設けられています。具体的にいうと、3日間の間に3GBを超える通信を行うと、通信速度が制限されるのです。制限中の通信速度は、「YOU TUBEを標準画質で視聴できる程度」となっています。

高画質動画サイトを視聴する機会の多い方は、この3日間の帯域制限をネックに感じるかもしれませんね。ただ、2017年2月2日からは、帯域制限の緩和が予定されています。制限緩和の実施後は、3日間に利用できる通信量が10GBまでアップ。この容量なら、高画質動画も心おきなく楽しめそうです。

続いて、ギガ放題プランの料金について見ていきましょう。ギガ放題プランには、「ギガ放題月額最安プラン」と「ギガ放題ベーシックプラン」の2種類があります。前者は、契約後24ヶ月目まで料金割引が続くプラン。月額料金と割引額は、以下のようになっています。

・1〜2ヶ月目の月額料金・・・2,726円(通常料金より1,285円OFF)

・3〜24ヶ月目の月額料金・・・3,411円(通常料金より600円OFF)

・25ヶ月目以降の月額料金・・・4,011円(割引なし)

上記月数は、利用開始月の翌月を1ヶ月目として表記しています。利用開始月の利用額は、2,726円を日割りした金額となります。

ギガ放題月額最安プランは、業界最安クラスの月額料金を特徴とするプラン。2年間までであれば、4千円を切る低料金でWiMAXの高速モバイル通信を利用できます。また、25ヶ月目以降の月額料金も、約4千円と安価です。なお、ギガ放題月額最安プランは、加入時に以下の諸費用が発生します。

・契約事務手数料・・・3,000円

・初期費用・・・18,857円

「初期費用」の高額さが気になりますね。ただ、この費用については無料とすることができます。無料化の方法は後ほどご紹介するとして、続けてギガ放題ベーシックプランの料金をチェックしてみましょう。

・1〜2ヶ月目の月額料金・・・3,695円(通常料金より1,185円OFF)

・3ヶ月目以降の月額料金・・・4,380円(通常料金より500円OFF)

こちらの月数も、利用開始月の翌月を1ヶ月目としています。利用開始月の利用料金は、3,695円を日割りして請求されます。上記のとおり、ギガ放題ベーシックプランの料金は、ギガ放題月額最安プランより高めです。

ただし、ギガ放題ベーシックプランの初期費用は0円。3,000円の契約事務手数料こそかかるものの、少ない初期投資でWiMAXの利用を開始できます。

なお、3ヶ月目以降の料金が「通常料金より500円OFF」となっているのは、ベーシックプランが2年契約のプランであるためです。契約24ヶ月目まではプランに対する割引が、25ヶ月目以降は長期割りとしての割引が適用されます。

ライトプランの内容と料金

ライトプランは、なるべく低料金でWiMAXを利用したい方向けのプランです。ギガ放題プランよりも安くWiMAXを利用できますが、月間7GBの帯域制限が設定されています。

月間の帯域制限が使用上のネックになるか否かは、ユーザーの使い方次第。外出時のみWi-Fiルーターを利用する方であれば、7GBの通信量でも十分かもしれません。

また、モードをノーリミットモードに切り替えれば、月間の帯域制限なしでWiMAX回線の通信を利用できます。先にご紹介したように、ノーリミットモードの通信速度は13.3Mbps。ほかのモードと比べると低速ですが、ネットの閲覧程度であれば十分快適に行えます。

続いて、ライトプランの料金をチェックしてみましょう。ライトプランにも、「月額最安プラン」と「ベーシックプラン」が用意されています。月額最安プランの月額料金は、以下のとおりです。

・1〜24ヶ月目の月額料金・・・2,726円(通常料金より600円OFF)

・25ヶ月目以降の月額料金・・・3,326円(割引なし)

ここでも、課金が開始される利用開始2ヶ月目を、1ヶ月目として記載しています。利用開始月の料金額は、2,726円を日割りした金額になります。24ヶ月目まで月額3千円以下で利用できる点が、月額最安プランの魅力。この程度の金額であれば、学生さんでも無理なく支払えそうですね。

なお、月額最安プラン加入時には、ギガ放題月額最安プランと同じく18,857円の初期費用と3,000円の契約事務手数料が発生します。次に、ベーシックプランの月額料金を見てみましょう。

・一ヶ月目以降の月額料金・・・3,695円(通常料金より500円OFF)

利用開始月の料金額は、3,695円を日割りした額となります。ライトプランのベーシックプランも、やはり初期費用は0円。そのぶん月額料金が、月額最安プランより高額になっています。割引に関する条件は、ギガ放題ベーシックプランの3ヶ月目以降と同じです。

なお、ブロードワイマックスのプランは、全て2年契約となっています。解約するタイミングによって、以下の契約解除料が発生するのでご注意ください

・契約12ヶ月目まで・・・19,000円

・契約24ヶ月目まで・・・14,000円

・契約26ヶ月目以降・・・9,500円

契約26ヶ月目は更新月になるため、無料で解約できます。契約27ヶ月目に入ると、契約が自動更新。次に更新月が訪れるのは、契約49ヶ月目となります

支払い方法について

ブロードワイマックスの支払い方法は、プランごとに違っています。

・各月額最安プラン・・・クレジットカード・口座振替

・各ベーシックプラン・・・クレジットカード

ギガ放題およびライトプランのベーシックプランでは、クレジットカードのほかに口座振替を選ぶことができます。一方、各ベーシックプランでは、クレジットカード以外の支払い方法を選べません。

ブロードワイマックスの特典とは

ブロードワイマックスでは、月額最安プラン新規加入者向けのキャンペーン「WiMAXスタートキャンペーン」を実施しています。キャンペーンの特典を見てみましょう。

・初期費用18,857円を全額割引

・端末代無料

・2台目の初期費用を10,000円割引

キャンペーンが適用されると、月額最安プランの初期費用18,857円が無料になります。先に触れた初期費用の無料化とは、このキャンペーンのことです。

端末代の無料化も、キャンペーン特典の1つ。2016年12月に発売された最新機種、「WX03」も無料でゲットできます。これに加えて、2台目の端末を契約する場合は初期費用が10,000円OFFに。ご家庭でWiMAX端末を2台利用する場合に、導入費用を安く抑えることができます。

ブロードワイマックスのメリット、デメリット

ここで、ブロードワイマックスのもつメリットとデメリットをチェックしておきましょう。まずはメリットから

・業界最安クラスの月額料金

ブロードワイマックス最大のメリットといえば、やはり月額料金の安さ。月額最安プランを選べば、業界最安クラスの料金でWiMAXを利用できます。続いて、ブロードワイマックスのデメリットをチェックしてみましょう。

・初期費用が高額

・キャッシュバックがない

先にご紹介したように、ブロードワイマックスの月額最安プランは初期費用が高額です。もちろん前節で述べたとおり、この初期費用はキャンペーンで無料化できます。とはいえ、ほかのプロバイダでは、そもそも契約事務手数料以外の初期費用が設定されていません。他社にはない費用が無料になったところで、あまりお得感はありませんよね。

キャッシュバックが用意されていない点も、ブロードワイマックスのデメリットです。時期にもよりますが、ほかのプロバイダでは、キャンペーン特典として20,000円〜30,000円のキャッシュバックを用意しています。一方、ブロードワイマックスには、一切キャッシュバックがありません。

付け加えていうと、端末代の無料化はほかのプロバイダのキャンペーン内容にも含まれています。以上の点を総合すると、ブロードワイマックスはキャンペーンに魅力のないプロバイダといえそうです。

ブロードワイマックスの注意点について

ブロードワイマックスのキャンペーンは、以下の条件をクリアしなければ申し込めません。

・支払い方法にクレジットカードを指定すること

・安心サポートプラスとMy Broadサポートに加入すること

キャンペーンの適用を受けるには、支払い方法にクレジットカードを指定しなければなりません。また、上記2つの有料オプションへの加入も必要です。オプションは商品の到着後に解約できますが、すぐに解約しても1ヶ月分の料金が発生するのでご注意ください。

オプションの月額料金は「安心サポートプラス」が550円、「My Broadサポート」が907円。My Broadサポートは2ヶ月まで無料で利用できますが、安心サポートプラスの料金は初月から発生します。前節で述べたとおり、ブロードワイマックスのキャンペーン内容は今ひとつです。適用に上記のような条件があるとなっては、より魅力が薄らいでしまいますね。

ブロードワイマックスは、キャンペーンよりも月額料金の安さに力を注いでいるプロバイダといえそうです。ただ、その月額料金もあくまで“業界最安クラス”であり、“業界最安”というわけではありません。2年間までの料金に限っていえば、とくとくBBのWiMAXをキャンペーン特設サイトから申し込んだほうが安価です(2016年12月時点の情報)。

ブロードワイマックスの契約を検討する際は、ほかのWiMAXプロバイダの料金やキャンペーン内容をよくチェックすることをおすすめします。キャッシュバック込みで料金比較を行い、納得できるプロバイダを選択してください。