格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

UQ WiMAXの月額料金と支払方法について

UQ WiMAXの月額料金は?

通信サービスを契約する際に気になるものといえば、月額料金ですよね。UQ WiMAXには、2つの料金プランが用意されています。その名も「UQ Flatツープラス」と「UQ Flatツープラス ギガ放題」。両者の月額料金を、順番にチェックしてみましょう。まずはUQ Flatツープラスの月額料金から。

・契約開始月の料金・・・3,696円の日割り

・契約2ヶ月目以降の料金・・・3,696円/月

UQ Flatツープラスの基本使用料は4,196円ですが、契約期間中は「おトク割」によって毎月500円の料金割引が受けられます。また、契約を更新した後も月々500円の長期利用割引が適用されるため、月額料金はずっと変わりません。続いて、UQ Flatツープラス ギガ放題の料金を見てみましょう。

・契約開始月の料金・・・3,696円の日割り

・契約2〜3ヶ月目の料金・・・3,696円/月

・契約4ヶ月目以降の料金・・・4,380円/月

契約3ヶ月目までは「お試し期間」となるため、UQ Flatツープラスと同じ料金でギガ放題プランを利用できます。契約4ヶ月目からは、月額料金が4,380円にアップ。その後はずっと同じ料金で、UQ Flatツープラスギガ放題を継続利用できます。

なお、UQ FlatツープラスとUQ Flatツープラス ギガ放題の違いは、月間データ通信量制限の有無のみです。UQ Flatツープラスは、1ヶ月間に利用できるデータ通信量が7GBに制限されています。この点以外は、両プランの内容に違いはありません。

また、2つのプランは、1ヶ月単位で切り替え可能です。もしプラン選びに迷っているなら、まずギガ放題プランを契約することをおすすめします。実際に使ってみてギガ放題が不要と感じた場合は、お試し期間終了前にUQ Flatツープラスに切り替えるとよいでしょう。

■auユーザーなら通信費がおトクに

auのスマホや携帯電話をご利用中の方なら、UQ WiMAXを契約することで「auスマートバリューmine」の適用を受けられます。auスマートバリューmineとは、WiMAXの利用によってauの料金が割引かれるサービス。auで契約中のプランに応じて、割引の大きさが変わります。

適用される割引額は、934円、743円、500円のいずれかです。たとえば「データ定額5/8/10/13/20/30」を契約している方なら、毎月934円の料金割引が適用されます。

一方、「データ定額2/3」を利用している方は毎月743円、「データ定額1」を契約している方は毎月500円の割引を受けることが可能。やや割引額は下がるものの、おトクである点に変わりはありません。

ちなみに、UQ WiMAXの契約期間は2年間です。契約期間中ずっと934円の割引を受けたとすれば、トータルで22,416円も通信費を節約できますよ。もちろん契約を更新した後も、auスマートバリューmineの適用は続きます。auユーザーにとって、auスマートバリューmineは見逃せないサービスといってよいでしょう。

UQ WiMAXの初期費用は?

UQ WiMAXを利用するには、専用端末の購入が必要になります。このため、「UQ WiMAXは初期費用が高額なのでは…?」と心配する方も多いかもしれませんね。

ご安心ください。UQ WiMAXの端末は、1円〜2,800円と安価に購入可能です。端末代以外にかかる初期費用といえば、3,000円の契約事務手数料とクレードル代ぐらいのもの。クレードルの有無は、ユーザーが自由に選択できます。

ちなみに、クレードルの価格は高いものでも2,600円です。つまり、UQ WiMAX契約時に発生する初期費用は、最高でも8,400円。インターネット回線サービスとしては、かなり安価な費用で利用を始められます。

■2017年7月現在で購入できる機種

2017年7月現在、UQ WiMAXでは6種類のWiMAX端末を販売しています。各機種の販売価格と特徴をチェックしてみましょう。

・W04

WiMAX2+とau 4GLTEに対応する、最新WiMAX端末です。W04の受信最大速度は、440Mbpsと超高速。条件さえ整えば、光回線なみの通信速度でインターネットを楽しめます。

スティックデザインを採用している点も、W04の特徴です。ストレートタイプのガラケーのような形状になっており、片手でタッチパネルを楽に操作できます。W04の販売価格は2,800円。最新機種でありながら、安価に入手可能です。

・WX03

WiMAX2+に対応するWiMAX端末です。受信最大速度は、W04と同じく440Mbps。高速通信を要求される高画質動画の再生も、スムーズにこなしてくれます。

また、WX03はバッテリーが大容量です。W04よりも電池持ちがよいため、仕事で使うモバイルルーターとしても優れています。WX03の販売価格は2,800円。コストパフォーマンスに優れるWiMAX端末となっています。

・HOME L01

据え置き型WiMAXルーターの最新モデルです。WiMAX2+とau 4G LTEに対応しており、受信最大速度も440Mbpsと高速。光回線に引けを取らない性能を有しています。

2.4GHz帯と5GHz帯を併用できる点も、HOME L01の魅力です。各帯域には、20台ずつの端末を接続可能。有線LANも合わせると、最大で42台のWi-Fi対応機器と同時接続できます。HOME L01の販売価格は2,800円。安価でありながら、オフィスでも活躍できるWiMAXルーターとなっています。

・novas Home+CA

受信最大速度を220Mbpsとする、据え置きタイプのWiMAXルーターです。novas Home+CAの最大同時接続台数は、有線と無線を合わせて18台。家庭用ルーターとしては、十分な接続台数を確保しています。

2本の外部アンテナを備えている点も、novas Home+CAの特徴です。Wi-Fi電波を遠くまで飛ばせるうえ、アンテナの角度を調節すれば、電波の飛ぶ方向も変えられます。novas Home+CAの販売価格は1円。ほぼ無料で、家庭用WiMAXルーターが手に入りますよ。

 

・WX01(クレードルセット)

WiMAX2+とWiMAXに対応するモバイルルーターです。受信最大速度は220Mbps。やや古い機種ですが、現役で活躍できる性能を備えています。WX01の販売価格は1円。この価格でクレードルも付いてくるので、かなりお買い得です。なお、WX01(クレードルセット)の販売は、在庫がなくなり次第終了します。気になる方は、早めに契約を申込んでください。

UQ WiMAXの料金支払い方法

UQ WiMAXの支払い方法には、クレジットカード払いと口座振替の2種類があります。どちらを利用した場合も、手数料は発生しません。支払いに使えるクレジットカードの銘柄は、以下のとおりとなっています。

・VISA

・Master Card

・JCB

・Diners Club

・AMERICAN EXPRESS

メジャーなクレジットカードなら、どれでもUQ WiMAXの支払いに利用できると考えてよいでしょう。口座振替についても、ゆうちょ銀行や信用金庫を含む、ほとんどの銀行を引落し口座に指定できます。ただし、口座振替でUQ WiMAXを契約する際は、以下の点に注意してください。

・本人確認書類の提出が必要

・口座振替手続きが完了するまではコンビニ払いとなる

・端末代の支払いはクレジットカード払いか代金引換になる

支払い方法に口座振替を指定すると、契約申込み後に本人確認書類の提出が必要となります。書類の提出は、郵送もしくは画像のアップロードによって行うことが可能。本人確認書類には、以下の書類が指定されています。

・運転免許証

・パスポート

・身体障がい者手帳

・療育手帳

・精神障がい者保健福祉手帳

・特定疾患医療受給者証+補助書類

・特定疾患登録者証+補助書類

・住民基本台帳カード

・健康保険証+補助書類

補助書類が必要となる場合は、以下の書類のコピーを本人確認書類とともに提出してください。

・公共料金領収書

・住民票

いずれの書類を補助書類とする場合も、3ヶ月以内に発行された、現住所の記載があるものを用意してください。

次に、契約初期の支払いについて。口座振替の手続きには、1〜2ヶ月程度の期間を要します。このため、契約開始から2ヶ月間は、コンビニ払込票を使って支払いを行わなければなりません。また、口座振替手続きに時間がかかることから、端末代の支払いはクレジットカード払いか代金引換で行う必要があります。

以上のように、口座振替による支払いを選ぶと、いろいろと手間がかかります。付け加えると、毎月の支払いに関しても、口座振替の場合は残高不足による未払いの発生に気を付けなければなりません。

一方クレジットカードなら、口座振替のような手間をかけずにUQ WiMAXの利用をスタートできます。月々の支払いもカード会社が立て替えてくれるので、未払いが発生する心配がありません。もしクレジットカードをお持ちなら、UQ WiMAXの支払い方法には、カード払いを選ぶことをおすすめします。

UQ WiMAXの料金を未納や滞納した場合

UQ WiMAXの契約後に、うっかりして料金の未納や滞納を起こしてしまう場合もあるかもしれませんね。こうしたトラブルが発生した場合は、どのような措置がとられるのでしょうか。

まず、何らかの事情で未納が発生した場合は、UQコミュニケーションズからコンビニ払込票が送付されます。期限内にコンビニで支払いを済ませれば、UQ WiMAXの使用に支障は出ません。

一方、期限内の支払いを怠った場合は、督促状が送付されます。この時点で、UQ WiMAXの利用はストップ。下記の料金を支払うまで、利用停止は解除されません。

・滞納している料金+14.5%の延滞利息

・300円の督促手数料

なお、利用停止期間中も、UQ WiMAXの月額料金は発生し続けます。支払いを放置すると、負債がどんどん膨らんでしまうのでご注意ください。

■ほかの回線サービス利用にも影響が出る

通信事業者各社では、料金の未払いや滞納を起こしたユーザーの情報を共有しています。UQ WiMAXの料金を滞納すると、ほかの回線サービスの利用にも影響が出る可能性があるのでご注意ください。

UQコミュニケーションズに“悪質なユーザー”と判断されると、他社のサービスを契約しにくくなるかもしれません。サービス利用料の滞納には、十分注意しましょう。支払い方法にクレジットカード払いを選んでおけば、滞納が起こる可能性が低くなりますよ。