格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

WiMAXの電池持ちの良い使い方やアプリの使い方まとめ

WiMAXをこれから使おうとしている方、すでに使われている方にとって、「WiMAXのより便利な使い方」は気になる内容の一つではないでしょうか。今回は、「WiMAXの便利な使い方」という内容で、「電池を長持ちさせる方法」「スマホアプリを使った便利な使い方」「接続を安定させる方法」などといったTIPSを以下の流れで紹介します。

  1. 電池を長持ちさせる使い方
  2. スマホアプリを使った便利な使い方
  3. 無線LANを安定させる使い方
  4. インターネット接続が途切れない使い方法
  5. 家の中で使うなら有線、無線どっちがいいの?

WiMAXを便利に活用するためのさまざまなTIPS。では順番に見ていきましょう。

  • WiMAXの便利な使い方ってどういうもの?

「WiMAXのより便利な使い方」というものは、多くの読者に方にとって興味がある内容だと思います。「どうすれば電池が長持ちするのか」「アプリの活用」といったものや、不安定なインターネット接続を安定化させる方法などさまざまなテクニックがあります。

電池を長持ちさせる使い方

多くの人にとって、WiMAXとはモバイルルーターのことであり、外出先にルーターを持ち出してモバイルインターネット接続を利用するものではないでしょうか。当然ですが、外で使うとなると電源はありません。したがって、「どれくらい電池が持つのか」ということが非常に重要なポイントとなってきます。

最近の機種はどれもスペックとしては10時間前後のバッテリー持ち時間をうたっており、長持ちするようにはなりましたが、それでも普通通り使っているとやはり電池切れを起こしてしまいます。

では、少しでも電池を長持ちさせ、長く使う方法はあるのでしょうか。電池が長持ちすればそれだけインターネット接続を長い時間利用できることになります。それには大きく分けて以下の3つの方法があります。

  1. 通信の設定を「省電力モード」にする

省電力モードにすると通信速度は制限されます。

  1. 「切り忘れ防止タイマー」を活用する

一定時間が経つと勝手に電源が切れます。

  1. 電力消費の少ない「Bluetoothテザリング」を利用する

Bluetoothを使うと通信速度は3Mbpsに制限されます。

電池を長持ちさせるためには上記の3つの方法が使えますが、併せて説明したように、「速度が遅くなる」「電源が自動で切られる」などのデメリットもありますので、省電力の必要がないケースでの常用はおすすめできません。しかし、これらを使うことによる省電力の効果は非常に高いので、必要な時は迷わず設定することをおすすめします。

スマホアプリを使った便利な使い方

WiMAXのもう一つ便利な使い方、それはスマホ用のアプリを使うことです。最近は冷蔵庫やオーブンレンジといった家電製品にまでアプリで制御できるような製品が出ており、非常に便利になっていますが、WiMAXルーターの設定や確認にもアプリが使えます。

例えば「Speed Wi-Fi NEXT WX02」という機種の場合、「NEC WiMAX 2+ Tool」というアプリで設定の変更やステータスの確認といったことが出来ます。このアプリを使うことで、バッテリーは残りどれくらいなのかとか、ルーターのアンテナ受信レベルなどを確認することが出来て、非常に便利です。このアプリはiPhone用にはAppStoreから、Android用にはGooglePlayストアからダウンロードして簡単に利用することが出来るようになっています。

またこのアプリを使った非常に便利な機能としては端末を遠隔で休止状態から起動したり制御したりすることが出来るというものがあります。多くの場合、WiMAXルーターはバッテリーを長持ちさせるために一定時間が経つと休止状態になる設定にして使うと思いますが、休止状態から回復させるためにわざわざカバンから取り出したりするのは手間です。このアプリを使うことで、アプリ上からWiMAXルーターを起動すると同時に、スマホ上でWiMAXを使ってインターネット利用できるかどうかの確認もできます。便利ですよね。

このアプリを使ったWiMAXルーターの活用も、ぜひ利用したい使い方です。

無線LANを安定させる使い方

WiMAXに限らず、インターネット接続が安定しないというのは非常にストレスがたまるものですよね。また、仕事で使っていたりすると、業務に差支えが出ることにもつながりかねません。

多くの場合、WiMAXルーターとPCやスマホを接続してインターネットを利用する場合は、無線LANを活用すると思います。したがってWiMAXを使ってインターネット接続を行っている際に「うまくつながらない」「接続が安定しない」などの問題が出た場合、以下の2つのポイントについて考える必要があります。

  1. 無線LAN接続の安定化:PCやスマホといった端末からWiMAXルーターへの接続
  2. WiMAXでのインターネット接続の安定化:WiMAXルーターからインターネットへの接続

この章では、まず1の「無線LAN接続の安定化」について考えてみましょう。無線LAN接続を安定化させるためには、一般的に以下のようなアプローチが必要になります。これはもちろんWiMAXルーターを使う場合も同じことが言えます。

・無線LANの電波帯域を2.4GHzから5GHzに変更する

・無線LANの使用チャネルを変更する。

「無線LANの電波帯域を2.4GHzから5GHzに変更する」ですが、無線LANの電波は電波帯域によって、特性が違います。2.4GHzは、昔から使われている帯域で、機器も多いので場合によっては機器同士の干渉が発生するケースが多くなります。それに比べて、5GHzの帯域は新しいもので機器も少ないので、電波干渉が起きにくいと言われています。したがって、接続が不安定になる場合は、変更してみることをおすすめします。

また、無線LANは機器ごとの別の電波チャネルを使用することで干渉しないようにしていますが、これが重複していると電波干渉が起きて接続が不安定になります。したがって、接続が不安定になる場合は、チャネルを変えてみるというのもおすすめです。

いずれの設定変更もルーターの設定画面から簡単に行えますので、無線LANが不安定な場合は試してみることをおすすめします。

インターネット接続が途切れない使い方

先ほど、WiMAXルーターを使用していて接続が安定しない場合は、以下の2つのポイントを確認する必要があると説明しました。

  1. 無線LAN接続の安定化:PCやスマホといった端末からWiMAXルーターへの接続
  2. WiMAXでのインターネット接続の安定化:WiMAXルーターからインターネットへの接続

先の章では「1.無線LAN接続の安定化」について説明しました。そこで、今度は「2.WiMAXでのインターネット接続の安定化」について、見てみましょう。

ここで言う「2.WiMAXでのインターネット接続の安定化」とは、つまりWiMAXルーターを安定してWiMAXのネットワークに接続させることです。これを1の「無線LAN接続の安定化」と併せて実施することで、PCやスマホから安定してWiMAXのインターネット接続が利用できるようになります。

WiMAXルーターのインターネット接続を安定化させるためには、以下のことに気を付けましょう。

・場所に気を付ける:障害物が多い場所ではつながりにくいことがある

・ルーターのファームウェア等の更新は適用する:接続の安定化の問題が修正されているケースもある。

・自作のパラボラアンテナを使うこともできる

電波状況が悪い、不安定であるといったケースでは、こういった方法で対策をすることも可能です。

家の中で使うなら有線、無線どっちがいいの?

持ち運ぶことがなく、自宅やオフィスで据え置きとして利用する場合、有線LANと無線LANのどちらの接続が良いのでしょうか。

自宅で据え置きとして使うのであれば、有線LANでも無線LANでもどちらでも使うことが出来ます。本章では、自宅で使う場合に有線と無線のどちらが良いのか、ということについて考えてみましょう。

まず、有線LANと無線LANにそれぞれどういったメリットとデメリットがあるのか見ていきます。

  1. 有線LAN

<メリット>
・無線LANに比べて速度が速い
・無線LANのようにルーターとの接続が不安定になることはない
<デメリット>
・LANケーブルを接続する必要があり、どこでも自由に使えるわけではない
・スマホでは利用できない

  1. 無線LAN

<メリット>
・LANケーブルを使い必要がなく、好きなところで使える
・スマホでも利用できる
<デメリット>
・有線LANに比べて速度が遅い
・電波状況によって、接続が不安定になることがある

これを踏まえて考えると、家庭の中で使う際に有線LANと無線LANのどちらを選ぶかは以下のポイントによるのではないでしょうか。

PCを決まった場所で使うかどうか:固定であれば有線でも良い

LANケーブルを引けるかどうか:引けるのであれば有線でも良い

PCの場所が固定されているのであれば、高速で安定な接続が利用できる有線LANがおすすめです。したがって、固定で使うのであればPCは有線LANとして、ルーターの無線機能は有効にしておいてスマホはそちらで接続する「有線と無線の併用」がおすすめといえるでしょう。

まとめ

「WiMAXルーターをもっと便利に活用したい」と思っている方にとって、ルーターの便利な使い方というのは非常に興味のある内容ではないでしょうか。

本記事では、WiMAXルーターの便利な使い方について、「電池を長持ちさせる方法」「アプリの便利な使い方」や「接続を安定化させる方法」などを順番に見ていきました。

まず電池を長持ちさせるためには「省電力モード」などの設定を有効にすればよいこと、ただし、通信速度の低下や一定時間後に電源が切れるなどの弊害もあり、日ごろから常用するものではないことを説明しました。

また、スマホのアプリを使うことでルーターの設定の変更や、接続状況、バッテリーの残量の確認が行えることも説明しました。とくに便利なのは休止状態からの起動を遠隔で行えることです。これによって、わざわざスリープ状態から復帰させるためにルーターを取り出す必要がなくなります。

また、不安定なインターネット接続を改善し、安定なものとするには、以下の方法が効果的であると説明しました。

・無線LANの電波帯域を2.4GHzから5GHzに変更する

・無線LANの使用チャネルを変更する。

加えて、家の中でWiMAXを使う場合は有線LANと無線LANの両方が使えるが、その選択は以下のポイントによることを説明しました。

PCを決まった場所で使うかどうか:固定であれば有線でも良い

LANケーブルを引けるかどうか:引けるのであれば有線でも良い

WiMAXをより便利に使うためには、さまざまな方法があります。今回紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。