格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

WiMAXホームルーターとモバイルルーターの違いについて徹底解説

あまり使われてはいませんが実は便利なWiMAXホームルーター。読者の皆さんもモバイルルーターは使っていてもホームルーターを使われている方はあまりいないのではないでしょうか。

本記事では、そんなホームルーターについて「モバイルルーターと何が違うのか」「料金体系はどうなっているのか」など、さまざまな疑問点に以下の流れでお答えします。

  1. ホームルーターとモバイルルーターは何が違うの?
  2. ホームルーターとモバイルルーター料金にはどれくらい差があるの?
  3. PC初心者ならどっちがオススメ?
  4. ホームルーターのメリット、デメリット
  5. ホームルーターはどんな人に向いている?

では、さまざまな疑問点について、一つずつ見ていきましょう。

  • WiMAXホームルーターってどういうもの?

WiMAXのホームルーターはモバイルルーターと何が違うのでしょうか。料金体系はどう違うのでしょうか。メリットやデメリットはどうなっているのでしょうか?

ホームルーターに関する数々の疑問について、以下で各章ごとに迫っていきたいと思います。

ホームルーターとモバイルルーターは何が違うの?

初めに「ホームルーター」と「モバイルルーター」の違いについて見ていきましょう。一般的にWiMAXを契約する人は、外出先で利用できるようにモバイルルーターを選ぶ人が多いと思います。モバイルルーターは軽量でバッテリーの持ちがよく、外で持ち運んで長時間使う目的に適したものとなっています。

これに対してホームルーターは家庭などで据え置き型として使うことを想定しています。家庭やオフィスにおいて、無線LANのアクセスポイントのように他のPCやスマホから接続してWiMAXによるインターネット接続が使えるようにするものです。

ホームルーターとモバイルルーターは、簡単にまとめると以下のような違いがあります。

<ホームルーター>

・家庭やオフィスで使う据え置き型

・アンテナが大きく電波を受信しやすい

・同時接続数が多く、同時に多くの端末から利用できる

・サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない

<モバイルルーター>

・外出先など持ち運んで使う持ち歩き型

・アンテナが小さく電波を受信しにくい

・同時接続数が少なく、多くの端末からの同時利用は出来ない

・サイズが小さく持ち運びに適している

ホームルーターとモバイルルーターは上記のような違いがあり、それぞれ目的に合った使い方をすることが大切です。

ホームルーターとモバイルルーター料金にはどれくらい差があるの?

ホームルーターとモバイルルーターの違いはお分かりいただけたと思います。簡潔に言うと「ホームルーターは据え置き型で持ち運びは出来ないが、電波受信能力が高く、多くの端末から同時接続が出来る」、それに対して「モバイルルーターは持ち運んで使うもので、軽くて小さい代わりにあまり電波の受信能力は高くなく、同時に多数の端末から接続して利用することは出来ない」といったものです。

では、ホームルーターとモバイルルーターの違いがご理解いただけたところで、この2つの料金はどのようになっているのでしょうか。どのくらいの差があるのでしょうか。まず、公式のUQ WiMAXを例にとって料金プランを見てみましょう。UQ WiMAXでは速度制限がかからない「ギガ放題プラン」は以下のように設定されています。

・UQ Flat ツープラスギガ放題:             月額3696円 *4ヶ月目からは4380円 通信量無制限

実はこの「ギガ放題」プランはホームルーターでもモバイルルーターでも同じように使えます。つまり両者に月額料金の差はないのです。ただし、ホームルーターにはLTEオプションはないので、その分の料金は安くなります。LTEオプションとは、携帯電話(au)のLTEハイスピードエリア回線を活用することで、WiMAXが使えない場所でも高速なインターネット接続が利用できるものです。

まとめると以下のようになります。

・ホームルーターとモバイルルーターの料金は同じ

・ホームルーターにはLTEオプションはないので、その分はお得

PC初心者ならどっちがオススメ?

WiMAXルーターにホームルーターとモバイルルーターの2種類があり、それぞれに適した使い方や特徴があることをご理解いただけたと思います。

PCの知識のある人は、ホームルーターとモバイルルーターをそれぞれ自分の目的に合わせて選ぶことが出来ると思います。しかし、PC初心者にとって目的に合わせて選ぶのはなかなか難しいのが現状です。したがって、初心者にとっては「ホームルーターとモバイルルーターのどちらが満足してもらえる可能性が高いか」ということになると思います。

そう考えると、結論は「PC初心者にとっておすすめはモバイルルーター」と言えます。

なぜPC初心者にとってモバイルルーターがおすすめなのでしょうか。それは以下のような理由からです。

・モバイルルーターであれば外出先でも自宅でも同じように使える

・ホームルーターであれば持ち出すことが出来ないので、モバイル目的で使用できない

・ルーターが一台であれば複数の設定をして、切り替えたりする必要もなくなる

こういった理由から、PC初心者にはモバイルルーターの方が、より利便性が良く、おすすめだと言えます。

ホームルーターのメリット、デメリット

ここまでWiMAXのホームルーターとモバイルルーターについて、料金や使い勝手について説明してきました。ホームルーターとモバイルルーターの違いについて、よくご理解いただけたと思います。

では、次にホームルーターを使うにあたってのメリット・デメリットについて考えてみましょう。先ほどホームルーターとは「家庭やオフィスで、据え置きで使うことを想定されている」という説明をしました。それを踏まえてメリット・デメリットを考えると、以下のようになります。

<メリット>

・アンテナが大きく電波を受信しやすい

・同時接続数が多く、同時に多くの端末から利用できる

<デメリット>

・サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない

メリットとしては、「アンテナが大きく電波を受信しやすい」ということが、まず挙げられます。本体が大きくアンテナが大きいので、モバイルルーターと比べて、かなり効率的に電波を受信でき安定した接続を実現できます。

そしてデメリットとしては、やはり「サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない」ことです。当然ですがモバイルルーターのように持ち運ぶことは想定していないので、サイズは大きくなりますし、バッテリーも搭載していません。したがって、そもそも持ち運ぶことは出来ません。

ホームルーターを使うことを考えている読者の皆さんは、こういったメリット・デメリットを理解して間違いのない選択をしましょう。

ホームルーターはどんな人に向いている?

本記事では、WiMAXのホームルーターについて「どういうものなのか」「どういうメリットやデメリットがあるのか」といったことを細かく説明してきました。

最後に、今まで説明してきたホームルーターはどんな人に向いているのかということを具体的に見ていきたいと思います。まずおさらいになりますが、ホームルーターの特性は以下のようになっています。

・家庭やオフィスで使う据え置き型

・アンテナが大きく電波を受信しやすい

・同時接続数が多く、同時に多くの端末から利用できる

・サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない

これを踏まえて考えると、ホームルーターがおすすめできる人の条件とは以下のようになります。

  1. 主に家庭やオフィスで利用し、持ち運ぶ必要のない人
  2. 普段使う場所の電波状況がそれほど良くない人
  3. 同時に多くの端末から接続して利用する人

持ち運ぶことがなければ、電波受信性能の高いホームルーターを使う方が、より安定して接続できるため、回線速度も上がります。したがって、持ち運ぶ必要がない場合は、ホームルーターを使うことをおすすめします。

→UQの最新機種発表会に最新ホームルーターが展示されていましたので写真を撮ってきました

まとめ

「WiMAXのホームルーターってどういうものなの?」「どういった使い方が出来て、どういった人におすすめなの?」。本記事ではWiMAXのホームルーターに関連したさまざまな疑問点にせまってみました。

WiMAXのホームルーターは、一般的によく使われているモバイルルーターと異なり、以下のような特徴を持っています。

・家庭やオフィスで使う据え置き型

・アンテナが大きく電波を受信しやすい

・同時接続数が多く、同時に多くの端末から利用できる

・サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない

これを踏まえて本記事では、以下のような条件に当てはまる人にはホームルーターがおすすめだと説明しました。

  1. 主に家庭やオフィスで利用し、持ち運ぶ必要のない人
  2. 普段使う場所の電波状況がそれほど良くない人
  3. 同時に多くの端末から接続して利用する人

また、ホームルーターとモバイルルーターは料金プランとしては、ホームルーターにはLTEの電波が併用できるLTEオプションがないこと以外はすべて同じです。したがって、どちらを選ぶにしても料金的なメリットは特にありません。したがって、目的に合わせてモバイルルーターを使うかホームルーターを使うかしっかりと選択する必要があります。

ホームルーターを使う場合のメリット・デメリットは以下のようなものです。

<メリット>

・アンテナが大きく電波を受信しやすい

・同時接続数が多く、同時に多くの端末から利用できる

<デメリット>

・サイズが大きく、持ち運ぶことは出来ない

使おうとする場合は、これらの内容をしっかりと理解したうえで、自分に使用目的に合うかどうかをしっかりと確認して契約しましょう。