格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

各プロバイダそれぞれWiMAXの契約方法と選び方について

「どういった契約方法を選べば良いの?」。WiMAXには公式のUQ WiMAXで契約する方法、家電量販店で契約する方法やインターネットで契約する方法など、さまざまなやり方があります。しかし、方法が多くてなかなかどれを選べば良いのか戸惑ってしまうという方も多いのではないでしょうか。契約するのであれば、やはり自分にもっとも合った方法を選びたいものです。

本記事では、これらの方法の紹介と契約の方法の選び方を、以下の流れで説明していきます。

  1. UQから契約する方法について
  2. 家電量販店から契約する方法について
  3. プロバイダから契約する方法について
  4. 何を基準に選べばいいの?
  5. キャッシュバックで選ばないほうがいい理由とは

では、それぞれについて細かく見ていきましょう。

  • 改めて見てみようWiMAXの契約方法

WiMAXにはいろいろな契約方法があります。「公式UQ WiMAXで契約する方法」「ヨドバシカメラなどの家電量販店で契約する方法」「インターネットで契約する方法」「インターネットプロバイダから契約する方法」など、その方法は多岐にわたっています。

選択肢が多いのは良いのですが、たくさんありすぎてどれを選べば良いかわからなくなりますよね。改めて契約方法を整理して、選び方を考えてみましょう。

UQから契約する方法について

まずはオーソドックスにWiMAX回線業者であるUQコミュニケーションズが提供する公式プロバイダのUQ WiMAXの契約方法から見てみましょう。

UQ WiMAXの場合は、「公式Webサイトのオンラインショップからの契約」と「販売店舗からの契約」の2種類の方法が利用できるようになっています。これらについて、以下に簡単に説明します。

<公式Webサイトからの契約>

  1. 利用申し込み

1)希望商品の選択

→必要なものを選択「SIMカード+通信端末」か「SIMカードのみ」か。

WiMAXルーターを持っている場合はSIMカードのみですが、通常はルーターを持っていないと思いますので、「SIMカード+通信端末」を選択してください。

2)希望プランを選択

→利用したいプランを選択。「データ通信のみのプラン」か「音声通話付きプラン」。必要に応じて選択すべきですが、データ通信だけを行うなら「データ通信のみのプラン」を選択しましょう。

3)現在利用の番号を引き継ぐか *音声通話付きプラン

→音声通話付きプランの場合、ナンバーポータビリティ(MNP)で今の携帯電話の番号を引き継ぐか否かを選択します。

4)本人確認書類のアップロード

→申し込み完了後にメールが届くので、それに従って本人確認書類のデジタルデータをアップロードします。

  1. 申し込み完了・端末発送

申し込みが完了すると、プロバイダ側での審査を経て、最短で翌日に端末が発送されます。

  1. 端末到着・利用開始

端末が届いたら、添付品等をしっかりと確認し、不備があった場合はサポートに連絡しましょう。設定をして、利用開始です。

<販売店舗からの契約>

販売店舗からの契約の場合は、以下のようになります。

  1. 必要書類などの準備

契約に必要な書類等を以下のとおり準備します。

・連絡の取れるメールアドレス

・本人名義のクレジットカード

・本人確認書類

– 運転免許証、パスポート、健康保険証等

・MNP予約番号

  1. 店頭での申し込みと端末受け取り

申し込みが完了すると、そのまま端末を受け取って利用開始です。

家電量販店から契約する方法について

次にビックカメラのBIC WiMAXやヨドバシカメラのWiMAXサービスなど、大手家電量販店が提供するWiMAXサービスを契約する方法を見てみましょう。

家電量販店で提供されるWiMAXサービスには次のようなものがあります。

・ヨドバシカメラが提供するWiMAXサービス

・ビックカメラが提供するBIC WiMAX

・ヤマダ電機が提供するYAMADA Air Mobile WiMAX

などなど

ヨドバシのWiMAXサービスはインターネット経由とヨドバシカメラ店頭の2種類の契約方法があります。同じように、他の家電量販店が提供するサービスも店頭、インターネットの両方で契約することが出来ます。BIC WiMAXの場合は、PC関連の専門店であるソフマップや、同じく家電量販店のコジマでも契約が出来るようになっています。

ヨドバシカメラWiMAXを例に挙げて簡単に契約方法を説明すると、以下のようになります。

<インターネット>

  1. 確認事項への同意

サービスエリアを確認の上で、申込フォームに進む

  1. 必要情報の入力

申し込みフォームに必要な情報を入力して、申し込む

  1. 登録審査

申し込んだ情報に基づいて審査が行われます。

  1. 商品発送

審査完了後に商品発送となります。

  1. 商品の到着

到着すればすぐに利用することが出来ます。

<店頭>

店頭で契約する場合も、基本的に同じような流れです。

  1. 確認事項への同意

サービスエリアを確認の上で、申し込み手続きに移る

  1. 必要情報の入力

申し込みフォームに必要な情報を入力して、申し込む

  1. 登録審査

申し込んだ情報に基づいて審査が行われます。

  1. 商品受け渡し

すぐに利用することが出来ます。

他の家電量販店で提供されているWiMAXサービスも基本的にはすべて同じような流れで契約することが出来ます。

プロバイダから契約する方法について

WiMAXを契約する方法で、もう一つ一般的なのが「プロバイダから契約する方法」です。これは、自宅で光ファイバーやADSLなどの契約をしている場合に有効な方法です。

BIGLOBEやSo-net, IIJなど大手のインターネットプロバイダは、WiMAXサービスを同時に提供しているケースも多いです。例えばBIGLOBEではBIGLOBE WiMAXというWiMAXサービスを提供していますし、So-netやIIJなども同じようにWiMAXサービスを提供しています。

各プロバイダが提供しているサービスは、キャッシュバックやキャンペーンも充実はしているのですが、なんといっても「既存の会員には割引がある」お得なケースが多いのです。

例えばBIGLOBEを例にとって見てみましょう。

・月額料金がずっと200円引き。会員であれば月額使用料はずっと200円引きになります。

またキャンペーンも以下のように充実しています。

・20000円のキャッシュバックが設定されている。*アンケートの回答も必要。もしくは21600円のGポイントと呼ばれる買い物などで使えるポイントに買えることも出来る。

大手プロバイダのWiMAXサービスはインターネット上で広告として出されているケースも多く、「既存の会員にはお得に」と「数々のキャンペーンやキャッシュバックをお得に」を併せて売り出しているケースがほとんどです。

何を基準に選べばいいの?

ここまでWiMAXの契約方法を「公式UQ WiMAX」「家電量販店系のサービス」「プロバイダ」と紹介してきました。これだけ方法があればどれを選べばわからなくなりますよね。

ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットを端的に紹介し、どれを選べば良いのかを考えてみましょう。まずは、それぞれの方法のメリットとデメリットについて見てみましょう。

  1. 公式UQ WiMAX

<メリット>

・公式の安心感がある

・キャンペーンなどがある

<デメリット>

・プロバイダなどのように割引がない

  1. 家電量販店

<メリット>

・よく知っている家電量販店がやっているという安心感

・家電量販店で直接サポートを受けられる

・ヨドバシカメラのWi-Fiサービスのように独自のサービスがついている場合もある

<デメリット>

・キャンペーンやキャッシュバックが少ない

  1. プロバイダ

<メリット>

・すでに光ファイバー等で利用している場合、会員向け割引がある

・インターネットプロバイダという安心感とサポートの充実

・キャンペーンやキャッシュバックが充実

<デメリット>

・直接店頭でのサポートといったものはない。

このように見てみると、店頭で直接サポートを受けたい人は「公式UQ WiMAX」や「家電量販店」。そして、キャンペーンやキャッシュバックを求める人はプロバイダなどといった選び方が見えてきます。また、家電量販店ではWi-Fiスポットの利用サービスなど独自のサービスが提供されている場合もあるので、それを基準にして選択するのも良いです。

まとめると、選択のポイントは以下になります。

・店頭で直接サポートを受けたい:家電量販店やUQ WiMAX

・すでに光ファイバーなどを契約している:プロバイダ

・キャンペーンやキャッシュバックで選ぶ:プロバイダ

Wi-Fiなどの独自サービスを使いたい:家電量販店

キャッシュバックで選ばないほうがいい理由とは

先の章では、WiMAXの契約方法について、方法を選ぶ基準について見てきましたが、実際にはキャッシュバックを基準にして契約方法を決めるのはあまりおすすめできません。それはなぜでしょうか。キャッシュバックでお金が戻ってきたらお得になるので良いのでは?と思われる方も多いと思います。その理由を今から説明します。

・プロバイダはだいたいどこでも似たようなキャッシュバックがついてくる

・一時的なキャッシュバックより月額料金が安い方が結果的に安くなる

・キャッシュバックは手続きが面倒

・自分にとって必要なサービスなどを基準に選ぶ方が、目的に合った契約が出来る

まず、プロバイダで契約する場合は、だいたいどこでも似たような額のキャッシュバックが設定されていますので、あまり大差がありません。また、一時期なキャッシュバックより月額料金が安い方が結局最終的にお得になります。加えて、別記事でも触れましたがキャッシュバックは実は受け取るのが大変面倒になっています。契約してから1年経過後に、短い期間に確実に申請しないと権利がなくなるなど、非常に手間がかかります。

そして大事なことですが、キャッシュバックを基準にするより、各社の特色を理解して、自分にもってどの方法がもっとも良いのか見極めて契約する方が結果的に自分の利用目的にあった契約が出来ます。例えば公共Wi-Fiをよく使うのであれば、そのサービスがついているヨドバシカメラのWiMAXを利用するといった感じです。

まとめ

これからWiMAXを契約しようとする人にとって悩むものの一つが「どのWiMAXプロバイダを選べば良いのだろうか」ということではないでしょうか。

本記事では、代表的な契約方法である「UQ WiMAX」「家電量販店」「プロバイダ」を例にあげてそれぞれの契約方法や、選ぶ際の基準、注意点などを説明してきました。

これらのWiMAXの一般的な契約方法には、それぞれメリットもあればデメリットもあります。しかし以下のポイントにもとづいて選べば自分にあったプロバイダが選択できるでしょう。

・店頭で直接サポートを受けたい:家電量販店やUQ WiMAX

・すでに光ファイバーなどを契約している:プロバイダ

Wi-Fiなどの独自サービスを使いたい:家電量販店

また、大切なことはキャッシュバックなどで選ばないことです。各WiMAXプロバイダが提供しているサービス内容をしっかりと見極めて自分にあったところを契約するようにしましょう。そうすればきっと自分の目的にあった便利な使い方が出来ますよ。