格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安スマホ学園おすすめのポケットWi-Fiの選び方と注意点について

速度制限のルールと低速時の速度について把握する

ポケットWi-Fi選びに失敗したくないなら、速度制限のルールや低速時の速度を把握する必要があります。というのも、速度制限がポケットWi-Fiの快適性を左右するポイントとなるからです。

ポケットWi-Fiの速度制限には、「月間制限」と「3日間制限」の2種類があります。月間制限は、1ヶ月間の通信量に対する速度制限。月間のデータ通信量がプランに設定された容量を超えると適用され、通信速度が大幅に制限されます。

他方、3日間制限は、直近3日間のデータ通信量に対する制限です。3日間に一定量以上の高速データ通信を行うと、通信速度に制限が課されます。以上の点を踏まえたうえで、主要なポケットWi-Fiの速度制限をチェックしてみましょう。ピックアップするのは、以下の3ブランドです。

・docomo

・ワイモバイル

・WiMAX

docomoの月間制限の条件は、契約するパケットパックの種類によって変わります。スマホの場合と同様に、契約したデータプランの容量を超えて通信を行うと、速度制限が課されるようになっているのです。

たとえば「データMパック」の場合は5GB、「ウルトラデータLパック」の場合は20GBを超えて通信を行うと、速度制限の対象となります。制限時の通信速度は128kbps。ネット閲覧に難を感じるレベルまで、通信速度が落ちてしまいます。

この一方で、docomoのWi-Fiルーターには、3日間制限が設けられていません。プランの月間通信容量にさえ気を付けていれば、快適にモバイルデータ通信を利用できます。

続いて、ワイモバイルの速度制限について。ワイモバイルのポケットWi-Fiには2種類の通信モードが用意されており、それぞれに速度制限の条件が違います。「標準モード」は、ソフトバンク回線を使って通信を行うモード。月間通信量が7GBを超えると、通信速度が128kbpsまで低下します。

他方、もう1つの通信モードである「アドバンスモード」には、月間制限がありません。ただし、標準モードで速度制限が課されると、アドバンスモードの通信速度も制限されるので要注意です。

3日間制限については、「標準モード」と「アドバンスモード」双方に設定されています。直近3日間の通信量が3GB(プランによっては1GB)を超えると、当日の6時から通信速度が低下。最高速度が1〜3Mbps程度に制限され、翌日の6時までは制限が解除されません。

最後に、WiMAXの速度制限について見てみましょう。WiMAXの「ギガ放題プラン」には、月間制限が設けられていません。月間の通信量を気にせずに、好きなだけ高速データ通信を利用可能です。

他方、ギガ放題プランにも、3日間制限は設定されています。直近3日間のデータ通信量が3GBを超えると、翌日の午後13時ごろから通信速度が低下。翌々日の昼ごろまでは、最大1〜6Mbps程度まで通信速度が制限されます。

とはいえ、6Mbpsの通信速度が出れば、インターネットの利用に不便を感じることはほぼありません。You TUbeの高画質動画も、通常どおり視聴できます。WiMAXの3日間制限は、かなり規制が緩いといってよいでしょう。

また、2017年2月2日からは、この3日間制限が大幅に緩和されます。直近3日間で使用できるデータ通信量が、10GBまでアップするのです。通常のインターネット利用において、3日で10GBも使えれば容量は十分なはず。動画サイトの視聴も、10GBあれば約10時間まで行えます(Netflixの標準画質の場合)。

なお、2月2日以降に速度制限が課された場合は、通信速度が1Mbps程度まで低下します。制限が課される時間は、通信量の超過が発生した翌日の18時ごろから、翌々日の深夜2時ごろまで。昼間の時間帯には、速度制限が課されません。仕事でポケットWi-Fiを利用する方には、うれしい配慮ですね。

ただし、直近3日間のデータ通信量が規定値を下回るまでは、どれだけ待っても通信速度制限は解除されません。この点は、ほかのポケットWi-Fiも同じです。速度制限が課された際は、少し通信量を押さえて制限解除を待ちましょう。

以上ご紹介したように、速度制限に関するルールはポケットWi-Fiのブランドごとに違っています。docomoは3日間制限がありませんが、月間通信量が超過した場合の速度制限が厳しめです。

ワイモバイルは月間制限なしで利用可能ですが、デフォルトがソフトバンク回線となっている点に注意しなければなりません。月間制限を回避するには、端末でアドバンスモードを設定する必要があります。

WiMAXのギガ放題プランは、月間制限がないうえに3日間制限が緩めです。速度制限に関しては、最も条件のよいブランドといってよいでしょう。

通信対応エリアについて

速度制限とともにポケットWi-Fi選びのポイントとなるのが、通信対応エリアの広さ。高性能さを謳うモバイル通信サービスも、エリア内でなければ何の力も発揮できません。

ここでもdocomo、ワイモバイル、WiMAXを取り上げて、各ブランドの通信対応エリアを比較してみることにしましょう。まずチェックするのは、docomoの通信エリアです。

docomoといえば、言わずと知れた日本最大手の通信事業者。広大なエリアでのサービス提供を可能としており、山間部でもスマホ繋がりやすいといった評価を得ています。docomoのモバイルWi-Fiルーターも、スマホと同じ通信エリアで利用可能。日本全国で、インターネット回線に接続できます。

続いて、ワイモバイルの通信対応エリアについて。先にご紹介したとおり、ワイモバイルはソフトバンク回線を利用できます。ソフトバンクのLTE回線は、人口カバー率が99%。日本のほぼ全ての地域で、インターネットに接続できるようになっています。

ただし先にご紹介したように、ワイモバイルでソフトバンク回線を利用すると、月間制限の対象となるので要注意。通信量無制限でインターネットを利用したい場合は、通信モードをアドバンスモードに切り替えなければなりません。

アドバンスモードは、LTE回線ではなくAXGP回線を利用する通信モードです。LTEと比べると、AXGPの対応エリアはかなり狭め。地域によっては、アドバンスモードに切り替えることで、通信が行えなくなる場合もあります。

最後に、WiMAXの通信対応エリアについて。WiMAX端末のメイン回線は、「WiMAX2+」となります。WiMAX2+の対応エリアは、docomoやソフトバンクと比べるとやや狭め。とはいえ、精力的にエリア拡充を行っています。

直近では、2016年12月26日から2017年1月4日にかけて、全国52カ所でエリアを拡充しました。下り最大440Mbpsの通信に対応するエリアも広がっており、今後はますますインフラが整備されていくことが予想されます。

ちなみに、一部のWiMAX端末では、auの4G LTE回線を利用できます。auのLTE回線は、全国のほとんどの地域で利用可能。北は宗谷岬、西は与那国島までカバーしています。

つまr、4G LTEに対応したWiMAX端末であれば、全国のどこでもインターネットに接続可能ということです。ただし4G LTEを利用すると、ギガ放題を契約していても7GBの月間制限の対象となるのでご注意ください。

2年目の実質費用とは?

ポケットWi-Fiを選ぶ際は、費用面にも注意したいところです。通信回線の費用を比較するには、「2年間の実質費用」をチェックするのが一番。2年間の実質費用とは、回線の使用開始から2年間にかかる正味の費用のことです。実質費用を計算する際は、いったん2年分の料金を計算して、そこからキャッシュバック額や割引額を差し引きします。

docomo、ワイモバイル、WiMAXの実質費用は、どのようになっているのでしょうか。価格.comでチェックできるデータを参考にして、各ブランドの実質費用をチェックしてみましょう。以下をご覧ください。

・docomo(データMパック)・・・153,600円(6,400円×24)

・ワイモバイル・・・66,552円(2,773円/月×24)

・WiMAX(ギガ放題)・・・75,216円(3,134円/月×24)

docomoの高額さが目立ちますね。しかも上記は、データ通信量5GBのデータMパックを契約した場合の料金。より通信量が大きいプランを契約すると、さらに料金が高くなります。キャンペーンも行われていないので、これ以上料金を下げることはできません。

一方、ワイモバイルの実質費用は、docomoの半分以下に納まっています。高額なキャッシュバックは用意されていませんが、月々540円の割引が3年間続くため、実質的な料金はかなり安価です。

WiMAXの実質費用は、ワイモバイルより高額になっています。ただし、上記はギガ放題を契約した場合の料金額。7GBの月間制限がついたプランを契約した場合は、月々の実質費用が2,516円まで下がります。

なお、上記のWiMAXの実質費用は、「GMOとくとくBB」で契約を行った場合のものです。GMOとくとくBBでは29,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、2年間の実質費用を安く抑えられるのです。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン期間は、2017年1月31日までとなっています。気になる方は、早めにキャンペーンをチェックしてください。

キャンペーンやキャッシュバックで選ばない方がいい理由とは

前述のGMOとくとくBBのように、高額なキャッシュバックを行うプロバイダは少なくありません。こうしたキャンペーンを見ると、「もっといい条件でポケットWi-Fiを契約できないかな?」と、情報を探したくなるかもしれませんね。

しかし、キャンペーンだけでポケットWi-Fiを選ぶと、後々後悔することになる可能性があります。というのも、安さにつられてポケットWi-Fiを選ぶと、使い勝手が悪く早々と乗り換えることになりかねないからです。

多くの場合、ポケットWi-Fiを短期間で解約すると、違約金が発生します。契約時にキャッシュバックをゲットしても、高額な違約金を支払うことになっては意味がありません。

このほか、好条件に見せかけつつ、実際は全くお得ではないキャンペーンもあるので要注意です。たとえば、適用条件に「有料オプションを○ヶ月利用すること」といった内容が含まれているキャンペーン。こうしたキャンペーンでは、オプション料金の支払いによって実質的なキャッシュバック額が安くなってしまいます。また、キャッシュバック額よりも、オプション金額の方が高額になるキャンペーンも存在するのでご注意ください。

ポケットWi-Fiを選ぶ際は、キャッシュバックや料金の安さよりも、まず使い勝手を重視しましょう。そのうえで情報をチェックして、確実にお得なキャンペーンを見つけ出してください。

結論、一番選ばれているWi-Fiは?

いろいろと述べてきましたが、最後に最もおすすめできるポケットWi-Fiを選定しましょう。そのポケットWi-Fiとはズバリ、WiMAXです。

WiMAXは、「速度制限の緩さ」「エリアの広さ」「料金の安さ」の揃ったモバイルWi-Fiルーター。2017年1月6日現在で、WiMAX以上におすすめできるポケットWi-Fiはありません。実際、価格.comをチェックすると、モバイルWi-Fiルーター部門でWiMAXが人気No.1となっています(2017年1月6日現在)。

なお、WiMAXを契約するなら、おすすめのプランはギガ放題プランです。端末については「W03」か「WX03」がおすすめ。「W03」は、WiMAX2+と4G LTEの通信に対応する端末です。他方「WX03」は、4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの融合による、下り最大440Mbpsの高速通信を可能とする最新端末になります。

プロバイダに関しては、安さだけでなくサービスの品質も考慮して選ぶようにしてください。ネットで情報をチェックすると、ご自身にとって最適なプロバイダが見つかるはずです。