格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

低料金が魅力のヤフーワイファイの特徴と注意点まとめ

ヤフー ワイファイの3つの特徴って?

Yahoo! Japanが提供している「ヤフー ワイファイ」には、以下3つの特徴が備わっています。

・業界最安クラスの料金

・通信エリアの広さ

・スピーディーな商品配送

ヤフー ワイファイは、最も安いプランであれば月額2,480円で利用可能です。この料金には、端末代も含まれています。一般的なモバイルWi-Fiルーターの利用料金は、安くても3千円台。ヤフー ワイファイの料金設定は、業界最安クラスと考えて間違いありません。

通信エリアの広さのもヤフー ワイファイの特徴です。ヤフー ワイファイはワイモバイル回線とソフトバンク回線に対応しており、日本全国のほとんどの地域でインターネットに接続できます。ソフトバンク回線といえば、遮蔽物への強さが魅力です。建物の外壁を回り込む特性があるため、屋内でも快適にネット接続できます。

ヤフー ワイファイのもう1つの特徴が、商品配送の早さ。15時までにネットから申し込みを行った場合、最短で翌日にWi-Fiルーターが配達されます。届いたWi-Fiルーターは、もちろんすぐに利用可能。ヤフー ワイファイなら、契約のために出かける手間をかけることなく、スピーディーに利用を始められます。

ヤフー ワイファイの料金プランについて

ヤフー ワイファイには、2つの料金プランが用意されています。各プランの詳細を、順番に見ていきましょう。

Y!Fi(ワイファイ)ずーっと得するデータプランS

格安料金でWi-Fiルーターを利用できる料金プランです。通常価格は3,696円ですが、Yahoo!プレミアム会員であれば、2,480円の格安料金で利用可能。月額3,000円以下で、便利なモバイルWi-Fiルーターを利用できます。このほかの、「ずーっとトクするデータプランS」のスペックをチェックしてみましょう。

・端末=ポケットWi-Fi 401HW

・通信速度=下り最大112.5Mbps

・月間データ通信量=7GB

「ずーっとトクするデータプランS」で利用できる端末は、「ポケットWi-Fi 401HW」となります。401WHは、軽量コンパクトなWi-Fiルーター。重量が75gと軽いので、鞄やポケットに入れて手軽に持ち運べます。

また、401HWは設計がシンプルです。タッチパネルディスプレイは搭載していませんが、LED表示によって電波状態や電池の残量を一目で確認できるようになっています。

このほか、最大約6時間の連続通信時間や、わずか5秒のクイック起動など、401HWの性能と機能は必要十分。インターネットライフの、よきパートナーとなってくれますよ。

続いて、通信速度について。「ずーっとトクするデータプランS」で利用できる回線は、LTE、AXGP、3Gの3種類。LTE回線が最も高速で、下り最大速度は112.5Mbpsとなっています。

理論上の最高値とはいえ、下り最大112.5Mbpsは光回線なみの通信速度です。ただし、「ずーっとトクするデータプランS」のデータ通信量は7GB。この容量を超えて通信を行うと、帯域制限によって通信速度が128kbpsまで低下するので注意が必要です。

Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G/LTE)

高スペックなWi-Fiルーターを利用できる料金プランです。月額利用料は3,696円。「ずーっとトクするデータプランS」より高額ですが、「アドバンスモード」に対応した端末「ポケットWi-Fi 502HW」を利用できます。「データプラン2」のスペックをチェックしてみましょう。

・端末=ポケットWi-Fi 502HW

・通信速度=下り最大187.5Mbps

・月間データ通信量=7GB(アドバンスモードは無制限)

502HWは、4つの周波数帯を利用できる高性能モバイルWi-Fiルーターです。キャリアアグリゲーションによる高速通信を可能としていることが、502HW最大の特徴。異なる周波数の電波を束ねることで、下り最大187.5Mbpsの通信速度を実現しています。

さらに、502HWは11ac(5GHz)のWi-Fi通信に対応。ほかのルーターや家電製品の電波の影響を受けることなく、接続した機器との通信を行えます。このほか、テレビチューナーやタッチパネルの搭載、3,000mAhの大容量バッテリーなど、502WHのスペックは魅力的です。

「データプラン2」の月間データ通信量は、「ずーっとトクするデータプランS」と同じく7GB。ただし、アドバンスモードへの切り替えを行えば、月間通信量無制限でインターネット通信を利用できます。

アドバンスモードとは、AXGP回線を利用する通信モード。AXGP提供エリア内で、下り最大165Mbpsの高速通信を利用できます。ただし、アドバンスモードの利用には、「アドバンスオプション」の申し込みが必要です。

オプション料金は684円。月々の通信費は上がりますが、月間通信量の制限を気にせずに快適にモバイルWi-Fiルーターを利用できるようになります。

オプションについて

ヤフー ワイファイには、以下2つのオプションサービスが用意されています。

・Yahoo! Wi-Fi補償サービス

・プレミアムGYAO!

「Yahoo! Wi-Fi補償サービス」は、モバイルWi-Fiルーターの紛失や盗難、故障に対して補償を受けられるオプションです。月額料金は300円。ヤフー ワイファイ契約時にのみ加入でき、対象となる故障に対しては3年間まで無償修理を受けることができます。

「プレミアムGYAO!」は、映画やドラマ、アニメなどの映像作品を視聴できる定額制動画配信サービスです。通常料金は月額800円。リーズナブルな価格で、フルHDの高画質動画を好きなだけ視聴できます。

入会特典とは

ヤフーワイファイには、以下2つの入会特典が用意されています。

・Yahoo!プレミアム 最大6ヶ月無料

・プレミアムGYAO! 最大3ヶ月無料

ヤフー ワイファイとYahoo!プレミアムに同時入会すると、Yahoo!プレミアムの月額料金が6ヶ月間無料になります。Yahoo!プレミアムとは、Yahoo!のサービスを好条件で利用できる月額会員サービス。加入することで、以下のような特典を得ることができます。

・Yahoo!オークションに出品できるようになる

・Yahoo!ショッピングのTポイント付与率がアップ

・Yahoo!ショッピング利用時に補償サービスが適用される

・一部電子コミックが無料で読める

このほかにも、Yahoo!プレミアムには1,000件以上の特典が用意されています。Yahoo!プレミアムの月額料金は462円(税抜)。ヤフー ワイファイと同時に入会すれば、サービスの便利さを6ヶ月間無料で試すことができます。

続いて、「プレミアムGYAO! 最大3ヶ月無料特典」について。ヤフー ワイファイ、Yahoo!プレミアムと同時にプレミアムGYAO!に入会するとプレミアムGYAO!の料金が最大3ヶ月間無料になります。

先にご紹介したように、プレミアムGYAO!の月額料金は800円。上記条件を満たせば、合計2,400円分のサービスを無料で利用できる計算になります。ちなみに、3ヶ月間の無料視聴期間終了後も、Yahoo!プレミアム会員であれば月額500円でプレミアムGYAO!を視聴可能ですよ。

現在実施中のキャンペーンについて

Yahoo!Japanでは、ヤフー ワイファイの新規加入者を対象としたキャンペーンを開催しています。キャンペーンの種類は2種類。契約する端末によって、キャンペーンの期間と内容が異なります。まず、「ずーっとトクするデータプランS」に適用されるキャンペーンをチェックしてみましょう。

・キャンペーン期間・・・2017年1月31日 15時59分まで

・特典内容・・・12ヶ月間まで、月額料金を1,980円に割引き

・対象者・・・Yahoo!プレミアム会員(同時加入も可)

上記キャンペーンは、2017年1月31日まで開催されています。ただし、終了時間が15時59分となっている点にご注意ください。キャンペーンが適用されると、「ずーっとトクするデータプランS」の月額料金が500円OFFになります。

割引が続くのは、契約月を含めた12ヶ月間。ただしキャンペーン対象者は、Yahoo!プレミアムの会員に限定されています。ヤフーワイファイと同時に加入した方も対象となりますが、途中解約すると翌日からキャンペーンが適用されなくなるので要注意です。

続いて、「データプラン2」に適用されるキャンペーンの内容を見てみましょう。

・キャンペーン期間・・・2017年1月29日 15時59分まで

・特典内容・・・アドバンスオプション料金が6ヶ月間無料

・対象者・・・キャンペーン期間に申し込みと端末受け取りを行ったユーザー

こちらのキャンペーン期間は、「ずーっとトクするデータプランS」のキャンペーンより早く終了します。キャンペーンの特典は、アドバンスオプションの月額料金が6ヶ月間無料になるというもの。キャンペーンの適用条件に、Yahoo!プレミアム会員への加入は含まれていません。ただし、「データプラン2」の申し込み後2週間以内に端末を受け取らなかった場合は、キャンペーンが適用されなくなるのでご注意ください。

なお、このほかにもYahoo!では、ヤフー ワイファイの新規加入者を対象としたモバイルバッテリープレゼントキャンペーンを実施していました。ただ、こちらのキャンペーン期間は先着順となっており、2017年1月7日現在は申し込みが予定数に達したために受付を終了しています。

ヤフー ワイファイを利用する際の注意点

ヤフー ワイファイを利用する際は、以下3つの点に注意しなければなりません。

・直近3日間のデータ通信量制限

・アドバンスモードに対する帯域制限

・契約解除料

ヤフー ワイファイの各プランには、直近3日間のデータ通信量に対する制限が設けられています。3日間の間に3GB以上のデータ通信を行うと、速度制御の対象となってしまうのです。

どの程度まで速度が制御されるかは、ヤフーワイファイのウェブサイトにも明記されていません。ただ、回線がワイモバイルであることから、3日間の帯域制限時も1Mbps程度の通信速度は出ると考えられます。

続いて、アドバンスモードに帯域制限が課されるケースについて。前述のとおり、アドバンスモードは無制限でデータ通信を行えるモードです。7GBを超えるデータ通信を行っても、帯域制限は課されません。

ただし、「標準モード」の通信量が7GBを超えた場合は話が別。標準モードとともに、アドバンスモードにも帯域制限が課されてしまいます。帯域制限を回避したいならは、標準モードの通信量が7GBに達する前にアドバンスモードに切り替えましょう。

最後に契約解除料について。先にご紹介したキャンペーンに申し込んだ場合、3年契約のプランである「さんねん+アシスト1080」に加入することになります。

期間に定めのあるプランには、契約解除料がつきもの。更新月以外のタイミングで「さんねん+アシスト1080」を解約すると、最大で38,800円の解除料が発生するので要注意です。

契約解除料は契約月が最も高額で、2ヶ月目以降は毎月800円ずつ安くなって行きます。解除料なしで解約できるのは、契約開始から3年と1ヶ月後に訪れる更新月のみです。更新月の翌月になると、3年契約プランの「さんねん」がスタートしてしまうのでご注意ください。「さんねん」の契約解除料は、利用期間に関係なく9,500円となっています。