格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

WiMAXを店舗やネットで申し込む方法と注意点について

WiMAX 店舗申し込みの流れについて

WiMAXの申し込みは、インターネットだけでなく多様な取扱店舗で行えます。店舗での申し込みの大まかな流れをチェックしてみましょう。

1.売り場の店員に声をかけてWiMAXに加入したい旨を伝える

2.回線速度やエリア、速度制限についての説明を受ける

3.契約書類に必要事項を記入する

4.端末を受け取る

基本的な契約方法は、携帯電話やスマホとほぼ同じです。WiMAXに関して気になることがあれば、契約時に店員に質問するとよいでしょう。月額料金は取扱店によって違いますが、後述するUQコミュニケーションズの設定と同程度だと思ってください。

どんな店舗で取り扱われているのか

先に触れたとおり、WiMAXは実に多様な店舗で取り扱われています。取扱店をジャンル別に列挙してみましょう。まずは、WiMAXを取り扱う家電量販店から。

・エディオン

・ケーズデンキ

・コジマ

・Joshin

・ソフマップ

・nojima

・ビックカメラ

・ベイシア電器

・ヤマダ電機

・ヨドバシカメラ

有名な家電量販店の名前が並んでいますね。続いて、流通・スーパー系の取扱店を見てみましょう。

・APITA

・AEON

・イズミヤ

・イトーヨーカドー

・平和堂

・ミスターマックス

・ゆめタウン

AEONやイトーヨーカドーなど、普段のお買い物で利用する大手流通系の店舗でもWiMAXは契約できます。このほかモバワン、ゲオモバイル、カメラのキタムラなどでも、WiMAXは申し込み可能。お住まいの地域にも、1つは取扱店舗が見つかるはずです。ちなみに、auショップでもWiMAXは契約できますよ。

店舗で申し込みをする際の注意点について

実店舗でWiMAXを契約する際は、以下の点に注意してください。

・デメリットは教えてもらえない

・エリアの判定はしてもらえない

・キャンペーン特典がイマイチ

実店舗でWiMAXを契約する場合、WiMAXがもつデメリットはほぼ教えてもらえません。たとえば「屋内の通信に弱い」といった情報は、敢えて店員の口からは伝えられないのです。

仮に「屋内に電波が届きにくいと聞いているんだけど」と質問しても、上手く言い逃れされてしまうケースがほとんど。WiMAXのデメリットについては、本サイトのような情報サイトで調べておく必要があります。

エリアの判定を行ってもらえないことも、店舗でWiMAXを契約する際に覚えておきたい注意点です。WiMAXを頻繁に利用する地域が対応エリアに含まれているか否かは、店舗でチェックしてもらえない場合があります。

もしチェックを行って上記のような利用場所がエリア外だったら、WiMAXを契約せずにお店を後にしますよね?こうした事態を防ぐために、ほとんどの店舗ではエリアのチェックを行わないのです。

最後にもう1点、キャンペーンの内容について。WiMAXの取扱店舗が行う新規加入者向けキャンペーンは、プロバイダのキャンペーンと比べて特典内容がイマイチです。

具体的には取扱店の商品券やポイントが、主なキャンペーン特典だと思ってください。家電量販店ではタブレットをプレゼントされる場合もあるようですが、1万5千円程度のエントリーモデルであることがほとんどです。

また、より注意を払いたいのが、「WiMAXをご契約の方はパソコン購入費5万円OFF!」といった内容のキャンペーン。5万円引きという言葉に魅力を感じるかもしれませんが、これはある種のワナです。

というのも、キャンペーンを適用してWiMAXを契約すると、WiMAXの月額料金が1,600円ほど上がる場合があるのです。月額料金が上がる期間は、24ヶ月間程度。上乗せ料金を差し引きすると、パソコンの値引きは1〜2万円程度になります。これでは、少しの値引きを受けてローンを組むのと同じですね。

以上のように、店舗でのWiMAX申し込みには注意点があります。では、ネットでの申し込みはどうなのでしょうか。次節からは、ネットでのWiMAX申し込みについて、詳しく見ていくことにしましょう。

WiMAX ネット申し込みの流れについて

ネット経由なら、さまざまなプロバイダを通じてWiMAXを申し込めます。申込み方法は各プロバイダによって違いますが、利用開始までの大まかな流れは、どのプロバイダもほぼ同じです。以下をご覧ください。

1.プロバイダのウェブサイトでWiMAXを申し込む

2.申し込み翌日以降に端末を受け取る

3.利用開始

ネットでの申し込みは専用フォームで行うため、紙の書類をやりとりすることはほぼありません。端末が発送されるタイミングは、プロバイダごとに違っています。基本的には申し込み当日〜翌日に発送されると思ってください。

続いて、WiMAXの代表的プロバイダであるUQコミュニケーションズを例にとり、より詳しい申し込みの流れをチェックしてみましょう。

1.UQコミュニケーションズのウェブサイトで申し込みを行う

2.受付完了のメールが届く

3.「開通コード入力受付センター」に電話をかけ「開通コード」を入力する

4.配送完了を知らせるメールが届く

5.端末が配達される

上記は、支払い方法にクレジットカードを選んだ場合の流れになります。口座振替による支払いを選んだ場合は、手順3と4の間に本人確認書類のアップロードを行わなければなりません。また当然ながら、申込後に振替用の銀行口座の登録が必要となります。

振替口座の登録は、Web上で行うことが可能です。WiMAX申し込み時に、以下の設定および操作を行ってください。

・「ご利用料金のお支払い方法」画面で「Web申込」を選択する

・「お申し込み完了画面」で「口座振替Web申し込みへ」をクリックする

「口座振替Web申し込みへ」をクリックすると、振替口座を登録するページにアクセスできます。後は画面の案内に従って、必要な情報を入力してください。

なお、WiMAX利用料の支払い方法は、プロバイダごとに違います。基本的には、クレジットカードでの支払いが便利。口座振替は登録に手間がかかるうえに、引落し時に手数料が発生してしまうので要注意です。余計な出費を抑えるためにも、WiMAXの支払いはクレジットカードで行うことをおすすめします。

ネットで申し込みをする際の注意点について

ネットでWiMAXを申し込む場合、申込先のプロバイダはよく比較して選ばなければなりません。というのも、プロバイダによってキャンペーンの内容や月額料金が大きく違うからです。

たとえばUQコミュニケーションズの場合は、キャンペーン特典が3,000円分の商品券プレゼントとなっています。他方、GMOとくとくBBのキャンペーン特典は、最大33,000円のキャッシュバックです。UQコミュニケーションズの商品券との金額差は、実に11倍。高額キャッシュバックを得たいなら、WiMAXの申し込みはGMOとくとくBBで行うことをおすすめします。

続いて、プロバイダごとの月額料金の違いをチェックしてみましょう。まず、UQコミュニケーションズが提供する、「UQ Flatツープラス ギガ放題」の月額料金をご覧ください。

・契約開始から最大3ヶ月間・・・3,696円/月

・契約4ヶ月目以降・・・4,380円/月

UQコミュニケーションズの料金設定は、店舗でWiMAXを契約した場合とほぼ同じです。回線提供元のサービスだからといって、料金が特別安いというわけではありません。では次に、月額料金の安さをウリとしているプロバイダ、「ブロードワイマックス」の料金設定をチェックしてみましょう。

・契約から2ヶ月目まで・・・2,726円/月

・契約3〜24ヶ月目・・・3,411円/月

・契約25ヶ月目以降・・・4,011円/月

ブロードワイマックスではキャッシュバックキャンペーンを行っていませんが、そのぶん月額料金が安くなっています。以上のようにプロバイダごとにキャンペーンや料金設定が違うため、WiMAXの契約先は情報を精査したうえで決めなければなりません。

キャッシュバックに関する注意点

GMOとくとくBBのように、WiMAXの新規利用者への高額キャッシュバックを行っているプロバイダはいくつかあります。新たにWiMAXを契約するなら、ぜひともキャッシュバックを受けたいところですね。

ただ、キャッシュバックの受け取りには、一定の注意を払う必要があります。たとえばGMOとくとくBBの場合は、キャッシュバック受け取りまでに以下の手順を踏まなければなりません。

1.端末を受け取った月から10ヶ月後に届く通知メールを確認する

2.メールの説明に従ってキャッシュバックの振込口座を登録する

3.振込口座を登録した月の翌月末までにキャッシュバックが振り込まれる

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、WiMAX契約後すぐに受け取れるわけではありません。端末の利用を始めた月から10ヶ月後にメールが届くので、指定された方法で振込口座の登録を行う必要があります。

この“10ヶ月後に届くメール”は、GMOとくとくBB入会時に作成した「基本メールアドレス」に送られてきます。WiMAXの利用開始から10ヶ月経ったら、基本メールアドレスを毎日チェックしましょう。

「契約10ヶ月後の手続きなんて忘れてしまいそう」という方は、スマホのカレンダー機能の活用をおすすめします。WiMAXの契約から10ヶ月後に「キャッシュバック受け取り月」といったスケジュールを入れておくと、受け取り忘れの防止に役立ちますよ。

なお、登録した振込口座の情報に誤りがあると、キャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。口座情報を登録する際は、誤入力に十分注意してください。

どのプロバイダのキャンペーンにも、上記のような注意点は付きものです。WiMAXをネットで申し込む際は、キャンペーン適用条件に注意してください。

店舗申し込みとネット申し込みはどっちがお得?

ここまでに、店舗とネットでのWiMAX申し込み方法について見てきましたが、どちらの申込み方法の方がお得といえるのでしょうか。結論は、もうおわかりかもしれませんね。

WiMAXの申し込みは、取扱店舗よりもネットで行った方がお得です。キャッシュバックや月額料金の安さを考慮すると、長期的なWiMAXの利用にかかる費用はネットで申し込んだ場合の方が安くなります。

たとえば、取扱店のWiMAXの月額料金が、前述したUQコミュニケーションズの料金と同じだったとしましょう。この場合、ギガ放題プランを2年間利用した場合にかかる費用は、トータルで103,068円となります。

一方、ブロードワイマックスでギガ放題を2年間利用した場合の費用は、トータルで80,494円に収まります。2万円以上の差がつきましたね。もちろん、2万円以上のキャッシュバックを行っている店舗があるなら、そちらで契約してもよいでしょう。

ただ、先に述べたとおり、取扱店舗の行うキャンペーンは正直微妙です。特典内容がわかりにくく、下手をすると損を被る可能性があります。また、店舗では店員の猛烈なプッシュを受けるため、あまり冷静な状態でキャンペーン内容を判断できないかもしれません。

通信サービスの契約は、冷静な状態で行いたいところです。以上の点を総合すると、WiMAXの申し込みはネットで行った方が賢明といえます。契約先のプロバイダについては、各社をじっくり比較検討したうえで決定してください。