格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ワイモバイルの格安料金プランは法人契約も可能!

通話定額プランのワイモバイルは法人に最適

ソフトバンクモバイルが「格安SIMサービス」と位置づける「ワイモバイル」。通話定額制を提供しているのが特徴です。最近話題となっている格安SIMサービスを提供するMVNOですが、通話定額制を提供している事業者はほとんどありません。実はこの通話定額制、一般的なコミュニケーションがLINEなどのSNSに変わってきている個人利用よりも、ビジネス上音声通話が不可欠な法人こそ最適なプランです。そのため、ワイモバイルは早くから法人契約窓口を設置し、契約を推進しています。法人の場合、一人当たりの通話料が数万円なんてことも珍しくありませんので、ワイモバイルの通話定額プランが導入できればかなりの経費削減を実現できてしまうのです。

法人に提供されるスマホプランは個人向け以上におトクな料金

ワイモバイルの法人向けに提供される「スマホプラン」は個人向けのものとサービス内容は変わりません。「スマホプランS」「スマホプランM」「スマホプランL」と3タイプの料金プランが提供されています。ワイモバイルの最大の特徴である通話定額制(1回あたり10分以内の通話が月300回まで無料)も同様です。また個人向けと同じようにオプション「スーパー誰とでも定額」を追加すれば、時間や回数の制限なく通話がし放題になります。

ymobile法人1

ある程度通話を利用する個人向けにも、かなりおトクな料金で提供されているこれらのプランですが、法人契約するとさらにリーズナブルな料金で提供されています。法人向けプランは複数回線の契約が前提ですが、6回線以上の契約ならスマホプランSは1GBのデータ通信容量で1,980円(個人向けは2,980円)、スマホプランMは3GBで2,980円(個人向けは3,980円)、スマホプランLは7GBで4,980円(個人向けは5,980円)の料金体系です。その他のオプションプランも個人向け同様のものが提供されています。

ymobile法人2

最低利用期間も個人向け同様の2年間で、その後は自動更新されます。解約の場合は更新月(25ヶ月目)以外の解約には契約解除料として9,500円の費用が必要です。

ymobile法人a

また、MNP(ナンバーポータビリティ)での乗り換えにももちろん対応していますので、ビジネスでこれまで使っていた090番号や080番号を引き続き継続して使用することができます。

ymobile法人3

「ケータイ(PHS)プラン」なら934円で10分以内500回までの通話が無料!

社員との連絡用にもっぱら音声通話のみを使用しているため、スマホは必要ないという場合もあるでしょう。そんな場合はワイモバイルのケータイプランがオススメです。ケータイプランなら法人契約すると934円(誰とでも定額)で10分以内月500回までの通話が無料です。また、「スーパー誰とで定額」なら1,500円で時間や回数の制限なく通話が可能です。また、この「スーパー誰とで定額」ではパケット通信料も無料(「誰とでも定額」の場合は0.1円/パケット)となっていますのでメールでのやり取りも費用を気にせずに行うことができます。

ymobileの法人契約の解説

法人契約は「ワイモバイル法人ダイレクト」かショップで

ワイモバイルは全国で1,000店舗以上のショップ網がありますので、会社の近辺にショップがあるのなら法人契約の対応もしてくれます。ただ、ショップに行く時間がなかったり、必要書類等の持ち出しが難しかったりという場合には、「ワイモバイル法人ダイレクト」窓口が便利です。電話とメールで専門のオペレーターが、見積依頼や質問・相談、プランや端末に関するアドバイス等法人契約に関するあらゆることに対応してくれます。

ymobile法人5

また、法人契約の際に必要なものを確認しておきましょう。問い合わせの前に用意しておくとスムーズに契約を進めることができます。

■法人確認書類(下記のうちいずれか1点)

・登記簿謄(抄)本

・現在(履歴)事項証明書

・印鑑証明書

※いずれも発行日から3ヵ月以内のもの。コピーの場合、記載内容が鮮明なものをご用意ください。

■担当者本人確認書類(下記のうちいずれか1点)

・運転免許証

・健康保険証+住所確認書類、など

■担当者の名刺または社員証コピー