1. ホーム
  2. 光回線
  3. auひかり
  4. 【2021年3月】auひかりとJ:COMネットの違いをメリットや特徴で比較
公開日:2018/04/27
最終更新日:2021/03/19

【2021年3月】auひかりとJ:COMネットの違いをメリットや特徴で比較

auひかりとJ:COMの特徴を比較

J:COM NETか、auひかりか…どっちがいいんだろう?

J:COMもauひかりも、特にauスマホユーザーには、auスマートバリューで割引適用のメリットがある光回線ですので、迷う人も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、2つを比較して料金が安く速度が速いのはauひかりです。たくさんの専門チャンネルを視聴したいわけでなければ、auひかりがよいでしょう。

auひかり(最大1Gbps)
+auひかり電話
J:COM(ネット+電話
<J:COM PHONE>)
戸建て auひかりホーム
5,400円~5,600円
320Mコース:5,695円
1Gコース:6,195円
集合住宅 auひかりマンション
4,300円
320Mbコース
5,200円

また、auひかりは、プロバイダGMOとくとくBBから申し込みすると充実した特典を受け取ることが可能です。

マンションか戸建てか、ネットと電話がセットかによって還元されるキャッシュバック金額が変わり、最大61,000円がキャッシュバックされます。

キャンペーンは予告なく終了・変更する場合があるので、早めの申し込みをするのがおすすめです。以下のリンクから詳細を確認できます。

auひかり×GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ネットと電話の申し込みで61,000円キャッシュバック
  • auスマホが最大2,000円×家族全員分割引
  • 工事費実質無料
auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック
J:COMと比較したau光のメリット一覧
  • 月額料金が安い(マンションの場合、年間で最大10,800円程度安くなります)
  • 最大通信速度がJ:COMの3倍以上
  • ネットのみの申し込みでも高額キャッシュバック

では次に、J:COMとauひかりについて詳しく紹介していきます。

この記事のもくじ

auひかりは安さと速さのコスパを重視する人向け

まず結論から言うと、オプションなどで強いこだわりがなければauひかりがおすすめです。なぜなら、auひかりはJ:COMと比較して安い月額料金で安定したインターネット回線を提供しているからです。

ただし、インターネット回線経由で地デジ放送が見たい方、たくさんの専門チャンネルを視聴したい方はJ:COMをおすすめします。理由を次で紹介します。

地デジ放送やたくさんのチャンネルを視聴したい人ならJ:COMが向いてる

J:COMを契約するメリットは以下の2点です。

  • auひかりの回線経由では地デジがみられない
  • J:COMの方が視聴できるチャンネル数が多い

テレビのチャンネル数ではJ:COMの方が品ぞろえは豊富ですが、いずれの料金プランでもauひかりの方が安くて高速な通信速度が期待できるでしょう。

以下、1つずつ説明しますね。

auひかりの回線経由では地デジ放送がみられない

何らかの理由でアンテナの設置が難しかったり、地域的な条件によって電波障害があったりしてインターネット経由での視聴を希望することもあるかもしれません。

その場合、J:COMであれば地デジの視聴も可能。一方、他光回線のサービスでも地デジが視聴できるサービスは多くありますが、auひかりに関しては残念ながら対応していません。

そのため地デジ視聴が目的でどちらかのサービスを選ぶのであれば、J:COMに軍配があがります。

J:COMの方が視聴できるチャンネル数が多い

auひかりテレビサービスでも、映画やアニメ、ドラマ、音楽、スポーツなどさまざまなジャンルのチャンネルを視聴可能。そのチャンネル数は43にのぼります。

対してJ:COMはケーブルテレビの会社だけあって、視聴可能なチャンネル数は90以上。auひかりテレビサービスの倍以上です。

もちろんauひかりテレビサービスは人気のあるチャンネルをおさえているので「これで十分」という方も多いと想定されますが、より多くのチャンネルをたっぷり楽しみたいのであれば、J:COMの方が適しています。

auひかりにするメリット

ここまでJ:COMのメリットについて紹介してきましたが、月額料金・通信速度の面ではauひかりがおすすめです。

ここでは、auひかりにするメリットについて詳細に紹介します。

J:COMよりもauひかりの方がお得

まずauひかり・J:COMの月額料金を比較してみましょう。いずれもauスマートバリューの適用が可能となるネット+電話のプランの料金です。また両方とも長期契約の割引を適用した、一般的に申し込まれる標準的なプランの料金で比べています。

auひかり(最大1Gbps)+auひかり電話 J:COM(ネット+電話<J:COM PHONE>)
戸建て auひかりホーム
5,400円~5,600円
320Mコース:5,695円
1Gコース:6,195円
集合住宅 auひかりマンション
4,300円
320Mbコース
5,200円

ご覧の通り、戸建住宅向け・集合住宅向けいずれもauひかりの方が安いですね。特に集合住宅向けでは、J:COMは320Mbpsまでのコースしかないにも関わらず、auひかりより月額料金が約1,000円も高くなっています。

加えてauひかりでは、auひかり申し込みで高額なキャッシュバックキャンペーンを展開している点にも注目しましょう。

キャッシュバック額は申し込む窓口によっても違いますが、たとえばプロバイダ「GMOとくとくBB」では、最大で61,000円ものキャッシュバックをもらうことができます。

以下のリンクでぜひ確認してみてください。

auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

ちなみにJ:COMでも、他事業者の光回線サービスや高速モバイル通信からの乗り換え特典と、加入特典を組み合わせることで最大65,000円のキャッシュバックがもらえる「QUOカードプレゼント」というキャンペーンが適用可能です。

ただし、あくまで乗り換えが対象である上、最大額までもらうには契約エリアが限られているので条件をすべて満たすには難しいかもしれません。

auひかりは安い月額料金で回線の安定を重視する人向け

先述のようにauひかりの提供元はKDDIですが、auひかりも独自回線と呼ばれる種類の光回線に分類されます。一方J:COMはほとんどがケーブルテレビ回線で、回線は安定しにくいです。少しでもストレスなくインターネットが使いたい人は、auひかりがおすすめです。

auひかりはJ:COMよりスムーズにインターネットが利用可能

独自回線の光回線としては、auひかりのほかにNURO光などが挙げられますが、これらの強みとしては「回線が混雑しにくい」という点が挙げられます。

独自回線と対になる光回線は、フレッツ光と光コラボレーションの光回線です。光コラボレーションは、ドコモ光やソフトバンク光などがあり、フレッツ光と同じ回線を利用する光回線です。

フレッツ光や光コラボレーションでは、フレッツ光の回線を利用するユーザーが多いこともあって、時間帯や同一の建物で回線を利用する人が多くなると混雑しやすいとう特徴があります。

ですが、auひかりは基本的にauひかりの利用者のみが利用しているため、混雑が起こりにくいと言われています。

J:COMでも部分的にauひかりの回線で光回線が使えますが、エリアがごく限られるため、契約のほとんどは光回線に比べて通信速度が遅い、ケーブルテレビ回線になります。

次に、J:COMとauひかりの通信速度についてみていきましょう。

J:COMとauひかりの通信速度を徹底比較

では、J:COMとauひかりの最大通信速度を比較してみましょう。

auひかり
+auひかり電話
J:COM(ネット+電話
<J:COM PHONE>)
戸建て 最大1Gbps 最大320Mbpsまたは1Gbps
集合住宅 最大1Gbps 最大320Mbps

J:COMの320Mbpsまでのコースは、理論値ではありますが、最大通信速度はauひかりの1/3以下。
対してauひかりに関しては、最大通信速度の理論値も1Gbpsと高く、数百Mbpsの通信速度を記録したなど、ユーザーの評判も上々。実際に440Mbps出たユーザーの声を紹介します。

ただし、J:COMでも1Gbpsのコースならauひかりと同じ通信速度で利用可能です。なぜなら、J:COMの1Gbpsコース名が「J:COM NET 光 1Gコース on au ひかり」とある通り、エリアによっては回線自体はauひかりと同じだからです。なお、auひかりの回線が使えないエリアではケーブルテレビ回線の1Gコースを提供しています。

しかしながら、同じ1Gbpsコースでは、上述した通り月額料金がJ:COMの方が高いのが難点です。

さらにいうと、くわしくは後述しますがJ:COMの1Gbpsコースは提供エリアが広くありません。 これから対象エリアがひろがると想定されますが、そもそもJ:COM全てのサービスの提供エリアが国内でも絞られている上に、その中でも1Gbpsコースが利用できるのは一部エリアにとどまっています。

キャッシュバックの充実したauひかりの代理店

auひかりは、GMOとくとくBBから申し込みすると充実した特典を受け取ることが可能す。

auひかり×GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ネットと電話の申し込みで61,000円キャッシュバック
  • auスマホが最大2,000円×家族全員分割引
  • 工事費実質無料

マンションか戸建てか、ネットと電話がセットかによって還元されるキャッシュバック金額が変わり、最大61,000円がキャッシュバックされます。

詳細は以下のリンクから確認ができます。

auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりを解説

auひかりとの通信速度の比較でも書きましたが、J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりは、その名の通りauひかりの回線を使った最大通信速度1Gbpsのサービスです。

J:COMの他コースは、通信速度の評判があまりよくなかったものの、この1Gコースであればユーザーの評判もよいauひかりの回線を使うので安定して高速な通信速度が期待できます。

なお、残念ながら、J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりは戸建住宅限定のサービスです。集合住宅に1Gコースは対応していません。

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりの提供エリア

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりの提供エリアは、以下2つの条件を満たすエリアが該当します。

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかり申し込み条件
  • J:COMのケーブルテレビ局があるJ:COMサービスが申し込み可能な地域であること
  • auひかりの提供エリア内であること

当然のことですが、J:COMのサービスなのでJ:COMのサービス提供エリア内である必要があります。またauひかりの回線を使ったサービスなので、auひかりの提供エリア内である必要があります。

なお、大阪・京都・和歌山・奈良・滋賀・兵庫の関西6県については、仮にJ:COMの提供エリア内であったとしても、auひかりが提供されていない地域なので、結果的にJ:COM NET 光 1Gコース on au ひかりが申込できません

関西エリアでauひかりが提供されていない理由について、auは公開していません。

一部では、auひかりの提供元であるKDDIが、関西エリアでeo光を提供しているオプテージと提携関係にあるため、J:COMはサービスを提供しないのかもしれませんね。

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりの申込条件

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりは、申込先の住所がJ:COMサービスおよびauひかりの提供エリア内であり、お住まいの住居タイプが戸建タイプであれば申し込み可能です。

J:COMサービスの提供エリアであるか否かはJ:COMホームページで、auひかりの提供エリアであるかはauホームページで確認してください。

J:COMホームページでは、公式サイトの「かんたんお申し込み」をクリックすると郵便番号や住所から提供エリアかどうかがわかります。

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりの申込方法

上述したJ:COM NET 光 1Gコース on au ひかりの申込条件を満たしているか確認した上で、J:COM公式サイトもしくは以下電話番号で申し込みできます。

申込後、内容確認や工事日調整の電話があります。申込から約1ヵ月後に開通工事が行なわれます。

J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりに申し込む際の注意

繰り返しになりますが、J:COMの1Gコースのサービスは利用地域が限定される上に戸建住宅限定のプランである点に注意が必要です。上述した方法で申し込みの住所が提供エリア内か確認しましょう。

また宅内工事の際は、約3時間の立ち合いが必要となります。

※工事内容によりさらに時間がかかることもあります。

auひかりもJ:COMも提供エリアを拡大中

auひかりの提供エリア自体が続々と拡大しているので、結果的に、J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりも利用できるエリアが拡大していくと想定されます。

もし現在このコースが提供エリア外で申し込みできない場合でも、J:COMサービスが利用可能な地域であれば今後申し込めるようになる可能性があります。提供エリアが広がるのを期待して待ちましょう。

しかし、J:COM NET 光 1Gコース on au ひかりに関しては、上述した理由で関西エリアで今後利用できるようになるかは未知数です。

auひかりの対象エリア外ならSo-net光プラスがおすすめ

auひかりもJ:COMも、auスマホユーザーにとってお得に使える光回線なので迷う人も多いでしょう。しかし、ここまで説明した理由によりauひかりのほうがJ:COMと比較しておすすめの光回線といえます。

もしauひかりのエリア対象外に住んでいる人は、同じ「安くて通信速度が速い、auスマホユーザーにおすすめの光回線」であるSo-net光プラスがおすすめです。

So-net光プラスの月額料金は、下記のとおりです。

対象プラン 月額料金
戸建て 3,480円
マンション 2,480円

So-net光プラスは、全国で申し込めるNTTのフレッツ光回線を利用しています。最大通信速度1Gbpsの十分な通信環境に加え、So-net光プラスはJ:COMの1Gコースよりも3,000円ほど安い光回線という特徴があります。

また、以下の条件を満たせばauスマホのセット割「auスマートバリュー」が適用されるのでおすすめです。

  • So-net光プラス(インターネット)を契約する
  • So-net光電話(固定電話)をセットで契約する
  • auスマートバリューの申込手続きをする

So-net光プラスについてくわしく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

また、公式サイトは以下のボタンから確認できます。

So-net光プラスの詳細

So-net光プラスに申し込む

まとめ

J:COMもauひかりも、特にauのスマホを使っている人には割引もありメリットが多い光回線ですが、2つを比較して料金が安く速度が速いのはauひかりです。たくさんの専門チャンネルを視聴したいわけでなければ、auひかりがよいでしょう。

auひかり(最大1Gbps)
+auひかり電話
J:COM(ネット+電話
<J:COM PHONE>)
戸建て auひかりホーム
5,400円~5,600円
320Mコース:5,695円
1Gコース:6,195円
集合住宅 auひかりマンション
4,300円
320Mbコース
5,200円

また、auひかりは、GMOとくとくBBから申し込みすると充実した特典を受け取ることが可能です。

auひかりをGMOとくとくBBから申し込みした場合、マンションか戸建てか、ネットと電話がセットかによって還元されるキャッシュバック金額が変わり、最大61,000円がキャッシュバックされます。

その他にも特典がありますので、詳細は以下のリンクから確認してください。

auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

auひかりのオススメ記事