b−mobileってどうなの?評判をまとめました

b-mobileのメリット・デメリット

b-mobileは日本のMVNO第一号の格安SIM業者で2001年より日本通信によって運営されている超老舗のMVNOです。MVNO開始当初はDDIポケットのPHS回線を使ってサービスを提供していました。現在では2008年からNTTドコモの通信網を利用した格安SIMサービスを提供しています。

■b-mobileのメリット

・25GBの大容量の定額プランがある

b-mobileでは25GBという大容量の定額プランがあります。高速通信量を気にすることなく、データ通信を行うことができるプランになっています。

≪25GB定額プラン≫

25GB定額データ通信SIM
(SMS対応)
音声通話SIM
初期費用3,000円
月額基本料金2,380円2,510円3,180円
高速通信量25GB
カードサイズ標準SIM・ナノSIM・マイクロSIM
速度制限速度制限なし(25GBを超えると200 kbpsになります)

 

≪参考:他社の20GB以上のプランとの料金比較≫

b-mobileU-mobileイオンモバイルDMMモバイル
20GBなしなし4,500円~3,980円~
25GB2,380円~2,380円~なしなし
30GBなしなし6,750円~なし
最高受信速度不明375Mbps375Mbps300Mbps
SIM枚数1枚1枚最大5枚最大3枚

 

20GB以上の大容量の使い放題プランのあるMVNOは少なくなっています。数少ない大容量の使い放題プランのなかでもb-mobileは業界最安値の料金プランを提供しています。ですから、b-mobileヘビーユーザー向けにピッタリのMVNO になっています。

・使った分だけ支払うことができる「おかわり」プランがある

≪b-mobile おかわりSIM 5段階定額プラン≫

b-mobile おかわりSIM
5段階定額
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
SMS付
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
音声付
初期費用3,000円
月額
基本料金
500~1,500円630~1,630円1,300~2,300円
1000MB500円630円1,300円
2000MB750円880円1,550円
3000MB1,000円1,130円1,800円
4000MB1,250円1,380円2,050円
5000MB1,500円1,630円2,300円
カード
サイズ
標準SIM・ナノSIM・マイクロSIM
速度制限5,000MBまで速度制限なし(5,000MBを超えると200 kbpsになります)

 

≪参考:他社の30GB以上プランとの料金比較≫

レキオスモバイルイオンモバイル楽天モバイルFREETEL SIMb-mobile
30GB3,480円6,480円6,150円6,980円1,000円
50GB5,480円10,300円なし11,800円1,500円
最大受信速度375Mbps262.5Mbps225Mbps

 

大容量30GB以上のプラン比較では、b-mobileの料金と比較できるMVNOはありません。b-mobileのおかわりSIM 5段階定額プランと類似のプランがあるレキオスモバイルのおよそ1/3の料金設定になっています。b-mobileはヘビーユーザー向けのMVNOであると言えましょう。

・通話量が安くなる「b-mobile電話」を利用することができる

b-mobileでは通話料金を節約することができる「b-mobile電話」を利用することができます。通話プランは2つありますので、ご自分の通話状況に合わせたプランを選択することができます。

b-mobile電話通話3分定額オプション
月額
料金
無料500円
通話
料金
10円/30秒1日50回3分以内の通話が無料になります(超過した場合は通常料金10円/30秒になります)
申込
方法
不要(専用アプリをインストールするだけ)My b-mobileから申し込み後、即利用することができます(日割り計算はありません)。

 

・他社では珍しい「携帯電話(ガラケー)」の通話のみのプランを選択することができる

b-mobileの「携帯電話SIM」プランなら、通話に特化した格安SIMサービスを受けることができます。普段インターネットは使わないで、携帯電話は通話利用だけという方におすすめのプランです。ご年配の方にぴったりのプラン内容になっています。

1,290円(Sプラン)2,290円(Mプラン)3,710円(Lプラン)
通話料金20円/30秒18円/30秒14円/30秒
無料通話1,300円分2,700円分5,000円分

 

■b-mobileのデメリット

・高速通信量の持ち越しができない

b-mobileでは高速通信量の翌月への持ち越しができません。b-mobileでは「定額」が基本主力になっているため仕方がないのかもしれませんが、余った通信量が無駄になってしまうのはデメリットであると言えましょう。

・取り扱い端末が少ない

b-mobileではスマートフォンはVAIO® Phone(48,000円)と1機種しか取り扱いがありません。しかもVAIO® Phoneは価格comで見ると、最安値が32,182円となっていますので、b-mobileで購入するとおよそ16,000円も高い値段で買うことになってしまいますので注意が必要です*。

*現在端末販売は休止になっています

・bモバイル・ヘルプデスクの電話がフリーダイヤルではない

b-mobileに電話で問い合わせをする場合、フリーダイヤルが設置されていないので注意が必要です。b-mobileでは電話での問い合わせの他にもメールで問い合わせすることが可能なので、メールで問い合わせをしたほうが無難です。

b-mobileはどんな人におすすめ?

b-mobileは携帯電話(ガナケー)を利用しているユーザー向けの専用プランがあります。ですから、ガラケーで通話中心に携帯電話を利用している方向けのMVNOになっています。このプランでは無料通話だけではなく、プランに応じて通話料金も割引になるので、携帯電話で「通話」をよく使う方におすすめのプランになっています。

また、格安の大容量プランが業界最安値で提供されているので、スマートフォンのヘビーユーザー向けにぴったりのプランになっています。ただし、口コミなどを見ると、高速通信量が必要な方が一番利用するであろう「動画」を見ることができないほど通信速度が遅いとの書き込みを多く見かけます。b-mobileの公式HPのQ&Aのコーナに下記のような投稿があるほど通信速度が遅いようです。

 通信速度の測定サイトや測定アプリによる測定結果が遅いです

 測定結果は実際の通信速度とは異なる場合があります。別の測定サイトや測定アプリもお試しいただくよう、お願いいたします。

参考:b-mobile公式HP

ですから、大容量プランが格安で利用できるといっても、実際にその容量を正常に利用できるのか不明な点もあるので注意が必要です。b-mobile側の回答を見ても、どのくらいの速度がでているのかといった回答でもなく、今後改善するといった回答でもありません。まるで測定アプリが悪いと言わんばかりの回答ですので、b-mobile側の対応も期待できないのでは?と勘ぐってしまうような対応になっていますので注意が必要です。

b-mobileが選ばれる理由

・b-mobileでは定額プランが1,000円~と他社と比較して圧倒的に安い

口コミを見ると、b-mobileを選んだ理由のトップは「定額プランが格安」であることがあげられています。確かに定額プランを1,000円~利用することができるMVNOはありません。

・店舗で購入しやすい

b-mobileは以前イオンで取り扱っていました。ですから、気軽に店舗で購入したという層が目立ちました。店舗で買えるという理由で購入した層は「シニア層」が多くみられました。現在でもヨドバシカメラ・ビックカメラ・ソフマップ・PC DEPOTなど多くの店舗でb-mobileを購入することが可能になっていますので、「実物を見ないと不安」というシニア層が安心して格安SIMを購入することができるのではないでしょうか。また店舗での購入の場合は初期設定サービスがそのテンポである場合が多いため、スマートフォンの操作が苦手だというシニア層でも安心して格安SIMを使うことができます。

・格安SIMの「お試し」としての購入

b-mobileでは音声プランでも最低利用期間が5ヶ月と他社と比較して緩く設定されています。また、データ通信プランでは最低利用期間の縛りがありません。このため、格安スマホの「お試し」として購入してみたといったコメントがありました。また、b-mobileではプリペイドタイプの格安SIMも取り扱っています。プリペイドタイプなら「お試しに」と手軽に格安SIMを購入して使うこともできて便利です。

b-mobileを実際に使っている人の体験談

・通信速度への不満が多い

b-mobileを実際に使った方の口コミを見ていると、圧倒的に多いコメントは「通信速度が遅い」とのコメントです。せっかく使い放題プランがあっても、SNS サイトの閲覧やメール送信くらいにしか使えないといったコメントも複数みられました。気になる動画の視聴ですが、YouTubeすら見ることができないとのコメントが圧倒的に多かったです。

b-mobileは定額での大容量使い放題プランが最大の特徴になっていますので「動画が全く見られないので解約した」と解約したというコメントも多くみられました。中には「解約してストレスから解放された」「通信量詐欺だ」との過激なコメントも多くありました。

このようにb-mobileは通信速度が遅いとの口コミ評判が多いです。そのため、アマゾンでも評価は以下のようになっています。

≪カスタマーレビュー≫

☆☆☆☆☆18
☆☆☆☆14
☆☆☆11
☆☆11
132

 

b-mobileの評価は平均で☆1.8となっています。他のMVNOも低評価なのか調べてみたところ、OCN モバイル ONEは☆4.3と高評価になっていました*1。ですから、格安SIMだから評価が低いわけではなく、b-mobileの評価が単純に低いことがお分かりいただけると思います。ですから、高速定額だからb-mobileを選択するといった場合は注意が必要です*2。

*1:OCN モバイル ONEが評価トップでした

*2:最近では少し通信速度が改善したとのコメントも少数派ながらありました。しかし通信速度的にまだ安定性に欠けるため、使い放題プランでの申し込みは少し様子を見たほうが無難です

・お客様サポートの対応が悪い

b-mobileを実際に使ったユーザーのコメントで「お客様サポート」の対応が悪いとのコメントが目立っていました。b-mobileでは電話問い合わせの場合、フリーダイヤルがないことも不満とのコメントもありました。

実際メールでb-mobileに「通信速度が遅すぎて繋がらない」との苦情をお客様サポートに問い合わせたところ、4ヶ月以上たってやっと、返信メールがきたとのコメントもみられました。

また、通信がつながらないとの問い合わせに「料金なりのサービスだ」的なことをサポートから言われて解約したとのコメントもみられました。

このようにb-mobileのお客様サポートは対応が悪いだけではなく、電話をすると不愉快な返答までされるようですので、注意が必要です。

MVNOの老舗であるb-mobileの評判を見てきました。実際評判がここまで悪いMVNOはないといったくらい評判が悪かったです。今後、お客様サポートの対応を含めた企業努力をすることがb-mobileの課題ではないでしょうか。