DMMモバイルの実店舗ってあるの?

DMMモバイルは2019年9月1日楽天モバイルに買収され、新規申込受付を終了しました。

もし、DMMモバイルを解約後どの会社にするか迷っている方は、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルの強み3つ

  • DMMモバイルよりも通信速度がかなり速い!
  • 楽天ポイントが使えてスマホ代が安くなる!
  • 格安スマホ契約率No.1!

DMM mobileに実店舗はある?

dmmモバイル店舗

  • オンライン申し込み専門の格安SIMブランド

格安SIMサービスで有名なDMM mobileは、実店舗を設置していません。そのため、格安SIMをはじめとする各種サービスの申し込みや問い合わせはWebサイトを経由して行う必要があります。

しかし、実店舗を設けていないMVNOでありながらDMM mobileは格安SIM業界で急成長しましたが、現在は楽天モバイルに継承され、新規申込受付を終了しています。

このように、実店舗を有していないにもかかわらず格安SIM業界でユーザーからの絶大な人気を獲得することができたDMM mobile。その理由は「月額料金の安さ」と「充実したオンラインサポート」にありました。なかでも今回は、DMM mobileのオンラインサポート体制について詳しく解説します。

Webで簡単に変更手続きができるDMM mobile

  • プラン変更や利用者情報登録がすべてWebで完結!

DMM mobileのマイページでは、Webサイトから簡単にプラン変更をはじめとした契約変更手続きを行うことができます。データ通信量の変更、「データSIM」から「通話SIM」への変更、SIMカードを追加で購入することもできます。

そんな、DMM mobileのプラン変更方法をご説明します。

DMM mobileのプラン変更方法

DMM mobileでは、いつでも契約プランを変更することが可能。また、プラン変更を行った場合にも原則として変更手数料などは発生しません。

なおDMM mobileでは下記の通り、変更申し込み時期によってプラン変更の適用されるタイミングが異なります。

・毎月月末の前日(午前)までに申し込んだ場合

→翌月1日から変更内容が適用

・毎月月末の前日(午後)以降~月末に申し込んだ場合

→翌々月1日から変更内容が適用

また、DMM mobileでは一度申し込んだプラン変更を、容量変更反映日の前々日(午前)までであれば後からキャンセルすることも可能。もちろん、キャンセル料などは発生しません。

こうしたプラン変更手続きを、DMM mobileではWebサイト上でスピーディーかつ簡単に進めることができます。

  • 端末のネットワーク設定も簡単!

DMM mobileの格安SIMは簡単な追加申し込み手続きで入手できるだけでなく、端末設定も短時間で済むためすぐに利用を開始することができます。iOS端末、Android端末、それぞれ下記の方法でネットワーク設定を実行することが可能です。

まず、iPhoneやiPadといったiOS端末でのDMM mobileのSIMを利用したネットワーク設定の手順をご説明します。

iPhoneやiPad等のiOS端末でのDMM mobileのSIMを利用

  1. 本体にSIMカードを挿入し電源を入れる
  2. Wi-fiなどでインターネットに接続する
  3. DMM mobileの公式サイトにアクセスして、「使い方サポート」ページを表示する
  4. 「各種設定について」項目の「SIMカードの挿入手順/APN(ネットワーク)設定方法について」
  5. ページを表示する
  6. APN構成プロファイルをダウンロードする
  7. ダウンロード完了後プロファイル画面が表示されたら「インストール」をタップする
  8. 確認画面表示後、再度「インストール」をタップする
  9. 「完了」をタップする
  10. 「一般」をタップする
  11. 「設定」をタップする
  12. 「モバイルデータ通信」をタップする
  13. Wi-Fiがオンになっている場合には、オフに設定を変更する
  14. 「LTE回線を使用」をオンに設定する

またAndroid端末では、下記の手順でDMM mobileのSIMを利用できるようになります。

Android端末でのDMM mobileのSIM利用方法

  1. 本体にSIMカードを挿入し電源を入れる
  2. ホーム画面のアプリ一覧をタップする
  3. アプリ一覧の「設定」アプリをタップする
  4. 「その他」をタップする
  5. 「モバイルネットワーク」をタップする
  6. 「データ通信を有効にする」にチェックを入れて、「アクセスポイント名」をタップする
  7. メニューをタップして「新しいAPN」をタップする。もしくは、画面上部の+ボタンをタップする
  8. ネットワーク情報(名前、APN、ユーザー名、パスワード、認証タイプ)を入力する
    • ネットワーク情報は、SIMカードと同封されている説明書やDMM mobile公式サイトの「ご契約内容確認ページ」で確認可能です。
  9. 作成したAPN(DMM mobile)をタップする

DMM mobileの各種問い合わせ先紹介

  • 24時間、各種問い合わせに対応

格安SIMサービスの変更手続きを、Webでの手続きに限っているDMM mobile。しかし、変更や利用方法に関する不明点はいつでも問い合わせることができます。また、Webサイトの問い合わせフォームからの問い合わせについては24時間受け付け。不安なことやわからないことがある場合には、いつでもサポートセンターに問い合わせることができるのです。簡単な質問であれば、DMM mobileホームページのチャットでも応えてくれます。DMM mobileの各種問い合わせ先は、下記の通りです。

電話0120-584-58510:00~19:00・365日受付
WebDMMサポートセンターお問い合わせフォーム24時間・365日受付

「実店舗が無いと不安!」という人にはココがおすすめ!

  • 実店舗のある格安SIMブランドは、楽天モバイルやU-mobileなど

Web上で簡単に手続きを行うことができ、サポート体制も充実しているDMM mobile。しかし、さまざまな事情により実店舗で格安SIMの申し込み手続きを行いたいという人もいるはず。

そういった人のために、実店舗での格安SIM申し込みを行うことのできる格安SIMブランドをご紹介します。 実店舗販売を行っている格安SIMブランドとしては、まず楽天モバイルとmineoなどが挙げられます。

それぞれ、下記表の店舗を運営しています(掲載店舗は一例)。

楽天モバイル

楽天モバイル 二子玉川店

楽天モバイル 渋谷公園通り店

楽天モバイル 秋田 イオンモール秋田店

楽天モバイル 名古屋栄店

楽天モバイル 心斎橋店

楽天モバイル 福岡天神地下街店

楽天イーグルスグッズショップ 仙台駅東口店内

mineo

mineo渋谷

mineoショップ秋葉原

ヨドバシカメラ マルチメディア 新宿西口本店

ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba

ヨドバシカメラ マルチメディア 吉祥寺店

ヨドバシカメラ マルチメディア 町田店

ヨドバシカメラ マルチメディア 横浜

PC DEPOT スマートライフ みなとみらい店

PC DEPOT スマートライフ 越谷店

PC DEPOT スマートライフ ふじみ野店

mineo 大阪

ヨドバシカメラ マルチメディア 梅田

mineoショップ なんば

 

など、全国各地に多数店舗が展開されています

また上記表以外の格安SIMブランドでは、イオンモバイルも店頭にて格安SIMサービスへの申し込みを行うことが可能です。ただし、イオンモバイルでは格安SIMと端末とのセットプランのみ提供しています。 さらに、大手家電量販店であるビックカメラの格安SIMブランドであるBIC SIMも、一部店舗を除くビックカメラ各店の店頭で申し込みを行うことができます。 その他UQモバイルやY!モバイルも店舗での販売を開始しているので気になる方は一度公式サイトをご覧ください。

Web申し込みと店頭申し込み、それぞれのメリットとデメリット

dmmモバイルのメリットとデメリット

  • Web申し込み、店頭申し込みは一長一短

前項でご紹介した通り、格安SIMブランドの中には実店舗を設置している事業者もあります。しかし、Webでの申し込みと店頭での申し込みにはそれぞれ良い点と悪い点があります。そこで、Web上での格安SIM申し込み、店頭での格安SIM申し込み、それぞれのメリットとデメリットを整理していきたいと思います。

 メリットデメリット
Web申し込み自宅で手続きできるため、必要書類を持参し忘れる心配がない申し込みからSIMがてもとに届くまでに、数日かかる
プランや端末をじっくり選べる不明点は、電話やメールで問い合わせなければならない
原則、24時間365日いつでも申し込める 
自宅で手続きできるため、わざわざ店頭に足を運ぶ必要がない 
店頭申し込み事業者や店舗によってはSIMを即日発行してもらえる必要書類に不備があった場合、改めて店頭に足を運ばなければならない
スタッフに直接話を聞くことができるため、予備知識が無くともプランや端末の選択を進められる。混雑時には、申し込み完了までにかなりの時間がかかる
家電量販店などにある店舗でSIMと端末を合わせて購入する場合、端末を実際に手に取って確かめることができる 

 

このように、Webでの申し込み、店頭での申し込みはそれぞれ一長一短と言えます。

  • Web申し込みと店頭申し込み、どちらを選択するべきか?

前項で取り上げたWeb申し込み、店頭申し込み、それぞれのメリットとデメリットを踏まえると皆さんそれぞれの状況や優先したいポイントによってどちらを選択した方が良いかが異なります。そこで、「Web申し込みを選択した方が良い人」と「店頭申し込みを選択した方が良い人」、それぞれの具体的な例を下記表でまとめてご紹介します。

Web申し込み申し込むプランや購入する端末が決まっている
申し込みにかかる時間をできる限り短縮したい
店頭申し込み申し込むプランや購入する端末について悩んでいる
格安SIMのプランや端末について、スタッフに直接話を聞きたい
すぐにSIMや端末を入手したい

 

  • Web申し込みならどの格安SIMでも手続き可能

楽天モバイルやmineoをはじめ、先ほどご紹介したような実店舗を設置している格安SIMブランドでも店頭のみならずWeb上でも申し込むことが可能です。

しかし、もし店頭申し込みにこだわらないのであれば、DMM mobileを継続利用するのもよいでしょう。なぜなら、DMM mobileの格安SIMサービスは業界最安値の水準だからです。また、高速データ通信プランは「データSIM」と「通話SIM」のそれぞれで10個ずつ、計20プランを設定。シェアコースも合わせると計36通りです。そのため、自分に最適なプランを確実に見つけることができます。

⇒DMMモバイル徹底解説ページはコチラ

⇒TOPページに戻る