1. ホーム
  2. 光回線
  3. ドコモ光
  4. ドコモ光タイプAタイプBの違いとは?お得に契約したい人のプラン選び
公開日:2017/05/10
最終更新日:2020/10/20

ドコモ光タイプAタイプBの違いとは?お得に契約したい人のプラン選び

タイプAとタイプBのいがよく分からない…

実は、ドコモ光の契約プランのタイプAとタイプBの違いは「月額料金」と「選べるプロバイダの種類」の2点のみです。

タイプA タイプB
月額料金(マンション) 5,200円 5,400円
月額料金(戸建て) 4,000円 4,200円
プロバイダ 18社から選べる 6社から選べる

※いずれも税抜
※上記の金額は2年定期契約の場合の料金です

通信速度・キャンペーン特典・無料Wi-Fiレンタルがずっと無料という3つの軸で選んだ時、他プロバイダと比較して優れているのが、タイプAならドコモ光×GMO、タイプBならドコモ光×OCNです。

  ドコモ光×GMO ドコモ光×OCN
月額料金(戸建て) 5,200円 5,400円
2年間利用時の月額料金の差 4,800円
キャッシュバック金額 5,500円
〜20,000円
全員20,000円

タイプAの方が月額料金が200円安いため、契約期間の2年間で見るとタイプBより4,800円安くなります。
しかし、GMOで最大額の20,000円がもらえるのは映像オプションを申し込んだ時で、光回線のみの契約だと5,500円しかもらえません。

OCNならタイプA/タイプBの月額料金の差分を補って余るキャッシュバックがもらえるので、光回線と映像オプションの同時申込を検討している人は、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のプロバイダであるドコモ光×GMO、光回線のみの契約を検討している人にはドコモ光×OCNをおすすめします。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料18,000円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込む

ドコモ光×OCNがおすすめな理由
  • オプション契約なしで全員20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費19,800円が無料
  • 高速通信「V6アルファ」オプションが無料
  • フレッツ光・光コラボからの転用なら工事不要!工事が必要な場合も月々300円から分割払いOK

ドコモ光×OCNの詳細

ドコモ光×OCNに申し込む

この記事では、ドコモ光のタイプAとタイプBの違い、プロバイダ選びの注意点などを解説していきます。

この記事のもくじ

ドコモ光のプランは、タイプAがおすすめ

ドコモ光のタイプAとタイプBで違う点はこの2つだけで、通信速度や品質の違いはほとんどありません。

  • 月額料金
  • 選べるプロバイダの種類

この違いも含めて、当サイトではタイプAをおすすめしています。

ドコモ光はタイプAの方がお得だからおすすめ

ドコモ光はタイプAがおすすめな理由は、プロバイダを自分で選んで契約するだけで月額料金が安くなるからです。

タイプAとタイプBは、月額料金が月に200円異なるので、タイプAにすることで年間で2,400円も節約になります。

大した金額じゃないな」と思われるかもしれませんが、インターネット料金などの固定費をこつこつ節約すれば、長い目で見て大きな家計の節約につながるでしょう。

タイプAとタイプBの料金が違うのは選べるプロバイダが違うから

ドコモ光のタイプAとタイプBの料金が違う理由は選べるプロバイダが違うためであり、技術的、品質的な違いは全くありません。

それならどうしてタイプAとタイプBの料金には200円の差があるのでしょうか?

これは単純にタイプBのプロバイダ会社の都合で少し料金が上がっているためです。

そのため、特にプロバイダにこだわりのない方は、月額料金が200円割安なタイプAの中からお好きなプロバイダをチョイスすると良いでしょう。

そもそもプロバイダって?

プロバイダについて簡単に説明します。
インターネットを利用する際にはまず、回線がつながっている必要があります。

しかし、回線がつながっているからといってインターネットが利用できるわけではありません。

その回線からインターネットの世界に入るための入り口の役割を果たしているのがプロバイダなのです。

プロバイダとは

プロバイダとは、自宅に引いた光回線をインターネットにつなぐ会社のことです。

プロバイダがないとネットが使えないため、光回線の契約時には同時にプロバイダも契約します。

ドコモ光タイプA・タイプBのプロバイダを比較

ドコモ光では、先ほど紹介した24種類のプロバイダから好きなものを選べます。

ではどのような基準でプロバイダを選ぶべきなのでしょうか?

タイプAのプロバイダは18社、タイプBのプロバイダは6社から選ぶことができます。

ここでは、プロバイダの一覧を紹介するとともに、プロバイダによってサービスに差が出る「ルーターレンタル」「訪問サポート」「リモートサポート」を比較します。

ドコモ光タイプAで選べるプロバイダ

ドコモ光タイプAでは、プロバイダはつぎの18社から選べます。

プロバイダ名 Wi-Fiルーター
レンタル
訪問サポート セキュリティ
サービス
GMOとくとくBB
plala
@nifty
DTI
BIGLOBE
andline
ハイホー
ic-net
スピーディアインターネット
楽天ブロードバンド ×
シナプス ×
タイガースネット ×
ドコモnet × ×
excite × ×
エディオンネット × × ×
TiKiTiKi × × ×
01光コアラ × × ×
@ネスク × × ×

また、各社が提供しているwi-fiは、それぞれ使用できる機器の性能によって速さが異なります。

中でも、GMOはレンタルしてくれるwi-fiルーターはデータ転送速度が速く、品質が他プロバイダと比較して高性能です。

そのため、プランAのプロバイダの中でもGMOとくとくBBは通信速度が安定していると評判です。

プロバイダ名 機種名・データ転送速度
GMOとくとくBB
  • BUFFALO
    WSR-2533DHP3
  • 最大1733Mbps
  • NEC
    Aterm WG2600HS
  • 最大1733Mbps
  • ELECOM
    WRC-2533GST2
  • 最大1733Mbps
@nifty
  • F-Secure
    F-Secure SENSE
  • 最大1,300Mbps
  • ELECOM
    WRC-1167GS2H-B
  • 最大867Mbps
  • BUFFALO
    WSR-1166DHPL
  • 最大866Mbps
DTI
  • ELECOM
    WRC-1167GS2H-B
  • 最大867Mbps
BIGLOBE
  • NEC
    Aterm WG1200HS3
  • 最大867Mbps
  • I-O DATA
    WN-DX1167R
  • 最大867Mbps
hi-ho(ハイホー)
  • ELECOM
    WRC-1167GS2H-B
  • 最大867Mbps
IC-NET
  • ELECOM
    WRC-1167GST2
  • 最大867Mbps

ルーターは、データ転送速度が早ければ早いほど快適にインターネットを利用できます。

ですので、通信速度を重視したい方には、レンタルできるWi-fiルーターの機種の品ぞろえも良くて、データ転送速度の速いGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料18,000円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込む

ドコモ光タイプBで選べるプロバイダ

ドコモ光タイプBでは、プロバイダはつぎの6社から選べます。

プロバイダ wifiルーター
レンタル
訪問サポート セキュリティ
サービス
OCN
@TCOM ×
TNC × ×
WAKWAK × ×
ちゃんぷるネット × ×
アサヒネット × × ×

こうしてまとめて見ると、プロバイダごとに提供しているサービスが異なっていることがわかりますね。

もっと徹底的にキャンペーンを比較したい、という方には下記の記事もおすすめです。

タイプBでおすすめなのは、ドコモ光×OCNです。

ドコモ光×OCNは高速通信「V6アルファ」オプションが無料で利用できることから通信速度が安定していて、Wi-Fiレンタルがずっと無料、そしてオプション契約不要・光回線のみの契約で全員20,000円の現金キャッシュバックをもらえます。

ドコモ光×OCNがおすすめな理由
  • オプション契約なしで全員20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費19,800円が無料
  • 高速通信「V6アルファ」オプションが無料
  • フレッツ光・光コラボからの転用なら工事不要!工事が必要な場合も月々300円から分割払いOK

ドコモ光×OCNの詳細

ドコモ光×OCNに申し込む

プロバイダ選びはオリジナルの特典と速度で選ぼう

プロバイダを選ぶときに最低限でもオリジナル特典の内容と通信速度は重視しましょう。

オリジナル特典というのは、ドコモ光が公式に実施しているものではなく、プロバイダが独自に実施しているキャンペーンやサービスを指します。

具体的には、新規申込の際にドコモのdポイントの進呈やキャッシュバック、景品のプレゼントなどがあり、ドコモ光の公式キャンペーンと併用可能です。

また、プロバイダが異なると使用する機器の性能などによって通信速度の質も変わってきます。

速度が速く安定しているプロバイダを選ぶと、日々のインターネット生活も向上するので、プロバイダによる速度の違いは見逃せません。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。

  • もともと回線速度に定評があるプロバイダ
  • 無料レンタルできるwi-fiルーターが他プロバイダと比較して高性能

上記2点の理由から、ドコモ光のプロバイダとして「GMOとくとくBB」を選んでおけば間違いないでしょう。

以下のボタンから申し込むと、GMOとくとくBBのキャンペーン特典を受け取ることができます。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料18,000円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込む

タイプBでおすすめなのは、ドコモ光×OCNです。

ドコモ光×OCNは高速通信「V6アルファ」オプションが無料で利用できることから通信速度が安定していて、Wi-Fiレンタルがずっと無料、そしてオプション契約不要・光回線のみの契約で全員20,000円の現金キャッシュバックをもらえます。

ドコモ光×OCNがおすすめな理由
  • オプション契約なしで全員20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費19,800円が無料
  • 高速通信「V6アルファ」オプションが無料
  • フレッツ光・光コラボからの転用なら工事不要!工事が必要な場合も月々300円から分割払いOK

ドコモ光×OCNの詳細

ドコモ光×OCNに申し込む

プロバイダ選びでの注意点

プロバイダを選ぶ時の注意点は、「後からプロバイダを変更する場合のことを事前に知っておくべき」というところです。

もしも選んだプロバイダが気に入らず、変更したい場合はいくつかのデメリットがあります。

  • 事務手数料が3,000円程度かかる可能性がある
  • プロバイダメールアドレスが使えなくなる可能性がある
  • 手続きの手間がかかる

これらのことも想定しておき、納得できるプロバイダ選びをしましょう。

ドコモ光Aタイプの申込方法

ドコモ光は、ドコモショップやドコモオンライン手続き、プロバイダのサイトなどで申し込みすることができます。

キャンペーンを利用してお得に申し込むには、プロバイ

ドコモ光のオススメ記事