おすすめの光回線が5分でわかる!5つのポイントを押さえて失敗しない光回線選びをしよう 一覧


光回線おすすめアイキャッチ

光回線ってたくさん種類があり過ぎてどう選んだらいいかわからない…
光回線選びで失敗したくない…

今回大手の光回線14社を多角的に比較した結果、結論から言うと、今お使いのスマホとのセット割が適用される光回線を選ぶことをおすすめします。

大手の会社を選べば、最大通信速度は大差がありません。

スマホとのセット割は家族グループ内の家族全員に適用されるものが多いので、今お使いのスマホとのセット割が適用される光回線を選ぶと自動的に月々の割引額が大きくなり、結果通信費を大幅に削減することができます。

今お使いのスマホに応じて、以下の光回線を選んでください。

スマホの種類光回線
ドコモドコモ光
auauひかり
エリア外の場合
So-net光プラス
SoftBankNURO光
エリア外の場合
SoftBank光
その他NURO光
エリア外の場合
So-net光プラス

おすすめ光回線選びチャート

セット割の有無だけではなく、月額料金、サービス提供エリア、契約可能なプロバイダ、サービス提供元の会社規模など総合的に選んだ結果、上記光回線がおすすめという結論になりました。

本記事では、光回線の選び方を、チェックすべきポイントに従って丁寧に解説しています。

また、上記5社の光回線を申し込む際にお得に申し込める、キャンペーン窓口までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事を読めば、自分にぴったりの光回線を知ることができますよ。

結論:スマホキャリアとセットになる光回線が総じておすすめ

光回線を選ぶなら、まずはスマホのキャリアと同じサービス提供元を検討しましょう。

光回線とスマホのサービス提供元が同じなら、スマホのセット割が適用されます。スマホの利用料が割り引かれれば、通信費の総額を大幅に削減できるはずです。

ここでは、スマホのセット割が適用される光回線を、キャリア別に紹介していきます。

ドコモスマホを使っている人は「ドコモ光」

 タイプAタイプB
月額料金(マンション)4,000円4,200円
月額料金(戸建て)5,200円5,400円
プロバイダ18社6社

ドコモのスマホがセット割の対象になるのは、ドコモ光だけです。

「ドコモ光セット割」は、ドコモ光と「ドコモのギガプラン」をセットで利用した場合、月額1,000円永年割引となります。ただし、以下の例外もあるので注意しましょう。

  • 「5Gギガライト/ギガライト」3GB未満…500円割引
  • 「5Gギガライト/ギガライト」1GB未満…割引なし

「ドコモ光セット割」の適用条件は、契約者または同一ファミリー割引グループ内(「かけ放題&パケあえる」の場合は同一シェアグループ)で、ドコモ光基本使用料の課金が1回線以上あることです。ちなみに、ドコモのファミリー割引グループには、離れて暮らす家族も含まれます。

以上の条件を満たせば、最大20回線まで割引が適用されます。

家族でドコモのスマホを利用しているなら「最大1,000円×家族人数分」が毎月割引となるので、通信費が大幅に削減できるでしょう。

ドコモ光を申し込む際のおすすめ窓口は代理店かプロバイダ

ドコモ光に申し込む場合は、公式サイト以外の窓口をおすすめします。なぜなら、公式サイトの申込キャンペーンでは、現金のキャッシュバックを行っていないからです。

オプションなしで契約する場合、キャッシュバック金額はプロバイダのGMOとくとくBBが5,500円、代理店Wiz(ワイズ)が20,000円となります。

申込窓口現金キャッシュバック額
Wiz20,000円
GMOとくとくBB5,500円
ドコモ光公式なし

※オプション契約なし/光回線のみの申し込みでもらえる金額

受け取れる特典重視の人は、キャッシュバック金額が高額で、どのプロバイダを選んでも光回線のみの契約で現金20,000円が受け取れる代理店Wiz(ワイズ)から申し込むのがおすすめです。

特典が充実!ドコモ光公式代理店・Wiz

  • 現金20,000円+dポイント20,000ポイントプレゼント
  • 開通までのポケットwi-fiレンタルが無料

auスマホを使っている人は「auひかり」か「So-net光プラス」

auのスマホを使っているなら、光回線は「auひかり」もしくは「So-net光プラス」を検討しましょう。auひかりの提供エリア内であればauひかり、エリア外であればSo-net光プラスがおすすめです。

auひかりの提供エリア内なら「auひかり」を選ぶ

 月額料金
戸建て5,200円
マンション4,050円

auひかりはサービス提供エリアに注意が必要です。以下の府県はエリアとなっています。

auひかり提供エリア

静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、福井県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県

auスマホを利用していて、auひかりのエリア外にお住いであれば、So-net光プラスへの申込を検討しましょう。

auひかりは、auスマホとのセット割「スマートバリュー」が適用されます。

auスマホとauひかりを利用し、以下いずれかを満たすことが条件です。

  • ひかり電話サービスの申し込み
  • ホームルータープランでauスマートポートを利用

スマートバリューが適用されると、毎月のスマホ代が1,000円永年割引されます。ただし、以下のプランに加入している場合は例外です。

  • 「ピタットプラン4G LTE/5G」7GBまで…500円割引
  • 「ピタットプラン4G LTE/5G」1GB未満…割引なし
  • 「auピタットプランN(s)」2GBまで…500円割引
  • 「auピタットプランN(s)」1GBまで…割引なし

スマートバリューの割引は最大10回線までとなっています。対象は、光回線の契約者、契約者と一緒に住んでいる家族です。

ただし、50歳以上の家族であれば、離れて住んでいても割引対象になります。

家族でauスマホを利用している場合「最大1,000円×家族人数分」が割引となり、家庭の通信費の大幅な削減となりますね。

auひかりを申し込む際のおすすめ窓口はプロバイダ

auひかりの申込窓口は、「GMOとくとくBB×auひかり」がおすすめです。GMOとくとくBBなら、オプション加入なしでも51,000円のキャッシュバックを受け取れます(マンションなら41,000円)。

auひかり
  • キャンペーン内容が充実
  • キャッシュバックが早い
  • auスマホセット割あり

 

さらに、GMOとくとくBBなら、auひかり以外のサービスから乗り換えると、最大30,000円の違約金負担もしてくれます。キャンペーンについては後でくわしく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

auひかりの提供エリア外なら「So-net光プラス」を選ぶ

auひかりの提供エリア外だったauスマホユーザーは、So-net光プラスをおすすめします。So-net光プラスは、スマートバリューでスマホとのセット割が適用され、月額料金も安い点が魅力です。

So-net光プラスでスマートバリューが適用されるには、Sonet光でんわへの申し込みが必要となります。なお、割引額と割引対象者については、auひかりの場合と同じです。

以下にSo-net光プラスの月額料金をまとめました。

利用期間1〜24ヵ月目まで25ヵ月目以降
戸建て3,080円5,580円
マンション2,080円4,480円

24ヵ月目までの月額料金が安くなる理由は、So-net光プラス公式サイトから申し込むと「So-net特典」が適用されるためです。

So-net光プラスを申し込む際のおすすめ窓口は公式キャンペーン

So-net光プラスには、auひかりのような現金キャッシュバックはありません。ただし、So-net特典が適用され月額料金が2年間割り引かれると、総額で60,000円も支払いを抑えることができます。

上記は、So-net光プラスの公式サイトから申し込んだときのみ適用されるキャンペーンです。So-net光プラスに申し込むなら、下のボタンから公式サイトを利用しましょう。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと2,080円(マンション)・3,080円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

SoftBankスマホを使っている人は「NURO光」もしくは「SoftBank光」

SoftBankスマホを使っているなら、光回線は「NURO光」もしくは「SoftBank光」がおすすめです。どちらもSoftBankのスマホのセット割になる「おうち割 光セット」を提供しています。

通信速度にこだわりたいならNURO光ですが、サービス提供エリアが限られているので、エリア外であればSoftBank光を選びましょう。SoftBank光でも十分快適な通信環境を実現できます。

通信速度にこだわりたいなら「NURO光」を選ぶ

NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」の最大通信速度は下りで2Gbpsです。他社回線の基本プランは最大1Gbpsなので、単純に2倍の通信速度を出せる計算になります。

ただし、NURO光はサービス提供エリアが限られているので注意しましょう。

NURO光の提供エリア

北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県※一部地域を除く

NURO光のエリア外であれば、同様にSoftBank光のセット割が適用されるSoftBank光の検討をおすすめします。

NURO光では、光でんわ(NURO 光 でんわ)を一緒に契約すると、SoftBankスマホの月額料金が割り引かれる「おうち割 光セット」に申し込めます。

セット割が適用されると、毎月のスマホ代が1,000円割り引かれるのでお得です。ただし、以下のプランの場合は、毎月500円の割引、あるいは割引なしとなります。

  • データ定額ミニ 2GB/1GB…500円割引
  • データ定額(おてがるプラン専用)…500円割引
  • スマ放題ライト…割引なし

「おうち割 光セット」の対象は、NURO光の申込者、もしくはその家族です。家族とは血縁・婚姻または同住所の人を指し、離れて暮らす場合も割り引かれます。

「おうち割 光セット」で割り引かれるのは最大10回線までです。

また、NURO光は月額料金(プロバイダ料込)も他社回線より低めに設定されています。NURO光とSoftBank光の月額料金を比べてみましょう。

 戸建てマンション
NURO光4,743円1,900円〜2,500円
SoftBank光5,200円3,800円

速度と料金を考えても、NURO光はコスパがよいことがわかります。

NURO光を申し込む際のおすすめ窓口は公式特設ページ

NURO光に申し込むなら、窓口は公式特設ページにしましょう。下のボタンから行ける公式特設ページから「NURO 光 G2V」を申し込めば45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

光回線
特徴
申込
NURO光バナー
ここから申し込んだ方全員
45,000円キャッシュバック

キャッシュバックの45,000円は、光電話に加入しなくても受け取れるので、スマホのセット割を検討していない人にもおすすめです。キャンペーンの詳細は後ほど説明しますね。

NURO光の提供エリア外なら「SoftBank光」を選ぶ

NURO光が提供エリア外なら、SoftBankスマホユーザーはSoftBank光に申し込むといいでしょう。

SoftBank光の「おうち割 光セット」は、以下のオプションサービスのうちいずれかに申し込むことが条件となっています。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン

割引額と割引対象者はNURO光と同様です。

セット割が適用されると、毎月のスマホ代が1,000円割り引かれるのでお得です。ただし、以下のプランの場合は、毎月500円の割引、あるいは割引なしとなります。

  • データ定額ミニ 2GB/1GB…500円割引
  • データ定額(おてがるプラン専用)…500円割引
  • スマ放題ライト…割引なし

「おうち割 光セット」の対象は、NURO光の申込者、もしくはその家族です。家族とは血縁・婚姻または同住所の人を指し、離れて暮らす場合も割り引かれます。

「おうち割 光セット」で割り引かれるのは最大10回線までです。

SoftBank光を申し込む際のおすすめ窓口は代理店

SoftBank光に申し込むなら、窓口は正規代理店N’sカンパニーがおすすめです。代理店N’sカンパニーなら、オプションに加入なし33,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

また、代理店N’sカンパニーから申し込んでも、SoftBank公式のキャンペーンが適用されます。他社の違約金・工事費残債を最大100,000円まで負担するキャンペーンや、工事費を実質無料にするキャンペーンとの併用も可能です。

ソフトバンク光のボタン

格安スマホを使っている人は「NURO光」か「So-net光プラス」

ドコモ、au、SoftBank以外の格安スマホを使っている人は、スマホとのセット割が適用される光回線が少なく、またセット割を行なっていても割引額は数百円というケースも多いことから、スマホとのセット割有無の基準で光回線を選ぶことはおすすめしません。

そうした場合は、月額料金や通信速度、キャッシュバックの有無から光回線を選びましょう。

格安スマホを利用しているなら、通信速度にこだわって「NURO光」に申し込むといいですよ。NURO光のエリア外であれば、月額料金の安い「So-net光プラス」がおすすめです。

通信速度と月額料金のコスパで選ぶなら「NURO光」

格安スマホを利用中なら、まずはNURO光を検討しましょう。

NURO光は、基本プラン「NURO 光 G2V」の下りの最大通信速度が2Gbpsと、他社の基本プランと比べてもスペックが高いのが特徴です。また、月額料金も低めに設定されているので、速度とあわせて考えるとコスパのよい光回線と言えます。

ただし、NURO光は提供エリアが以下の都道府県に限られているので注意しましょう。

NURO光の提供エリア

北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県※一部地域を除く

さらに、NURO光は公式特設ページから申し込むと45,000円のキャッシュバックが受け取れます。オプションサービスに加入する必要もありません。

光回線
特徴
申込
NURO光バナー
ここから申し込んだ方全員
45,000円キャッシュバック

NURO光の提供エリア外であれば、月額料金が魅力のSo-net光プラスがおすすめです。

NURO光の提供エリア外なら「So-net光プラス」を選ぶ

格安スマホの利用者で、NURO光の提供エリア外に住んでいる場合はSo-net光プラスを検討しましょう。So-net光プラスの提供エリアは、フレッツ光の提供エリアと同じなので、全都道府県の広い地域をカバーしています。

また、So-net光は、特に最初の2年間の月額料金が最安レベルに安いのでおすすめです。So-net光プラスの月額料金を見てみましょう。

上の見出し1〜24ヵ月目まで25ヵ月目以降
戸建て3,080円5,580円
マンション2,080円4,480円

最初の2年間の月額料金が安いのは、So-net光プラス公式サイトの「So-net特典」が適用されているためです。特典が適用されると、利用開始から24ヵ月目まで月額料金が毎月2,500円割引されます。

NURO光のような高額キャッシュバックはないものの、2年間の割引額の合計は60,000円になるのでお得です。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと2,080円(マンション)・3,080円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

ここまで、スマホのキャリア別おすすめ光回線を紹介してきました。続いて、固定光回線とモバイルWi-Fiの違いを説明していきます。

固定光回線とモバイルWi-Fiの違いとは?モバイルwi-fiの方がおすすめなのはこんな人

日頃それほど大量の通信を行わない」「通信速度にこだわりがない」のであれば、モバイルWi-Fiを契約するのも手です。

ただし、モバイルWi-Fiには以下のデメリットもあります。

  • 通信制限されることがある
  • 時間帯によって速度が大幅に落ちることがある
  • 月額料金は固定回線より特別安いわけではない

まず、通信制限について。WiMAXでは、たとえ使い放題プランであっても、3日で10GB以上利用すると通信速度が制限されてしまいます。

10GBは、例えばYouTubeで4K動画を視聴するなら約8時間、高画質(HD)動画を視聴するなら約13時間で消費されます。動画をよく見る人は、モバイルWi-Fiには向いていないかもしれません。

また、モバイルWi-Fiは時間帯によって通信速度が大幅に落ちることもあります。

実際にモバイルwi-fiを使っているユーザーに使用感について聞いてみました。

光回線と料金そんなに変わらないんじゃないか?デバイスが増えたり、動画を見たりすると通信速度が遅くなる。
(20代男性/BroadWiMAX利用中)

3日間で10GBの通信制限は、動画コンテンツを見ていると意外とすぐなる。
(30代男性/WiMAX2+利用中)

テザリングと比較して速度が安定している。思ったよりコンパクトサイズ。
(20代女性/UQWiMAX利用中)

時間帯や使用方法によって速度低下が起こることが多いという声がよく聞かれました。

特に夜間のインターネット利用者の多い時間帯や人が密集する場所では、ネットワークが混雑するので、通信速度が低下する可能性があります。

モバイルWi-Fiの月額料金も特別安いわけではありません。月額3,000円〜4,000円前後であれば、固定回線の方が少し高いという程度です。

通信速度の制限を受けたくないのであれば、固定光回線を選びましょう。

モバイルWi-Fiをおすすめするのは、以下のような人です。

  • インターネット通信を大量に行わない(3日で10GBを超えない)
  • インターネットを利用するのは日中のみ
  • 自宅よりも外出先でインターネットを利用することが多い

このような人は固定光回線よりもモバイルwi-fiの方がおすすめと言えるでしょう。

当サイトがおすすめするモバイルWi-Fiは「BroadWiMAX」と「wimax2+」です。どちらの最大通信速度も、最速機種を使った場合、一部エリアで下り1.2Gbps上り75bpsを実現できます。

おすすめ光回線はこう選ぶ!基準は料金・エリア・プロバイダ・会社規模・セット割

光回線は長期的に使うものです。
ダメだったらすぐ解約というわけにも行かないので、高い水準のサービスを安定して受け続けるためにも、「会社規模」「提供エリア」「月額料金」「スマホとのセット割」「プロバイダ」の観点で慎重に選びましょう。

おすすめ光回線を選ぶ際の5つのポイント

  1. 会社規模
  2. 提供エリア
  3. 月額料金
  4. スマホとのセット割
  5. プロバイダ

1.サポートの手厚い大手の会社を選ぶと安心

光回線は、サービス提供元の会社規模で選びましょう。規模の大きな会社はサポートも手厚い傾向にあります。

例えば、通信障害などのトラブルがあれば、大手だと対応スピードが期待できるでしょう。

光回線は数年単位で契約することが多いので、安定してサポートを受けられる会社を選ぶことをおすすめします。

「会社規模」で絞った光回線14社を比較していきます。

光回線割引対象
スマホ
戸建て
月額料金
マンション
月額料金
wi-fiルーター
レンタル
工事費
戸建て/マンション
工事費無料
キャンペーン
ドコモ光ドコモタイプA
5,200円
タイプB
5,400円
タイプA
4,000円
タイプB
4,200円
一部無料
プロバイダによる
18,000円
/15,000円
あり
NURO光SoftBank4,743円2,300円無料40,000円あり
SoftBank光SoftBank5,200円3,800円467円/月24,000円あり
So-net光
プラス
au5,580円4,480円無料24,000円あり
ビッグローブ光au5,200円3,980円500円/月30,000円
/27,000円
あり
@nifty光au5,200円3,980円500円/月18,000円
/15,000円
あり
DTI光au4,800円3,600円300円/月18,000円
/15,000円
あり
auひかりau5,200円4,050円500円/月37,500円
/30,000円
あり
ピカラ光au5,200円4,000円600円/月25,000円あり
メガエッグ光
ネット
au4,200円3,200円600円/月35,000円あり
BBIQ光au5,800円5,000円500円/月2,000円あり
コミュファ光au5,500円5,500円無料25,000円あり
フレッツ光
(東日本)
なし5,400円
+プロバイダ料金
3,450円
+プロバイダ料金
300円/月18,000円
/15,000円
あり
フレッツ光
(西日本)
なし5,400円
+プロバイダ料金
3,450円
+プロバイダ料金
275円/月18,000円
/15,000円
あり

上記14社のうち、NURO光だけが最大通信速度下り2Gbpsで、他はすべて1Gbps(VDSL配線方式の集合住宅など一部例外あり)です。

おすすめ光回線を選ぶ4つのポイントのひとつ、「会社規模」で上記14社に絞った時、通信速度面では大差がないため、「提供エリア」「月額料金」「スマホとのセット割」「プロバイダ」で選んでいくことになります。

2.申し込む前に提供エリアの確認する

どんなにおすすめの光回線でも提供エリア外に住んでいれば、その光回線を導入することはできません。
なので、会社規模で光回線を絞ったら、次にエリアを確認しましょう。

提供エリアが全国の光回線

NTTの光ケーブルファイバーを利用しているフレッツ光、また光コラボレーション事業者は、提供エリアは全国をカバーします。

該当する光回線は14社のうち、以下の8社です。

提供エリアが全国の光回線

  • ドコモ光
  • SoftBank光
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • DTI光
  • フレッツ光(東日本)
  • フレッツ光(西日本)

光コラボはフレッツ光の回線を借り受けてサービスを提供しているため、対象エリアはフレッツ光と全く同じです。

光コラボの提供エリアを確認したい場合は、フレッツ光東もしくは西の公式サイトで住所検索できます。

提供エリアが一部都道府県を除く全国の光回線

auひかりとNURO光の提供エリアは、北海道から九州まで全国にわたるものの、一部都道府県が提供エリア外となっています。

auひかりの提供エリアは以下の都道府県です。

auひかりの提供エリア

<戸建てタイプ>
滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/福井県/岐阜県/愛知県/静岡県/三重県以外
<マンションタイプ>
沖縄県以外
※一部地域を除く

NURO光(G2V・G2・for マンション)の提供エリアは、以下の都道府県です。

NURO光の提供エリア

北海道/東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/栃木県/茨城県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/大阪府/京都府/兵庫県/滋賀県/奈良県/福岡県/佐賀県
※一部地域を除く

auひかり、NURO光ともに、提供エリアに該当するかどうかは各公式サイトで住所検索できます。

提供エリアが限られている光回線

ピカラ光、メガエッグ光ネット、BBIQ光、コミュファ光は、各地方の電力会社が提供する光回線であり、提供地域が限られています

ピカラ光は四国電力が提供する光回線で、対象エリアは以下4県です。

ピカラ光の提供エリア

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

メガエッグ光ネットは中国電力が提供する光回線で、対象エリアは以下5県です。

メガエッグ光ネットの提供エリア

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

BBIQ光は九州電力が提供する光回線で、対象エリアは以下7県です。

BBIQ光の提供エリア

福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

コミュファ光は東海電力が提供する光回線で、対象エリアは以下5県です。

コミュファ光の提供エリア

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県

 

具体的な住所での提供エリア確認は、各光回線の公式サイトで可能です。

現在住んでいる地域がサービスのエリア内に入っている光回線の中から、次はいよいよ月額料金でおすすめ光回線を選んでいきます。

3.月額料金は割引適用後の金額も必ずチェックしよう

光回線14社を月額料金で比較します。

戸建てタイプで月額料金が安いおすすめ光回線

戸建て向けプランのうち月額料金が安い光回線は以下の3社です。

  1. メガエッグ光ネット…月額4,200円
  2. NURO光…月額4,743円
  3. DTI光…月額4,800円

ただし、月額料金の割引特典が適用されれば、上記3社の光回線よりもさらに月額料金が安くなる以下の光回線が魅力的と言えます。

月額料金割引ありで安いおすすめ光回線

  1. So-net光プラス…2年間は月額料金が3,080円
  2. ビッグローブ光…選べるキャンペーンで月額料金割引を選択した場合1年間は月額料金が3,500円
  3. @nifty光…30ヵ月間は月額料金が4,600円
  4. ピカラ光…3年契約を結んだ場合、月額料金が4,600円

マンションタイプで月額料金が安いおすすめ光回線

マンション向けプランで月額料金が安い光回線は、以下の3社となっています。

  1. NURO光…2,300円
  2. メガエッグ光ネット…3,200円
  3. DTI光…3,600円

ちなみに、「NURO 光 for マンション」は建物に設備が導入されている場合に申し込めます。月額料金は入居者の契約数により1,900円〜2,500円で変動するので、申込前に確認してみましょう。

マンションも割引が適用された場合、月額料金の安い光回線が変わってきます。

月額料金割引ありで安いおすすめ光回線

  1. So-net光プラス…2年間は月額料金が2,080円
  2. ビッグローブ光…選べるキャンペーンで月額料金割引を選択した場合1年間は月額料金が2,500円
  3. @nifty光…30ヵ月間は月額料金が3,380円

格安スマホユーザーにおすすめの光回線は月額料金が安いSo-net光プラス/NURO光

So-net光プラスが戸建て/マンションタイプ、いずれの場合も安いおすすめ光回線1位に輝きました。

So-net光プラスは提供エリアが全国で、なおかつ月額料金が最安レベルに安いです。

したがって、「格安スマホを使っていてスマホと光回線のセット割総額が期待できない」人におすすめの光回線はSo-net光プラスという結論になります。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと2,080円(マンション)・3,080円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

格安スマホを使っている人にもうひとつおすすめの光回線があります。
それが最大通信速度下り2GbpsのNURO光です。

NURO光は最大通信速度は他社の2倍あるにもかかわらず、月額料金が安い方です。

月額料金割引があるSo-net光プラスにはかないませんが、「So-net光プラスの2倍の通信速度がある」「So-net光プラスにはない現金キャッシュバックキャンペーンがある」ことを考えると、こちらの方が魅力的に感じる人もいるでしょう。

NURO光の提供エリア内に住んでいて、通信速度を重視する人、現金キャッシュバックがもらいたい人にはNURO光をおすすめします。

光回線
特徴
申込
NURO光バナー
ここから申し込んだ方全員
45,000円キャッシュバック

月額料金が安いおすすめ光回線はSo-net光プラスという結論になりましたが、ドコモ・au・SoftBankのスマホを使っている人はスマホとのセット割額が大きいため、単純に月額料金が安い光回線を選ぶよりも、今使っているスマホとセットで割引になる光回線を使う方がおすすめです。

早速見ていきましょう。

4.スマホとのセット割は最大割引額と条件をチェック

ドコモ・au・SoftBankのスマホを使っている人はスマホとのセット割額が大きいため、今使っているスマホとセットで割引になる光回線を使うことをおすすめします。

スマホのセット割には、最大割引額や最大回線数、適用条件が定められていて、各社異なるので忘れずチェックしましょう

ここでは、各キャリアの割引額と最大回線数、適用条件を確認していきます。

ドコモ「ドコモ光セット割」の割引額・条件

ドコモ光セット割の適用条件は以下の2つです。

  • ドコモスマホの対象プランへの加入
  • ドコモ光の契約者または同一ファミリー割引グループ内で、ドコモ光基本使用料の課金が1回線以上ある

条件を満たすと月額1,000円が毎月割引されます(「5Gギガライト/ギガライト」3GB未満は500円割引、「5Gギガライト/ギガライト」1GB未満は割引なし)。

割引対象者は、最大20回線までとして「ドコモ光」契約者、または同一ファミリー割引グループ内(「かけ放題&パケあえる」の場合は同一シェアグループ)に入っている人です。離れて暮らす家族も割引対象者となります。

ドコモ光セット割は最大20回線まで適用可能なので、最大割引額は「1,000(円)×20(回線)=20,000(円)」となります。

ドコモスマホにセット割が適用される光回線はドコモ光だけなので、ドコモユーザーにおすすめの光回線はドコモ光という結論になります。

オプションなしで契約する場合、キャッシュバック金額はプロバイダのGMOとくとくBBが5,500円、代理店Wiz(ワイズ)が20,000円となります。

申込窓口現金キャッシュバック額
Wiz20,000円
GMOとくとくBB5,500円
ドコモ光公式なし

※オプション契約なし/光回線のみの申し込みでもらえる金額

受け取れる特典重視の人は、キャッシュバック金額が高額で、どのプロバイダを選んでも光回線のみの契約で現金20,000円が受け取れる代理店Wiz(ワイズ)から申し込むのがおすすめです。

特典が充実!ドコモ光公式代理店・Wiz

  • 現金20,000円+dポイント20,000ポイントプレゼント
  • 開通までのポケットwi-fiレンタルが無料
 

au「auスマートバリュー」の割引額・条件

auスマートバリューの適用条件は以下の3つです。

  • auスマホの対象プランへの加入
  • 割引対象の光回線を契約
  • 契約回線が提供する光電話サービスを契約する

上の条件を満たせば、毎月のスマホ代が、以下のプラン加入時を除き毎月1,000円割り引かれます(「ピタットプラン4G LTE/5G」7GBまで・「auピタットプランN(s)」2GBまでは500円割引、「ピタットプラン4G LTE/5G」1GB未満・「auピタットプランN(s)」1GBまでは割引なし)。

割引は最大10回線までで、光回線契約者と同居する家族が対象です。また、50歳以上の家族であれば、離れて住んでいても割引対象となります。

最大10回線まで適用可能なので、最大割引額は「1,000(円)×10(回線)=10,000(円)」です。

また、auは14社の比較表からもわかる通り、特に割引適用される光回線が多いのが特徴ですが、中でもおすすめは高額キャッシュバックがもらえるauひかりです。

auひかり
  • キャンペーン内容が充実
  • キャッシュバックが早い
  • auスマホセット割あり
 

auひかりの提供エリア外にお住いの人におすすめの光回線はSo-net光プラスです。

So-net光プラスには、auひかりのような現金キャッシュバックはありません。ただし、So-net特典が適用され月額料金が2年間割り引かれると、総額で60,000円も支払いを抑えることができます。

上記は、So-net光プラスの公式サイトから申し込んだときのみ適用されるキャンペーンです。So-net光プラスに申し込むなら、下のボタンから公式サイトを利用しましょう。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと2,080円(マンション)・3,080円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

SoftBank「おうち割 光セット」の割引額・条件

SoftBank「おうち割 光セット」の適用条件は以下の3つです。

  • SoftBankスマホの対象プランへの加入
  • 割引対象の光回線を契約
  • 契約回線が提供する光電話、あるいはオプションを契約する

条件を満たした場合、毎月のスマホ代が、毎月1,000円割引されます(データ定額ミニ2GB/1GB・データ定額<おてがるプラン専用>は500円割引、スマ放題ライトは割引なし)。

割引は最大10回線までで、光回線契約者、契約者と同居する家族が対象です。家族は血縁・婚姻または同住所の人を指すので、離れて暮らす場合も割引の対象となります。

毎月の最大割引額は「1,000(円)×10(回線)=10,000(円)」となります。

SoftBankスマホとのセット割が適用されるのはNURO光SoftBank光です。

 戸建てマンション
NURO光4,743円1,900円〜2,500円
SoftBank光5,200円3,800円

NURO光提供エリアにお住いの人におすすめなのは、月額料金が安いNURO光。
NURO光エリア外の人には、光コラボなため提供エリアが全国のSoftBank光をおすすめします。

ソフトバンク光のボタン

5.プロバイダを選べる場合は料金とサービスを確認

プロバイダとは?

最後にプロバイダの確認をしましょう。

プロバイダは光回線を通じて、ユーザーとインターネットとをつなぐ役目を担っています。

プロバイダ一体型の光回線の場合、光回線を契約すると自動的にプロバイダとの契約が完了し、光回線の利用月額料金と別にプロバイダ利用料金を支払う必要はありません。

しかし、フレッツ光など光回線によっては、月額料金とはにプロバイダへの契約料金を支払う必要があり、総額で見ると「思っていたより高いな…」ということもあります。

プロバイダの利用料が月額料金に含まれているかどうかも、光回線を選ぶポイントの一つになります。

光回線はプロバイダが選べる場合と、選べない場合があります。また、月額料金にプロバイダ料が含まれる一体型の光回線と、そうでない光回線があります。

選んだプロバイダによって受けられるサービス内容も異なるので、注意が必要です。

スマホ別おすすめ光回線

  • ドコモスマホユーザードコモ光
  • auスマホユーザーauひかり/So-net光プラス
  • SoftBankスマホユーザーNURO光/SoftBank光
  • 格安スマホユーザーNURO光/So-net光プラス

ここまで上記のようにおすすめ光回線を紹介してきましたが、最後に上記5社のプロバイダについて確認します。

光回線プロバイダ
選択可否
プロバイダ数プロバイダによる
月額料金の変動
プロバイダ独自の
提供サービス例
ドコモ光24200円ルーター無料レンタル
セキュリティ1~2年無料
訪問設定サービス1回無料
auひかり13なし出張サポート無料
宅内LANサービス500円割引
So-net光プラス×So-netのみなし
NURO光×So-netのみなし
SoftBank光×Yahoo!BBのみなし

表からわかる通り、5社の中でプロバイダを選択できるのはドコモ光とauひかりのみです。
選んだプロバイダによって、プロバイダ独自のサービスを受けることができます。

うち、選択したプロバイダによって月額料金が変動するのはドコモ光のみという結果になりました。
変動とはいえ、フレッツ光のように500〜1,200円と大きな幅で変動するわけではないので安心です。

So-net光プラス・NURO光・SoftBank光はプロバイダが決まっていて選べませんが、セキュリティやwi-fiルーターの貸し出しなどのサービスはありますので、プロバイダ固定が特にデメリットに感じることはないでしょう。

各光回線がお得に申し込めるおすすめ窓口はここ

光回線は今お使いのスマホとのセット割が適用になる光回線を選ぶのがおすすめです。

セット割に加え、会社規模、提供エリア、月額料金、プロバイダの総合的な観点で検討した結果、以下の光回線がおすすめという結論になりました。

スマホ別おすすめ光回線

  • ドコモスマホユーザードコモ光
  • auスマホユーザーauひかり/So-net光プラス
  • SoftBankスマホユーザーNURO光/SoftBank光
  • 格安スマホユーザーNURO光/So-net光プラス

申し込む光回線が決まったら、次は「どの窓口から申し込むか?」を決めましょう。

同じ光回線でも、申込窓口が異なれば、受け取れるキャンペーン特典の内容も異なります。窓口選びは重要です。

上記おすすめ光回線が申し込める複数の窓口を比較、キャンペーン特典の充実度でおすすめな申し込み窓口をご紹介します。

ドコモ光ならオプション加入なしで20,000円がもらえる代理店Wiz(ワイズ)がおすすめ

ドコモ光に申し込むなら代理店Wiz(ワイズ)がおすすめです。

代理店Wizなら、ひかりTVなどのオプション加入なしで、20,000円のキャッシュバックが受け取れます。GMOとくとくBBだと、20,000円を受け取るためにはオプションに加入しなければなりません。

キャッシュバック額
早見表
代理店Wiz(ワイズ)GMOとくとくBBドコモ光公式
光回線のみ契約20,000円5,500円なし
dTV加入+2,000円+4,500円なし
DAZN for docomo加入+2,000円+9,500円なし
ひかりTV for docomo加入+5,000円+12,500円なし
DAZN for docomo
ひかりTV for docomo加入
+7,000円+14,500円なし
最高額20,000円
+9,000円
5,500円
+14,500円

代理店Wiz(ワイズ)は光回線のみの契約でもらえるキャッシュバック額が、GMOの3倍以上あるため、どのオプションを後付けしても、結果的にもらえるキャッシュバック額の総額は代理店Wiz(ワイズ)の方が高額になることがわかります。

ドコモ光公式は現金キャッシュバックキャンペーンを行なっていないため、ドコモショップから申し込んだ時のキャッシュバック額は0円です。
しかし、代わりに公式はd point還元キャンペーンを行なっています。

以下は代理店Wiz、GMOとくとくBB、ドコモ光公式のdポイント特典を比較した表です。

d point還元
早見表
公式代理店Wiz(ワイズ)GMO
新規申し込み30,000pt20,000pt20,000pt
転用15,000pt2,000pt2,000pt

受け取れるdポイントは期間・用途限定となるので注意が必要です。半年以内に使い切らなければ消えてしまいます。

公式サイトでもらえるdポイントが多くなっていますが、自由に使える現金キャッシュバック20,000円に加えて、最大20,000dポイントがもらえる代理店Wiz(ワイズ)からの申込がお得です。

特典が充実!ドコモ光公式代理店・Wiz

  • 現金20,000円+dポイント20,000ポイントプレゼント
  • 開通までのポケットwi-fiレンタルが無料

上のボタンからWizの公式サイトに行き、各種フォーム、あるいはフリーダイヤルでドコモ光へ簡単に申し込むことができます。

この段階では申し込みは完了していません。専門アドバイザーからの折り返し電話で相談しながらプラン・プロバイダ選択、キャンペーン特典内容の確認ができ、納得した上で申し込み完了となるので安心です。

NURO光のおすすめ窓口は45,000円キャッシュバックが受け取れる「公式特設ページ」

NURO光のおすすめ窓口はNURO光公式特設ページです。

NURO光公式特設ページから申し込むと45,000円のキャッシュバックを受け取れます。公式ページから申し込むよりも高額です。

 NURO光公式特設NURO光公式
キャッシュバック45,000円43,000円
受け取り条件G2Vプラン申込G2Vプラン申込
受け取り時期開通から2ヵ月後開通の翌月

公式特設ページからなら、公式サイトよりも3,000円高いキャッシュバックを受け取れます。NURO光に申し込むなら、下のボタンから行ける公式特設ページを利用するのがおすすめです。

光回線
特徴
申込
NURO光バナー
ここから申し込んだ方全員
45,000円キャッシュバック

SoftBank光は33,000円キャッシュバックの「N’sカンパニー」がおすすめ

SoftBank光の申込窓口なら代理店N’sカンパニーをおすすめします。

N’sカンパニーなら、オプション加入なしで受け取れるキャッシュバック金額が、他社代理店と比較して高額です。

 代理店
N’sカンパニー
代理店
ライフバンク
代理店
Wiz
SoftBank公式
新規申込33,000円24,000円
※公式工事費負担と併用不可
24,000円なし
転用15,000円なし10,000円なし
新規工事する場合最大24,000円最大24,000円最大24,000円最大24,000円
乗り換え時の
違約金負担
最大100,000円最大100,000円最大100,000円最大100,000円
最大
キャッシュバック金額
157,000円124,000円148,000円124,000円

N’sカンパニーは、33,000円のキャッシュバックではなく、「28,000円+8,220円相当のWi-Fiルータープレゼント」のキャンペーンも選ぶことができます。

ソフトバンク光のボタン

auひかりは51,000円キャッシュバックの「GMOとくとくBB」がおすすめ

auひかりを申し込む場合におすすめの窓口は、プロバイダのGMOとくとくBBです。

その理由は、オプションサービスへの申し込み不要で受け取れるキャッシュバック金額が、公式と比較して高額だからです。

auひかり公式とGMOとくとくBB、それぞれで受け取れるキャッシュバックを比較しました。どちらも3年契約をした場合の金額です。

 GMOとくとくBBauひかり公式
オプション契約なし51,000円(戸建て)
41,000円(マンション)
なし
電話サービス申込時61,000円(戸建て)
51,000円(マンション)
なし
乗り換え時の
違約金負担
最大30,000円30,000円
電話サービスを申し込んだ場合

表からもわかる通り、auひかり公式は、オプションサービスへの申し込みがなければキャッシュバックを受け取れません。

GMOとくとくBBでは、2年契約を結んだ場合でも上記と同額のキャッシュバックを受け取ることができます。キャッシュバックを受け取るならGMOとくとくBBがおすすめです。

auひかり
  • キャンペーン内容が充実
  • キャッシュバックが早い
  • auスマホセット割あり

 

So-net光プラスのおすすめ窓口は割引率が最高額の「So-net光プラス公式」

So-net光プラスのおすすめ申込窓口は公式サイトです。

So-net光プラス公式の特典を利用すれば、月額利用料が2年間2,500円割り引かれます。2年間の割引総額は60,000円にもなるのでお得です。

So-net光プラス公式と、代理店NEXTのキャッシュバック金額を、戸建てプランで比較してみました。

 So-net光プラス
公式
NETX(A)NEXT(B)NEXT(C)
キャッシュバックなし40,000円25,000円30,000円
月額料金
割引総額
60,000円11,000円なしなし
ソニーストア
クーポン
なしなし30,000円なし

代理店NEXTでは、キャンペーン内容をA,B,Cの3タイプから選べます。

NEXTの3タイプの割引額とキャッシュバック総額を加算してそれぞれ比較しても、公式の60,000円が最も高額なので、最も得をするのは公式からの申し込みということになります。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと2,080円(マンション)・3,080円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

まとめ

光回線を選ぶなら、まずはスマホのセット割が適用されるものを検討しましょう。セット割はグループ内の家族全員に適用されるものが多いため割引総額が大きくなり、結果通信費の総額をグッと抑えることができます。

セット割を確認した上で、月額料金、プロバイダ、会社規模、提供エリア、割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを総合的に見て選択することをおすすめします。

本記事では上記項目を比較した結果、光回線5社をおすすめしています。また、お得なキャンペーン窓口は以下の通りです。

スマホの種類おすすめ
光回線
おすすめ
申込窓口
ドコモドコモ光代理店Wiz(ワイズ)
auエリア内なら…
auひかり
GMOとくとくBB
エリア外なら…
So-net光プラス
So-net光プラス
公式
SoftBankエリア内なら…
NURO光
NURO光公式特設
エリア外なら…
SoftBank光
代理店N’sカンパニー
その他エリア内なら…
NURO光
NURO光公式特設
エリア外なら…
So-net光プラス
So-net光プラス
公式

この記事を参考に自分に合った光回線を見つけて、快適なインターネットライフを手に入れてくださいね。

戸建てプランが安い光回線はこれ!月額割引やセット割からおすすめを紹介

「戸建てで光回線を使いたいけれど月額料金が高そう…」「安くて快適、お得な光回線に申し込みたい!」光回線を戸建てに導入するなら、月額料金の安い...

記事を読む

ソフトバンク光は安い?光回線はセット割・キャンペーンでお得に乗り換え

「ソフトバンク光の料金って安いの?高いの?」「ソフトバンクのスマホを契約していればお得になる?」ソフトバンク光の月額料金・解約金は、他の光回...

記事を読む

ケーブルテレビは高いかも…光回線なら安い・テレビサービスの内容も豊富

「ケーブルテレビとインターネットを同時に申し込むと高い!」「ケーブルテレビよりも安いテレビサービスってあるの?」アンテナ設置が不要でチャンネ...

記事を読む

【2020年版】速度で選ぶ光回線!5回線を徹底比較したおすすめを紹介

「光回線を速度で選びたい!」「インターネットが遅くなったり止まったりするのを避け、快適に利用したい」この記事では、インターネットの速度を気に...

記事を読む

光回線でWi-Fi接続したい!セット割とおすすめ高性能ルーターも紹介

「Wi-Fi接続でインターネットを快適に利用したい!」「おすすめのWi-FiルーターやポケットWi-Fiがあれば教えてほしい」インターネット...

記事を読む

ラグで負けない!オンラインゲームに適したおすすめ光回線と4つの選び方

「オンラインゲームに適した光回線を知りたい」「ラグのせいで、FPSゲームの対戦相手に負けるのは悔しい!」対戦プレイや協力プレイを楽しむオンラ...

記事を読む

光回線とWiMAXどっちが安い?料金・速度・工事の有無を比較して選ぼう

「光回線とWiMAXはどちらが安いインターネットなの?」「安くて快適に利用できるインターネット環境を教えてほしい!」光回線とWiMAXで迷っ...

記事を読む

月額料金の安い光回線7社をランキング!月々の支払いを抑える方法を紹介

「月額料金の安い光回線を選びたい!」「月々の通信費を今よりもっと抑えたい」この記事では、月額料金の安い光回線の選び方を紹介しています。ランキ...

記事を読む

おすすめ安い光回線【2020年】契約前の注意点や申込窓口の選び方

「安くて速い光回線に申し込みたい!」「回線会社が多くて、どこから申し込むのがお得かわからない…」この記事では、自分に合った安い光回線の選び方...

記事を読む

光回線を速度で選ぶ【2020年版】速い3つのインターネットと実測値

「動画の再生が途中で止まってしまう…」「通話アプリ使用時の音声品質が悪い…」インターネットが遅いと、イライラが募りますよね。サクサク、ストレ...

記事を読む

1 2 3 4 30