auひかりで「地デジ」を見るためにはどうしたら良いのか?

auひかりにすると地デジは見られなくなる?

光インターネットサービスは、それぞれの業者ごとに利用できるオプションサービスも異なりますが、多くの場合で「光テレビサービス」を利用することができます。これは、インターネット用の光回線を対応するテレビに接続することで、さまざまなコンテンツを利用することができるテレビサービスです。基本的にインターネット用の初期工事を必要とするだけで、月額料金を支払えば誰にでも利用することができます。

  • auひかりでは地デジを見ることはできない

結論から言えば、auひかりの場合は光テレビサービスのオプションを利用していても、地デジを見ることはできません。既に別の光インターネットサービスで光テレビサービスを利用し、地デジを視聴している人の場合は注意しなければなりません。

auひかりではなぜ地デジが見れないの?

auひかりの光テレビサービスでは、オプション契約をしていてもそれだけでは地デジを見ることはできません。auの光テレビサービスは地デジの視聴には対応していないため、オプションサービスを契約しているだけでは地デジの放送を視聴することが出来ないのです。

地デジを見る方法

では、auひかりを利用している限り、地デジの放送をリアルタイムで視聴することが出来ないのかと言えば、そうではありません。auひかりで地デジを視聴する方法はいくつかあります。

  • アンテナを立てる

まずは「アンテナを立てる」という方法です。auひかりで地デジ放送を視聴する最もオーソドックスな方法で、メリットも多いです。

考え方によっては最も原始的な方法にも思えますが、ご自宅の屋根の上等に専用のアンテナを設置して、これで地デジの電波を受信するという方法です。光インターネットとは別の手段となるので、地デジの放送を見るだけであれば光テレビのオプションは不要となります。また、自宅にもともとアンテナがある場合はそもそも問題なく地デジを見られる事ができます。

この方法のメリットとしては、やはり「コストがかからない」ということです。アンテナの設置という初期費用はかかりますが、月額料金はかかりません。手入れのためのランニングコストは多少なりとかかると考えても、他の方法と異なり設置後にかかる費用は抑えられます。また、前述の通り地デジの放送を見るだけであれば光テレビのオプションを契約する必要はないので、その月額料金も丸ごと節約することができます。

アンテナを設置する際の注意点としては、初期費用は利用者ごとに変化するということです。地デジ用のアンテナは、お住いの住居や配線の状況、地域によってもコストが変化します。そのため、場合によっては設置費用としてそれなりの費用を請求されることもあります。また、マンション等にお住まいの場合は、地デジ用のアンテナについてマンションのオーナーや管理会社に問い合わせを行う必要があります。

  • ケーブルテレビを契約する

次の方法は「ケーブルテレビを利用する」という方法です。この方法だと、ケーブルテレビサービスが提供している豊富なチャンネル数を満喫することができ、地デジも視聴することができます。

この方法の場合、同様に光テレビのオプションは不要であり、auひかりではインターネットだけか、利用するとしても「光電話サービス」を利用することになります。光テレビサービスのオプションは不要であり、その代わりにケーブルテレビサービスを利用することになります。インターネットもテレビも、豊富なコンテンツを便利に利用することができる方法です。

ただし、ケーブルテレビの場合は「ケーブルテレビサービスの月額利用料」が問題となります。auひかりの光インターネットサービスは月額500円から利用することができます。しかし、ケーブルテレビの場合は最低でも月額3,000円以上はかかることになり、コストが嵩んでしまいます。アンテナを立てる方法と比較して、初期費用は抑えられても毎月の通信費が増えてしまうという点がデメリットになります。

  • 他の光インターネットサービスに乗り換える

auひかりにこだわらない方法としては「別の光インターネットサービスに切り替える」という方法があります。具体的には「光テレビサービスの利用だけで地デジを視聴することができる」通信会社に乗り換えるという方法です。

これは、フレッツ光からauひかりに乗り換える際に発生するデメリットを、逆に考えて利用するという方法です。つまり、光テレビサービスに地デジサービスが含まれていないauひかりから、光テレビサービスの利用だけで地デジを視聴することができる通信会社に乗り換えることで、少ないコストで地デジを視聴することができる方法です。

auひかりを利用している、もしくは利用を検討しているという場合は既に光回線の工事は済んでいるため、乗り換えの手続きを行うだけで地デジを視聴することができます。まだ光回線を自宅内に引き込んでいない場合でも、光インターネットサービスの利用を考えているのであれば初期工事を必要とするので、「地デジのために別途何らかの手間をかける」ということはありません。毎月のコストも、基本となる光インターネットサービスと、光テレビオプションの月額料金のみ発生しますので、最低限のコストで済みます。

とは言え、この方法は「auひかりで地デジを見る方法」ではありません。auひかりの場合、「auスマートバリュー」の適用によって月額料金を抑えることができますので、auのスマートフォンを利用しているユーザーにとってメリットが大きいです。別の通信会社の光インターネットサービスを利用するということは、auスマートバリューを利用できないということなので、それを考慮した上でコストを考える必要もあります。

地デジを見る際の注意点

auひかりで地デジを視聴するための手順を実行するにあたっては、「どの方法が最も適しているか」ということを確認した上で実行する必要があります。それぞれの方法に一長一短ありますので、それぞれのご家庭・利用者の都合に最も適した方法を選択する必要があります。

通信サービスは、短期間での解約で「解約手数料・違約金」の支払いが必要になります。つまり、利用した方法を短期間で解約して別の方法に変更しようとすると、解約のためのコストがかかることになります。アンテナを立てる際には契約という形ではないので解約金は発生しませんが、アンテナを立てる初期費用がそれなりに高額なので、別の方法に乗り換えようとすればその初期費用の分だけ損をすることになります。

auひかり単独では、どうしても地デジを視聴することはできません。そのため、別のサービスを利用して地デジを見られるようにするしか無いのですが、それぞれの方法をよく吟味した上で選択する必要があります。長く利用することを考えて、どの方法であれば自分が利用する上で問題が少なく、長く利用できるかということを知ることが第一です。