auひかりの乗り換え方法や注意点について詳しく解説

auひかりの乗り換えのアイキャッチ画像

 

光回線は種類も多く、どこに乗り換えればよいのか悩みますよね。

auひかりはCMでよく目にする方も多いと思いますが、auひかりについて詳しく知っている方は少ないと思います。

この記事では「auひかりに乗り換えてみようかな」「auひかりから別の回線に乗り換えたい」という方に向けての情報をお伝えしていきます。

auひかりへの乗り換えについて

CMなどで目にしてauひかりに乗り換えてみたいという方も多いと思います。

現在使用している回線からauひかりに乗り換えるのがいいのかどうか、解約金などにも気をつけてきちんと考えてみましょう。

まず知っておくべきなのは、ほとんどの光回線会社がNTTの回線を使っているのに対し、auひかりは下記のように独自の回線を使っています。

光回線 種類2

そのため、auひかりへの乗り換えをする場合は、解約金が発生してしまう場合があります。

一例として、ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える場合、2年自動更新プランにしていた場合は解約金9,500円、5年自動更新プランの場合は解約金15,000円がかかってしまいます。
※自動更新なしのプランは月々の料金が、自動更新プランの料金にプラスで1600円かかってしまいます。

解約金がかかってしまうなら、乗り換えするのはちょっと…と思いますよね?

しかし、auひかりは乗り換えしやすいようにお得なキャンペーンをおこなっており、解約金を最大3万円まで負担してくれます。

そのほかにもお得なキャンペーンがあるので、以下で詳しく説明していきます。

auひかりへの乗り換え(新規)がおすすめな理由

今使っている光回線からauひかりに乗り換えるのがなぜおすすめなのか、以下の3点を順番にご紹介していきます。

  1. お得なキャンペーンを受け取れる
  2. 月々の料金が比較的安い
  3. スマホの月額料金が安くなるかも?
  4. 通信速度が速い

auひかりのキャンペーンは3社分同時に受け取れる

auひかりのキャンペーンは、3社分を同時に受け取ることが出来るという特徴があります。

3社について

  • auひかり公式キャンペーン
  • 正規代理店(NEXT)
  • プロバイダ会社

3社分のキャンペーンを利用することができればお得に乗り換えることができます。キャンペーンには期間限定のキャンペーンもあるので気になるキャンペーンがあった際はいち早く申し込むことをおすすめします。

auひかりは7つのプロバイダ会社から選べる

auひかりは以下7つのプロバイダから選べます。

auひかりのプロバイダ

  • So-net
  • BIGLOOBE
  • @nifty
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • DTI

auひかりの料金はプロバイダの分も含まれているため、プロバイダの種類によって料金が変わることはありません。

また、速度もプロバイダによって変わるということはないようです。

ではどのように選べばいいのかというと、各プロバイダ会社のキャンペーンや、その他のサービスです。

違いのひとつにメールアドレスがあるので以下で比較してみます。

プロバイダの違いによってメールアドレスはどう変わる?

プロバイダサービス内容
So-net最大4アドレス
(「ファミリーパック」にて追加ID含めて)
BIGLOOBE5アドレス
(「家族会員サービス」にて追加ID含めて)
@nifty1アドレス
@TCOM1アドレス
ASAHIネット6アドレス
(2アドレス目より初期費用200円)
au one net5アドレス
DTI1アドレス

メールをたくさん使うという方はASAHIネット、BIGLOBEという風に選んでみるとよいでしょう。

月々の料金が比較的安い

契約数の多いフレッツ光と料金を比較してみます。

ホームマンション
フレッツ光6,900円4,700円
auひかり5,100円3,800円

※フレッツ光:ホーム→フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ、マンション→フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイププラン1(プロバイダ料込み)
auひかり:ホーム→ずっとギガ得プラン、マンション→マンションV16プラン(プロバイダ料込み)

このように、現在フレッツ光をご利用の方はauひかりに乗り換えるだけでかなり料金を安く抑えることができます。

NTTの回線であるフレッツ光から乗り換えると、工事が再び必要になってしまいます。しかし、auひかりと同時に電話サービスに加入すれば、最大37,500円の初期工事費が実質無料になるので工事費の心配はいりません。

auのスマホやタブレットの月額料金が安くなる

auでは「auスマートバリュー」というサービスがあります。

これは、auひかりを申し込むとauのスマホやタブレットがプランにによって永年500円~1000円割引されます。

しかも、auひかりの1契約だけで、最大10回線まで割引可能なので、4人家族の場合、家族4人それぞれが1000円割引されると仮定すると、家族で月々4,000円の割引になります。

auスマートバリューの説明画像

これ自体は、auひかりの料金を安くするものではありませんが、同一家庭の通信費を安くできることには変わりませんので、結果的に節約することができます。

<auひかりがおすすめな理由>

 

  • 3社同時キャンペーンを受け取れる
  • 誰でも受け取れるキャッシュバック
  • auスマホ契約でスマホ割適応
  • ほかの回線からauひかりにすると解約金負担

auひかりと光回線各社の月額の料金比較

光回線を乗り換える際に気になるのはやはり料金ですよね。

以下でマンションタイプ(集合住宅)と一戸建ての場合に分けてご紹介してみます。

マンションタイプ
auひかり¥3,800~
ソフトバンク光¥3,800~
ドコモ光¥5,200~
NURO光¥4,743~
一戸建て
auひかり¥5,100~
ソフトバンク光¥5,200~
ドコモ光¥5,200~
NURO光¥4,743~

※2019年11月時点での料金です。申し込む際は必ず公式サイトで最新の料金をご確認ください。

このように、マンションタイプではauひかり・ソフトバンク光が一番安く、一戸建てはNURO光の次に安くなっています。

「でも、通信速度が遅いから安いんじゃないの?」とおもっている方もいると思うので、次にauひかりの通信速度を見てみましょう。

auひかりの通信速度について

auひかりは規格上の通信速度を、1Gbpsとしています。

規格上1Gbpsの速度が出ればインターネットや動画において何不自由なく利用することができます。また、有線のLANケーブルのよって最大10Gbpsまで早くなる可能性があります。

auひかりに乗り換える際の注意点

ここまでauひかりの魅力を説明してきましたが、乗り換えの際にはもちろん注意するべきこともあります。

乗り換えの手続きを行うタイミングに注意する

乗り換え後はauひかりを利用していくことになりますが、auひかりにもサービス利用開始に伴う初期工事と事務手続きがあります。これが全て整わない限り、auひかりを利用してのインターネットサービスは利用できません。

つまり、それぞれの手続きをしたタイミングによっては、「インターネットを利用できない期間」が発生する可能性があるということです。言い換えれば、現在使っている回線を解約して利用できなくなったタイミングで、auひかりがまだ利用できない状態だと、auひかりの準備が整うまではインターネットが利用できない環境が続くということです。

理想としては、auひかりのサービスを利用開始できるようになったことを確認してから、現在使っている回線を解約したいところです。

auひかりの詳細は以下ページからもご覧になれます。

auひかりから他の回線に乗り換えるときは今使っているスマホから考えよう

光回線はスマホとのセット割が一番お得です。

「auひかりから他の回線に乗り換えたいけど、どこの回線がいいのかわからない…。」と思っている方は、今使っている携帯回線と同じ会社の光回線と契約することをおすすめします。
なぜなら、大変お得なセット割が受けられるからです。

どこの回線にするかお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

スマホから選ぶおすすめの光回線の画像

ソフトバンク光(softbank、三大キャリア以外のスマホユーザー向け)

今使っているスマホがsoftbankだという方は、ソフトバンク光かNURO光がおすすめです。

NURO光対応エリア

【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
【九州】福岡、佐賀※2019年3月から受付開始

→NURO光はこちら

しかし、NURO光は対応エリアがまだ限られているので、対応していない地域の方はソフトバンク光をご検討ください。

ソフトバンク光を以下の順番でご紹介していきます。

  1. スマホとのセット割
  2. キャンペーン内容
  3. 月額の料金
  4. 光回線の通信速度

ソフトバンク光のセット割

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホとセットで1台当たりのスマホの通信料金が永年毎月1,000円割引※になります。

※・2018年1月17日以降に申し込みの場合の割引額です。
・データプラン50GB+/データプランミニの場合
・別途固定通信サービス料がかかります。Softbank光の場合は指定オプション(500円~/月)の加入が必要です。

セット割が適用されるための条件は様々ありますが、1回線につき携帯電話10回線までセット割が適用されるので、例えば離れた家族やシェアハウスで住む友人も適用されることになります。

ソフトバンク光のキャンペーン内容

ソフトバンク光なら、同時に2つのキャンペーンを受けることができるのを知っていますか?

1つはソフトバンク公式キャンペーンと、もう1つは代理店のキャンペーンです。

ソフトバンク光の公式キャンペーン

まず、先に知っておいてほしいのは、どの窓口から申し込んでも下記の公式キャンペーンは受け取れるということです。

公式のキャンペーン

  • 乗り換えで初期費用キャッシュバック
  • おうち割スマホ違約金還元キャンペーン
  • 引っ越し新規で工事費キャッシュバック
  • 光回線開通までWiFi機器無料レンタル

※2019年11月時点でのキャンペーンです。申し込む際は必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。

ソフトバンク光の代理店のキャンペーン

ソフトバンク光を、公式サイトではなく代理店から申し込むと、公式のキャンペーンにプラスして各代理店のオリジナルキャンペーンも受け取れます。

以下はエヌズカンパニーという代理店のキャンペーンです。

エヌズカンパニーの選べるキャンペーン

  • 特典A:現金35,000円のキャッシュバック
  • 特典B:現金30,000円のキャッシュバック+高速ルーター(2019年1月発売)

代理店ごとにキャッシュバック金額が異なるなど、おこなっているキャンペーンはが違うので、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ソフトバンク光キャンペーン!1番お得に申し込める代理店はどこ?

<エヌズカンパニーがおすすめな理由>

 

  • 現金35,000円のキャッシュバック
  • Softbankスマホ契約でスマホ割適応
  • 初期工事費24,000円が今だけ無料
  • 他社からの乗り換え違約金10万円まで全額負担

ソフトバンク光の料金比較

ソフトバンク光に乗り換えると月額料金は安くなるのでしょうか。

どの光回線でも基本料金にほとんど差はあまりありません。ですが、キャンペーンを有効に利用することによって月額料金を低くでき、各回線と金額面で差が生まれるのです。

マンションタイプ
ソフトバンク光¥3,800~
ドコモ光¥4,000~
auひかり¥3,800~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥3,980~
一戸建て
ソフトバンク光¥5,200~
ドコモ光¥5,200~
auひかり¥5,100~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥4,980~

↓ソフトバンク光を検討している人は、下の記事も参考にしてくださいね。

ソフトバンク光の通信速度について

ソフトバンク光のインターネットは会員数No.1(2019/3/末:MM総研調べ)を誇っています。

人気の理由の1つとして、最大1Gbpsの通信速度があります。動画をはじめとした大容量データを快適に使用できるのは魅力ですね。

また、ソフトバンク光の回線は、大手のフレッツ光回線を使用しており、家中どこでもWi-Fiが届くので快適に利用できるでしょう。

NURO光(softbank、三大キャリア以外のスマホユーザー向け)

スマホがソフトバンクの方はNURO光をおすすめします。

しかし、NURO光はまず自分の住んでいる地域がNURO光対応エリアか確認してみてください。

NURO光対応エリア

【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
【九州】福岡、佐賀※2019年3月から受付開始

NURO光のセット割

NURO光には、「おうち割光セット」という、ソフトバンクスマホとのセット割引があります。

割引を受ける条件は、固定電話を契約することだけです。

固定電話の契約には月額500円がかかってしまいますが、セット割引にはそれ以上のメリットがあります。

おうち割光セットとは?

  • スマホ代が毎月最大1000円割引
    家族が持つスマホの台数分適用されます。
  • 固定電話から全てのソフトバンク携帯への通話が無料

こちらのセット割引は、スマホ台数が多いほど割引額が増えていくため、家族に嬉しいプランですね。

ソフトバンクユーザーでNURO光を検討中の方にはおすすめです。

NURO光の料金

マンションタイプ
ソフトバンク光¥3,800~
ドコモ光¥4,000~
auひかり¥3,800~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥3,980~
一戸建て
ソフトバンク光¥5,200~
ドコモ光¥5,200~
auひかり¥5,100~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥4,980~

NURO光はマンションタイプでは他社の料金より高くなってしまいますが、一戸建ての場合は一番安く契約できます。

ビッグローブ光(auユーザー向け)

auのスマホを使っている方は、auひかりかビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光は一部提供されていないエリアがあるようなので、自分の住む地域が提供エリア内か公式サイトで確認してみてください。

ビッグローブ光の提供エリアの確認はこちらから

ビッグローブ光のセット割

ビッグローブはau指定の料金プランに加入すれば、ネットとセットでau携帯電話の料金が月々1,200円永年割引になります。

ただし、割引になるのはビッグローブ光1契約につきau回線1契約のみなので、auのスマホを家族で利用していても、割引になるのは一人分のみということになります。

ドコモ光(docomoユーザー向け)

docomoを使っている方は、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光のセット割

docomoユーザーの場合、ドコモ光を契約するとセット割が受けられます。

セット割の額は契約しているプランによって違います。

  • カケホーダイ&パケあえる→毎月100円~3,500円割引※1
  • ギガホ・ギガライト→永年1,000円割引※2

※1
・100円→「ドコモ光」と「ベーシックパック(~1GB)」をご利用の場合
・3,500円→「ドコモ光」と「ウルトラシェアパック100」をご利用の場合
・家族全員分ではなく一人分のみ割引
※2
・「ドコモ光」のご契約者または同一「ファミリー割引」グループ内の「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」の契約者が対象

ドコモ光の料金

マンションタイプ
ソフトバンク光¥3,800~
ドコモ光¥4,000~
auひかり¥3,800~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥3,980~
一戸建て
ソフトバンク光¥5,200~
ドコモ光¥5,200~
auひかり¥5,100~
NURO光¥4,743~
ビッグローブ光¥4,980~

auひかりから他の回線に乗り換える際の注意点

一般的に、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えのように同系列の乗り換えだと解約金や工事も必要ありません。手続きも、転用承諾番号というのを電話で取得するだけなので長くても5分で終わります。

しかし、auひかりから他の回線に乗り換える際は、以下の図を見てわかるように他の系列の回線への乗り換えになるので解約金や回線工事が必要となることに注意が必要です。

光回線 種類 画像