auひかりとソフトバンク光の乗り換えに際しての注意点や乗換方法について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

auひかりとソフトバンク光の乗り換えに際しての注意点や乗換方法について

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えることはできるの?

昨今はさまざまな通信会社がインターネットサービスを提供しており、ユーザーはその中から一つを選択することになります。そして、既にどこかのインターネットサービスを契約していても、他社のサービスのほうが魅力的だと感じたら、そちらの方に乗り換えることも必要になります。当記事ではauひかりやソフトバンク光にどうやって乗り換えれば良いか、などをわかりやすく解説します。

  • ソフトバンク光からauひかりに乗り換えられるのか?

結論から言えば、単純にサービスを変更するというのであれば可能ですが、イメージしたとおりの結果になるとは言えません。回線の種類が異なるので、ソフトバンク光で利用していた光回線をそのままauひかりに転用することはできません。なぜなら、ソフトバンク光はフレッツ回線、auひかりはKDDI回線なのでそもそも使っている光回線が違うからです。

なので、「乗り換え」というよりは「解約した後に新規契約する」ようなイメージです。 

ソフトバンク光→auひかりに乗り換える時もそうですが、auひかり→ソフトバンク光に乗り換える時も同じくそのまま乗り換えではなくて、新規契約をする事になります。

また、契約し直すという事は解約→利用開始までの間にラグがあると一定期間インターネット回線を使用できない場合があります。 

この2回線間の乗り換えでは、必然的に工事が必要であり、工事が完了してからでないとインターネット回線を使用できない事から、先に以前使用していた回線を解約してしまうと、工事が完了するまでインターネットが使えなくなってしまいます。

ですので、乗り換える場合は

①auひかりに新規申し込み 

②工事日を確定させる

③工事日に合わせてソフトバンク光の解約手続きを行う 

という順序で申し込みを行う事をおすすめします。 この順序はauひかりからソフトバンク光に乗り換える際も同様となります。

ソフトバンク光からauひかりに乗り換える方法

前述の通り、ソフトバンク光のユーザーが、回線設備をそのままにauひかりに乗り換えることはできません。フレッツ光を利用していたユーザーが他社に乗り換える際、回線速度そのままであれば初期工事を必要としないのですが、auひかりの場合は事情が異なります。

  • 乗り換えするためには、新たに回線工事が必要になる

「フレッツ光から他社に転用する」といったような回線をそのまま使った乗り換えはできませんが、auひかり用の光回線を引き入れる工事、つまり新規契約時の初期工事を行えば、auひかりを契約してインターネットサービスを利用することはできます。

また、個別の事情にもよりますが、戸建てタイプの住まいの場合は既にソフトバンク光で利用している回線を引くための経路が確保されているということなので、大掛かりな工事を必要としない可能性があります。例えば、壁に穴を開ける工事を既にソフトバンク光の契約時に行っている場合、その穴を使ってauひかりの回線を引き入れることができる可能性があります。

ただし、ソフトバンク光で利用している回線を引き入れるための経路が既にパンク状態の場合だと、別の経路を利用しなければならない可能性もあります。その場合でも新規に穴を開けなければならないというわけでもありませんが、他の方法が全て使えない場合は壁に穴を開けて回線を通す必要があります。

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるとお得?

場合によっては大掛かりな工事を必要とする可能性があるソフトバンク光からauひかりへの乗り換えですが、そこまでして乗り換えをすることにお得さはあるのでしょうか?

  • 基本的な料金はあまり変わらない

両者の基本的な料金は、あまり変わりません。どういったプランを利用するのかによって細かい金額は異なりますが、インターネットサービスの基本料金だけで見れば、両者に目立った差は生じません。

  • auの携帯電話を利用していると料金がお得になる

両者の決定的な違いとしては「携帯電話」の同時利用による割引が挙げられます。auでは「auスマートバリュー」というサービスが有り、auひかりとauのスマートフォンを同時に利用している場合、最大でスマートフォンの月額料金を2,000円引きすることができるサービスです。

これ自体は、auひかりの料金を安くするものではありませんが、同一家庭の通信費を安くできることには変わりませんので、結果的に節約することができます。これによって、いわゆる「格安SIM」に乗り換えなくても、家庭の通信費を節約することができる可能性があります。

  • 期間限定のキャンペーンにも注目

場合によりますが、キャンペーンを利用することができればお得に乗り換えることができます。期間限定のキャンペーンは常時開催型のキャンペーンには無いメリットが有る場合もあり、キャンペーンの条件次第ではかなりお得に乗り換えすることも不可能ではありません。詳しくは、auひかりのホームページを確認して、キャンペーン情報について確認しておきましょう。

auひかりの詳細は以下ページからもご覧になれます。

ソフトバンク光からauひかりに乗り換える際の注意点

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるにあたって、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

  • 乗り換えの手続きを行うタイミングに注意する

まず、ソフトバンク光からauひかりにインターネット回線を乗り換えるにあたっては、ソフトバンク光を解約しなければならないということになります。問題となるのは「ソフトバンク光解約のタイミング」と、「auひかりを利用開始できるタイミング」に、ミスマッチが起こらないようにするということです。

ソフトバンク光を解約するということは、ソフトバンク光で利用できるインターネットサービスを使えなくなるということです。もちろん、今後はauひかりを利用していくことになりますが、auひかりにもサービス利用開始に伴う初期工事と事務手続きがあります。これが全て整わない限り、auひかりを利用してのインターネットサービスは利用できません。

つまり、それぞれの手続きをしたタイミングによっては、「インターネットを利用できない期間」が発生する可能性があるということです。言い換えれば、ソフトバンク光が利用できなくなったタイミングでauひかりがまだ利用できない状態だと、auひかりの準備が整うまではインターネットが利用できない環境が続くということです。

理想としては、auひかりのサービスを利用開始できるようになったことを確認してから、ソフトバンク光を解約したいところです。これにより、逆に両方のインターネットサービスを同時に利用できる状態になってしまいますが、確実にインターネットの不通期間を回避することができます。

工事の日程が確認できてから、ソフトバンク光の解約手続きを開始するという方法もあります。しかし、申し込んだタイミングによっては工事開始の時期が遅れる可能性もあり、安全面で問題があると言えます。特に、新生活のタイミングである3月・4月の申し込みには注意しておきましょう。

  • 解約に際してのコストを考慮する

次に、ソフトバンク光を解約するにあたって、その際に「契約解除料」がかからないように注意しましょう。ソフトバンク光の場合、定期更新ありのプランの場合は更新期間外の解約に伴って契約解除料を必要とします。

auひかりでは以前、乗り換えに伴って乗り換え元での違約金相当額を負担してもらえるキャンペーンを実施していましたが、現在ではこれを行っていません。期間限定で再び実施される可能性もありますが、不確定なのであまり期待することはできません。

auひかりからソフトバンク光に乗り換えることはできるの?

では逆に、auひかりを利用している人が、ソフトバンク光に乗り換えることはできるのでしょうか。結論から言えば、これも「ノー」です。

auひかりの回線は、ソフトバンク光などが利用しているNTTの回線ではありません。そのため、同じ回線を利用しての転用はできません。

  • スタッフによって対応が異なる

この点に関して、利用するサービスや利用予定のサービスに関連するスタッフに問い合わせると、場合によっては異なる回答を得る可能性があります。何らかの事柄についてその是非を問うと、人によってはイエス、人によってはノーの回答が返ってくる可能性があります。

乗り換えに際してもそうです。最近はかなり減ってきたイメージがありますが、乗り換えに際して回線はそのまま使えるのかという質問に、人によっては「できる」、人によっては「できない」と回答される可能性があります。光インターネットサービスの場合だと、それぞれの通信業者やプロバイダ、工事の業者などさまざまな会社の助けを借りることになりますが、出来る限り通信業者に問い合わせを行い、詳しい情報まで伝えて相手から正しい情報を引き出す必要があります。

個別の事情によって、固定回線のサービスの利用環境は大きく異なります。そして、問い合わせは基本的に電話やメールなど、その場にいない人に問い合わせる事になります。そのため、聞きたいことを正しく相手に伝えられず、間違った情報を入手してしまう可能性があります。全く的はずれな回答だったら、聞き手もなんとなく間違っているのだろうと思うかもしれません。ですが似たような状況に関して相手が間違った認識で受け答えしている場合だと、聞き手の望んだ通りの状況に関する回答ではない場合でも勘違いする可能性があります。

通信サービスに関する問い合わせは、自身のサービス利用状況を正しく相手に伝えて、望む回答がどのような種別であるのかを明確に理解してもらうことが重要です。間違った情報を鵜呑みにして行動しても、良い結果を得られるはずがないのです。

auひかりからドコモ光に乗り換える事はできる?

auひかりとドコモ光は、使用している回線が違います。 よって、備え付けのマンションタイプにKDDI系の回線があり、それに加えてフレッツ光の回線が備え付けてある場合はどちらも利用できる状態なので割とスムーズに利用できます。 ただし、現状KDDIの回線を使用していてフレッツ回線が無い場合、マンションの場合だとドコモ光への乗り換えは厳しいです。 戸建の場合は今現在auひかりを利用しているなら新たにドコモ光の回線工事を行わなければならないので、よほどの事が無い限り乗り換えない方がオトクだといえます。 

また、auひかりからドコモに乗り換える場合は「auひかりを解約」する事になるので、auひかりの工事費を分割で払っていてその分毎月割引を受けている状態であれば、工事費の残債を一括で支払わなければならない可能性が出てきますので注意してください。

auひかりからソフトバンク光に乗り換えるには?

auひかりからソフトバンク光に乗り換えるに当たっては、先ほど説明したパターンの逆として理解することができます。要するに、「auひかりを解約して」「ソフトバンク光と契約する」ということです。

ソフトバンク光の契約にあたり、初期工事を必要とします。工事費用を負担したくない場合、期間限定のキャンペーンを利用して、費用の負担を減らすことをオススメします。

auひかりからソフトバンク光に乗り換えるとお得?

これも逆のパターンと同様に、ソフトバンクのスマートフォンを利用している場合であれば「おうち割 光セット」によって月額料金を大幅に安くすることができます。ソフトバンクのスマートフォンを利用している、もしくはソフトバンクのスマートフォンに乗り換えようと思っているのであれば、通信費を安くすることができてお得です。

  • auひかりの解約金も負担してもらえる

ソフトバンク光の場合、先ほどの工事料無料キャンペーンとあわせて「解約時の違約金を全額キャッシュバック」のキャンペーンも行っています。これにより、auひかりを解約するに当たっての契約解除料等を負担すること無く、ソフトバンク光に乗り換えることができます。

ソフトバンク光の詳細は以下ページからもご覧になれます。



auひかりからソフトバンク光に乗り換える際の注意点

auひかりからソフトバンク光に乗り換えるにあたって、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

  • auひかりの解約に伴うコストについて考えておく

ソフトバンク光への乗り換えに伴って、違約金等の負担をキャッシュバックで受けられるということは説明しています。しかし、これを過信しすぎると場合によっては多額の費用を負担しなければならなくなる可能性があります。

ソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しており、これによって乗り換え元で発生した違約金やモバイル端末の残債の金額に相当するキャッシュバックを受けることができます。しかし、無条件でキャシュバックを受けられるというわけではありません。適用にはいくつかの条件が設定されています。

条件を満たせなかった場合、キャッシュバックを受け取ることができません。契約解除料は「更新期間」の間に解約することが条件となるため、解約するタイミングが重要になります。

しかしながら、場合によっては契約解除料を支払ってでも、早めにソフトバンク光に乗り換えたほうが良い可能性もあります。この点に関しては「ソフトバンク光のキャンペーンを利用できるか」「利用できなくても金額的なメリットが大きいか」など、個別の事情が関係します。乗り換えに際しては、契約条件や解約の際の事情などを総合的に判断して、不明な点は各スタッフに問い合わせを行いましょう。