;

auひかりに速度制限はある?制限後の速度変化について解説

auひかり 速度制限 アイキャッチ画像
スマ子ちゃん
auひかり使用してスマホの通信速度が遅くなった!
学園長
過剰にデータ量を消費すると速度制限をかけられることがあるんじゃ!

通信サービスを利用するにあたって気になるのが「速度制限」ですよね。特定の条件を満たしてしまうことで、通信速度が大幅に制限されてしまうことです。

これは一般的に「スマートフォン」でよく見られるものであり、パケット容量を使い切ってしまったり、短期間で大量のデータ通信を行った場合に、規定の期間だけ通信速度の制限を受けてしまいます。

では、auひかりにも速度制限はあるのでしょうか?

auひかりは速度制限はある?

ひかりインターネットサービスにも、こうした速度制限が設けられていることがあります。auひかりもその一種であり、公式サイトには以下の内容が掲載されています。

KDDI:KDDIひかりファイバーサービス「auひかり」における大量データ送信制限の開始について

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0201/

auひかりの速度制限について

http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/1507160028

どのくらい使えばauひかりで速度制限になるか

auひかりにおける速度制限の内容は、先ほど説明したサイトに解説してあります。上記のサイトをまとめると、以下の条件で速度制限が行われることがわかります。

・1週間のうち3日間、30GB以上のデータ量が継続的に送信される

「1週間の内3日間、30GBのデータを送信する」という条件はどんなものか?

数値だけ見ると、あまりピンとこない人も多いのではないかと思います。この条件を、もう少し細かく見ていきたいと思います。

送信=アップロードのこと

この「30GB以上の送信」という条件は、「30GB以上のデータ量をアップロードする」ということになります。一般的なインターネットの利用シーンである「ウェブページの閲覧」「動画の視聴」「ファイルのダウンロード」は全て「ダウンロード」に該当するので、これには該当しません。

では、何がアップロード=送信に該当するのかと言えば、アプリケーション等のバックグラウンドで何らかのデータを送信する場面を除けば、例えば「動画サイトへのアップロード」「ファイル共有ソフトの使用」などが該当します。これらのアクションは特に大容量のデータ量をやりとりすることになるので、場合によっては1日に30GBを超えやすくなります。

▽30GBというデータ送信量

では、30GBの送信は、日常的に起こるものなのでしょうか。結論から言えば、よほど大量のデータ量を送信しない限り、日常的に30GBを超える送信量を記録することは、あまり考えられないと言えます。

例えば、上記のサイトでは具体例として以下の内容が挙げられています。

・DVDに格納するデータ量・・・DVD1枚あたり4.7GBとしてその6枚分

・音楽CDに格納されているデータ量・・・CD1枚あたり700MBとしてその43枚分

・写真データ・・・1枚あたり6MBとしてその5000枚分

このような膨大なデータ量、一般的なインターネットの利用を前提とすればそう簡単に発生することは考えられません。考えられるとすれば、例えば動画投稿サイトに動画を毎日のようにアップロードして、その他にもデータ送信を行っているような場合です。動画データはどうしてもデータ量が大きくなるので、送信量が絶対的に大きくなってしまいます。

また、ビジネス目的で、動画データや大型ファイルの送信を日常的に行っている場合も、30GBを超えやすくなります。動画ファイルや、3Dのデータファイルを日常的に送信している場合だと、やはりデータ送信量が大きくなりやすいです。

他には「ウイルスに感染している」という場合も、短期間でのデータ送信量が増大する原因になります。ウイルスの種類にもよりますが、きちんとウイルス対策を行っていないパソコンだと複数のウイルスに感染して、膨大なデータ通信を行われてしまう可能性もあります。

auひかりの速度制限が実施されたらいつ戻るの?

auひかりの速度制限は、一度実施されたら3週間ほどはこの状況が続くことになります。スマートフォンの短期間の通信量増大による速度制限が1日で解消されるのと比較すると、速度制限が続く期間が実に長く感じてしまいます。

auひかりの速度制限が実施されると速度はどのくらいになる?

では、実際にauひかりで速度制限を受けてしまった場合にはどれくらいの通信速度になるのかと言えば、その通信速度は「3Mbps」まで制限されることになります。

3Mbpsって、遅いの?

では、この「3Mbps」という通信速度は、そもそも遅いものなのでしょうか?結論から言えば、相対的には遅くなりますが、絶対的にはそう遅くもない通信速度であると言えます。

auひかりの通信速度は、その理論上の最大値で言えば「1Gbps」です。単純に比較すると、3Mbpsという数値はこの300分の1に満たない数値ということになります。通信速度が300分の1になると、相当遅く感じてしまうことになりかねません。

しかし、そもそも1Gbpsという数値は「理論値」であり、日頃からそれだけの通信速度が出ているというわけではありません。お使いのパソコンなどの条件に依存するので、実測値はそれよりも大幅に低下することになります。

では、3Mbpsという数値を絶対的に見てみるとどうなるかと言えば、普通にインターネットを利用する上ではそこまで苦労するような通信速度ではないと言えます。確かに、ひかりインターネットサービスと比較すると相当遅く感じてしまうかもしれませんが、通常のADSLのインターネットサービス並みの速度は出せるのです。

そのため、普通にインターネットを利用する上では、そんなに不便さを感じることは無いのではないかと思います。何らかの不便さはあるかもしれませんが、致命的なほどに通信速度が低下してしまうということでもありません。

auひかりの評判についてはこちらのページをご覧ください