;

auひかりのひかりテレビサービスとは?料金や加入方法について解説

auひかり テレビ アイキャッチ画像
スマ子ちゃん
ひかりテレビサービスの何がいいの?
学園長
ひかりテレビは好きなジャンルの番組が見放題になるのじゃ!

ひかりインターネットサービスを利用するにあたっては、インターネットの利用だけがその全てではありません。auひかりでは「ひかりテレビサービス」というオプションサービスを利用することができます。

auひかりの「ひかりテレビサービス」は、2種類のサービスを利用することができます。

auひかりのひかりテレビってどんなサービスなの?

チャンネル

まずは、豊富な番組から好きなチャンネルを選択して視聴する「チャンネル」サービスです。好きなチャンネルを選んで契約することで、好きなジャンルの番組を見放題になるサービスです。

利用できるチャンネルは、豊富なチャンネルがひとまとめになった「プラチナセレクトパック」と、各ジャンルに特化したチャンネルである「プレミアムチャンネル」があります。プラチナセレクトパックは月額1,980円で利用することができ、映画からドラマ、エンタメに至るまで全43種類のチャンネルを楽しむことができます。プレミアムチャンネルは「映画」「スポーツ」「エンタメ」「趣味」「外国語」の各ジャンルの中からお好みのチャンネルを個別に契約することができます。プラチナセレクトパックに、お好きなプレミアムチャンネルを組み合わせて利用することもできます。

ビデオパス

チャンネルとは別に、自宅にいながら好きなタイミングで好きなビデオをレンタルする事ができる「ビデオパス」というサービスがあります。レンタルビデオ店まで足を運ぶ必要はなく、リモコンを操作するだけでいつでも見たいビデオを視聴することができます。

セットトップボックスの規格

・セットトップボックス(STW2000)

サイズ・重さ幅約168mm、高さ約30mm、奥行約160mm
本体重量:約400g、縦置き台:約30g
入出力端子ACアダプタ接続端子×1
HDMI出力端子×1
HDMI入力端子×1
USBポート(USB3.0)×2
LANポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-TX)×1
無線規格IEEE802.11 a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth4.1(BR/EDR/LE)
付属品リモコン、単3形乾電池×2本(動作確認用)
HDMIケーブル(1.5m)
電源コード、ACアダプタ(AC100V)
LANケーブル(10m)
縦置きスタンド
簡単ガイド
主な機能Android TV 搭載
らくらく接続
音声認識リモコン搭載
外付けHDDの接続で番組ダブル録画が可能
4K対応
ビデオパス搭載

 

auひかりのひかりテレビサービスを利用するために必ず必要になる機器です。現行ではこの機種だけ利用することができます(これとは別に、新規レンタルを終了している「ST1100R」という機器があります)。

なお、上記の機器の利用のためには「HDMI端子」のついたテレビが必要になります。ご家庭のテレビの裏側を確認し、HDMIと書かれた横長の台形型の穴があることを確認しましょう。古い機種の場合、これが無い事が多いです。

auひかりのひかりテレビの初期費用や月額料金はいくら?

auひかりのひかりテレビサービスの初期費用は、登録料の800円です。サービスの利用には「セットトップボックス」と呼ばれる専用の機器が必要なのですが、これは購入するのではなくレンタルすることができます。そのレンタル費用は月額500円です。そのため、auひかりのひかりテレビサービスの月額基本料金は500円で、これに「チャンネル」および「レンタルビデオの料金」が加算されることになります

ビデオパスに関しては、1本1本レンタルするのではなく、月額562円で利用することができる「見放題プラン」を利用することもできます。見放題プランの月額料金は、初回加入時に30日間無料になるサービスが実施されています。

ひかりテレビサービスの月額料金

セットトップボックスレンタル料金500円
チャンネル
プラチナセレクトパック1,980円
ミュージックセレクトパック634円
映画「スターチャンネル」2,300円
スポーツ「J SPORTS 4 HD」1,300円
エンタメ「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」1,000円
趣味「グリーンチャンネルHD」1,200円
外国語「Mnet HD」2,300円
ビデオパス
見放題プラン562円
R-20見放題プラン2,500円
レンタル1本50円~

オプションサービスはある?

auひかりのひかりテレビサービスには、利用者の趣味嗜好に合わせて好きなコンテンツを選択することができるシステムが採用されています。自分にとって不要なコンテンツに対して費用をかける必要がなく、利用者が自分好みのテレビサービスに仕上げることができます。

auひかりのひかりテレビの申し込み方法は?

auひかりのテレビサービスは、auひかりの利用が前提となります。まだauひかりに未加入の方は、auひかりの申し込みを行ってください。

auひかり加入済みの方の申し込み方法

既にauひかりに加入済みの方の場合、以下のページから申し込みができます。

https://auhikari.tv/

ページの最下部に、申し込みフォームが用意されています。必要事項を入力して、申し込みデータを送信しましょう。

auひかりのひかりテレビを申し込むときに注意すること

最後に、ひかりテレビサービスに申し込むにあたって注意しなければならないポイントについて解説します。

地デジ・BS放送は視聴できない

まず、auひかりのテレビサービスには「地上デジタル放送」および「BS放送」を視聴するオプションは用意されていません。前述の通り、豊富なコンテンツが用意されていますが、これには地デジとBS放送は含まれていません。

もし、auひかりに加入しながら、地デジとBS放送を視聴したい場合は、以下の方法で視聴する必要があります。ただし、どちらの場合もauひかりやテレビサービスに加入することが前提ではないので、その点には注意が必要です。コストも余計にかかることになるので、通信費の節約を考えている人の場合は十分に考えておく必要があります。

アンテナを立てる

最も現実的な方法としては、ご自宅に専用のアンテナを立てて、それによって地デジやBS放送を視聴する方法です。月額料金が加算されない代わりに、初期費用がそれなりにかかることになります。代理店での申し込みに際して、アンテナ関連のキャンペーンを実施していることも有りますので、場合によっては少ないコストでアンテナを立てる事ができる可能性があります。

ケーブルテレビに加入する

もう一つの方法は「ケーブルテレビに加入する」という方法です。こちらの場合は初期費用が少ない代わりに、月額料金がかさんでしまうことになります。auひかりを利用する場合だと、それだけでも月額料金がそれなりにかかることになります。テレビサービスの月額料金よりも高くなることが多く、通信費がかさむことになります。

録画には外付けのHDDが必要

視聴できる番組に関しては、利用者自身が外付けのハードディスクドライブを用意し、接続することで録画することができます。契約に際してこれを購入することもできますが、レンタルは行っていません。ただし、レンタルしたビデオに関しては、これを録画することはできません。

無線LANには一部対応

無線LANについては、HGWが「BL900HW」「BL902HW」であることが必要です。その他のHGWを利用中の場合は、交換する必要があります。

auひかり未加入の場合は利用できない

このサービスは、auひかりに加入していることが前提条件となります。「ひかり電話」に関しては、条件次第でネットの利用を前提条件としないのですが、ひかりテレビサービスの場合はインターネットの利用を前提とします。

申し込みから利用可能まで10日ほどかかる

このテレビサービスの利用には、専用の機器であるセットボックスが必要になります。そのため、申し込みが完了してからこの機器が到着するまでの約10日は、テレビサービスの視聴ができないということになります。

なお、接続設定はケーブルをご家庭のテレビに接続すれば良いだけなので、どなたでも簡単に準備をすることができます。接続に必要なケーブル類は、到着するセットトップボックスに付属していますが、ケーブルの規格を変えたい場合はご自分で用意する必要があります。