引越し先でもauひかりを使いたい!引越し先で工事費を払わずに済む方法は?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

引越し先でもauひかりを使いたい!引越し先で工事費を払わずに済む方法は?

引越し先でもauひかりを利用する場合はどんな手続きが必要?

携帯電話とは違い、固定回線となるひかりインターネットサービスは、引っ越しに伴って専用の手続きが必要になります。これは無線通信サービスにおいても手続きは必要ではありますが、事務手続きだけの無線通信サービスと固定回線では事情が異なります。

固定回線を利用するためには、ひかり回線を自宅内に引き入れるための開通工事を行う必要があります。引っ越しをするということは、今まで使っていたひかりケーブルは使えないということになります。ルーター等の機器であれば持ち運びもできるでしょうが、ケーブルまでは持ち運べません。なので、引っ越しに伴って転居先でも新規工事を行う必要があります。

●どんな手続が必要になる?

引越しに当たっての手続きは「パソコン・スマートフォン」もしくは「電話」での手続きが可能です。ただし、契約中のプロバイダが「au one net」以外の場合だと、そちらの方に連絡をする必要があります。詳しくは下記のページに説明がありますので、そちらの方を参考にしながら手続きを行いましょう。

https://www.au.com/support/service/internet/procedure/contract/move/

●手続きはいつまでにすれば良い?

インターネットの引っ越しの手続きは、auひかりに限らず早めに実行しておくことが無難です。できれば引っ越しの日程の1ヶ月前には連絡しておくと良いのですが、それができない場合は可能な限り早めに連絡して手続きしておく必要があります。

スマートフォンやWiMAXのような無線通信サービスの場合、専用の機器を郵送すればそれだけで利用開始できます。しかし、ひかりインターネットサービスの場合は機器の郵送だけではサービスの利用を開始できません。前述の通り初期工事を必要としますので、そのための業者の手配が必要になり、スケジュールの調整のためにも時間が必要になるのです。

下手をすれば、引っ越してから何日間もインターネットが利用できない状況になってしまいます。特に、スマートフォン等の方法でインターネットに接続できる状態ではない場合だと、確実に不便な生活を強いられることになります。不通期間が発生しない、もしくは数日で済むように、引っ越しの予定が決まったら早めに手続を開始しましょう。早くに連絡すれば、都合の良いタイミングで工事の日程を進めることができます。

auひかりは引越ししたら工事費がかかるの?

さて、既に何度か話題に上っていますが、引っ越ししたら改めて「初期工事」を必要とします。これは、固定回線である限り必ずついて回る宿命であり、これのために手続きの開始タイミングを早める必要があります。

工事が必要である以上、そのための費用が発生することは当然です。



工事費はいくらかかるの?

auひかりの初期工事の費用は、「ホームタイプ」の場合は37,500円、「マンションタイプ」の場合は30,000円の費用がかかります。これは「一括払い」もしくは「30回払い・24回払い」で支払うことになります。

工事費がかからないようにはならないの?

3万円以上の費用を伴うのであれば、auひかりを引き続いて利用することにはデメリットが有るように思えてしまいます。ただでさえ引っ越しのための費用を負担しなければならないところに、3万円以上の負担増は決して無視することができません。

●初期費用相当分を割引するキャンペーンを利用可能

ただし、絶対にこの費用を支払わなければならないというわけではありません。auひかりでは「ネット+電話」の契約をすることで、初期費用相当分を毎月の料金から割引してもらうことができるキャンペーンを利用することができます。

例えば、ホームタイプの37,500円の初期費用は、30分割すると1回の支払いは1,250円になります。キャンペーンが適用された場合、毎月の利用料から「1,250円引き×30ヶ月」してもらうことができるので、実質的に初期費用を無料にすることができます。

▽引越し後にもキャンペーンは適用されるの?

auひかりの引越手続きのページには、「お引越し先のご契約についても、新規ご加入者向けの割引特典が適用になります」と説明があります。つまり、引越し先での初期工事の費用に関しても、割引のキャンペーンを利用することで実質的に工事費用を無料にすることができます。

▽引越し元の初期費用に残りがある場合は?

ここで気になるのは、引越し元で発生していた初期費用についてです。初期費用の分割払いは30回払いであり、30回分の割引によって実質的に無料にすることができます。しかし、30回の分割払いが終了する前に引越しする場合だと、「残った工事費用」については一括で支払う必要があります。

ただし、引き続きauひかりを利用する場合は一括で支払った残債額に相当する金額を、引越し後の月額料金から減額してもらうことができます。つまり、最終的には実質無料で初期工事を依頼することができます。

●注意すべきポイント

▽一度解約すると引越し元の残債を割引してもらえない

前述の「引越し元の初期費用の残債分の還元」については、あくまでも引越し先でもauひかりを利用し続ける場合においてのみ適用されます。もし、引っ越しに伴ってauひかりを解約してしまった場合、残債分は一括で支払い、還元を受けることはできなくなります。

▽auひかりを利用し続ける場合でも解約したほうがお得な場合も?

場合によっては、引っ越しに際してauひかりを引き続いて利用する場合でも、一度解約してから再契約したほうがお得になる可能性もあります。これは、auひかりの代理店で契約するにあたり、お得なキャンペーンを利用できることを前提とします。

この場合、代理店が実施している新規契約者向けのキャンペーンを利用することで、引越し先でもauひかりを利用し続ける場合でもお得なキャンペーンを利用することができます。これに関しては代理店次第という部分も否めず、「契約解除料」など解約に伴って必要になる費用も考慮しなければなりません。

また、「解約」と「新規契約」の2種類の手続きをしなければならないので、手間も増えてしまいます。ただでさえ、引っ越しの準備のために忙しくしている状況なので、手間を増やすことはあまりオススメすることができません。ある程度時間を確保できるという場合であれば、代理店で利用できるキャンペーン内容や解約の際のコストの計算も含めて時間を割いてみるのも良いのではないかと思います。

▽引越し先でauひかりを利用できるかどうかを調べておく

これは一番最初に実行しておかなければならないことなのですが、そもそも「引越し先でauひかりを継続して利用できるかどうか?」ということを調べておく必要があります。もし、引越し先でauひかりを利用できないというのであれば、もはやauひかりは解約しなければならなくなります。

インターネットサービスは、どうしても「サービスを利用する場所」に大きな影響を受けてしまいます。auひかりも同様で、引越し先の住所によってはひかりインターネットサービスを利用できなくなる可能性があります。引っ越しの手続きをするにあたっては、第一に引越し先の住所が「auひかりを利用可能な住所」であることを確認しておきましょう。