auひかりのメリット6つとデメリット5つを誰でもわかりやすく解説

「auひかりのメリットって何?」
「契約する前に知っておくべきデメリットは?」

この記事では、auひかりのメリット・デメリットについて解説します。

auひかりのメリット6つとは?

auひかりのメリットとしては、下記の6つが挙げられます。

それぞれについて解説していきます。

auスマートバリューで携帯料金が割引

auユーザーにとっての大きなメリットは「auスマートバリュー」があることです。

auスマートバリューとは?

auひかり(ネット+電話)を申し込むと、対象のau携帯電話の利用料金が割引になるサービスのこと

最大で永年1,000円割引になるので、auスマートフォンをお使いの方にとっては大きなメリットだと言えますね。

対象の料金プラン・データ定額サービスと、各割引額は下記の通りです。

プラン割引額
新auピタットプラン(1GB超)永年500円/月
auピタットプラン(~2GB)※永年500円/月
auピタットプラン(2GB超)※永年1,000円/月
auピタットプラン(s)永年500円/月
auフラットプラン永年1,000円/月
auデータMAXプラン永年1,000円/月

※2019年6月末新規受付終了

さらに

  • 1つの固定通信回線につき10回線まで契約可能
  • 50歳以上の家族は契約者と別住所でも申し込み可能

ですので、auのスマートフォンを使っている家族も月額料金が割引されますよ。

乗り換え時にかかる違約金を還元

auひかりは、公式特典の内容が魅力的です。

auひかりの公式特典①

スタートアップサポート

他社からの乗り換えにかかる解約違約金をKDDIが最大30,000円まで負担

他の光回線からの乗り換えを考えている方にとっては嬉しい特典ですね。

適用条件は下記の通りです。

戸建ての条件

  • 他社固定インターネットからずっとギガ得プランの「ネット+電話+電話オプションパックEX」に新規加入
  • 36ヶ月間以上の継続利用を約束

マンションの条件

  • 他社固定インターネットから「ネット+電話+電話オプションパック※」に新規加入
  • 24ヶ月間以上の継続利用を約束

※マンションタイプGの場合、電話オプションパックEXの加入が条件になります。

ホームタイプでもマンションタイプでも、「電話+電話オプション」に加入することが条件となっていますね。

電話サービスって?

auひかりの電話サービスは、KDDIの電話サービスです。

以下のような特徴があります。

  • ネットとセットで月額利用料500円
  • 今の電話番号のまま使える
  • 国内電話は全国一律8円/3分

ネットとセットなら月額500円と安いので、加入して損はなさそうですね。

電話オプションパックについて

電話オプションパックは電話オプションパックEX(ホーム・マンションタイプG)と電話オプションパック(タイプG以外のマンション)の2種類があります。

内容は下記の通りです。

オプション月額利用料
発信番号表示400円
迷惑電話発信者ブロック(EXのみ)300円
番号通知リクエスト200円
割込番号表示100円
着信転送500円

オプションをいくつ申し込んでも、下記の上限金額で利用することができます。

上限金額

  • 電話オプションパックEX:690円
  • 電話オプションパック:500円

電話オプションパックEXで6種類すべて申し込んでも690円なのでお得感がありますね。

(注意)新スタートサポートの還元金額はプロバイダによって違う

新スタートサポートは、プロバイダによって還元金額が違うので申し込みの際は注意しましょう。

プロバイダ還元額
@nifty @TCOM au one net So-net BIGLOBE最大30,000円
ASAHIネット DTI最大15,000円

プロバイダにこだわりがないのであれば、還元金額が大きいプロバイダを選ぶと、乗り換え時の負担がより軽くなりますね。

初期費用(工事費)が実質無料

auひかりのもう1つの魅力的な公式特典として「初期費用相当割引」があります。

auひかりを契約すると工事費を含む初期費用が37,500円かかりますが、この費用が実質無料になります。

auひかりの公式特典②

初期費用相当額割引(ホームタイプ)

「ネット」+「電話」の申し込みで月額利用料から初期費用相当額を割引

au one netであれば月額利用料から毎月最大625円を割引くことで、60ヵ月間継続すると最大37,500円割引になります。

ネット単体だと125円×60か月なので、7,500円の割引になります。

auひかりの公式特典②

初期費用相当額割引(マンションタイプ)

月額利用料から初期費用相当額を割引

au one neであれば月額利用料から毎月1,250円を割り引くことで、24ヵ月間の継続で最大37,500円の割引になります。

最大37,500円の割引は、メリットと言えますね。 ここまでau公式特典として、

  • 乗り換え時の違約金を負担する「スタートアップサポート
  • 初期費用が実質無料になる「初期費用相当割引

を紹介しましたが、auひかりは代理店から申し込むことで、さらにキャッシュバック特典が増えますよ。

<auひかりのメリット>

 

  • 3社同時キャンペーンを受け取れる!
  • 誰でも受け取れるキャッシュバック
  • auスマホ契約でスマホ割適応
  • 乗り換えで解約違約金負担!

キャッシュバック

auひかりは公式特典だけでなく、代理店のキャンペーンも魅力的です。

代理店から申し込むと、公式特典に加えて①代理店のキャッシュバック特典と、②プロバイダのキャッシュバック特典も適用されます。

キャッシュバック特典があることは、どなたでも嬉しいメリットですね。

今回は、本サイトおすすめの代理店である株式会社NEXT(ネクスト) のキャッシュバック特典を紹介します。

①NEXT(ネクスト)独自のキャッシュバック特典

NEXT(ネクスト)のキャッシュバック特典は以下の2つから選ぶことができます。

NEXT(ネクスト)キャッシュバック特典

  • A.最大27,000円キャッシュバック
  • または

  • B.キャッシュバック+高速無線LANルーター

A.最大27,000円キャッシュバック 最大27,000円キャッシュバック特典を選ぶと、下記のキャッシュバック額がもらえます。

タイププランキャッシュバック額
ホームネット+電話27,000円
ネットのみ20,000円
マンションネット+電話27,000円
ネットのみ20,000円

※ISPにニフティ「マンション」を選択された場合には上記金額より-5,000円となります。

B.キャッシュバック+高速無線LANルーター キャッシュバック+高速無線LANルーターを選んだ場合は、下記の金額のキャッシュバックと高速無線ルーターがもらえます。

タイププランキャッシュバック額
ホームネット+電話22,000円
ネットのみ15,000円
マンションネット+電話22,000円
ネットのみ15,000円

auひかりの公式特典・NEXT(ネクスト)独自の特典に加えて、プロバイダのキャッシュバック特典ももらえます。

②プロバイダキャッシュバック特典

各プロバイダのキャッシュバック特典は下記の通りです。

ホーム

プロバイダ名対象プランキャッシュバック
So-netずっとギガ得25,000円
BIGLOBEずっとギガ得25,000円(またはNEC製タブレット)
@niftyずっとギガ得25,000円(またはタブレットPC)

マンション

プロバイダ名対象プランキャッシュバック
So-netお得プランA20,000円
BIGLOBEお得プランA20,000円
@niftyお得プランA20,000円

auひかりの公式特典として最大37,500円割引、そして代理店とプロバイダの特典として最大47,000円のキャッシュバックがもらえることは、auひかりの大きなメリットですね。

<auひかりのメリット>

 

  • 3社同時キャンペーンを受け取れる!
  • 誰でも受け取れるキャッシュバック
  • auスマホ契約でスマホ割適応
  • 乗り換えで解約違約金負担!

通信速度が速い

auひかりは、通信速度が速いことも魅力です。

ホームタイプ

ホームタイプは一戸建て住宅にお住まいの方向けです。 速度は上り下り最大1GBです。

マンションタイプ

マンションタイプは集合住宅にお住いの方向けです。 速度は下り最大100M (上り最大35M)です。

マンションギガタイプ

マンションギガタイプはマンションギガ導入済みの集合住宅にお住まいの方向けです。 速度は上り下り最大1GBです。

通信速度はやはり速いほうが良いですよね。

auひかりテレビ

auひかりには、auひかりテレビサービスもあるので、映画やアニメ、音楽、スポーツなどに興味がある方にとってはメリットと言えるでしょう。

auひかりテレビサービスは、下記の3種類があります。

サービス名月額利用料
プラチナセレクトパック1,980円
ミュージックセレクトパック634円
プレミアムチャンネル1,000円~

プラチナセレクトパック

月額利用料:1,980円
特徴:全42チャンネル
映画・アニメ・音楽・スポーツ・ドラマまでパックでおトクなのが魅力です。ミュージックセレクトパックも含みます。

ミュージックセレクトパック

月額利用料:634円
特徴:全4チャンネル 映画・音楽・アニメなどが見たい方におすすめのパックです。

プレミアムチャンネル

月額利用料:1,000円~
特徴:好きなチャンネルを1つ1つ選べます。

auひかりのデメリット5つとは?

auひかりのデメリットは以下の5つです。

詳しく解説します。

ずっとギガ得プランは3年契約

auひかりのデメリットとして、最も月額利用料の安いプランである「ずっとギガ得プラン」の契約期間が3年と長いことが挙げられます。

ずっとギガ得プランの特徴

  • 条件:3年単位(自動更新)の継続利用
  • メリット:ホームタイプのプランの中で最も安い
  • デメリット:更新期間以外の解約は15,000円

「ずっとギガ得プラン」は、3年単位の契約で、下記のような料金設定になっています。

契約年数月額利用料
1年目5,600円
2年目5,500円
3年目以降5,400円

長く契約する予定の方には向いていますが、もし3年経たずに解約するとなると契約解除料を払わなければなりません。

解約時に生じる費用が高い

先ほど契約解除料の話をしましたが、この解約時に生じる費用が高いこともauひかりのデメリットでしょう。

具体的な解約費用は下記の通りです。

解約時にかかる費用タイプ料金
初期費用の残額ホーム最大37,500円
マンション最大30,000円
契約解除料すべてのタイプ最大15,000円
回線撤去費用ホームのみ最大15,000円
高速サービス解除料ホーム10GB・5GB2,500円

もし契約期間よりも早く契約を解除する可能性があれば、契約解除時にかかる費用の高さはデメリットだと感じますね。

初期費用が高い

auひかりの初期費用は下記の通りです。

タイプ工事に関する初期費用
ホーム37,500円
マンション30,000円

一見すると初期費用は高く感じるのでデメリットのような気がしますね。

しかし、auひかりでは、公式特典として「初期費用相当額割引」を行っています。

初期費用相当額割引は以下のような特典です。

ホームタイプ

  • 条件:「ネット・電話」の利用
  • 割引方法:毎月625円を60ヶ月割引
  • 注意点:60ヶ月以内に解約すると残りの費用の支払いが必要

マンションタイプ

  • 条件:ネットを申し込んだらOK
  • 割引方法:毎月1,250円を24ヶ月割引
  • 注意点:24ヶ月以内に解約すると残りの費用の支払いが必要

注意点として一定期間契約する必要はありますが、「初期費用相当割引」は嬉しい特典ですね。

<auひかりのメリット>

 

  • 3社同時キャンペーンを受け取れる!
  • 誰でも受け取れるキャッシュバック
  • auスマホ契約でスマホ割適応
  • 乗り換えで解約違約金負担!

テレビで地デジが見られない

auひかりでは、地デジを見ることはできません。
地デジを見るためには「UHFアンテナ」が必要です。

しかし、アンテナ工事にかかる費用は決して安くはありません。

公式ページで紹介されているアンテナ工事の専門業者の価格は特別価格で17,124円~でした。

どうしても地デジを見たい方にとっては、高い費用を払わなければならないことはデメリットでしょう。

固定ipアドレスのオプションがない

ipアドレスとは

ネットワーク上の機器を識別するためにパソコン、スマートフォン、タブレットなどでネットワーク通信を行う場合に利用される識別用の番号

ipアドレスはインターネット上の住所とよく言われます。

ipアドレスには固定ipアドレスと変動ipアドレスがあります。

auひかりは変動ipアドレスを使用しており、固定ipアドレスのオプションはありません。

ですので、自宅でサーバを構築したい方など固定ipアドレスを使用したい方にとってはデメリットになるでしょう。