auひかりでWi-Fiが繋がりにくい!3つの原因と自分でできる対処法

auひかりでWi-Fiが繋がりにくい!Wi-Fiが繋がらない時の対処法や対策について

Wi-Fiが繋がりにくいな…
auひかりってWi-Fi弱いの?

auひかりは最大通信速度1Gbpsですが、それでもWi-Fiが繋がりにくい原因として次の3つが挙げられます。

  1. 使用する機器に問題が発生している
  2. 通信環境に問題がある
  3. 回線そのものに問題が発生している

auひかりでWi-Fiが繋がりにくいときは、まず自分でできる確認方法として以下を試し、それでも改善しない場合はauひかりに直接問合せしましょう。

  1. 回線会社やプロバイダに通信障害が起こっていないか確認する
  2. パソコンの状態を確認する
  3. ルーターの状態を確認する
  4. モデムや光回線終端装置(ONU)など宅内機器の状態を確認する

また、プロバイダ変更も繋がりにくいWi-Fiの通信速度の改善に有効ですが、auひかりでプロバイダ変更するには一度解約しなければなりません。

プロバイダを変更するためにauひかりを解約するなら、光回線ごと他社に乗り換えることも視野に入れましょう。

So-net 光 プラスであれば以下のようなメリットがあるので、おすすめです。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

では次に、それぞれ詳しく見ていきましょう。

auひかりの最大通信速度は1Gbpsで速い

auひかりの最大通信速度そのものは、他社と比較しても大きな問題はないと言えます。

 auひかりの最大通信速度
上り最大1Gbps
下り最大1Gbps

※ベストエフォートでの最大通信速度

このように、auひかりは上り下りともに最大通信速度が1Gbpsです。

つまり、通常であれば、日常的にファイルのアプロードや動画の視聴などでインターネットを問題なく利用できるということになります。

それでもauひかりでWi-Fiが繋がりにくいのはなぜでしょうか?

まずは、一般的にWi-Fiが繋がりにくくなる原因を、その次にauひかりではどうすればよいのかを紹介します。

なぜWi-Fiが繋がらなくなるの?3つの原因

ケーブル不要という利便性を持つWi-Fiですが、デメリットが全く存在しないわけではありません。

無線通信である以上、どうしても有線接続と比較して「通信が不安定」である点が否めません。

なので、Wi-Fiは「繋がらなくなる」というリスクがあります。Wi-Fiが繋がりにくくなる原因は主に以下のどれかです。

  1. 使用する機器に問題が発生している
  2. 通信環境に問題がある
  3. 回線そのものに問題が発生している

では、それぞれ詳しく説明します。

1.使用する機器に問題が発生している

まず、多くの場合で問題となるのは「使用する機器の問題」です。

Wi-Fi接続にはさまざまな通信機器を使用しますが、そのどれかに異常が発生していれば、Wi-Fi接続はうまく繋げられなくなってしまいます。

ここで問題になるそうな機器は、末端部から順に「パソコン(その他の通信デバイス)」「ルーター」「モデム」が挙げられます。

それらのどれか一つでも故障や不調などを起こしているのであれば、普通にWi-Fiでインターネットを利用することはまず不可能であると言えます。

2.通信環境に問題がある

次に、機器ではなく「通信環境」に問題がある場合です。無線通信である以上は、どうしても「距離」や「障害物」などの影響を受けることになります。

携帯電話・スマートフォンでも「圏外」という要素があるように、どこでも無線通信ができるというわけではありません。

例えば「基地局から遠い場所」であったり、「電波を遮断するような施設内にいる」と言ったことが挙げられますが、これが自宅内のWi-Fi接続でも起こり得るのです。

距離の問題はそこまで発生しないと思いますが、何らかの原因で電波を遮断・阻害するようなものが近くにある場合、Wi-Fi接続がうまくいかないことがあります。

3.回線そのものに問題が発生している

最後は、通信機器でも通信環境でもなく、「通信回線」そのものに問題が生じている場合です。

つまり、モデムから外に伸びる光ケーブルのどこかで物理的もしくは技術的な障害が発生しているというケースです。

光インターネットを利用するにあたって、Wi-Fi接続を利用するとしてもルーターから先は有線回線による通信を行います。

例えば「ケーブルがどこかで切断されている」という場合、そこから先の通信が遮断されるので、当然ながら宅内機器から先に関しても同様にインターネットに接続することができません。

ルーターもオフラインになっているので、そことの接続ができる状況にあってもパソコン等でインターネットを利用することはできません。

Wi-Fiを使うには専用の機器や対応できるデバイスが必須

光インターネットを利用するにあたっては、多くの方が「パソコン」を利用してインターネットをご利用になるかと思います。

しかしながら、インターネットを利用するためにはパソコンを何らかの方法でインターネットに接続しなければなりません。

そのための一般的な方法としては「有線接続」がありますが、昨今はケーブルを必要としない「Wi-Fi接続」という方法でインターネットに接続することができます。

Wi-Fi接続は、専用の機器と、Wi-Fi接続に対応したデバイスを使用することで、LANケーブルで接続すること無くインターネットに接続することができるものです。

多くの場合は「外出時のインターネット接続方法」として重宝されますが、自宅内やオフィスでもこれを利用することができます。

auひかりのWi-Fiが繋がらないときに自分でできる対処法

では、auひかりを利用中にWi-Fiの接続がうまく繋がらないという時には、どういった対処法が必要なのでしょうか?

Wi-Fiがつながらなくなる原因の中から、auひかりにおいて使用する機器に問題が発生している場合の対処法を紹介します。

まず、自分でできる確認方法として以下があります。

  1. パソコンの状態を確認する
  2. ルーターの状態を確認する
  3. モデムや終端装置(OAU)など宅内機器の状態を確認する

これらを試しても解決しない場合は、auひかりの窓口に直接相談しましょう。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.パソコンの状態を確認する

まず第一に、インターネットを利用しているパソコンやその他のデバイスの接続設定等の状況を確認する必要があります。

パソコン等がWi-Fi接続できない状態にあれば、これを改善しなければインターネットを利用することはできません。

手っ取り早い方法としては「他のデバイスで接続を試みる」ということです。

例えば、普段は使っていないパソコンや、スマートフォンなどのWi-Fi接続可能なほかの通信デバイスを持ち出して、接続できていないパソコンの代わりにWi-Fi接続を試みます。

もし、これで接続できてインターネットも利用できるというのであれば、問題が生じているのはパソコンの方であるということがわかります。

パソコンの問題だと分かった場合

その場合、まずはWi-Fi接続できなかったパソコンを再起動します。

症状が軽い場合、これだけで改善します。再起動後、インターネットを利用することができるかどうか確認してください。

もし、再起動してもWi-Fi接続できない場合は、パソコンの接続設定を確認し、必要に応じて設定をし直す必要があります。

2.ルーターの状態を確認する

パソコンを再起動しても接続できず、他のデバイスも同様にWi-Fi接続できない場合は、次に考えられる原因である「ルーター」の状態を確認する必要があります。

ルーターは、いくつかのランプが点灯していますが、通常は緑色に点灯しているランプが赤もしくはオレンジ色に点灯している場合は、何らかの異常が発生していることになります。

ルーターの取扱説明書を確認し、赤く点灯しているランプに対応するトラブルの内容を確認しましょう。

もしくは、ルーターを再起動するという方法もあります。

一度、ルーターの電源をオフにしてから、5分ほど間を置いてから再起動します。パソコン同様、症状が軽度なものであればこれだけで解決できることが多いです。

3.モデムや終端装置(OAU)など宅内機器の状態を確認する

ルーターにも問題がないと判明したら、モデムや終端装置(OAU)など宅内機器の方に問題が生じている可能性があります。

ルーターの時と同じようにランプの状態を確認し、再起動する等の対策を行いましょう。

有線接続に切り替えてみよう

Wi-Fiによる無線の通信ではなく「有線接続」であればインターネットが利用できるようになることがあります。

昨今のWi-Fi技術は進歩を続けて、条件次第では有線接続と変わらない通信速度を出せるほどになっています。

しかし、周囲の環境などにも左右される無線通信では、通信の安定性までは高い水準を期待することは難しいです。

空間的な問題が生じる可能性はありますが、やはり無線通信技術よりも有線接続の方が通信が安定して速い速度を出しやすくなります。

それでも解決しない場合はauひかりに問い合わせを

パソコン、ルーター、宅内機器まで何も問題がないと判明した場合、おそらくですが回線そのものに問題が生じている可能性が高いです。

これに関しては、個人で解決できる問題ではないので、auひかり(KDDI)や契約中のプロバイダに問い合わせを行いましょう。

問い合わせの前に、KDDIやプロバイダのホームページにアクセスし、「事故情報」や「メンテナンス情報」などについて確認しておきましょう。

これらが見つかった場合、復旧予定時刻などが記載されていると思いますので、それまで待ちましょう。

特にこれらの情報が見つからなかった場合は、問い合わせをして対応を聞き出しましょう。

Wi-Fiが繋がりにくいときの最終手段「プロバイダ変更」

前項では、auひかりでWi-Fiが繋がりにくいときに自分でできる対処法を紹介しましたが、それでも改善しない場合、一般的にはプロバイダ変更を検討すべきです。

ですが、auひかりでは残念ながらプロバイダの変更手続きができません

言い換えると、「auひかりを利用しながらプロバイダのみを変更」することができません。

ですがプロバイダ変更は通信速度の改善の対処法としては有効なので、どのようにプロバイダ変更をできるか紹介します。

【注意】auひかりはプロバイダを変更できない

auひかりは提携プロバイダが12社ありますが、プロバイダ変更の手続きができない点に注意が必要です。

なので、プロバイダを変更するためには一度解約して再度契約するしかありません。

一般的にはプロバイダ変更で通信速度を改善できる

一般的にWi-Fiが繋がりにくい場合は、プロバイダを変更することで繋がりやすくなることがあります。

プロバイダはインターネット速度の安定性に大きく関わる要素の一つなので、繋がりにくい際に回線速度を向上させる方法として挙げられます。

プロバイダを解約するなら契約更新月に

一般的に、契約更新月を待たずに解約する場合、プロバイダの解約違約金がかかります。

そのため、プロバイダを変更するなら解約違約金の発生しない契約更新月を狙って解約することがおすすめです。

ですが、auひかりはプロバイダの変更手続きができませんが、解約してでもプロバイダを変更するメリットがあります。

次に、解約してでもプロバイダを変更するメリットを詳しく紹介します。

auひかりを解約してでもプロバイダを変更するメリット

プロバイダを変更することで得られるメリットとして次のようなメリットがあります。

  1. Wi-Fiルーターなど新しい機器をレンタルできる
  2. 料金を安くできる
  3. プロバイダの新規申込特典をもらえる

一般的には、プロバイダ変更のタイミングで、それまで使用していたWi-Fiルーターなどの宅内機器を新しい機器に取り換えます。

プロバイダ各社で利用できる機器もさまざまですので、プロバイダを変更する際には、速度が安定するより高性能の機器を利用できるプロバイダを選びましょう。

プロバイダで利用できる機器としては、速度重視であればWi-Fiルーターにこだわりましょう。

また、プロバイダはauひかりとは別に独自のキャンペーンやサービスを実施しています。

なので、プロバイダを変更するついでに、どうせならキャッシュバックなどの特典をもらいたいですね。

プロバイダでレンタルできるWi-Fiルーターの速度重視での選び方

プロバイダが用意しているWi-Fiルーターによって、その性能はさまざまです。

そこで「IPoE(IPv4 over IPv6)」に対応しているかどうかに注目しましょう。

auひかりは、「IPv4/IPv6デュアルスタック」といって、通信がスムーズになる次世代インターネット接続方式に対応してサービスを提供している光回線です。

その次世代インターネット接続方式でよりスムーズな通信を行うために、IPoE(IPv4 over IPv6)に対応した機器を使うことが重要です。

また、IPoE(IPv4 over IPv6)に対応しているWi-Fiルーターを無料レンタルして使えるプロバイダもありますので、そちらを選ぶとよいでしょう。

プロバイダを変更するなら光回線の乗り換えも検討しよう

auひかりでWi-Fiが繋がりにくいことを理由に一度解約して違うプロバイダで契約し直す場合、ほかの光回線への新規申込も検討しましょう。

auひかりに代わる光回線としては、So-net 光 プラスがおすすめです。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

So-net 光 プラスでは、プロバイダはSo-netになります。

戸建て・マンションともに、auひかりなど他社の光回線と比較しても月額料金が手頃です。

特にauのスマホを使っている人は、auのスマホ料金が安くなるのでSo-net 光 プラスにするメリットがあります。

また、So-net 光 プラスは無料レンタルできるWi-Fiルーターがv6プラス対応で高性能なので、速度にこだわりたい方におすすめです。

 So-net 光 プラスの内容
月額料金戸建て2,980円~
マンション1,980円~
auスマホ向け特典auスマホ代が毎月最大1,000円割引
Wi-Fiルーターv6プラス対応
申込特典でレンタル永年無料
提供エリアトップシェアのフレッツ光の全国の提供エリアで利用可能

auひかりと異なり、So-net 光 プラスはNTTの光回線であるフレッツ光でサービスを提供する光コラボレーションなので新規申込で工事が発生します。

ですが、上記の月額料金は工事費を含む内容です。500円×30回の分割払いなので工事費の負担が小さく済みます。

月額料金が安くなって、さらに高性能のWi-Fiルーターを利用できるので、So-net 光 プラスをぜひ検討しましょう。

まとめ

auひかりは最高通信速度1Gbpsですが、それでもWi-Fiが繋がりにくい場合があります。原因として次の3つが挙げられます。

  1. 使用する機器に問題が発生している
  2. 通信環境に問題がある
  3. 回線そのものに問題が発生している

auひかりでWi-Fiが繋がりにくいときは、まず自分でできる確認方法として以下を試しましょう。

  1. パソコンの状態を確認する
  2. ルーターの状態を確認する
  3. モデムや光回線終端装置(ONU)など宅内機器の状態を確認する

それでも改善しない場合はauひかりに直接問合せしましょう。

また、プロバイダ変更も繋がりにくいWi-Fiの通信速度の改善に有効ですが、auひかりでプロバイダ変更するには一度解約しなければなりません。

プロバイダを変更するためにauひかりを解約するなら、光回線ごと他社に乗り換えることも視野に入れましょう。

So-net 光 プラスであれば以下のようなメリットがあるので、おすすめです。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

So-netのプロバイダは、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルできるのが大きなメリットです。

auのスマホユーザー向けの特典もあるので、ぜひチェックしてください。

So-net 光 プラス

通信速度月額料金
1Gbps 1,980円(マンション)
2,980円(戸建て)
工事費提供エリア
月額料金に含む全国

So-net 光 プラスが選ばれる3つの理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できて手頃
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

\公式特設キャンペーンページ限定/

詳細はコチラから