auひかりを解約して次に使うべき光回線とモデムなど機器の返却を解説

auひかり解約時にモデムなどレンタル機器を返却する際の全知識の画像
スマ男くん
auひかりを解約しようと思っているのですが、モデムなどレンタルしていた機器はどうすればいいのでしょうか?
学園長
レンタルしていた機器は、KDDIへ返却しなければならんぞ。返却しなかった場合の違約金や、返却方法について教えよう。

auひかりの解約では機器の返却解約違約金が発生します。また、auひかりを解約する場合は次にどこの光回線を選ぶのかも重要です。

まず、auスマホを使っている方が検討すべき光回線はSo-net 光 プラスで、おすすめできる理由として以下の3つが挙げられます。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

この記事では、auひかりの次に使うべき光回線の紹介と、解約時の注意点を詳しく紹介します。

auひかりを解約して乗り換えるのにおすすめの光回線

auひかりを解約して他の光回線を検討するなら、以下のポイントを押さえて光回線を選びましょう。

  • auスマホユーザーが得をする
  • auひかりよりも月額料金が安くなる
  • 通信速度が安定している

これらの条件に当てはまる光回線としては、So-net 光 プラスがおすすめですので、詳しく紹介します。

auスマートバリュー適用のSo-net 光 プラス

auひかりに代わるauスマートバリュー適用の光回線としては、So-net 光 プラスがおすすめです。

So-net 光 プラスがおすすめな理由としては、特に次の3つが重要です。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

戸建て・マンションともに、auひかりなど他社の光回線と比較しても月額料金が安いですね。

特にauのスマホを使っている方は、auひかりと同様にauスマートバリューが適用されるのでSo-net 光 プラスにするメリットがあります。

So-net 光 プラスのプロバイダはSo-netしか選べませんが、無料レンタルできるWi-fiルーターがv6プラス対応で高性能なので、速度にこだわりたい方におすすめです。

So-net 光 プラスの特徴

So-net 光 プラスの料金やその他の特徴をまとめました。

 So-net 光 プラスの内容
月額料金戸建て2,980円~
マンション1,980円~
auスマホ向け特典auスマホ代が毎月最大1,000円割引
Wi-fiルーターv6プラス対応
申込特典でレンタル永年無料
提供エリアトップシェアのフレッツ光の全国の提供エリアで利用可能

auひかりと異なり、So-net 光 プラスはNTTの光回線であるフレッツ光でサービスを提供する光コラボレーションです。

新規申込で工事が発生する可能性はありますが、建物にフレッツ光の設備があれば工事不要のケースもありますので提供エリアの確認をしてみましょう。

また、上記の月額料金は工事費を含む内容です。500円×30回の分割払いなので工事費の負担が小さく済みます。

月額料金が安くなって、さらに高性能のWi-fiルーターを利用できるので、So-net 光 プラスをぜひ検討してみてください。

So-net光
特典
申込
So-net 光バナー
  • 月額利用料金が2年間ずっと1,980円(マンション)・2,980円(戸建)
  • 上記料金は工事費・セキュリティサービス込み
  • 次世代通信技術v6プラス対応高速wi-fiルーター永年無料

その他に、次の光回線も検討できますので、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

\キャンペーンが魅力的!/
光回線ランキング

ドコモ光
ドコモ光GMOとくとくBB
  • プロバイダ部門
    顧客満足度No.1
  • 新規工事費が無料
  • 最大20,000円
    現金キャッシュバック
  • ドコモスマホが
    家族全員分割引

NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 最大通信速度
    下り2Gbps

ソフトバンク光
Wiz-img 
  • 他社解約金
    全額キャッシュバック
  • 最大48,000円
    現金キャッシュバック
  • SoftBankスマホが
    家族全員分割引

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業

では次に、auひかりの解約時の注意点について説明していきます。

auひかりを解約するとモデム等は返却しなければならないの?

auひかり解約後は、モデムなどレンタルしていた機器をauひかりの回線運営元であるKDDIへ返却しなければなりません。仮に返却しなかった場合は、KDDIからレンタル機器に相当する費用(違約金)が請求されてしまうことがあります。以下、いくつかの機器に設定された違約金の例を記載するので、参考にしてみて下さい。

機器の種類(型番)利用期間違約金の金額
ホームゲートウェイ
(BL170HV/BL190HW)
〜13カ月未満8,500円
13カ月〜25カ月未満5,200円
25カ月〜37カ月未満1,800円
37カ月以降1,000円
ホームゲートウェイ
(BL900HW)
〜13カ月未満8,000円
13カ月〜25カ月未満4,000円
25カ月〜37カ月未満2,000円
37カ月以降1,000円
VDSL装置〜13カ月未満9,700円
13カ月〜25カ月未満6,800円
25カ月〜37カ月未満3,900円
37カ月以降1,000円
NECトリオモデム無線LANカード親機〜13カ月未満4,400円
13カ月〜25カ月未満1,000円
25カ月〜37カ月未満1,000円
37カ月以降1,000円
NEトリオモデム無線 LAN カード子機〜13カ月未満4,400円
13カ月〜25カ月未満1,000円
25カ月〜37カ月未満1,000円
37カ月以降1,000円
NEC トリオモデム無線LANアダプタ子機〜13カ月未満7,500円
13カ月〜25カ月未満3,600円
25カ月〜37カ月未満1,000円
37カ月以降1,000円

 

次に契約プラン・タイプごとに必要な返却機器は、具体的には以下の通りです。

タイプ/プラン返却物
ホームタイプONU (回線終端装置)
ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
同軸ケーブルモデム ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(マンションギガ)
ONU (回線終端装置)
ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(マンションミニギガ)
ONU (回線終端装置)
ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(マンションV)
ホームゲートウェイ + VDSL モデム
(または、VDSL モデム内蔵ホームゲートウェイ)
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(都市機構デラックス)
ホームゲートウェイ + VDSL モデム
※または、VDSL モデム内蔵ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(タイプE)
ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※
マンションタイプ
(タイプF)
ONU (回線終端装置)
ホームゲートウェイ
無線 LAN 機器 ※
セットトップボックス ※

※レンタルサービス(宅内LAN機器貸出サービス)を利用していた場合に限り返却します。
※LANケーブルなどケーブル類の返却は不要です。
※無線LANレンタル機器については、レンタル無線LAN親機(カード型親機)の他、(借りている場合は)子機の返却も忘れないようにしましょう。
※撤去工事を行う場合、工事業者が一部の機器を回収することがあります。(機器の設置方法によって異なります)

なお返却機器は、契約によっては上記の通りでない可能性もあります。くわしくは後述しますが、必ず解約後に送られてくる伝票をもとにチェックしてください。

引越しの場合も同じ手続きでいいの?

仮に引越し先でもauひかりを使うのであれば、引越し先では新しい機器が提供されることになります。※条件によっては、まれに同じ機器を継続して利用する場合もあり

しかし、引越し前に使っていた機器は、ひとまず引越し先に持っていくことが必要です。新しい機器を受け取った後で古い機器を返却します。返却方法は、解約後に返却する方法と同じです。くわしくは後述します。

auひかりのモデムなどの返却方法

解約後にモデムなどのレンタル機器を返却する際、まず手続き完了後に送られてくる着払い伝票とレンタル機器返却手順書を待ちます。この手順書と伝票は、問い合わせ10日前後で届られます。

引っ越しの場合も、この伝票を待って返却します。ちなみに引越しの場合、伝票が送られてくるのは引越し前の住所です。引越し後時には、郵便局へ転送届を出し忘れないようにしましょう。

着払い伝票を受け取った後の返却手順は以下の通りです。

1.伝票の確認

着払い伝票の下部に、返却する機器名称と「製造番号またはシリアル番号」が記載されています。まずこの内容を確認しましょう。

2.返却機器の用意

伝票の内容をもとに返却すべき機器を用意します。伝票に記載されたチェック欄を使って、返却漏れがないようにしましょう。

3.梱包

開通時に機器が入っていた箱があれば、それに返却機器を梱包します。ない場合は、手持ちの箱や袋でもかまいません。

4.発送

伝票と梱包した機器を郵便客やコンビニなどへ持ち込んで配送を手配します。

モデム返却の際に注意すること

ここでは、モデム返却時に気を付けることを紹介します。

レンタル機器以外を送付しない

仮にレンタル機器以外のものを発送した場合、返却には応じられないと注意するプロバイダもあります。十分に気を付けましょう。

ACアダプタの返却を忘れない

ACアダプタの返却を忘れてしまうケースが多いようです。ACアダプタもレンタル機器の一部ですから、忘れずに返却するようにしましょう。

機器が壊れないようにしっかり梱包する

返却するレンタル機器が飛び出してしまうなどして破損しないように、しっかり梱包するようにしましょう。仮にこちらの不手際で輸送中に破損してしまった場合、違約金を請求される可能性もあります。市販の緩衝材などを入れて返送すると安心です。

解約の手続きが完了してから返却を行う

解約手続きをする前にレンタル機器を返送する例があるようです。仮にレンタル機器だけ返却しても解約できるわけではないので、必ず事前に解約手続きをするようにしましょう。

撤去工事がある場合

ホームタイプなどで撤去工事が行なわれる予定の場合は、ONUは自分で取り外さないようにしましょう。工事が必要となるケースでは、ONUに接続されている光ファイバーケーブルの断芯部分に触れるなどして怪我をする可能性もあります。

なるべく速やかに返却を行う

返却用の伝票が届いたら、なるべく速やかに機器の返却を行うようにしましょう。プロバイダから指示がある場合は、その期限内に返却する必要があります。仮に返却が遅れると、違約金が発生してしまうかもしれません。

まとめ

auひかりの解約では、機器の返却解約違約金が発生することを説明しました。

また、auひかりを解約する場合は検討すべき光回線としてSo-net 光 プラスを紹介しました。

おすすめできる理由として以下の3つが挙げられます。

So-net 光 プラスがおすすめな理由

  • 戸建て2,980円、マンション1,980円から利用できる
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大1,000円オフ
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

auひかり同様にauスマートバリュー適用で、提供エリアの広い光回線としてSo-net 光 プラスを検討してみられてください。

その他に検討できる光回線には次の3つがありますので、詳細をチェックしてみてくださいね。

\キャンペーンが魅力的!/
光回線ランキング

NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 最大通信速度
    下り2Gbps

ドコモ光
ドコモ光GMOとくとくBB
  • プロバイダ部門
    顧客満足度No.1
  • 新規工事費が無料
  • 最大20,000円
    現金キャッシュバック
  • ドコモスマホが
    家族全員分割引

ソフトバンク光
  • ネット会員数No.1
  • 難しい手続き一切なし
  • 通信速度が1Gbps

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業