auひかり電話を二回線申し込む際に必要な知識まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

auひかり電話を二回線申し込む際に必要な知識まとめ

auひかり電話サービスを二回線申し込むことは可能なの?

auひかり電話とは、auひかり回線経由で使える固定電話サービス。auケータイ・auスマートフォンのユーザーがauスマートバリューによる月額割引を適用させるためには、auひかりのインターネットサービスだけでなく、ひかり電話サービス(もしくはテレビ)の加入が必要です。

たとえばプライベート用・仕事用で使い分けたいといった理由で、電話番号を2つ持ちたいという方もいらっしゃるでしょう。その点、auひかり電話サービスでは、二回線までであれば申し込みが可能。電話番号を2つ取得できます。

また2つ目の番号としては、050から始まる050番号サービス(KDDI-IP電話)をえらぶことも可能です。050番号サービスであれば、auひかりの他の050番号サービスの利用者をはじめ提携のIP電話サービス間の通話が無料となります。

ただしauひかりマンションタイプの一部プラン(マンションタイプF、マンションギガ)では、サービス仕様上、二回線申し込むことはできないので注意して下さい。

また、auひかり電話で申し込めるのは最大で二回線まで。オフィスでの利用などで三回線以上の申し込みが必要なときは、NTT加入電話など他サービスを使う必要があります。

二回線申し込むと料金はどのくらいになる?

電話サービスの一回線目は月額500円ですが、二回線目は月額450円となります。一方050番号サービスの場合は月額150円です。なお、この金額には接続のために必要な機器のレンタル代なども含まれています。※他に追加費用はありません。

なお以下にあげる有料オプションは、回線ごとに別々に契約が必要です。そのため、二回線申し込むのであれば、二回線分の料金が請求されます。

 ※例:電話オプションパックを両方の電話回線に適用したければ、
    500円/月×2=1,000円/月の追加

機能・サービス名 月額料金 電話オプション
パック
電話オプション
パックEX
割込通話 300円  
発信番号表示  400円
番号通知リクエスト 200円
割込番号表示 100円
迷惑電話撃退 700円    
着信転送 500円
迷惑電話 発着信ブロック  300円  

※電話オプションパック(EX)では対象の機能・サービスがセットになっています。
※電話オプションパックは月額500円、電話オプションパックEXは月額690円です。
※電話オプションパックEXはauひかりホーム(BL1000HW)利用者のみ申し込めます。

電話サービスを二回線申し込む方法

プロバイダによってはauひかりの新規契約時に、電話サービスも二回線目を同時に申し込むことが可能。それができないプロバイダについては、1契約目のauひかり電話の開通後に専用のオンライン(My au/セルフページ)から申しこむことができる他、電話やauショップでの申込も可能です。

まず、auひかり契約時に二回線目を申し込むことが可能なプロバイダとしてSo-netを例に申し込み方法を案内します。他プロバイダでも、申込の文言などは類似しているので参考になるでしょう。

▽auひかり新規契約時に申し込む方法(So-netの場合)

(1)公式サイト(https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/au/)から「新規入会」をクリックします。

(2)画面の指示に従い入力をすすめます。

(3)「オプションサービスのお申し込み」画面が表示されます。

(4)「auひかり電話サービス」の「選択する」をえらびます。

(5)サービスの詳細を選択する画面が表示されます。

(6)この中の「auひかり 電話サービス 2番号目の申し込み」で「2番号目の申し込む」で「申し込む」をえらびます。

(7)付加サービスの選択を行い、終わったら「決定」をクリックし先へすすみます。

次にauひかり開通後に、専用のオンラインページ(My au/セルフページ)から申しこむ方法を紹介します。

▽auひかり開通後に申し込む方法

(1)My au(https://www.au.com/my-au/)にログインします。

(2)「インターネット・電話」を選択します。

(3)「ご契約内容確認と変更」をクリックします。

(4)新しく表示されたメニューから「ご契約内容の変更」→「サービス申込」とすすみます。

(5)「基本サービス(ネット・電話・TV)申込」メニューを選択します。

(6)注意事項が表示されるので、内容を確認し「同意する」をクリックします。

(7)「電話サービス2」にチェックを入れて、必要事項を記入します。

(8)表示された指示に従って先へすすみます。これで申し込み完了です。

次に電話で申し込む場合の連絡先は以下の通りです。

 0077-777 (無料)

※上記番号が利用できない場合 0120-22-0077
 営業時間:9:00~20:00 (年中無休)

電話での申込の際には、本人確認のため、「ご利用開始のご案内」に記載された「基本契約番号」か「ご請求コード」「au ID」のいずれかが必要です。

auひかり電話を二回線利用する場合の配線方法

auひかり電話を二回線利用する際の配線方法は、申込のタイプや機器によって少しずつ異なります。しかし、スイッチングHUBという機器を利用して、2台のホームゲートウェイ(auひかりとひかり電話を利用するための専用機器)をつなげる点は共通しています。

以下、いくつかのパターンで具体的な配線方法を紹介します。

▽auひかりホーム/auひかり マンションミニギガの場合

※ホームゲートウェイの型番が「BL900HW、BL190HW、BL170HV」の場合です。

(1)ONUの「LAN差込口」とスイッチングHUBの「WAN」ポートをLANケーブルで接続します。

(2)スイッチングHUBの「LAN」ポートと、2台のホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートをLANケーブルで接続します。

(3)ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」と電話機を1台ずつ(合計2台)それぞれ電話ケーブルで接続します。

これで配線は完了です。

▽auひかりマンションタイプ/タイプV(VDSLモデム内蔵ホームゲートウェイ利用)の場合

(1)1台目のホームゲートウェイの「HGW(緑)」ポートとスイッチングHUBの「WAN」ポートをLANケーブルで接続します。

(2)2台のホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートとスイッチングハブの「LAN」ポートをLANケーブルで接続します。

(3)ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」と電話機を1台ずつ(合計2台)それぞれ電話ケーブルで接続します。

これで配線は完了です。

▽auひかりマンションタイプ/タイプV、都市機構(VDSL)の場合

(1)VDSLモデムの「LAN差込口」とスイッチングハブの「WAN」ポートをLANケーブルで接続します。

(2)スイッチングHUBの「LAN」ポートと、2台のホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートをそれぞれLANケーブルで接続します。

(3)ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」と電話機を1台ずつ(合計2台)それぞれ電話ケーブルで接続します。

これで配線は完了です。

▽auひかりマンションタイプ/タイプE(イーサ)の場合

(1)壁の「LAN差込口」とスイッチングHUBの「WAN」ポートをLANケーブルで接続します。

(2)スイッチングHUBの「LAN」ポートと、2台のホームゲートウェイの「WAN(緑)」ポートをそれぞれLANケーブルで接続します。

(3)ホームゲートウェイの「電話機1(黒)」と電話機を1台ずつ(合計2台)それぞれ電話ケーブルで接続します。

これで配線は完了です。

いずれのパターンでも、LANケーブルや電話ケーブルを長くすることで、電話機とONUやホームゲートウェイの設置場所を離すこともできます。

なお、ここで登場したスイッチングHUBはKDDIやau、プロバイダからは提供されません。ご自身で市販品を購入する必要があります。パソコンやネットワーク機器が置かれている一般的な家電量販店であれば、たいていスイッチングHUBは置かれているので、分からなかったら店員に確認してみるとよいでしょう。Amazonなどのネットショップでも購入は可能。安価な機器であれば、2~3,000円程度で販売されています。

以下、参考までにいくつかauが動作確認した推奨の端末を掲載しておきます。最新の動作確認済端末については、以下URLで確認することも可能です。

 https://www.au.com/internet/auhikari/service/phone/setup-guide/hub/

メーカー名 型番
BUFFALO LSW4-GT-5NS
LSW4-GT-5EP/D
LSW4-GT-5EPL/D
I.O DATA ETG-ESH08NB
ETG-ESH05NA
ELECOM EHC-G05MN-HJ
EHC-G08MN-HJ

 

その他、LANケーブルについても、足りなければご自身で買い足してください。LANケーブルは家電量販店なら1本数百円程度で販売されています。

auひかり電話の回線を後から追加することはできる?

上述もしていますが、auひかり電話はauひかり契約時に同時に二回線分申し込むことも、最初は一回線だけ申し込んでおいて後から追加することも可能です。プロバイダによっては、auひかり申込時に二回線目を同時に申し込むことはできません。

後から追加する場合は、「電話サービスを二回線申し込む方法」の項でも書いた通り、専用のオンラインページ(My au/セルフページ)、から申し込むことが可能。auの電話番号やauショップでも申し込みできます。