auひかりとピカラの料金や速度を徹底比較!お得なのはどっち?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

auひかりとピカラの料金や速度を徹底比較!お得なのはどっち?

auひかりとピカラの違いって何?

そもそもピカラとは?

auひかりならご存知の方も多いと思いますが、ピカラと聞いてピンと来る方はそう多くないと思います。そもそもピカラとは何かというと、四国電力系の通信会社「STNet」が中心となって作った個人向け光回線サービスを提供する会社です。

ピカラは2004年10月に四国の4県、高松市・徳島市・高知市・松山市でサービスを開始。地元ケーブルテレビと業務提携することで、提供サービスは光回線だけでなく、インターネット・電話・テレビにまで拡充しています。

四国のたった4件がエリアでありながらも、申し込み件数は累計15万件を突破。その後は、地元に密着したコンテンツサイト「ピカラタウン」というホームページを開設したり、四国民放テレビ局の人気番組を映像配信サービスに取り込んだり、(株)カカクコムと提携した「価格.comマガジン」を配信しています。

つまりピカラは四国に特化し、全国区ではできないサービスを提供・差別化に成功し、住民には嬉しい会社となっているんです。それを証明するかのように、2010年12月にRBB TODAY主催の「ブロードバンドアワード2010」では、四国地区の「ベストキャリア(最優秀回線事業者)」と「キャリア・サポート部門」で3年連続、読者投票No.1に選ばれています。

今やピカラは四国民に愛されるキャリアへと成長しているのです。

ピカラの特徴

提供エリアが四国4県だけということもあって、ADSL等の回線が主流なのかと思いきや、そこは3年連続キャリア・サポート部門でNo.1に選ばれただけある実力がありました。整備された光回線は、局舎からの距離や雑音に影響されることがなく、最大で1Gbpsが出るようになっています。

戸建て・マンションはもちろんのこと、小規模なアパートにも積極的に導入を推進し、小規模なアパートの場合、auひかりではファミリープランとしての個々の導入となってしまうケースがありますが、ピカラなら、相談すればなんとかマンションタイプの価格で提供してくれるかもしれません。

ピカラのデメリット

ただデメリットなのは、光回線には上り帯域の転送量制限があり、30GB/日の制限値を超えると帯域制御が実行され、全く使えないというわけではありませんが、上り帯域が30Kbpsに制限されてしまいます。30GB/日という量はかなり大きいので、普通はそこまで使用することはないと思いますが、ユーチューバーのような仕事をされていて、一度に大量の動画をアップロードするようなことが必要であれば問題になりそうです。

ピカラの電話はどうなのか?

ピカラのピカラ光電話は、現在使用している固定電話の番号を変更せずに利用することができます。発信ナンバー表示、番号通知リクエスト、迷惑電話撃退機能などの標準の機能はもちろんのこと、嬉しい特典なのが、同じピカラ同士なら通話料は無料になるということです。

離れた家族が心配で電話を掛ける回数が多いとか、心配症でしょっちゅう誰かに電話してしまう(笑)なんて方には最適です。デメリットは、電話帳がないこと、停電してしまうと利用できなくなることです。有事の時に万が一電話が使えなくなるというのはかなり痛いポイントかもしれません。

ピカラのテレビはどうなのか?

ピカラ光テレビでは多チャンネルのデジタル放送を提供しています。提携しているCATVによってサービス内容が異なるのでエリアごとに内容が変わってきます。

ピカラのプチ情報

光回線の速度にこだわる方にとって、今や1Gbpsではもの足りないと感じることが多くなって来ました。関東・関西を中心に絶賛エリア拡大中のNURO光などではGPONをいち早く導入し、下りで最大2Gbpsの光回線を実現しています。

ピカラの速度はどうなのか?というと、2005年9月1日にGE-PON(最大速度1Gbps)の導入を開始したところまでなので、今のところGPONによる2Gbpsは達成されていません。あれから約13年経っていますので…もしかすると今後GPONに切り替わる可能性も無きにしも非ずなのではないでしょうか。

料金や速度を比較してみる

ピカラとauひかりの月額料金を比較

戸建てタイプの場合

契約期間 ピカラ auひかり
2年契約 5,200円 5,200円
3年契約 4,600円 4,900円~5,100円
5年契約 4,500円~4,400円 なし

 

マンションタイプの場合

契約期間 ピカラ auひかり
契約期間なし 4,000円 3,400円~3,800円
3年契約 3,400円 なし
5年契約 なし なし

 

できるだけ料金を安くしたいと思っている方ならauひかりよりもピカラの方が若干お安くなりますが、マンションタイプの場合は、auひかりに期間の縛りがないのに対して、ピカラには3年間の縛りがついてきます。スマホとセットのセット割はどうなのかというと、

セット割 ピカラもauひかりも同額
毎月934円~2,000円割引

 

最初はピカラにはセット割がないのかな?と心配しましたが、結果…ピカラにもauひかりにもセット割は適応されることが分かりました。

ピカラとauひかりのキャッシュバックキャンペーンについて比較

インターネットの会社を選ぶ時、月額料金の安さも重要ですが、その次に気になるのがキャッシュバックキャンペーンの金額です。高額なキャッシュバックが貰えれば、多少の月額料金の差は埋められるどころか、それ以上を上回るメリットがあるかもしれないのです。

キャッシュバックキャンペーンの金額について
auひかり 約40,000円
ピカラ なし

 

これは驚きです。auひかりのキャッシュバックキャンペーンは各代理店や公式ページからの申し込みなど、それぞれによって前後はするものの、約40,000円が相場です。それに対してピカラはキャッシュバックキャンペーンを行っていないのです。月額料金の比較ではピカラがやや優勢でしたが、こうなると実際どのような計算になるのでしょうか。実際に計算してみましょう。

例えば、戸建てタイプで3年間の契約をするとします。

ピカラを3年間契約した場合 3年間の月額料金は165,600円になります。
auひかりを3年間契約した場合 3年間の月額料金は180,000円になります。

 

180,000円ー165,600円=14,400円 これがピカラとauひかりの差額です。そこにauひかりのキャッシュバックキャンペーン、40,000円をプラスすると…40,000円-14,400円=25,600円となり、戸建てタイプで3年間の場合なら、結論、auひかりの方が25,600円分もお得になるのです。

計算は「面倒くさい」と思ってしまうことが多いかもしれませんが、要所をかいつまんできちんと比較してみると、意外な結果になることが多いので、是非契約前に契約期間総額を計算してみて下さい。

 auひかりとピカラ選ぶならどっちがいいの?

・支払う額を最小限にしたいならauひかりがオススメです。

月額料金・キャッシュバックキャンペーンの結果を踏まえると、auひかりを選ぶのが妥当だと思います。

・小規模なマンションタイプの場合はケースバイケース

しかし小規模なマンションタイプの場合で、auひかりを選択すると、戸建てタイプの料金になってしまうケースがあるので、その場合はピカラを選ぶ方が断然お得になってきます。

・地域に貢献したいなら

経済的に余裕があって、月額料金のことよりも、地域密着や自分の故郷の繁栄を大切に考えるなら、ピカラを選ぶという選択肢もあります。

ピカラに加入する注意点

・縛り期間が長いピカラ、しかも違約金は高額

ここ最近はインターネットの契約をすると、必ず違約金がつきまとってきます。月額が安くなるメリットを魅力的に感じ、安易に長期の契約を結んでしまうと、あとで急に引っ越しが決まってしまった、新しいエリアでは別のインターネットを契約しなければならない…なんてことになり、結局違約金を支払うはめになると、月額料金のメリットはすっかりなくなってしまうのです。

実はピカラの場合、縛り期間が長いと不評な上に、違約金も高額になっています。

  • 戸建てタイプの場合
契約期間 ピカラ auひかり
2年契約 15ヶ月以下で解約35,000円
16ヶ月以上で解約10,000円
9,500円
3年契約 15ヶ月以下で解約35,000円
16ヶ月以上で解約10,000円
15,000円
5年契約 15ヶ月以下で解約35,000円
16ヶ月以上で解約15,000円
なし

 

  • マンションタイプの場合
契約期間 ピカラ auひかり
3年契約 15ヶ月以下で解約35,000円
16ヶ月以上で解約10,000円
なし

 

今回の表で、ピカラよりもauひかりの違約金が上回るのは、戸建てタイプを3年契約で16ヶ月以上使った場合だけです。それ以外は、ピカラの方がauひかりよりも違約金が高額になります。

驚いたのは14ヵ月も使ったにも関わらず、35,000円の違約金が発生するのは前代未聞です。ピカラを3年間契約した場合、3年間の月額料金は165,600円になるので、例えば、ピカラを3年間契約して、その後解約しなければならなくなった場合、4,600円の月額料金×14ヵ月=64,400円+違約金35,000円=総額99,400円を支払うことになるのです。

もう一つ驚いたのはauひかりの場合、マンションタイプは違約金がないということです。それに比べてピカラは15ヵ月以内で35,000円、16ヵ月以上で10,000円なので…今後もし引っ越しやスマホをauから他社に変更する可能性のある方は、ピカラよりもauひかりにしておく方が無難かもしれません。

ピカラとauひかりの速度情報

気にならない人もいらっしゃるかもしれませんが、速度が遅いとストレスにもなりますので、一応、ピカラとauひかりの速度を比較しておく方がよいでしょう。

ピカラの提供しているスピードの最大速度は1Gbpsです。auひかりはどうか?というと、同じく提供しているスピードの最大速度は1Gbpsです。最大速度という点で比較すると、ピカラもauひかりも違いはありませんが、実はインターネットを実際に使っている時に感じる速度というのは、残念ながら、最大速度がよければいいというものではありません。

実際に感じる速度を比較する時に大事なのは「実測」です。インターネットの速度を計測している会社、株式会社Studio Radishの測定によると、

ピカラの平均速度 下り193.753Mbps
auひかりの平均速度 下り269.18Mbps

 

という結果になっています。インターネットの速度は使用しているルータやパソコンの性能、環境や時間帯、エリア等によって左右されてしまうものです。上記の速度はあくまで参考レベルですが、そこはさすがの大手KDDI、ピカラよりは速いことの方が多いのかもしれません。