もう一度auひかりに戻す場合キャンペーンは適用されるの?再契約する際の注意点も解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

もう一度auひかりに戻す場合キャンペーンは適用されるの?再契約する際の注意点も解説

一度auひかりを解約しても再契約ってできるの?

結論からいうと、再契約することは可能です。しかし詳しくは後述で説明しますが、実はauひかりを一度解約して、再契約すると、メリットよりもデメリットの方がが多くなってしまうのです。

再契約の時はキャンペーンなどは適用される?

基本的に光回線のキャンペーンは全て新規加入者が対象とされています。残念ながら、auひかりのキャンペーンを受ける条件の中に「対象となるのは、auひかりの回線を新規に契約したユーザーに対してサービスを提供」と明記されてしまっているので、再契約するユーザは対象外となってしまいます。

プロバイダだけを変更した場合も、一度回線契約を解消しても、次に契約する場合は新規にはなりません。残念ながら、新規加入のキャンペーンは受けることができないのです。

もしも、同じ名前と同じ住所でauひかりを再契約しようとすると、「この人は一度契約したことがあるユーザ」だと判断されてしまい、新規加入とならずにキャンペーンの利用を受けることができません。auひかりの場合、新規加入だと工事費が無料になるというお得なキャンペーンが受けられるのですが、その利用ができなくなってしまうのは非常に痛手なのです。

ではどうするのがお得なのか?

解約・再契約の場合、多くのケースが新規加入のキャンペーンを受けることができません。そうなると、初期コストが掛かり過ぎることになってしまうので、自分のエリアの別の光回線を調べて新規で契約できるところを見つけるのがおすすめです。

再契約する時の他社のプチ情報

KDDIのauひかりでは同じユーザの再加入は新規とみなされずにキャンペーンの利用は難しくなりますが、光回線の最大大手であるフレッツ光では対応が少し違います。フレッツ光の場合、解約してから1年以上が経過している場合は、新規ユーザとして扱ってくれるのです。

ちなみにケーブルテレビのJCOMの場合は「ウェルカムバックキャンペーン」といって、逆に、再契約してくれる・戻ってきてくれるユーザの為に、お得なキャンペーンが用意されています。JCOMでは例えばどんな内容のウェルカムバックキャンペーンがあるのかというと、再契約から最初の2年間に限って月額料金が約半額程度になるサービスや、タブレット端末が1台無料で提供されたりすることがあります。

auひかりで再チャレンジ、ユーザ名を別の家族に変更する

登録者が同じ、住所が同じとなれば、再契約しても新規加入者扱いにはなりませんが、登録ユーザの名前を変更すること、つまり家族の他の誰かの名前にすることで、新規扱いにしてもらうという方法があります。現在フレッツ光ではこれが利用できることが分かっているのですが、auひかりを含むその他の光回線業者ではまだ内容がまちまちとなっているようです。

しかし論理的に考えてしまえば、夫婦仲が悪くなって、夫名義で契約していたauひかりを、今度は妻名義にしなければならない状況というのは、必ずあり得ることなのです。

例えば、夫の浮気が原因で現在夫婦では、裁判や調停が進行中、お金の整理をきちんとしておかなければならない状況にあるとか、最近では夫婦でもお財布はそれぞれ別という形も増えています。以前は夫がインターネットを使っていたけれど、必要なくなって解約しようとしたら、今度は妻が必要になった…こういうケースの場合は夫の分を解約して、妻が新規で契約したいということが起きないこともないのです。

解約新規はなぜキャンペーンが受けられないのか?

auひかりを解約して、再度新規で加入すようとすると、なぜ新規加入対象外となってキャンペーンが受けられないのかというと、これはauひかりに限ったことではなく、ほとんどの回線業者が損をしてしまうことになるからなんです。

何が問題になるのかというと、

  • 解約する時、新規で申し込む時、二度の事務関係の手間が発生する
  • 端末(モデム)を回収する費用と手間が掛かる
  • 解約した時に撤去してしまったケーブル等を再度開通する為の工事費をユーザに払ってもらえない
  • 月額収入が減る上に、キャッシュバックを支払わなければならない

特に最後の「月額収入が減る上に、キャッシュバックを支払わなければならない」部分はauひかりを始めとする回線業者への影響が大きくなってしまいます。新規で加入すれば、最初の1年だけ等の縛りはあるものの、月額料金を半額にするキャンペーンなどを適応してもらうことができます。

そのまま継続していれば、2年目以降は通常通りの月額料金がユーザから支払ってもらうことができるので、回線業者はここからやっと利益が上がるという時なのに、ユーザが短い期間で違約金をすり抜け、上手に解約してしまったり、別名義で新規加入=再契約するという形をとってしまうと、再びキャッシュバックキャンペーン等のお金を支払わなければならない上に、月額料金もまた安価な料金に戻ってしまうという、負のループ…回線業者にとってはデメリットしか発生しない状況になってしまうのです。

引っ越しによる再契約の場合はキャンペーンが適用される?

引っ越しによる再契約の場合も、残念ながら、新規扱いにならないので、キャンペーンは適用されません。引っ越しの場合は、回線の移動が可能であれば、解約する必要がなくなるので、慌てて解約という処理をせずに、継続での回線利用がお得です。この場合、複数年契約を途中解約する違約金の対象にもならずにすむので、断然移転先での継続利用がおすすめです。

再契約の時ってもう一度工事が必要?

以前は解約しても設備を残置しておくことが可能だったので、再契約する際の工事は不要でしたが、残念ながら2018年、大幅な提供条件の変更が実施されてしまい、工事が必要になってしまいました。詳しくは次の項目で説明しています。

auひかりを再契約する際に注意すること

残置後の設備再利用が進まず、auひかりホームの設備撤去が義務化と値上げ

auひかりでは長年、残置後の設備再利用が進まなかったことが原因だったのか、2018年3月、KDDIの戸建て住宅向け光インターネットサービス「auひかりホーム」に適用された「提供条件」が大幅に変更されました。これに対してネット上では現在も波紋を呼んでいます。

今回KDDIが改定した内容はどういったものだったのか?というと、大きく分けて次の3点に要約されます。

  1. 解約後の設備撤去の義務化
  2. 設備撤去料金の大幅値上げ
  3. 新規契約時の回線工事費の分割払い回数の倍増

と、どれも耳を疑いたくなるばかりの内容が揃っているんです。実はこの改定、変更となった経緯をあまり説明せずに実施されてしまったそうで、ユーザからは「どうしてこうなったのか?」「KDDIは何を考えているの?」などとかなりきついコメントが集まってしまいました。

そこでまずは改定に至った経緯、今後どれくらいの費用が必要になってくるのかについて少し調べてみました。

・戸建てプランの設備撤去を義務化した背景

以前はユーザがauひかりを解約しても、その後、またauひかりに戻ってくると言った場合は、原則として設備を残し、再契約の際に工事が簡単に済むように配慮してくれていました。しかし実際は一度解約してしまうと、再契約されるユーザが少なく、残置設備の保守・管理費用ばかりがかさむ状況になってしまっていたのです。

放置された残置設備は雪などの自然災害などにより状態が悪くなったり、修理・復旧が必要な場合などもあり、再契約はされないままなのに、地域に迷惑を掛けないよう、それらを綺麗な状態に戻さなければならないというコストばかりが増えて行ってしまいました。

・今後は撤去費用が2.88倍に

これまでauひかりが負担していた残置設備の金額は、今後ユーザが撤去費用という形で負担しなければならなくなります。

一見「それは当たり前のことかもしれない」と思ってしまうのですが、これによってユーザが負担するようになる額の多さに驚かされてしまうのです。

これまで解約する場合、撤去費用として1万円が必要になっていましたが、今後は2万8800円が義務化されるようになりました。急な出費は1万円までならなんとかなっても、2万8800円というのはかなり大きい負担になるはずです。

今後、新規で加入する時は解約のことを意識しなければなりませんし、既にauひかりを利用している場合は、解約しづらい状況になってしまいました。

そもそもなぜ撤去に2万8800円も必要なのか調べてみたところ、auひかりホームで使う光回線は①KDDI自前の光ファイバー②NTT東日本のダークファイバ③NTT西日本のダークファイバ、これら高額なものを地域によって使い分けており、撤去する際にも平均すると2万8800円が必要になるのだそうです。これまではこららをKDDIが負担してくれていたのですが、今後はそれらをユーザが負担することになったというわけです。

・撤去に応じなかった場合の賠償金

さらに驚いてしまったのが、今後ユーザが撤去に応じなかった場合、回線の維持・運用費という名の賠償金が請求されることになったことです。この費用は利用していた回線によって差があり、次の金額となっています。

  • KDDI回線を利用していた場合は月額99円
  • NTT東日本回線を利用していた場合は月額341円
  • NTT西日本回線を利用していた場合は月額577円

KDDI回線を利用している場合なら、1年で1,188円、NTT西日本の回線を利用している場合なら、1年で6,924円と高額な請求になってしまいます。しかもこれは撤去されるまで継続されてしまうのです。

・引っ越す場合はどうなるのか?

引っ越し先でもauひかりを継続する場合は、撤去費用は不要です。しかし、契約を継続する意思があったにもかかわらず、転居先でauひかりが継続利用できなかった場合、原則として撤去費用を支払わなければなりません。但し、プロバイダはau one netを利用し、転居先でauのWi-Fiルータを継続利用する場合は、撤去費用の費用は請求されないことになっています。

auひかりを再契約する際は、加入しない期間でもauひかりのWi-Fiルータを利用することにすれば、撤去費用は請求されないことになりますが、ルータのレンタル代が余計に掛かることになるので、この提供条件の義務化はユーザにとってかなり厳しいものになりそうです。

工事費分割払いの回数が倍増に

auひかりを契約して工事費用が掛かる場合、これまで分割の1,250円×30回が相場でした。しかし上記の提供条件の変更によって、この工事費用分割にも影響が出てしまったのです。というのも、今回の改定で、

改定前 1,250円×30回
改定後 625円×60回

と変更されるようになりました。

工事費分割払いの期間を延ばした背景には、auひかりホームの平均契約期間が60ヵ月(5年間)を超えているからという理由が挙げられているようですが、月額料金の負担を少しでも減らすというたったこれだけのやり方で、解約の際のユーザ負担が減るようになるのか・・・今後しばらくは解約する際の負担がユーザを悩ませ続けていきそうです。