auひかりのオススメプロバイダをサービス内容や料金面から徹底比較

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

auひかりのオススメプロバイダをサービス内容や料金面から徹底比較

回線速度が速く料金が安いといっても、プロバイダのサポート対応やサービス面が満足できなければ、やはりイライラ感や不満は残ってしまいます。何かと評判の良いauひかりですが、プロバイダのことはどうなっているのでしょう?

今回はこのauひかり契約時のプロバイダに焦点を当て、詳しく探ってみることにします。

auひかりを契約する時におすすめのプロバイダ

インターネットを楽しむために必要不可欠なプロバイダ契約ですが、どちらかといえばプロバイダはネット閲覧を表舞台に例えれば、黒子のような存在です。必要だけど表には出ない、逆に地味だけど必要というわけです。

「ネットにつながるならプロバイダなんてどこでもいいや」となりがちですが、それは大きな間違いです。黒子の動きひとつひとつが舞台の出来栄えをも左右してしまうんです。そんなわけで、プロバイダのこともよく知っておきましょう。

  • auひかりは契約時にプロバイダを選ぶ

auひかりでは、契約時に7択でプロバイダを選ぶことになります。

契約時にプロバイダを選ぶといえば、光コラボで人気のドコモ光が有名ですが、auひかりでも同じ仕組みで、auひかりが提携したプロバイダの中から契約者自身が選ぶ作業が必要なんです。

auひかりで選べるプロバイダとは

auひかりの契約時に選べるプロバイダは次の7社になります。

@nifty(ニフティ)@TCOM(アットティーコム)、ASAHIネットBIGLOOBE(ビッグローブ)DTI(ディーティーアイ)So-net(ソネット)au one net

フレッツ光と比べると選べるプロバイダの数は少ないですが、「選べる」という観点からみれば、申し込み時にあらかじめプロバイダが決まっている光回線業者よりも、自由度の高いものといえそうです。

またauひかりは、月額利用料金にプロバイダサービス料も含まれていて、しかもプロバイダはどこを選んでも料金は一律です。

光コラボのドコモ光でも契約時に選べるプロバイダが用意されていますが、タイプA・タイプBと月額料金の違うタイプからの選択になるので、料金と照らし合わせながらのプロバイダ選びはさらに複雑になったりします。

このあたりはauひかりの、プロバイダを選ぶだけで料金一律という仕組みは楽勝、あとはプロバイダの中身で勝負といったところでしょうか。

申し込み時のキャッシュバック面で見ると、プロバイダはBIGLOBEもしくはso-netの二択になりそうです。

キャッシュバックキャンペーンの内容についてはこちら

auひかりについては詳しく知りたい人はこちら

auひかりで選べる7つのプロバイダの特徴

それではauひかり契約時に選べる7つのプロバイダの、それぞれの特徴・評判などをみてみましょう。

端末をしっかりと守るにはプロバイダ提携のセキュリティ、Eメールをよく使う人は無料で追加できるメルアド数、設定に苦手・不安がある方は出張サポートなどのサービス、ホームページを運営する人はその容量も要チェックですよ。

@nifty(ニフティ)

@niftyは古くはパソコン通信時代からの老舗です。それだけに蓄積された数多くのノウハウが活かされ、ユーザーのニーズに合ったツールやサービス体制がとられているようです。

具体的には、まずカスタマーサポートの対応が良い点。

大手プロバイダの多くは、電話の問い合わせの待ち時間が長いこと、ようやく出てもたらい回し、対応がそっけないなどの悪い評判もありますが、@niftyはこうしたサポート面での対応が丁寧であると評判が良いです。

@niftyのサービス内容】

・無料メールアドレス:1アドレス

・メールボックス容量:5GBまで無料

・HP容量:4GB(1アドレスごと)600円/月

・セキュリティ:常時安全セキュリティ24  500円/月

・リモートサポート:@niftyまかせて365 300円/月+相談料金/件

・出張サポート:かけつけ設定サポート 2,000円~ ※KDDI提供

@TCOM(アットティーコム)

@TCOMは静岡県に拠点を置くTOKAIグループ傘下で、情報通信事業を1996年にスタートさせた会社。2015年3月からは独自の光コラボサービスも開始していますが、auひかりではプロバイダサービスのみを提供しています。

料金や回線速度はauひかりのシステムに準ずるため、他のプロバイダとの差異はありませんが、フレッツ光との光コラボの評判で気になるのは「回線速度が遅い」「以前より遅くなった」という口コミが比較的多いこと。

auひかりもすべてのエリアで独自回線ではなく、このフレッツ光回線を利用しているので、プロバイダの機器にも一部依存される回線速度は気になるところです。

@TCOMのカスタマーの電話は、やはり待ち時間が長いようです。

対応面ではまずまずの評判といったところですが、ユーザーにとっては待ち時間でイライラ感が募った上での対応となるので、やはり不利な要素になるかもしれません。

@TCOMのサービス内容】

・無料メールアドレス:1アドレス

・メールボックス容量:無制限

・HP容量:20MBまで無料(初期費用500円、max50MB)

・セキュリティ:シマンテックオンラインサービス 490円/月~

・リモートサポート:FOR YOU 500円/月

・出張サポート:かけつけ設定サポート 2,000円~ ※KDDI提供

ASAHIネット

ASAHIネットも老舗のプロバイダのひとつで、結構あちこちの光コラボやフレッツ光と提携しているため、どこの回線業者にもほぼ必ずといっていいほど、この名称が名を連ねています。

特筆すべきは、評判の良さ。電話もつながりやすく対応に関する評判も良く、トータル的にもこのプロバイダに乗り換えてよかったという口コミがあちこちのサイトで見られます。

auひかりではプロバイダ料金込みの一律で目立ちませんが、単独のプロバイダとしてはコスパのよさもあげられています。

少々気になるのは、ASAHIネットのフレッツ光系のサービスでの通信障害が多い点。

障害エリアの違いや通信断の時間も短いためいずれも大事には至っていませんが、プロバイダサービスの一環として回線の障害を載せているのか、プロバイダ自体のハード・ソフト面での障害なのかは不明です。

ただ今回紹介しているauひかり自体の接続障害が、とくに関東エリアをメインに2016年12月だけでも約100回に及ぶことから見れば、微々たるものかもしれません。

いずれにせよ安定した光回線を望みたいところです。

ASAHIネットのサービス内容】

・無料メールアドレス:6アドレス(2アドレス目より初期費用200円)

・メールボックス容量:無制限

・HP容量:100MBまで無料

・セキュリティ:マカフィーセキュリティスイート 500円/月~

・リモートサポート:なし

・出張サポート:かけつけ設定サポート 2,000円~ ※KDDI提供

BIGLOOBE(ビッグローブ)

NECが運営しているプロバイダだけあって、古くからPC購入とセットで加入しているユーザーも多いようで知名度は高いようですが、総合的にはとくに可もなく不可もなくといったところ。

プロバイダ独自の光コラボでは、やはりとくに夜の時間帯での回線速度が遅い、カスタマーの電話が繋がらないなどの悪い評判が多いようですが、これはどのプロバイダにも言えることのようです。

多くのユーザーが「料金が高い」とのことですが、今回のプロバイダ料金一律のauひかりとの連携では問題ないでしょう。

BIGLOBEのサービス内容】

・無料メールアドレス:5アドレス(家族会員の追加分含めて)

・メールボックス容量:5GBまで無料

・HP容量:100MBまで無料

・セキュリティ:セキュリティセット・プレミアム 380円/月

・リモートサポート:お助けサポート 475円/月

・出張サポート:ブロードバンド出張サポート 初回訪問月の翌月末まで何回でも無料

DTI(ディーティーアイ)

DTIとは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略で、三菱電機傘下から東京電力の子会社を経て現在に至る、インターネット接続サービスの会社です。

総合的に料金が安いことで知られており、とくにモバイルサービスでは知名度の高い会社と言えそうです。

サービス面ではそこそこ評判が良いです。

相変わらず電話が通じにくいとの声は多いようですが、対応面では意外と丁寧だと評判です。

独自サービスではやはり料金が安いことについては評判が良いですが、HPの充実度が今ひとつで、問い合わせフォーマットがなくメールでやりとりする、などのアナログな対応は今後に期待したい点ですね。

DTIのサービス内容】

・無料メールアドレス:1アドレス

・メールボックス容量:5GBまで無料

・HP容量:100MBまで無料

・セキュリティ:提供なし

・リモートサポート:SiLK Touch 無料

・出張サポート:かけつけ設定サポート 2,000円~ ※KDDI提供

So-net(ソネット)

So-netは、ソニーグループ傘下のプロバイダです。

auひかりの他にも、ドコモ光やコミュファ光などとも提携、独自の光コラボSo-net光や独自ブランド「NURO光」をサービス提供しています。

知名度も高く、電話対応も迅速で丁寧との声が多いようですが、サポート面などでの評判は、ユーザー目線に立っていないなど、なぜか今ひとつのようです。

独自の光コラボは回線速度が遅いとの声も多いようですが、auひかりと提携のプロバイダとしての評判はまずまず。光コラボでのフレッツ光回線の問題なのかもしれません。

So-netのサービス内容】

・無料メールアドレス:4アドレス

・メールボックス容量:無制限

・HP容量:10MBまで無料

・セキュリティ:So-netセキュリティサービス 500円/月

・リモートサポート:So-net安心サポート 300円/月+相談料金/件+初期費用

・出張サポート:So-net訪問サポートサービス 一部有料の場合あり

au one net

auひかりを提供するKDDIのインターネットプロバイダサービスがau one netです。

かといってau one netに特化されるような特別なサービスがあるわけではなく、auひかりにおいてプロバイダとしての立場からいえば料金も一律なので、auひかりを利用するからといってau one netにしなければという呪縛はありません。

総合的にはまずまずの評判で、サービス面やサポート面での満足度もいいようです。

比較的料金が安いという勘違いな口コミも多々ありますが、あくまでフレッツ光に比較してauひかりが安いということでしょう。あくまでauひかりとしてのプロバイダ料金は一律で同じです。

au one netのサービス内容】

・無料メールアドレス:5アドレス

・メールボックス容量:5GB

・HP容量:100MBまで無料

・セキュリティ:安心ネットセキュリティ 300円/月

・リモートサポート:安心トータルサポート 500円/月

・出張サポート:かけつけ設定サポート 2,000円~ ※KDDI提供

こうしてみると、auひかり契約時のプロバイダ料金は一律ですが、プロバイダごとのサービス内容はさまざまなようです。

たとえば単純に無料メールアドレスは多い方がいいですし、メールボックス容量やHP容量は大きいほうがいいに決まっています。

さけては通れないセキュリティも機能が高くて端末への負荷が少なく料金が安いもの、リモートサポートや出張サポートも安くてサービス内容が濃いものがいいに越したことはありませんよね。

このあたりは、auひかりと提携するプロバイダ自体の企業努力といえそうです。

たった7つのプロバイダの中で自社を選択してもらうために何を充実させればいいか、他の6社と差別化を図るためにユーザー目線で何をすべきかは、このサービススペックを見る限り少々疑問です。

ますます深みにハマってしまいそうなプロバイダ選びですが、このサービススペック以外の見分け方はないのでしょうか?

プロバイダを選ぶ際のポイント

じつはauひかりには、今やフレッツ光では希薄になった部分での特典がしっかりと残っているんです。

それが、キャッシュバックや割引のキャンペーンです。

auひかりは割安!との評判はauの公式サイトではわからない

auひかりの公式サイトにも載っているサービススペックだけでは、簡単に見切られてしまう弱点をフォローするプロバイダ各社や代理店・家電店のキャンペーンが、じつは「auひかりは割安でオトク」の評判を生んでいるんです。

もちろん提携先の元締めであるauひかりの公式サイトに、各プロバイダの優劣をつけるような表現はできませんから、auひかりの公式サイトではプロバイダの独自サービスはわかりません。

auひかりとしては、自社のauケータイとのセット割引きである「スマートバリュー」のみが強調されています。

かといって自社で光コラボを運営しそちらを強調したいプロバイダが、自社のサイトで提携するauひかりをおまけ扱いするわけにもいきません。

たとえば今回の提携プロバイダのひとつSo-netの公式サイトのインターネット接続のカテゴリートップには、So-net光、auひかり、ドコモ光、NURO光、コミュファ光、フレッツ光と、So-netが参与する光回線系のカテゴリー選択枠が「すべて同じ大きさ」で表現されています。

いかがですか?プロバイダ側もそれはそれで色々と気を配っているようですよ。

auひかりのプロバイダ選びのポイントは「キャンペーン」

ではauひかりの割安感の大きなポイント「プロバイダのキャンペーン」をみてみましょう。

じつはこれが、「auひかりのプロバイダ選びのポイント」でもあるんです。

auひかりの申し込みで一番オトクなプロバイダの選び方はこちらのページに掲載しています。

→auひかりのキャッシュバックキャンペーンの選び方

auひかりのプロバイダを選ぶ際に注意すること

ではauひかり契約時にプロバイダ選ぶ際の注意点やポイントをあげておきましょう。

auひかりは提供エリアが限定される

プロバイダ選びどころか、そもそもauひかりの弱点は「エリアが限定される」という点です。

独自の光回線を提供するauならではのネックなので、エリアの拡充は時間をかけて待つしかありません。

知名度だけで選ばない

大手や老舗のプロバイダは知名度も大きいので、なにかと安心感がもてそうですよね。

もちろん長年に渡る多くのノウハウも蓄積しながら名をはせているわけですから、知名度は大きな信頼感の目安ともいえるでしょう。

ただ、いざという時のサポート体制、例えばカスタマーの電話がなかなかつながらないなどというのは、大きなマイナスポイントです。

また、フレッツ光で急伸ののち俗にいう天狗になってしまい、あらたな戦略もなくやがて頭打ちになり光回線を開放したNTTのように、大手ならではの小回りの苦手な部分も見られるようです。

「よく名前を聞くから」程度では情報不足になりがちなもの、知名度だけでプロバイダを選ぶのは少々冒険かもしれません。

同じauひかりでも申し込む窓口でキャンペーンが大きく違う!

新規申し込みでオトクに使えるauひかりは、その最大の魅力がキャッシュバックです。

ただ注意したいのは「auひかりでキャッシュバック」というセリフ、この発信元はあちこちにあるんです。

今回はプロバイダ比較ということで、auひかり提携のプロバイダでのキャンペーンを紹介しましたが、このあちこちの発信元というのが、auの公式サイト、auケータイの販売店、インターネットの通販サイト、家電量販店、代理店・取次店、そしてauひかりと提携の各プロバイダなどなど多岐に渡るわけです。

おまけにそのキャッシュバックの内容がそれぞれ違うんですね。

ここで、どの窓口が一番オトクなのかという見極めが必要になってくるわけです。

またキャンペーン期間を設けてのキャッシュバックもあるので、こうなるとそれぞれのサイトなどでマメにリアルタイムチェックするしかありません。

「auひかり キャッシュバック」などのキーワードでチェックすれば、あ然とするくらいのヒット数に驚かされるでしょう。

キャッシュバックの受け取りスケジュールもさまざま

さらにこのキャッシュバックも、申し込んですぐに受け取れるわけではありません。

申し込み受付後には通常、工事予定→数日から数か月後工事→接続設定→開通の流れですが、大抵の場合この開通確認がとれてからキャッシュバックの手続きがはじまるわけです。

またキャッシュバックキャンペーンはその全額を即返金というだけではなく、結局月額利用料から相殺という形もあったりするので、即現金のキャッシュバックとの思い込みも要注意、トラブルにならないようしっかり確認しておきましょう。

工事費が必要なことも覚えておこう

新規申し込みの場合は、ほとんどの場合現地立ち合いで工事が必要です。となると当然工事費がかかります。

auひかりの場合、一般的にはマンションで2~3万円、戸建てで3~4万円もの工事費になるんです。

この工事費は通常はユーザー負担で、毎月の料金に分割で加算されるので大きくは目立ちませんが、負担していることには間違いありません。

工事などの評判はこちらから 

auひかりって実際どうなのか?速度・キャッシュバックキャンペーンなど評判まとめ

◆工事費0円キャンペーンに乗っかろう!

この工事費負担がauひかり加入の足止めになったりすることも多いことから、多くの販売店が「工事費全額負担」、「工事費実質0円」などのキャンペーンをうたっているわけです。

もちろん負担の大きい工事費ですから、これが実質0円になるならおおいにキャンペーンに乗っかりましょう。

◆工事費負担がキャッシュバックの一部だったりする

これでキャッシュバックもあり、工事費も負担してもらえるとひと安心している場合ではありません。

この「工事費負担」の金額が「キャッシュバック」に含まれる場合も多々あるからなんです。4万円のキャッシュバックがあっても、3万円の工事費負担分が含まれていれば、手元に残るのはなんと1万円になってしまいます。

これをどう解釈するかは、申し込み時の説明をよく確認しておくことと、ユーザーの受け取り方・考え方次第です。

一概に「キャッシュバック」、「工事費全額負担」を単純に鵜呑みにしないこと、これもオトクな利用の仕方だったりするものです。

auひかりが繋がらなかったり、通信障害が起きるのはプロバイダが原因?

auひかりが繋がらない、接続できない障害が起きる原因はたくさんあります。

①KDDIの回線側の障害

②プロバイダの障害

③自宅の回線機器の障害(無線ルーターなど)

auひかりの回線が繋がらなくなった場合、まずはauひかりのHPをお手持ちのスマホなどでご確認ください。そこに「メンテナンス・通信障害情報」など書いている時はKDDIに原因があるので、自分ではどうしようもできませんので、復旧するのをお待ち下さい。

上記に書いていない場合はプロバイダ側の障害の可能性もあるので、合わせて自分が契約しているプロバイダの公式サイトをチェックしてみてください。

自宅のauひかりの回線が繋がらない時にauひかりのホームページやプロバイダのホームページに障害などの情報がアップされていない場合は、自宅の通信機器のトラブルの可能性が高いです。まずは無線ルーターの電源をコンセントから抜いて強制終了して、PCの電源も一度切ってみてください。

auひかりのプロバイダの選び方まとめ

auひかりの申し込み時に最適なプロバイダを選ぶには、

・知名度だけで選ばない。

・auひかりの提示するサービススペックだけでなく、プロバイダ独自のキャンペーンを知る。

・auひかりの窓口よりもプロバイダ、できればそれよりも代理店の窓口で申し込む。

・キャッシュバックの内容を充分把握しておく。

・工事費の負担があることを知っておく。

・カスタマーサポートの電話が早くつながる。

ポイントをあげるとこんな感じになるでしょう。

長く快適に使いたいネット環境ですから、プロバイダ選びも慎重に行ないたいですね。