格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BBIQ光を解約する方法を解説します!解約時の注意点や引っ越しの際の解約について

BBIQ光の解約方法

月額料金の発生するサービスは、不要になった時や継続して利用できなくなった時には解約する必要があります。そして、解約手続きはあらかじめ通信会社が規定している手続きを行うことでサービスを解約することができます。

●BBIQ光の解約方法

BBIQ光は、電話での解約が可能です。以下の「QTNetお客さまセンター」に、受付時間内に連絡して解約手続きを行いましょう。

・QTNetお客さまセンター

電話番号:0120-86-3727

受付時間:9時~21時(年中無休)

BBIQ光を解約する際の注意

次に、BBIQ光を解約する際に注意しなければならないポイントについて解説します。

●一時的な休止手続きも利用できる

まず、解約ではなく「休止手続き」を行うこともできます。「一時的にBBIQ光を利用しない」という場合は、解約よりも少ない手間で実行することもできます。上記の連絡先に電話して休止手続きを行うことができます。

利用休止中は、3ヶ月毎に2,000円の利用料が発生します。利用休止期間中は、通信会社がユーザーの各種データを維持管理し、利用再開後もそれまでと同じメールアドレスや電話番号(光電話サービスを利用している場合)を利用することができます。

ただし、利用休止を希望する場合、工事を必要とする場合もあります。工事は「休止実施工事」と「休止解除工事」を含めて10,000円の費用がかかります。

また、BBIQ光のサービス利用開始から12ヶ月以内の場合は休止手続きを行えません。さらに、一度利用休止を行い、それを解除してから12ヶ月以内も再度の利用休止を行うことはできません。利用休止期間は最大で12ヶ月間です。

●解約時には撤去工事が必要

次に、解約時には「撤去工事」を必要とします。詳しくは後ほど解説します。

●違約金が必要になる可能性がある

次に、解約のタイミングによっては「違約金」が必要になります。詳しくは別記事で解説しますが、少なくない費用を負担することになります。撤去工事費用も含めると相当な負担になる可能性もありますので、契約内容と解約のタイミングをきちんと把握して、できれば適切なタイミングで解約手続きを行うようにしましょう。

●光電話サービスも同時に解約となる

最後に、BBIQ光を解約すると「光電話サービス」も同時に解約となります。BBIQ光電話は単体での契約ができず、基本となるインターネットサービスを解約するとこちらも解約になります。電話番号を別の固定電話サービスに引き継ぎたい場合は、解約手続きの前に番号ポータビリティの手続きを開始するようにしましょう。

引っ越す場合BBIQ光は解約しないといけない?

次に、引っ越しの際にBBIQ光を解約しなければならないかということについて解説します。基本的に、引越し後も引き続いてBBIQ光を利用することはできます。ただし、引越し先が「九州の外」である場合は、BBIQ光を解約しなければなりません。

BBIQ光は、九州地方限定でサービスを提供している光インターネットサービスです。そのため、サービスエリア外である九州以外の地域に引っ越す場合、引越し先で引き続きBBIQ光を利用すること自体ができないので、サービスを解約するしかありません。

また、インターネットサービスのサービスエリア内であっても「BBIQ光テレビ」のサービスエリア外の場合は、光テレビサービスに関しては解約しなければなりません。

最低利用期間中でも解約はできる?

次に、BBIQ光の「最低利用期間中の解約」について解説します。BBIQ光には、5年および3年の契約期間とは別に「最低利用期間」が24ヶ月間設定されています。なので、契約期間の無いプランを契約していても、最低利用期間中の解約では解約自体はできますが、違約金が必要になります。

厳密には「期間内解約料」を支払うことになります。期間内解約料は、利用開始から12ヶ月未満の場合は24,600円、12ヶ月以上18ヶ月未満の場合は20,000円、18ヶ月以上24ヶ月未満の場合は10,000円の支払いが必要になります。利用開始から24ヶ月以上が経過している場合は、期間内解約料は必要ありません。

これとは別に、後述の「撤去工事費用」などのコストもかかりますので実際に支払うコストの総額はそれなりに大きなものになります。

BBIQ光を解約すると回線撤去工事は必要?

最後に、BBIQ光を解約する際に「回線撤去工事」を行うということについて解説します。既に触れていますが、BBIQ光を解約する際には撤去工事が必要であり、その費用5,000円を支払うことになります。

解約時には、期間内解約料の支払いが必要になる可能性もあり、それと合わせると数万円単位の負担を必要とします。ただし、マンションタイプの契約の場合は、撤去工事は不要です。また、2009年11月30日以前にBBIQ光を利用開始している場合は、撤去工事費は不要です。