ビッグローブ光電話の特徴や料金をご紹介。工事や注意点も解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ビッグローブ光電話の特徴や料金をご紹介。工事や注意点も解説

いまや、携帯電話が主流となり、固定電話を契約しない人も増えてきましたが、それでも独身世帯を除いては、まだまだニーズが高い固定電話サービス。ビッグローブも、ビッグローブ光の光コラボとセットで加入できる「ビッグローブ光電話」のサービスを提供しています。

今回は、ビッグローブ光電話の特徴、料金、注意点などサービス内容を詳しくご紹介していきます。

ビッグローブ光電話とは?

ビッグローブ光電話とは、フレッツ光の回線を利用した「光IP電話サービス」です。050から始まるような電話ではなく、一般の固定電話と同様の市外電話番号から始まる、固定電話サービスです。音声をデータ化してインターネット回線にのせて伝送する仕組みをとっている為、料金も安価で提供する事が可能です。ちなみにフレッツ光電話とビッグローブ光電話サービスは、同じサービスです。

ビッグローブ光電話の特長

ビッグローブ光は以下の5つの特長があります。

1.料金が安い

料金については後ほど詳しく触れますが、基本料金が500円/月と、NTTなどの一般的な固定電話と比較しても、非常に安く提供されています。ただ、ビッグローブ光電話サービス単体ではとても単価が安い為、ビッグローブ光とのセットで契約する事が条件となっています。つまりビッグローブ光電話のみでの契約は不可能です。

2.電話番号や電話機はそのままま利用できる

一部の例外を除き、ビッグローブ光電話へ切り替えた後でも、それまで使用していた電話番号や、電話機はそのまま使えます。電話番号が変わると、連絡先などを登録している関係先へ全て連絡する必要がありますので、その点では安心して切り替えが出来ます。

3.緊急通報も利用可能

IP電話というと、様々なサービスが使えないのでは?と思いがちですが、緊急通報(110番・118番・119番)や、フリーダイヤルへの通話、さらに時報や天気予報、国  

際電話なども問題なく利用出来ます。

4.音声品質も変わらない

通話品質も一般の固定電話と遜色のない品質を誇っています。聞き取りにくかったり、声がこもったり・・・そのようなことは一切ありません。

5.オプションサービスも豊富

この点についても後ほど詳しく触れますが、一般の電話と同じく、ナンバーディスプレイなどのオプションサービスが豊富に用意されています。

ビッグローブ光電話の料金

以下がビッグローブ光電話・ビッグローブ光電話A(エース)の料金一覧となります。

ひかり電話A
(エース)
もっと
安心プラン
安心プラン 基本プラン
月額基本料金 1,500円 3,900円 1,400円 500円
月額基本料金
に含まれる
通話料分
480円分の通話ができます 4,800円分の
通話ができます
1,280円分の
通話ができます
通話料分
繰越期間
1か月 「もっと安心プラン」「安心プラン」の月額基本料金に含まれる通話料分の翌月繰り越しはありません。
月額基本料金
に含まれる
付加サービス
ナンバー・ディスプレイ
ナンバー・リクエスト
迷惑電話おことわりサービス
ボイスワープ
キャッチホン
着信お知らせメール

※上記料金表の料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料2円/月が必要です。

又、ビッグローブ光電話の利用には専用機器が必要で、毎月のレンタル料金は以下の通りとなります。

区分 契約単位 月額料金
フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライトでご契約の場合 ひかり電話対応機器 1装置ごと 無料
無線LAN対応 1装置ごと 100円
無線LANカード
(子機用)
1枚ごと 100円
フレッツ・光プレミアムでご契約の場合 ひかり電話対応機器 1装置ごと 無料
無線LAN対応 1装置ごと 100円

ビッグローブ光電話の付加サービスについて

以下のオプションサービスが利用可能です。

オプション名 サービス内容 月額料金
ナンバー・ディスプレイ 誰から電話がかかってきたのか電話機に表示させるサービス 400円
ナンバー・リクエスト 番号非通知でかかってきた場合、通知するようにアナウンスするサービス 200円
迷惑電話おことわりサービス 撃退したい電話番号からかかってくると、自動メッセージで受信拒否できるサービス 200円
キャッチホン 通話中にかかってきた電話を受けることができるサービス 300円
着信お知らせメール 着信があれば、外出先でもメールでお知らせするサービス 100円
ボイスワープ かかってきた電話を自宅以外の固定電話や携帯電話へ転送するサービス 500円
複数チャネル 電話1契約で、最大2つの同時発着信が可能となるサービス 200円
追加番号 ひかり電話1契約で、最大5電話番号(契約者番号1番号+追加番号4番号)の利用が可能となるサービス 100円
FAXお知らせメール 自宅や会社にFAXがあったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールへお知らせし、パソコンからFAX内容を確認することができるサービス 100円
テレビ電話 無料

ビッグローブ光電話では電話番号はどうなる?

ビッグローブ光電話は、基本的には現在使用している電話番号や電話機をそのまま使用可能です。また、ビッグローブ光電話サービスを新規で契約するタイミングで、新たな電話番号を発番してもらうことも可能です。

ただし、現在利用中の電話番号をそのまま引き継ぐためには、注意点があります。

それは、電話番号が変わらないのは、現在利用中の電話番号がもともとNTTの加入電話として発番されたものである事が条件となります。他社のIP電話に加入中であっても、もともとの番号がNTTから発番されたものであれば、番号を変えずに移行できます。他社ひかり電話などの新規加入の際に、NTT以外で新たに発番された電話番号の場合は、ビッグローブ光電話への加入により電話番号は変わってしまいます。

<注意事項>

NTTの加入電話など利用していて、ビッグローブ光電話を同一設置場所で利用する場合、現在利用中の電話番号をそのまま利用することを番号ポータビリティーといい、番号ポータビリティーの利用には、別途1番号毎に 同番移行工事費が2,000円必要です。又、番号ポータビリティーの利用には、加入電話などを利用休止または契約解除する必要がありますが、加入電話などの利用休止の際には、別途利用休止工事費が1,000円必要となります

ビッグローブ光電話の通話料

通話料金は一般的な他社固定電話への通話については、全国一律8円/3分となっています。尚、オプションで月額1,400円の「安心プラン」に加入すると、1,280円分(最大8時間分の通話料)がついており、1,280円を超えた通話料については、全国一律7.2円/3分と安価で利用可能です。

また、携帯電話への通話料は以下の通りとなっています。

通話先 通話料金
携帯電話への通話 株式会社NTTドコモ・旧ワイモバイル株式会社への通話 16円/60秒
沖縄セルラー電話株式会社・KDDI株式会社・旧ソフトバンクモバイル株式会社への通話 17.5円/60秒
株式会社NTTドコモ(ワンナンバー機能により着信する場合)への通話 10.8円/3分

ビッグローブ光電話に関する工事は?

次に工事についてですが、作業員が訪問して工事をする場合と、交換機などの変更工事のみで作業員が訪問不要のパターンがあります。各々の工事費用は以下の通りです。

費目 種別 東日本エリア
西日本エリア
備考
基本工事費*1 交換機等工事のみの場合 1,000円 1工事ごと
NTT東日本・NTT西日本がお伺いして機器工事を行う場合 4,500円 1工事ごと
交換機等工事費 基本機能 1,000円 1利用回線ごと
テレビ電話・高音質電話・データ通信*2 無料
ビッグローブ光電話A(エース)*3*5 1,000円 1利用回線ごと
付加
サービス
追加番号 *3 700円 1番号ごと
複数チャネル *3 1,000円 1チャネルごと
発信者番号表示 *3 1,000円 1利用回線ごと
ナンバー・リクエスト *3 1,000円 1利用回線ごと
通話中着信通知 *3 1,000円 1利用回線ごと
自動転送 *3 1,000円 1番号ごと
迷惑電話ブロック *3 1,000円 1利用回線
または1番号ごと
着信お知らせメール *3 1,000円 1番号ごと
FAXお知らせメール *3 1,000円 1番号ごと
同番移行*4 2,000円 1番号ごと
発信番号通知の変更 700円 1番号ごと
機器工事費(ひかり電話対応機器) 設置費 1,500円 1装置ごと

*1ビッグローブ光とビッグローブ光電話を同時に工事される場合は、ビッグローブ光電話の基本工事費は減額されます。

また、付加サービスの追加など同時に2つ以上の工事をされる場合は、2工事目以降の基本工事費は減額されます。

*2平成22年5月31日までに「テレビ電話」「高音質電話」をご利用されていない場合に適用される工事費です。

*3ビッグローブ光電話と同時に工事される場合、交換機等工事費は減額されます。

*4加入電話等を利用休止して、同一電話番号をビッグローブ光電話でご利用される場合の費用です。

別途、加入電話等の利用休止工事費はNTT東日本・NTT西日本へお支払いただく必要があります。*5基本プランからA(エース)へ変更する場合にかかります。A(エース)から基本プランへ変更する場合はかかりません。

ビッグローブ光電話に関する注意点

ここまで、ビッグローブ光電話の特長などをご紹介してきましたが、デメリットもあります。以下に注意点などをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

1.停電時使えなくなるサービスについて

ビッグローブ光電話は、停電時通話ができません。緊急電話についても同様です。対策方法としては、ひかり電話停電対応機器などを利用する事で、一定時間、通話が可能となる場合があります。

2.高齢者用の非常通話などが使えなくなる場合がある

火災災通報装置や非常通報装置、その他緊急時に病院や市役所などとの通話を行う、「高齢者向け緊急通報装置など」を接続する電話回線として、ビッグローブ光ひかり電話が使えない場合があります。くわしくは通報装置の製造会社に事前に確認する必要があります。

3.一部通話できない電話番号がある

以下のサービスが利用できません。

・0170 伝言ダイヤル

・0180 テレゴング/データドーム

・0910 公専接続

・114 お話し中調べ

・136 ナンバー・アナウンス/ナンバーお知らせ136

・141 でんわばん/二重番号サービス

・145 キャッチホンII

・146 キャッチホンII

・151 メンバーズネット

・152 メンバーズネット

・159 空いたらお知らせ159

・161 ファクシミリ通信網

・162 ファクシミリ通信網

・165 メール送受信

・#7000~#9999 #ダイヤル