中部地方限定光回線コミュファ光の特徴とメリット・デメリットについて徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

中部地方限定光回線コミュファ光の特徴とメリット・デメリットについて徹底解説

コミュファ光ってどんなサービス?

コミュファ光とは、KDDIと中部テレコミュニケーション株式会社が共同で提供している光インターネット回線です。サービス提供エリアは愛知、岐阜、三重、静岡の4県、いわゆる中部地方です。2016年12月現在、左記以外の地域での利用は不可となっています。

コミュファ光最大の特徴は、コースとプランの豊富さです。独自のプロバイダがセットになったコースとプロバイダを選べる「セレクト」を選択でき、各コースに3つのプランが用意されています。3つのプランの主な違いは回線速度。プランの名称と、それぞれの回線速度をチェックしてみましょう。

・1ギガホーム・・・上り下りともに最大1Gbps

・300メガホーム・・・上り下りともに最大300Mbps

・30メガホーム・・・上り下りともに最大30Mbps

「1ギガホーム」の最大通信速度は1Gbps。家族が別々にインターネットを利用しても、各端末に快適な通信を提供できるようになっています。

「300メガホーム」は、ストリーミング動画を視聴する機会の多い方に適したプランです。月額料金が1ギガホームより安く、かつ回線速度は最大300Mbpsと必要十分。通信費を抑えつつ、快適に動画を視聴できます。

「30メガホーム」は、とにかくリーズナブルにインターネットを利用したい方に適したプランです。月額使用料は、たったの3,810円。回線速度は最大30Mbpsとやや遅めですが、ウェブサイトの閲覧やSNSの投稿であれば不便を感じることはありません。

以上の特徴をもつ各プランは、光電話とセットで提供されます。光電話の月額基本料金は300円。30メガホームであれば、光回線とプロバイダ、光電話のセットを、月々4,110円+通話料で利用できます。かなりリーズナブルですね。

auスマートバリューを適用できる

auユーザーがコミュファ光を利用すると、「auスマートバリュー」の適用を受けることができます。スマートバリューとは、auのスマートフォンや携帯電話の利用料が毎月割引かれるサービスです。割引額はauの契約内容によって異なりますが、最大で2,000円の割引を受けることができます。

コミュファ光契約者本人だけでなく、同居している家族も割引対象となる点がスマートバリューのうれしいポイント。さらに、離れて暮らす50歳以上の家族にも、契約者と同様の割引を適用可能です。割引を適用できる回線数は、最大10回線。上手に使えば、毎月の通信費を1万円以上節約できます。

光テレビも用意されている

コミュファ光には、光回線で地デジとBSデジタルを視聴できる「光テレビ」も用意されています。光テレビの月額利用料は、460円と安価。さらに、1ギガホームと同時に申込むと、「ギガトリプル割」適用によってなんと月々50円で利用できます。かなりリーズナブルですね。

コミュファ光の申し込み方法

コミュファ光は、電話もしくはインターネットで申し込むことができます。電話で申し込む場合は、フリーダイヤル0120-816-538におかけください。他方、ネットでの申し込みは、ウェブサイトでサービス提供エリアを確認することから始まります。以下の手順をご覧ください。

1.コミュファ光のウェブサイトにアクセス

2.トップページで「お申し込みをご検討中のお客さま」を選択

3.「戸建住宅にお住まいの方 エリア確認・Web申込」を選択

4.フォームに郵便番号もしくは住所を入力して「検索」をクリック

5.表示された住所から任意のものを選択、続いて番地と号を選択

6.選択した場所の地図が表示されるので間違いなければ「はい」をクリック

7.サービス提供の可否が表示される。

以上の手順で、お住いの地域がコミュファ光の利用可能エリアに含まれているかどうかを確認できます。続けて、回線を契約する手順を見てみましょう。

1.サービス提供エリアの検索結果画面で「今すぐ申し込む」を選択

2.契約と個人情報の取り扱い事項を確認

3.「個人情報の取り扱いについて、同意します。」にチェックを入れる

4.「お申し込みはこちらから」をクリック

5.メニュー(コース)と、コミュファ光テレビ申し込みの有無を選ぶ

6.「重要説明事項について」を一読する

7.「光ネットお申し込みにあたっての重要説明事項について、同意します。」にチェックを入れる

8.続いて「コミュファ光電話お申し込みにあたっての重要説明事項について、同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリック

8.「長トク割」適用の有無や、キャンペーン、オプションなどの選択を行い「次へ」をクリック

9.番号ポータビリティを含む各種サービス申し込みの有無を選択して「次へ」をクリック

10.コミュファ光の利用場所や申込者の情報を入力して「次へ」をクリック

11.「この内容で申し込む」をクリック

以上の手順でコミュファ光の申し込みは完了です。申し込み後は、書類の郵送と工事の日程調整を経て、回線工事を行うことになります。プロバイダを別途契約する場合は、回線工事日までに契約を済ませておいてください。回線工事とで光電話の設置が完了すれば、コミュファ光を利用できるようになります。

コミュファ光を申し込む際の注意

コミュファ光を申し込む際は、以下の2点に注意する必要があります。

・申し込みから工事までに2ヶ月以上かかる可能性がある

・利用できるプロバイダが限定される

各注意点の詳細を見ていきましょう。コミュファ光の申し込みから回線開通までの期間は、平均して1ヶ月半程度とされています。ただ、実際は申し込みから2ヶ月以上経っても、工事日が決まらないケースも多いようです。

たとえば、利用を申請した地域で光ファイバーの敷設が完了していない場合、地域の電柱に光ファイバーを引き込む必要が生じます。こうしたケースでは、回線業者がNTTに電柱の使用許可を申請することになるのですが、許可が降りるまでに2ヶ月以上を要する場合が少なくありません。このため、回線工事の予定を決めるまでに時間がかかってしまうのです。

コミュファ光に限らず、上記のような事情で工事が遅れることはよくあります。光回線の申し込みは、少し期間に余裕をもって行なったほうがよいでしょう。

次に、プロバイダについて。先にご紹介したように、コミュファ光には自分で選んだプロバイダを利用できる「セレクト」コースが用意されています。プロバイダにこだわりのある方には、うれしいコースですね。ただ、コミュファ光と提携しているプロバイダは、以下の10社のみとなっています。

・au one net

・エディオンネット

・So-net

・@nifty

・BIGLOBE

・ODN

・TNC

・hi-ho

・IIJ

・Media Cat

フレッツ光の場合だと、1,000社以上からプロバイダを選ぶことができます。比べてみると、コミュファ光で選べるプロバイダ数はかなり少ないと言わざるを得ません。とはいえ、上記10社はいずれも信頼性の高い大手ばかり。どのプロバイダを契約しても、大きな不満を感じることはないはずです。

コミュファ光はどんな人におすすめ?

ここまでにご紹介した内容を踏まえると、コミュファ光はどのような方に適した光回線といえるのでしょうか。以下をご覧ください。

・安価な光回線を探している人

・光電話を利用してみたい人

・auスマホや携帯電話を利用している人

・光テレビを利用してみたい人

上記のいずれかに当てはまる中部地方在住の方に、コミュファ光はおすすめです。まず、前述したように、コミュファ光には多様な料金プランが用意されています。近年は回線速度の速さをウリにする光回線が増えていますが、ネットユーザーの中には速度より安さを重視する方も多いはず。コミュファ光なら、通信速度を抑えた低料金プランを選ぶことが可能です。

光電話を利用してみたい方にも、コミュファ光はおすすめです。全てのプランに光電話が含まれており、月額利用料は300円と安価。気軽に光電話の利用を開始することができます。

auスマートバリューに対応している点も、コミュファ光のうれしいポイント。auスマホや携帯電話のユーザーなら、光回線にコミュファ光を選ぶことで通信費を節約することができます。

ちなみに、スマートバリューを適用できる光回線といえば「auひかり」が有名です。ただしauひかりは、中部地方ではマンションタイプしか提供されていません。一方コミュファ光なら、中部地方で戸建住宅にお住まいの方も、スマートバリューの適用を受けることができます。

最後に、光テレビについて。光テレビとは、光回線を利用して放送データを受信できるテレビサービスです。通常の地デジと比べて、安定した番組視聴が可能となります。

また、コミュファ光の光テレビは、セットトップボックスを必要としません。つまり、回線を繋いだ全てのテレビで、地上波とBSデジタル放送を視聴することができます。この仕組なら、家の各部屋に設置したテレビでBS放送を楽しむことが可能。テレビ好きな家庭に最適な仕様となっています。

コミュファ光のメリット・デメリット

このページの最後に、コミュファ光のもつメリットとデメリットをチェックしておきましょう。まずはメリットから。

・1ギガホームプランなら通信速度が下り・上りともに最大1Gbpsと高速

・ネットの使い方に合わせてプランが選べる

・ONUが5GHzの無線LANに対応している

各メリットの詳細を見ていきましょう。コミュファ光の1ギガホームは、回線速度が下りと上りともに最大1Gbpsと高速です。これにより、データのダウンロードだけでなく、アップロードも快適に行うことが可能。写真や動画のデータをアップロードする機会の多い方なら、上り速度の速さを実感できるはずです。

ネットの利用方法に適したプランを選べることも、コミュファ光のもつメリット。大容量データの送受信を行うなら1ギガホーム、たまにネットを閲覧するだけなら30メガホームといった具合にプランをチョイスすることができます。

ONUが5Ghz帯の無線LANに対応していることも、コミュファ光がもつメリットです。5Ghz帯は、近年利用が開始された電波帯域。ほかの無線機器や家電製品が放つ電波の影響を受けにくいため、快適な無線通信を実現することができます。さらに、コミュファ光の無線LANは、最新無線LAN規格11acに対応。従来の無線LAN規格11cの3倍にあたる、約600Mbpsでの高速無線通信を利用できます。

続いて、コミュファ光のデメリットをチェックしてみましょう。

・料金体系がややわかりにくい

・光電話が不要でもついてくる

・解約手数料が高額

コミュファ光の料金体系は、やや複雑です。ネット初心者がホームページをチェックしても、すぐにはプランを選べないかもしれません。ただ、この点はプランの多さとのトレードオフ。一度料金体系を理解すれば、自分に適したプランを選び出すことができます。

光電話が必ずプランに含まれてしまう点も、コミュファ光のデメリットです。光回線を契約した後も、電話は旧来のNTT回線を利用したいと思う方は多いはず。こうした方にとって、コミュファ光の光電話は“セットという名の押し売り”になってしまいます。ちなみに、光電話の工事費は3,000円。不要なもののために支払う金額としては高額ですね。

解約手数料が高めに設定されている点も、コミュファ光のデメリットです。一般的な光回線の解約手数料は、2年契約の場合で9,500円。一方コミュファ光を2年以内に解約すると、27,000円の解約手数料が発生します。通常の3倍近い手数料の設定は、不親切と言わざるを得ません。コミュファ光利用の是非は、以上のメリットとデメリットを考慮して検討してください。