コミュファ光のプロバイダの選び方や料金プランについて徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

コミュファ光のプロバイダの選び方や料金プランについて徹底解説

少し前まではインターネット回線といえばNTTがサービス展開している「フレッツ回線」のほぼ独占市場でしたが、最近は地域限定で光回線を提供する業者が増えてきています。

「コミュファ光」もそのうちの一つですね。コミュファ光は中部テレコミュケーション株式会社が運営している光回線ブランドの一つで、中部地方(三重県、岐阜県、愛知県、静岡県)を中心にサービス展開しています。

コミュファ光の特徴は?

コミュファ光の特徴は光回線の契約時に「プロバイダ一体型」か「プロバイダ選択型」を選べることです。

プロバイダ一体型ならインターネット回線、プロバイダ両方をコミュファ光と契約することで契約を一本化でき、契約時の手間や月額料金を抑えることができます。

対して、プロバイダ選択型ならコミュファ光が提携しているプロバイダと契約することになり、より自分の目的にあったサービス提供をしているプロバイダ業者と契約できます。

■プロバイダって?

ちなみにプロバイダとは、インターネット回線をネットの世界に接続するサービスのことを言います。よく光回線だけ準備すればすぐにインターネットを利用できる!と勘違いされがちですが、プロバイダなしにネット接続はできないのですね。

そして多くの場合、光回線とプロバイダ、別々に契約することになるので、月々のネット料はこの2つの料金を合わせたものになります。

最近は光回線とプロバイダを同時に契約できる業者も増えていますが、とにかく契約内容や月額料金がわかりにくいのがネックです。いろいろな割引プランがあって結局どこが一番安いのかを把握するだけでも一苦労です。

特に、コミュファ光はプロバイダ一体型と選択型で月額料金が大きく変わってくるので、しっかりチェックしてから契約しないと、後から思っていた以上の金額を請求された、なんてことにもなりかねません。

■コミュファ光のプロバイダの選び方、料金について詳しく解説!

この記事ではコミュファ光の契約プラン、特にプロバイダ一体型と選択型のサービスや料金の違いについて解説していきます。

また、プロバイダ一体型から選択型へのプラン変更はできるのか、その逆はどうか、ということについても解説しますね。

コミュファ光ってプロバイダも込みなの?

上述したように、コミュファ光にはプロバイダ契約込みのプランと、別途コミュファ光が提携しているプロバイダと契約するプランがあります。

どちらが得!とは一概には言えないのですが、プロバイダ一体型のほうが月額の基本料金は安くなる場合が多いです。また、何かネット環境に異常があった場合に、全てコミュファ光に問い合わせることができるので、問題対応も簡便化できますね。

以下からはプロバイダ一体型と選択型、それぞれの料金について解説していきます。

■プロバイダ一体型の料金は?

プロバイダ一体型では光回線料とプロバイダ料を合わせた金額をコミュファ光に支払うことになります。

戸建てかマンションかによって料金は変わります。また、コミュファ光は最大通信速度によって3つのプラン(1ギガ、300メガ、30メガ)を用意しており、それぞれ料金が変わります。以下に契約プラン別の月額料金を記します。これらはネット利用、光電話利用の料金プランで、光テレビを加えたプランは料金が異なります。

・戸建ての場合

1ギガホーム:5,550円(以下、全て税抜表示)

300メガホーム:5,050円

30メガホーム:4,110円

・マンションなど集合住宅の場合

1ギガマンションF:5,550円

300メガマンションF:5,050円

30メガマンションF:4,110円

最大通信速度が速くなるほど料金も高くなっていきますね。

また、コミュファ光回線導入時には光ネット工事費25,000円、光電話工事費3,000円、契約事務手数料700円が初期費用として必要になります。

■プロバイダ選択型の料金は?

では次に、プロバイダ選択型の場合の月額料金を見ていきましょう。このプランでは光回線料をコミュファ光に支払い、プロバイダ料は提携ブロバイダ業者に支払うことになります。以下に記している料金は光回線料だけなので注意してくださいね。

こちらの場合も契約プランによって料金が変わってきます。以下はネット利用、光電話利用の料金プランです。こちらも光テレビを加えると料金が変わります。

・戸建ての場合

1ギガホーム・セレクト:4,130円

300メガホーム・セレクト:3,600円

30メガホーム・セレクト:3,060円

・マンションなど集合住宅の場合

1ギガマンションF・セレクト:4,130円

300メガマンションF・セレクト:3,600円

これら以外に、プロバイダ一体型の場合と同じように初期費用がかかります。金額は同じで光ネット工事費25,000円、光電話工事費3,000円、契約事務手数料700円です。

■長期利用でよりおトクに

コミュファ光は割引サービスとして「長トク割」を行っています。サービス内容は長く使えば使うほど割引額が大きくなる、というもので、まず契約してから2年間継続利用すると月額料金が5%OFFになります。そこから3年経過、つまり5年間継続利用してさらに3年間の継続利用を約束すると8%OFFに、そして3年後、つまり契約時から8年経過時にさらに3年間の継続利用を約束すると10%割引になります。

長く使うほどどんどんおトクになるので、長期的に利用を考えている人はぜひ申し込んでおきましょう。

コミュファ光の提携プロバイダはどこがあるの?

ブロバイダ選択型の契約プランにした場合は、コミュファ光が提携しているプロバイダ業者と契約することで契約時の手間を減らすことができます。コミュファ光がプロバイダ取次を行ってくれるのですね。

提携プロバイダは10社にも及び、自分の目的に合ったサービス、料金を見定めて契約することができます。以下で提携プロバイダとそれぞれの月額基本料金を紹介していきますね。

▽au one net

au one netはauケータイを持っている場合によりおトクになるプロバイダです。auケータイとau one netのポイントを合算して使えるなどの特典があります。

戸建てプラン:1,700円

マンションプラン:1,200円

▽エディオンネット

エディオンネットではエディオンお支払い割引を利用することで、以下の月額料金から100円引きになります。

戸建てプラン(ホーム1ギガ、ホーム300):1,300円

戸建てプラン(ホーム30):1,048円

マンションプラン:1,200円

▽So-net 光

So-net 光では3年間の継続利用を約束する「長割」を適用することで、戸建てプラン(ホーム1ギガ、ホーム300)の場合に限り、月額300円割引を受けることができます。

戸建てプラン(ホーム1ギガ、ホーム300):1,600円

戸建てプラン(ホーム30):1,048円

マンションプラン:1,200円

▽nifty

nifty コミュファ光を11ヵ月間継続して利用すると12ヶ月目のnifty月額基本料金が無料になり、とてもおトクです。さらに、2年目も同様に24ヶ月目が無料になります。

戸建て・マンションプラン:1,560円

▽BIGLOBE

戸建てプラン:1,600円

マンションタイプ:1,200円

▽ODN

戸建て・マンションプラン:1,200円

▽TNC

TNCでは1年間の継続利用を約束する「ソク割15」を適用することで、TNCの月額基本料金が15%割引になります。

戸建てプラン:1,600円

マンションプラン:1,200円

▽hi-ho

戸建て・マンションプラン:1,600円

▽IIJ

戸建て・マンションプラン:2,000円

▽Mediacat

Mediacatはコミュファ光の全ての契約プランには対応していないので注意してくださいね。

戸建てプラン(ホーム30):2,000円

マンションプラン(100メガ):2,000円

以上がコミュファ光が提携しているプロバイダ一覧になります。条件によってはプロバイダ一体型よりもおトクになることもあるので、一度検討してみる価値はあります。

■プロバイダ一体型から選択型への変更は可能?また、その逆は?

どちらの場合も可能です。ただ、状況によって手続き方法が異なり、手数料が発生することもあります。それぞれのケースに分けて解説していきますね。

■サービス利用開始前の場合(回線工事前)

契約プランの変更はコミュファ コンタクトセンターから電話で行います。利用開始前であれば変更時の事務手数料などは発生しません。

■サービスを利用開始後、契約プランを変更する場合

この場合はメニュー変更手数料として3,000円かかります。

メニュー変更日は申し込みの10日以降の希望の日付になります。その日から新しい契約プランに切り替わり、その月の月額料金はそれぞれの契約プランの料金を日割りして計算した金額になります。

■プロバイダ一体型→プロバイダ選択型へ

プロバイダ一体型から選択型へ契約プランを変更する場合は、メニュー変更日に合わせて提携プロバイダの利用開始日を設定します。後ろにズレてしまうとインターネットが利用できない期間が発生するので注意しましょう。

提携プロバイダに申し込み後、送られてくる書類に新しい接続ユーザー名とパスワードが記載されているので、それらを入力することでプロバイダの移行が完了します。

コミュファ光のメールアドレスはメニュー変更日に消去され、メールサーバに保管されているメールも全て削除されるので、必要なメールはバックアップをとっておきましょう。

■プロバイダ選択型→プロバイダ一体型へ

プロバイダ選択型からプロバイダ一体型に契約プランを変更する場合は、メニュー変更日に合わせて提携プロバイダとの契約を解除します。

インターネットに再接続するには、「ホームゲートウェイ(無線LANルーター)」の再起動を行います。また、場合によっては宅内に設置している回線終達装置の取替、配線変更が必要になることがあります。その対象になる場合は、プラン変更の申し込み後に案内文書が送られてきます。

コミュファ光でプロバイダを選ぶ際の注意

コミュファ光は提携プロバイダが充実しており、目的に合ったサービス提供しているプロバイダを選べますが、契約内容や条件には必ず目を通しておきましょう。

特に、最低利用期間は必ず把握しておくようにしましょう。最低利用期間内での解約は多くの場合において高額な違約金が発生します。

さらに、一定期間の継続利用を約束に割引を受ける場合はその利用期間、違約金などもチェックしておく必要があります。最低利用期間内の違約金と、継続利用による割引サービスの違約金はそれぞれ別々に発生することが多いです。

プロバイダ業者はそれぞれ対応しているインターネット回線が異なります。例えば、最大手の一つである「OCN」はコミュファの光回線に対応していません。このように全ての業者がコミュファ光に対応しているわけではないので、業者選びの際には注意しましょうね。

■コミュファ光の最低利用期間にも注意

コミュファ光の光ネットにも最低利用期間が設定されており、期間はサービス開始日(回線工事完了日)から2年間です。この期間内に解約した場合は契約解除料として27,000円が発生します。

プロバイダの変更など契約プランの変更にはこの解除料は発生しませんが、短期間で契約を解除する可能性がある人は要注意です。

まとめ

コミュファ光は中部地方だけのサービスになりますが、月額料金が低価格で、リモートサービスや訪問サービスなどサポート体制も充実しています。中部地方でサービス提供エリアに住んでいる人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。