DMM光テレビは専用端末が必要?気になる料金などサービス内容まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMM光テレビは専用端末が必要?気になる料金などサービス内容まとめ

DMM光テレビは、有料オプションサービスとして提供されており、アンテナを利用することなく地上デジタル放送やBSデジタル放送を視聴することができます。家を引っ越して、テレビアンテナを導入しようかどうか考えているのであれば、少し待っていただきたいと思います。テレビアンテナを導入しなくても、DMM光テレビは、視聴することが可能です。今回は、それらの点も含めて、DMM光テレビの特徴を解説していきたいと思います。

DMM光テレビってどんなサービス?

DMM光テレビとは、アンテナを利用することなく、電波状況に左右されずクリアな映像が視聴できるサービスです。一戸建てであれば、様々な場所にテレビを設置しているという人もいると思いますが、DMM光テレビは、一戸建てであれば、家中のテレビ何台でも同じ月額料金で同様の視聴が可能です。

BSチャンネルに入門できる!

今までBSチャンネルを見たかったけれど、見た経験がないという方も多いでしょう。DMM光テレビは、BS全チャンネルにすべて対応していますので、様々なコンテンツが視聴可能となります。また、地上・CSデジタルも視聴可能です。一般的に、様々なチャンネルを視聴するとなると、テレビ周辺の配線が複雑になります。DMM光テレビは、専用端末が不要なので、テレビ周りの配線が複雑になるということはありません。

【対象者】DMM光テレビは、どんな人におすすめ?

DMM光テレビは、どのような人を対象者としてサービスが提供されているのでしょうか。例えば、あなたが新築の新しい家に引っ越したとします。今までテレビアンテナを利用して、テレビを視聴していましたが今後はテレビアンテナを利用しない方向でテレビを視聴したいと考えたとします。そのような方にお勧めできるのが、DMM光テレビです。なぜならば、テレビアンテナを利用しなくてもテレビを視聴できるからです。

また、人によってはアンテナを立てることができない自宅に居住されている方もいると思います。DMM光テレビでは、アンテナが立てられない方でもサービスの導入が可能ですので、利用を検討してみると良いでしょう。他にもケーブルテレビのインターネットを利用しているけれど、料金が高いので今よりも安いところを探しているという方は、DMM光テレビにサービスを変更してみてはどうでしょうか。テレビを視聴する人であれば、ありとあらゆる人が、DMM光テレビのサービス提供対象者となりますので、利用を検討してみると良いでしょう。

DMM光テレビの月額料金は、オンデマンドは含まない

DMM光テレビを他社サービスと比較したいところですが、インターネットで検索してみると、月額2000円~3000円と表示されているでしょう。一方のDMM光は、税別660円ですので、非常に安く感じます。しかしながら勘違いしてはいけません。2000円~3000の月額料金で利用できるサービスは、オンデマンド放送と呼ばれるもので、そのサービスを提供している会社独自のコンテンツが閲覧できる放送だからです。そのため値段が高いのです。一方のDMM光テレビは、オンデマンド放送ではないため、月額の支払いが税込712円となっています。月額712円でBSチャンネルをすべて見ることができ、自宅にあるすべてのテレビで同様のサービスが受けられるというのは、十分利用する価値があると言えるでしょう。

DMM光テレビ導入に必要な工事費用

DMM光テレビを導入するためには、月額料金を支払うだけではいけません。事前に工事を行う必要があります。工事費用ですが、光回線と同時工事をすれば、3000円で完了します。フレッツテレビ単独工事であれば、7500円で工事が完了しますので、工事費用も準備しておいてください。

【手順は簡単】DMM光テレビの申し込み方法

インターネット回線やプロバイダー契約と同様に、DMM光テレビに申し込む方法は、難しくありません。DMM光テレビに興味を持たれているということは、光ファイバーの開通工事が完了していると思います。もし完了していなければ、インターネットまたは、電話で申込みができますので、オペレーターの指示に従って手続きを済ませてください。DMM光テレビは、DMM光サービスの有料オプションサービスですので、オペレーターに「DMM光テレビを利用したいのですが。」と自己申告しなければ、サービスを利用できません。言い換えれば、サービスの導入などに関する相談に対応してくれる「DMM光サービスセンター」に電話をかければ、すぐに対応してもらえます。

【事前知識】DMM光テレビを申し込む際の注意点とは?

DMM光テレビに申し込む前に、注意点を解説しておきます。申込み者が勘違いしやすいところでもありますので、しっかりと読んでおいてください。

①オンデマンド放送ではない

上記で説明したように、DMM光テレビは、DMMコンテンツなどをオンデマンド放送しているものではありません。独自コンテンツが見られるというわけではありませんので、それを理解したうえで申込みを済ませてください。

②転用者は、サービスを引き継げる

NTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツテレビサービスですが、サービスをそのまま引き継げれば助かるという方も多いでしょう。DMM光テレビを導入する際、その点を考慮してサービスを引き継ぐことが可能ですので安心してください。

③スカパーJSAT施設利用サービス契約約款に申し込む

DMM光テレビに申し込めば、スカパーJSAT施設利用サービス契約約款へ同時に申し込むことになります。新規のお客様が、DMM光およびDMM光テレビを申し込む場合、初期費用を支払う必要があるのです。この初期費用とは、スカパーJSAT施設登録料のことで、2800円が必要になりますので、月額費用以外に準備しておいてください。

【簡単な手続き】DMM光テレビの解約方法とは?

DMM光のオプションサービスを導入したけれど、解約したくなることもあるでしょう。DMM光テレビを申し込んだ時と同様に、「DMM光サービスセンター」に電話をかけてみましょう。解約する意思を伝えれば、必要な手続きについて解説してくれますので指示に従い、解約を完了させましょう。決して難しい手続きは必要ありませんので、オペレーターに任せておけば大丈夫だという程度に理解しておくと良いでしょう。

〈公式情報〉

DMM光サービスセンター(10:00~18:00)

電話番号:0120-007-497

※携帯・PHSからも利用できます。

※一部IP電話からはご利用いただけません。

※年末年始は受付をしておりません。

【基礎知識】DMM光テレビを解約する際の注意点とは?

DMM光テレビは、BSチャンネルなどをすべて視聴することができるため、毎日見ていると、BSチャンネルが見られることが当たり前のように感じます。DMM光テレビを解約すれば、BSチャンネルを視聴できなくなりますので、その点を理解して解約する必要があります。また、今までのように光ファイバーを利用して視聴することがなくなりますので、導入するサービスによってはテレビ周辺の配線が複雑になる可能性があります。DMM光テレビで得られていた恩恵を理解した上で、解約していくことが大切です。オプションサービスでありながら、この月額料金で、このサービス内容なのであれば、気軽に利用できるサービスだと言えるでしょう。ぜひ利用を検討していただきたいと思います。