DMM光を実際使った人の評判や体験談の中で良い点と悪い点を公開

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMM光を実際使った人の評判や体験談の中で良い点と悪い点を公開

DMM光のネット上での口コミは数少ないようですが、他の光回線サービスと比べても比較的好評となっているようです。その理由はどんなところにあるのでしょうか?DMM光のサービス内容を詳しく紹介し、そのメリットについて解説します。

また、メリットだけでなく、デメリットも赤裸々に公開した上で、どんな人に向いているサービスなのかや、DMM光が選ばれている理由についても説明します。

DMM光とはどんなサービス?

DMM光とは、映像や音楽ほか、さまざまなジャンルの総合サイトを運営している株式会社DMM.comが提供している光回線サービスです。設備はNTTのフレッツ光のものを借り受ける、光コラボレーション事業として展開しています。フレッツ光は1Gbpsという超高速インターネットと、高い安定性の高品質を誇っているサービスですが、同じ設備を使っているため、DMM光のユーザーも同等の性能を利用することが可能です。

また、フレッツ光と同等の性能にも関わらず、月額料金はDMM光の方がリーズナブルであるため、高速インターネットをよりお得に利用することが可能です。他にも、DMM.comのサービスが使いやすくなったり、mobileとセットすることによる割引を受けることができたり、さまざまなオプションサービスを利用できたりと、充実した光回線サービスとなっています。

DMM光を実際に使った人の評判、体験談

DMM光の数少ない体験談をネット上で調べてみると、「速度性能が速い」という口コミや「速度が時間帯を問わず、まんべんなく安定している」という口コミが上がっています。

また、あとで解説する「DMM光mobileセット割はお得だ」という意見もあります。全体的にはポジティブな口コミが多い印象を受けました。反面、ネガティブな口コミもゼロではありません。たとえば「工事費用が最大で1万8,000円かかるのは痛い」という意見や、「回線速度が遅い」という意見もありました。

ただ、工事費用は2017年2月28日までの新規加入の場合は無料になるキャンペーンがありますし、回線速度が遅いという意見がごく一部だったため、パソコンや周辺機器などの利用環境の影響も考えられるでしょう。いずれにせよ、総合的には高評価となっているようです。

DMM光の良い点

DMM光の体験談で良い点として口コミされていた速度と料金について紹介します。DMM光の速度はフレッツ光と同じく1Gbpsで、この速度はかつて普及していたADSLというアナログ回線の20倍から1,000倍を誇り、光回線サービス初期の速度の10倍となっています。速度性能は利用環境によって大幅にダウンすることもありますが、フレッツ光と同様に安定した品質となっているようです。

月額料金に関しては、フレッツ光よりもさらにリーズナブルな料金体系となっています。具体的にそれぞれの料金を比較してみましょう。

【NTT東日本(プロバイダOCNの場合)】

ファミリータイプ:5,700円
マンション ミニ:4,850円
マンション プラン1:4,250円
マンション プラン2:3,850円

【NTT西日本(プロバイダOCNの場合)】

ファミリータイプ:4,910円
マンション ミニ:4,230円
マンション プラン1:3,740円
マンション プラン2:3,340円

【DMM光】

ファミリータイプ:4,820円
マンションタイプ:3,780円

※フレッツ光のマンションタイプは、各マンションごとの設備状況によってNTTが定める上記3種類のプランがあり、NTT側がいずれかを選定しています。

このように、同じ性能なのに、大半のプランにおいてDMM光の方がお得な月額料金となっています。

DMM光の悪い点

DMM光の悪い点は、NTTフレッツ光の一部のプランと比較すると、DMM光の方が月額料金が高くなってしまう場合があるというところです。

具体的には、NTT西日本のマンションプラン1と、マンションプラン2に比べると、DMM光のマンションタイプの方が月額料金が高くなってしまいます。もしもNTT西日本エリアのマンションにお住まいで、マンションプラン1やマンションプラン2が導入されているマンションの場合は、NTTフレッツ光の方がお得となるでしょう。

【NTT西日本(プロバイダOCNの場合)】

マンション プラン1:3,740円
マンション プラン2:3,340円

【DMM光】

マンションタイプ:3,780円

ただし、DMM光mobileセット割を利用すると、割引が適用され、フレッツ光のマンションプラン1やマンションプラン2よりもさらに安くなります。

DMM光mobileセット割でさらにお得

DMM光mobileセット割とは、スマホなどのmobileと一緒にDMM光を利用することで、月額500円の割引が適用されるというサービスです。

スマホやタブレットには、顧客情報がインプットされた小型のSIMカードが入っているのですが、通常はドコモやau、ソフトバンクなどは、自社回線でしかスマホやタブレットを利用できないように、SIMカードにロックをかけています。

そのロックを外したSIMカードをDMM mobileで契約し、SIMロックの制約を受けないSIMフリーのスマホやタブレット端末で利用することで、セット割引が適用されるというサービスです。

比較すると、NTT西日本のマンションプラン1やマンションプラン2よりもさらにお得に利用が可能となります。

【NTT西日本(プロバイダOCNの場合)】

マンション プラン1:3,740円
マンション プラン2:3,340円

《DMM光mobileセット割適用時の料金》

ファミリータイプ:4,820円-500円=実質4,320円
マンションタイプ:3,780円-500円=実質3,280円

DMM光はどんな人におすすめなのか

DMM光は少しでも安価に高速インターネットを利用したい人にオススメのサービスです。その中でも特に、DMM.comの総合サイトを利用しているDMMユーザーにオススメです。

その理由は、DMM光はDMM各種サービスの接続が速いという特徴があります。そのため、DMM動画のダウンロードや電子書籍のダウンロードが速く、DMMユーザーにとっては他社の光回線サービスよりもメリットが大きいといえるでしょう。

《ダウンロード時間の比較》

【120分の動画ファイルの場合】

フレッツ光:51分13秒(平日23時)、43分47秒(日曜15時)
DMM光:7分28秒(平日23時)、6分23秒(日曜15時)

【241ページの電子書籍の場合】

フレッツ光:1分22秒(平日23時)、1分15秒(日曜15時)
DMM光:12秒(平日23時)、11秒(日曜15時)

※あくまでも参考値です。

DMM光が選ばれる理由

DMM光が選ばれる理由は、高性能インターネットを低価格で利用できる上、mobileとセットにすると、さらに割引の恩恵を受けることができるところにあるようです。

さらに、DMMユーザーは、各種サービスのダウンロード時間の短縮となり、DMM光を選ぶ重要なポイントといえそうです。

ほかにも、DMM光は、固定電話が全国一律で3分8円となるDMM光電話や、地デジやBS・CSが楽しめるDMM光テレビのほか、パソコンやスマホの故障や破損に対応してくれる端末保証サービスなど、オプションサービスも充実しているので、ユーザーが安心して利用できるサービスです。

まとめ

DMM光の体験談や口コミは、ネット上には少ないのですが、ネットで紹介されている体験談や口コミを見ると、総合的に良い評判となっているサービスです。

その理由は、高速インターネットを他社よりも割安で利用できる上、DMMユーザーが使いやすい環境が整っているところにあるようです。

もしあなたが光回線を検討されているのであれば、数ある光回線サービスの中でもオススメできるサービスですので。検討してみてはいかがでしょうか。