ドコモ光が故障した場合の修理や交換などの対処法を解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光が故障した場合の修理や交換などの対処法を解説

この記事では、故障かなと思った場合の問合せ先や、修理や交換の流れについて分かりやすく解説します。いざという時に慌てなくて良いように対処法を把握しておきましょう。

ドコモ光が故障したらどこに問い合わせたら良い?

ドコモ光を利用中に故障かなと思ったら、ドコモ113センターに問合せることが可能です。ドコモ携帯からかける場合は局番なしの 113 とプッシュすると無料で利用することができますし、一般電話からの場合にはフリーダイヤル 0120-800-000 にかけると通話料無料で対応してくれます。

対応時間は24時間365日となっており、いつでも問合せができて安心です。インターネットが繋がらなくなったら電話してみましょう。

《ドコモ113センター(24時間 365日受付)》

・ドコモ携帯電話から:(局番なし)113 (無料で利用可能)

・一般電話から:フリーダイヤル0120-800-000 (通話料無料)

基本的にはドコモ113センターへ連絡すると良いのですが、実は他にもさまざまな問合せ窓口がありますので、せっかくなので紹介したいと思います。

《その他の問合せ窓口》

・ドコモショップ:加入契約をしたドコモショップで対応可能

・ドコモ光サービスセンター:フリーダイヤル0120-766-156(通話料無料)

・リモートサポートセンター:フリーダイヤル0120-825-360(契約済み)

・リモートサポートセンター:(局番なし)151(ドコモ携帯から)
             :フリーダイヤル0120-800-000(ドコモ携帯以外)

・インフォメーションセンター:(局番なし)151(ドコモ携帯から)
              :フリーダイヤル0120-800-000(ドコモ携帯以外)

・NTT東西:(局番なし)116(NTT固定電話から)
       :フリーダイヤル0120-116-116(NTT固定電話以外)

・プロバイダ:ドコモ光で契約している各プロバイダ窓口

修理はしてくれる?

ドコモ光のインターネットが繋がらなくなった場合には、回線自体に不具合が生じているか、モデムが故障している可能性、無線LANやLANケーブルの不具合、パソコン自体が故障している可能性が考えられます。

回線自体が故障してる場合は復旧までどうしもようもありませんが、LANやパソコンなどの故障の場合には、それぞれの修理や交換が必要となります。ドコモに問合せることで修理をしてもらえるのは、モデムの故障など、ドコモから提供されている機器が故障した場合に限られます。

モデムの故障かどうかも問合せをすることで分かることも多いので、ドコモ113センターに問合せてみましょう。音声ガイダンスに従って番号を選択していくと、オペレーターにつながり、しっかりと対応してくれますが、20時以降は音声ガイダンスのみとなりますので早目の問合せがおすすめです。

ドコモ113センターに問合せをすると、修理の前にいくつかの確認が行われます。その内容は以下の通りとなっています。

《ドコモ113センターで確認される事柄の例》

・モデムの種類の確認(ボタンや形状など)

・線を引っ張ったり、落下、水漏れなどの経験有無の確認

・断線箇所の有無の確認

・コンセントや光ファイバーがきっちりとささっているかの確認

・コンセントを抜き差しの上、起動するかどうかの確認

これらのことを確認されますので、事前にチェックできることはしておくと問合せがスムーズとなります。

万一、故障の原因があなたの故意や過失によるものである場合は修理費用がかかってしまいます。修理料金は派遣工事料金として7,600円、機械の交換代等が5,000円からとなっています。故意や過失によるものでなければ無料で修理をしてくれますので安心です。

故障から修理までの流れ

故障してから修理までの流れはとてもスピーディーなので、急ぎの場合にも安心です。まずは修理依頼の電話をドコモ113センターにかけます。さきほど紹介したチェック項目のヒアリングのあと一旦電話を切り、別途修理日程調整の電話が入ります。

いくつかの候補日を提案してもらえるようですが、早ければ即日対応してくれることもあるようです。修理担当者からも電話が入り、実際に訪問してくれて修理が行われます。早ければ問合せから訪問まで数時間となっており、スピード復旧となっています。

具体的な修理の流れは、各機器の点検、モデムを交換、接続確認という手順で、完了したら「修理・設定内容内訳書」にサインをして無事に修理が終わります。

《修理の手順》

ドコモ113センターに電話

 ↓

チェック項目のヒアリング

 ↓

訪問修理の日程調整

 ↓

修理担当者からの電話連絡

 ↓

修理担当者の訪問

 ↓

各機器の点検・モデムを交換・接続確認

 ↓

「修理・設定内容内訳書」にサイン

 ↓

修理完了

手順が多いように見えるかも知れませんが、全てNTTドコモ側がしっかりとリードしてくれますので、迷わずに復旧することができるでしょう。対応も親切なので、気軽に相談することも可能です。

修理でも直らない場合は交換してもらえるの?

故障した場合にはルーターの交換は可能です。そもそも光ファイバー回線はルーターがなければ利用することができませんので、交換対応に応じてくれます。ただし、故障以外の場合にはルーターの交換をしてくれる場合としてくれない場合があります。

ではどういう時は交換をしてくれて、どういう場合には交換をしてくれないのでしょうか?

《ルーターの交換をしてくれる場合》

故障以外の理由でルーターを交換してくれる場合は、転用などによって回線速度に変更が出る場合です。具体例を出しますと、たとえばNTTのフレッツ光で、Bフレッツやフレッツ光プレミアムなど、現在の光回線速度よりも遅いものを利用している場合には、ルーターを変更する必要があります。

回線速度が変わると、高速回線に対応した機器を利用する必要がありますので、このような場合には交換に応じてくれます。

《ルーターの交換をしてくれない場合》

ルーターが古くなったから新しいものに変えたいという場合には交換はしてくれません。経年劣化によりインターネットの接続に支障がでている場合にはその限りではありませんが、単に古いというだけでは交換はできません。

利用できる限りはそのルーターを使い続けるというのが原則であるため、新品に変えたいという理由での交換は不可能です。

ドコモ光の故障時における注意点

ドコモ光で故障かなと思った場合に、何でもかんでもドコモ113センターに問合せをしてしまうと、かえってスムーズな解決ができなくなる場合があります。そこで、問合せる前に故障情報などをチェックしてから問合せをしましょう。

ドコモ光のサイトでは、ドコモ光工事・故障情報がリアルタイムに掲載されています。もしもここに情報が出ていることがらでインターネットが繋がらないのであれば、わざわざ問い合わせる手間が省けますので、公式サイトでの事前チェックをおすすめします。

まとめ

ドコモ光で故障かなと思ったら、さまざまな問合せ窓口があり、しっかりと対応してくれますので安心です。基本的にはドコモ113センターに連絡をすると、修理や交換に応じてくれるようになっている上、早ければ即日対応してくれる場合もありますので、迅速に復旧させてくれるでしょう。

ただし、故意や過失がある場合には、有料での修理交換が必要となりますので気を付ける必要があります。新品に変えたいなどの理由での交換はNGですが、故障の場合には交換も可能なので、故障かなと思ったら気軽に問い合わせをしてみましょう。