ドコモ光タイプAタイプBの違いとは?お得に契約したい人のプラン選び

ドコモ光の契約プランにはタイプA、タイプBという2つのプランがありますが、「違いがよく分からない…」という方も多いのではないでしょうか。

実は、ドコモ光のタイプAとタイプBで違う点は、

  • 料金
  • 選べるプロバイダの種類

の2つだけで、速度や品質の違いはほとんどありません。

<タイプAとタイプBの違い>

 タイプAタイプB
月額料金(マンション)5,200円5,400円
月額料金(戸建て)4,000円4,200円
プロバイダドコモnet、plala、GMOとくとくBBなど18社から選べるOCN、@TCOM、TNCなど6社から選べる

※上記の金額は2年定期契約の場合の料金です

タイプAのほうが月額料金において200円(年間で2,400円)安いため、こだわりがないのならタイプAのプロバイダを検討してください

タイプAの中でも特にこだわりがないなら代理店とプロバイダが一緒で簡単なGMOとくとくBBのドコモ光で、プロバイダをじっくりと検討したいなら、Wizを代理店に選べばタイプAのプロバイダ18社から選べます。


この記事では、ドコモ光のタイプAとタイプBの違い、プロバイダ選びの注意点などを解説していきます。

ドコモ光のプランは、タイプAがおすすめ

記事冒頭で、タイプAとタイプBの違いは、「月額料金と選べるプロバイダの種類のみ」とお伝えしました。

ですから、当サイトでは料金が安く、速度や品質の違いがないタイプAをおすすめしています。

なぜタイプAがおすすめなのか

タイプAがおすすめな理由は、月額料金の安さです。

タイプAとタイプBは、月額料金が月に200円異なり、年間で2,400円も節約になります。
大した金額じゃないな」と思われるかもしれませんが、インターネット料金などの固定費をこつこつ節約すれば、長い目で見て大きな家計の節約につながるでしょう。

ドコモ光タイプAの申し込み方法

ドコモ光は、

  • ドコモショップ
  • ドコモオンライン手続き
  • 代理店のサイト

などで申し込みすることができます。

キャンペーンを利用してお得に申し込むには、代理店のサイトから申し込むとよいでしょう。

この記事のおすすめの代理店は、株式会社Wizです。

特典の比較をしてみましょう。

申し込み窓口特典内容
ドコモショップ・新規工事料無料特典
・dポイント最大20,000ptプレゼント
ドコモオンライン・新規工事料無料特典
・dポイント最大20,000ptプレゼント
代理店Wiz・新規工事料無料特典
・dポイント最大5,000ptプレゼント
・最大15,000円キャッシュバック
・ドコモ光が開通するまでモバイルルーターを無料でレンタル

このように、代理店からの申し込みだとドコモショップやドコモオンラインではもらえない特典が付いてくるのでよりお得に申し込みができますね。


申し込みの流れ~工事~インターネット開通まで

ドコモ光申し込み後の流れを、お伝えしましょう。

【申し込みの流れ】
~代理店Wizから申し込んだ場合~

  1. Webフォームより申し込み
  2. 代理店Wizから確認電話
  3. 工事日の調整
  4. 回線工事実施
  5. 利用開始

利用開始まではこのような流れになっています。
申し込みは、Web上で名前や住所などを入力するだけでかんたんに行うことができます。
その後電話にて専門スタッフからサービス内容を詳しく聞くことができます。
この電話で「タイプAにしたい」と伝えるとよいでしょう。

プランやキャンペーンなど、納得してから申し込みが完了となりますので安心ですね。


プロバイダ選びはどうしたらいい?ドコモ光のタイプA、Bのプロバイダの違いを解説

ドコモ光に申し込むとき、提携している24社の中からプロバイダを1つを選ぶ必要があります。

ここからは、プロバイダに着目して解説していきます。

プロバイダって何なの?

プロバイダについて簡単に説明します。
インターネットを利用する際にはまず、回線がつながっている必要があります。

しかし、回線がつながっているからといってインターネットが利用できるわけではありません。

その回線からインターネットの世界に入るための入り口の役割を果たしているのがプロバイダなのです。

プロバイダとは

プロバイダとは

プロバイダとは、自宅に引いた光回線をインターネットにつなぐ会社のことです。

プロバイダがないとネットが使えないため、光回線の契約時には同時にプロバイダも契約します(特に別途手続きや契約料がかかるわけではありません)。

ドコモ光では、24種類のプロバイダから好きなものを選べます。

ドコモ光のプロバイダのタイプA、Bの違いは具体的に何なのか?

先ほどもお伝えしましたがドコモ光のタイプAとタイプBの違いは料金と選べるプロバイダ会社の2つだけであり、技術的、品質的な違いは全くありません

それならどうしてタイプAとタイプBの料金には200円の差があるのでしょうか?

これは単純にタイプAとタイプBでは選べるプロバイダ会社が違い、タイプBのプロバイダ会社の都合で少し料金が上がっているためです。

そのため、特にプロバイダにこだわりのない方は月額料金が200円割安なタイプAの中からお好きなプロバイダをチョイスすると良いでしょう。

ドコモ光タイプA・タイプBのプロバイダを比較

タイプAのプロバイダは18社、タイプBのプロバイダは6社から選ぶことができます。

ここでは、プロバイダの一覧を紹介するとともに、プロバイダによってサービスに差が出る「ルーターレンタル」「訪問サポート」「リモートサポート」のキャンペーンを比較します。

ドコモ光タイプAで選べるプロバイダ

《タイプAのプロバイダ一覧》

プロバイダwifi
ルーターレンタル
訪問サポートリモートサポート
ドコモnet有料有料
plala初回無料初回無料
GMOとくとくBB12ヶ月以内
初回無料
@nifty3ヶ月以内
初回無料
初回無料
DTI初回無料
BIGLOBE初回無料
andline
(選択制)
有料初回無料
タイガースネット180日以内
初回無料
エディオンネット有料
excite有料有料
ハイホー60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
スピーディア
インターネット
サービス
60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
ic-net2回無料
36ヶ月以内
シナプス3ヶ月以内
初回無料
6ヶ月以内
初回無料
楽天ブロードバンド60日以内
初回無料
60日以内
初回無料
ネスク
TiKiTiKi有料
01光コアラ有料

タイプAから選ぶなら、プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBでレンタルしているルーターは、スペック・設定の手軽さ・通信速度の実測値の基準を満たした高品質な製品のみ。

インターネットの快適さを重視する方は検討してみてはいかがでしょうか。


ドコモ光タイプBで選べるプロバイダ

《タイプBのプロバイダ一覧》

プロバイダwifi
ルーターレンタル
訪問サポートリモートサポート
OCN初回無料有料
@TCOM有料有料
TNC有料
アサヒネット
WAKWAK有料
ちゃんぷるネット有料
12ヶ月以内

こうしてまとめて見ると、プロバイダごとに提供しているサービスが異なっていることがわかりますね。

プロバイダ選びでの注意点

プロバイダを選ぶ時の注意点は、「後からプロバイダを変更する場合のことを事前に知っておくべき」というところです。

もしも選んだプロバイダが気に入らず、変更したい場合にはいくつかのリスクがあります。

《プロバイダ変更時のリスク》

  • 事務手数料が3,000円程度かかる可能性がある
  • プロバイダメールアドレスが使えなくなる可能性がある
  • 手続きの手間がかかる

これらのことも想定しておき、納得できるプロバイダ選びをしましょう。

まとめ

ドコモ光にはプロバイダ郡ごとに、タイプA・タイプBという料金プランがあります。

ドコモ光のプロバイダはタイプごとに月額料金がことなりますが、こだわりがなければ低価格であるタイプAの中から選ぶと良いでしょう。