ドコモ光×ぷららは微妙?申し込み前に知るべきメリット・デメリット

ドコモ光×ぷららは微妙
学園長
 ドコモ光のプロバイダ選びで迷っている方へ

ぷららってどうなんだろう…?

ドコモ光を契約するなら、キャッシュバックをもらったり、Wi-Fiルーターを無料レンタルしたりと、少しでもお得なキャンペーンを利用して契約したいですよね。

この記事では、ぷららの特徴に着目しながら、ドコモ光のプロバイダ選びをお手伝いします。

ぷららのキャンペーン内容

・15,000円キャッシュバック

・新規工事費が無料

・訪問設定サポートが1回無料

・セキュリティソフトが最大24か月無料

・IPoE対応のWi-Fiルーターを無料でレンタル

ドコモ光では、24社のプロバイダから自由にプロバイダを選ぶことができます。
ぷらら以外のプロバイダも見てみましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーン内容

・5,500円~20,000円キャッシュバック ※加入内容によって変動

・新規工事費が無料

・訪問設定サポートが1回無料

・セキュリティソフトが最大12か月無料

・v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタル

え、ほぼ一緒じゃない!?

そうなんです。プロバイダの提供するキャンペーンは似ていることが多いです。 だからこそ、プロバイダ選びに困ってしまいますよね。

「ぷらら」と「GMOとくとくBB」のキャンペーンで、大きく違うのが速度へのこだわりです。

GMOとくとくBBは、サイト上にインターネット速度の実測値を公開しています。
その実績から、GMOとくとくBBは、2018年度に最もv6プラスの普及に貢献されたと評価され、「v6プラス」最優秀パートナー賞を受賞しています。

インターネットの速さを重視している方は、GMOとくとくBBの速度へのこだわりをご覧ください。


1月10日(金)~21日(火)限定キャンペーン中

抽選で500名様にAmazonギフト券1,000円分プレゼント

・GMOとくとくBBのホームページ(上記のボタン)よりお申し込みください。

・キャンペーン中に申し込み、折り返し電話をもってエントリー完了となります。

ドコモ光のプロバイダをもっとたくさん見てみたい、という方には、こちらの記事もおすすめです。

ぷららを引き続き検討したい方は、この記事で詳しく説明していきますので参考にしてくださいね。

ぷららとは?ドコモ光×ぷららの料金とサービス内容

ぷららは、NTTのグループ会社で、正式名称は「株式会社NTTぷらら」です。
インターネット接続サービス(プロバイダ)や映像配信サービス(ひかりTV・IPテレビ)を提供しています。

ぷららは、ドコモ光の提携プロバイダのうちの1社で、料金プランの「タイプA」を契約すると選ぶことができます。

それでは、ぷららの月額料金やサービス内容を見ていきましょう。

ドコモ光×ぷららの月額料金

プロバイダ一体型のドコモ光の料金プランは、タイプAタイプBの2種類があります。

タイプA・タイプBでは若干、月額料金が異なるのです。

【ドコモ光タイプA 月額料金】※ぷららはこちら

一戸建て 5,200円

マンション 4,000円

※2年定期契約の場合。(2019年12月現在)

【ドコモ光タイプB 月額料金】

一戸建て 5,400円

マンション 4,200円

※2年定期契約の場合。(2019年12月現在)

上の一覧を見ていただくとわかるとおり、タイプAの方がタイプBよりも月額料金200円安いです。つまり、ぷらら(タイプA)を選ぶことで月額料金が安くなります。

ドコモ光×ぷららを利用する場合の月額料金は、一戸建てで5,200円、マンションで4,000円です。

ドコモ光×ぷららの初期費用

先ほど、タイプA・タイプBの月額料金について触れましたが、初期費用はどうでしょうか?見ていきましょう。

  • 契約事務手数料 3,000円
  • 回線が新規の場合は工事が必要。ただし、工事費無料のキャンペーンが適用できる。
  • フレッツ光からの転用なら、工事は不要

工事の有無は、契約条件や接続する場所の環境にもよりますので、申し込み時に、電話のやり取りの中で詳しく聞くのが良いでしょう。

ぷららでは「新規工事料無料」のキャンペーンを行っていますので、実質の初期費用負担は、契約事務手数料3,000円のみです。

ドコモ光×ぷららのサービス内容

金額面の確認ができたところで、ぷららのサービス内容について見ていきましょう。

回線速度

ドコモ光×ぷららの通信速度は、最大1Gbpsです。

この速度は、ぷらら以外のプロバイダでも同じように最大1Gbpsとなっています。

【最大1Gbpsとは?】

必ず1Gbpsのスピードが出るわけではなく、最大値が1Gbpsという意味。

実際の速度は、パソコンの処理能力・ルーターなど機器の性能・回線の混雑状況・利用時間帯によって変わります。

IPv6

ドコモ光×ぷららは、次世代通信技術IPv6接続に対応しています。

また、指定の機器を利用することで、IPv4 over IPv6接続も可能となっています。

【IPv6接続とは?】

従来使われてきたIPv4より新しいインターネット・プロトコル。
IPv4と比較して、アドレスが128ビットに拡張されており、膨大な数のアドレス付与が可能。
IPv6では、地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになる、と言われています。

【IPv4 over IPv6接続とは?】

従来のIPv4通信でも、IPv6(IPoE)の経路上を通れるようにする技術のこと。
より快適にインターネットを利用することができる。

ぷららのキャンペーン

ぷららが提供しているキャンペーンをまとめました。

キャンペーンはプロバイダが独自で行っており、期間限定であることもありますので、最新の情報をいつもチェックしておきたいですよね。

【ぷららのキャンペーン】

15,000円キャッシュバック

新規工事費が無料

訪問設定サポートが1回無料

セキュリティソフトが最大24か月無料

IPoE対応のWi-Fiルーターを無料でレンタル

◆適用条件:ドコモ光(ドコモ光 for plala)に新規で申し込みの方(2019年12月現在)

設定のやり方がよく分からない
ONU?ルーター?聞きなれない言葉ばかりで使えるか心配

何かと分かりにくいインターネット接続設定も、ぷららを選べば、訪問による接続設定サポートが初回無料となります。また、電話によるサポートは、無料で何度でも利用できます。

設定に不安がある方は、安心かもしれませんね。

ドコモ光×ぷららのメリット

ドコモ光では24社のプロバイダを比較し、自分で選ぶことができますが、ぷららを申し込む前にメリット・デメリットを整理しておきましょう。

1.料金面

ぷららは、タイプAのプロバイダなので、タイプBより毎月200円安く、ドコモ光を使うことができます。

2.セキュリティ

ぷららのキャンペーンで、セキュリティソフト(マカフィー)が24か月間無料で利用できます。
他のプロバイダは、12か月間無料でキャンペーンしていることが多いのですが、ぷららなら24か月間適用。約10,000円、セキュリティソフトにかける費用が節約できます。

3.通信速度

ぷららは、次世代通信技術IPv6に対応。ルーターも無料でレンタルできます。

また、「ぷららv6エクスプレス」に申し込みすると、IPv4 over IPv6接続(v6プラス)にも対応できます。
v6プラスは、従来のIPv4とIPv6を共同で利用することで、安定して高速通信が可能になるインターネット接続サービスです。

ぷららのv6プラスは、下記の条件で利用できます。

【2019年12月1日以降にドコモ光 for plalaに申し込みした方】

ひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)を利用している場合は、v6プラスを利用可能

利用していない場合は、ぷららv6エクスプレス対応ルーターが必要

【上記以外の方】

対応のルーターを準備する必要があります

【ぷららv6エクスプレス対応ルーター】

・アイ・オー・データ機器製「WN-PL1167EXシリーズ」

・ドコモ光ルーター01

その他ぷららが提供するルーター

ドコモ光×ぷららのデメリット

デメリットも整理していきましょう。

1.キャンペーン

プロバイダが独自で打ち出しているキャンペーンですが、ぷらら独自のものや、特出したものは見受けられませんでした。

プロバイダ別にキャンペーンを比較した記事がありますので、こちらも参考にしてくださいね。

2.通信速度

ドコモ光は、フレッツ光と同じ光回線を使用しています。つまり、ドコモ光で選べるプロバイダはすべて同じ回線を利用しているのです。

ということは、プロバイダごとで速度の違いはないということです。

ただ、ネットの評判を見ていると、「ドコモ光のプロバイダに●●を選んだらインターネットが遅い」「●●は速い」など、さまざまな口コミが書かれています。同じ光回線を使っているに、プロバイダによって速度は異なるのでしょうか?

答えは、「異なることもある」ということです。

通信は、一つの菅の中を流れています。プロバイダによって管の太さは異なります。菅が太ければ多くの通信を流してもスムーズに流れます。反対に、細ければ流れがわるくなります。
これがインターネットをしていて「遅い」と感じる理由のひとつなのです。

また、あなたの自宅の周りで同じ回線、同じプロバイダを使っている人が多ければ、通信の流れは増え、混雑することも考えられます。

これ以外にも、お使いのPCの性能・ネットワーク機器(ルーター・ハブ)などのスペックによっても速度が変わることもあります。あまり古い機器は使わないで買い替えることも大切です。

ぷららは、次世代通信技術IPv6に対応していますが、それだけでは「通信速度が速くて快適」とは言えないのです。

ドコモ光×ぷららの申し込み方法

ドコモ光 for plalaに申し込みする方法をお伝えしましょう。申し込み方法は以下の通りです。 

  • NTTぷららのWebサイトから申し込む ※キャンペーンが適用できる
  • ドコモのWebサイトからオンライン手続きをする
  • ドコモショップで申し込む

上記で紹介したキャッシュバックなどのキャンペーンを利用するためには、NTTぷららのWebサイトから申し込む必要がありますので注意しましょう。

まとめ

この記事では、ドコモ光×ぷららについて解説しました。
ぷららを申し込む前に、料金プランやキャンペーン情報を確認し、検討していただければと思います。

ぷららは、セキュリティソフト24か月無料や、訪問サポート一回無料などのキャンペーンがありお得な印象を受けるかもしれません。

ただし、ドコモ光の提携プロバイダは、どの会社もキャンペーンを打ち出していますので、「どうしてもぷららでなければならない」ということはありません。

他のプロバイダも見てみることをおすすめします。

もしあなたが、通信速度を重視しているのであれば、『2018年度「v6プラス」最優秀パートナー賞』を受賞しているGMOとくとくBBはいかがでしょうか。

GMOとくとくBBは、従来の接続方式である「PPPoE接続」ではなく、IPv6およびIPv4を共同で利用する「v6プラス」を提供しています。
速度・スペック・手軽さで厳選されたWi-Fiルーターも、無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBでは、通信速度の実測値がサイト上で公開されています。
お住まいの地域で、どのくらいの速度が出ているのか、確かめてみると良いでしょう。

通信速度の確認、およびGMOとくとくBBへの申し込みは、下記をクリックしてください。


Web窓口のメリット

・来店不要

・Web窓口よりかんたんなフォームに答えるだけで申し込みできます。

・キャッシュバックや高性能ルーター無料レンタルなどのキャンペーンが適用されます。