@nifty with ドコモ光のサービス内容と料金プランについて徹底解説

ドコモ光のプロバイダどうしよう……
評判がいいプロバイダ会社ってどこ?

@nifty with ドコモ光は、キャッシュバックWi-Fiルーターのレンタル工事費無料など様々な特典があります。

また@niftyと同じ、タイプAの対応プロバイダにはGMOとくとくBBもあります。

GMOとくとくBBと@niftyは、キャッシュバックやルーターのレンタル、工事費無料などのサービスは同じです。

しかしGMOとくとくBBは@niftyに比べ、長期間のサポート多数のメールアドレスの取得ができ、利用者からの満足度は96.8%と高いです。

このサイトでは、@nifty with ドコモ光について詳しく解説し、GMOとくとくBBとの比較も紹介します。


2月21日~29日限定キャッシュバック特典
キャッシュバック金額が1,000円増額※申込区分により一部
・GMOとくとくBB限定のキャンペーンです。
【適用条件】
1.GMOとくとくBBからの折り返し電話を29日(18時)までに完了させること
2.上記の電話を完了し、ドコモ光の契約を成立させること

GMOとくとくBBについても知りたいという方は以下の記事にも目を通してみるとよいでしょう。

@nifty with ドコモ光の特典4つを紹介

@nifty with ドコモ光に申し込むことで受けられる特典4つをお伝えします。

    ≪ニフティの特典4つ≫

  1. 15,000円のキャッシュバックがされる
  2. Wi-Fiルーターをずっと無料でレンタルできる
  3. 最大10,000ptのdポイントがもらえる
  4. 新規の工事料が無料になる

特典の1つ目は、15,000円のキャッシュバックをもらうことができることです。

このキャッシュバックの対象者は、WEBまたは電話で@nifty with ドコモ光にお申し込み、開通された方となっています。

特典の2つ目は、Wi-Fiルーターを無料で契約中ずっとレンタルすることができることです。

レンタルできるルーターは、次世代通信技術「v6プラス」対応Wi-Fiルーターでインターネットを快適に使うことができます。

「v6プラス」はアクセスが集中するポイントを通らずにインターネットの世界に入っていくことができるため、「混雑している」「遅くなる」時間帯でも快適にインターネットを使うことができます。

ひかり電話を利用していない方でも、v6プラスが利用でき、申し込みから1週間で届くので、すぐに利用することができます。

特典の3つ目は、dポイントを最大10,000ポイントもらうことができることです。

新規で申し込んだ方は10,000pt転用や事業者変更の方は5,000ptをもらうことができます。

特典の4つ目は、新規の工事料が無料になるということです。

通常であればドコモ光に新規で申し込んだ場合、戸建てなら18,000円マンションなら15,000円の費用がかかりますが、@niftyに申し込めばこれらの工事料を無料にすることができます。

また、@nifty with ドコモ光のオプションサービスについても表にまとめています。

@nifty
Wi-Fiルーター
訪問サポート〇初回無料3か月以内
リモートサポート〇初回無料
総合セキュリティ〇12か月無料
メールウイルスチェック
メールアドレス数5
その他独自サービス・ファミリープラン
・Webメール
・メール転送サービス
・ブログ

プロバイダ会社によってオプションサービスが少し異なります。

このサイトの下部で、GMOとくとくBBとのオプションサービスの比較をしますのでぜひお読みください。

ドコモ光の月額料金について紹介

ドコモ光の月額料金は@niftyなどのプロバイダ会社に関係なく、統一されています。

ドコモ光の2年定期契約ありの場合の戸建てタイプの場合とマンションタイプの場合の月額料金は以下のようになっています。

2年定期契約ありの月額料金≫

月額料金
戸建てタイプ5,200円
マンションタイプ4,000円

これらの月額料金は、光回線の料金とプロバイダーの利用料を含めた価格となっています。

ただし、更新後を含む契約期間内での解約は、戸建てタイプなら13,000円マンションタイプなら8,000円解約金が発生してしまうので注意が必要です。

もし2年間の契約期間内に解約する可能性があるという方は、少々月額料金が高くなってしまいますが定期契約なしの契約をする方がよいでしょう。

定期契約なしの戸建てタイプとマンションタイプの月額料金は以下のようになっています。

定期契約なしの月額料金≫

月額料金
戸建てタイプ6,700円
マンションタイプ5,000円

2年契約で申し込むほうが月額料金が安くなるので、解約する可能性がない方は、2年契約で申し込む方がよいでしょう。

@niftyの速度はどう?IPv6に対応している

インターネットを利用している方の速度は、ドコモ光の影響だけでなくパソコンやルーターなどの利用環境やLANケーブルや回線の混雑状況、利用時間など様々な影響を受け速度が低下してしまうことも考えられます。

@nifty with ドコモ光の速度はどうなのかを考えたときに2つの特徴が挙げられます。

まず1つ目の特徴が、ドコモ光は通信速度が最大1Gbpsとされているということです。

この最大1Gbpsという通信速度は@niftyなどのプロバイダ会社に関係なく、ドコモ光であればどのプロバイダにも保障された情報となっています。

そのため、インターネット利用環境や利用時間帯に左右されることもあるかもしれませんが、通信速度が最大1Gbpsということは保証されているので安心です。

次に2つ目の特徴は、@nifty with ドコモ光はIPv6接続(IPoE方式)に対応しているということです。

従来のIPv4接続(pPoE方式)であれば、時間帯によっては利用者が多いため混雑することがあり速度が遅くなるということもありました。

しかし、IPv6接続(IPoE方式)はデータ量が多いため混雑することがなくくインターネットを快適に使うことができます。

そのため、今の通信速度に不満がある方や他社でIPv6を利用している方は@nifty with ドコモ光はの利用を考えてみるのもよいでしょう。

@nifty with ドコモ光の申し込み方を紹介

@nifty with ドコモ光の申し込みは基本的に電話とWebで行うようになっています。

新規で申し込む場合転用で申し込む場合の2パターンを紹介していきます。

新規で申し込む場合

フレッツ回線を利用していない方は、新規申し込みとなります。

新規で申し込む場合は以下のような手順になっています。

  1. 電話または「@nifty with ドコモ光」の公式ホームページから連絡し、日時を選択
  2. 電話にて申し込み内容の確認
  3. 工事日調整のためドコモ光サービスセンターに連絡
  4. 工事をうける

基本的に電話かWebで手続きを進めていくため、どこかに足を運ぶ必要はなくそこまで手間がかかることはありません。

転用で申し込む場合

フレッツ回線をご利用中の方は、転用申し込みとなります。

転用申し込みの手順は以下のようになっています。

  1. 転用承諾番号を取得する
  2. 電話または「@nifty with ドコモ光」の公式ホームページから希望の日時を選択
  3. 電話で申し込み内容の確認
  4. 工事をうける

「転用承諾番号」とは、現在ご利用中のフレッツ光回線を@nifty光へ変更するために必要な番号です。

転用承諾番号を取得する際には、以下のものが必要になるので準備しましょう。

  • 「お客様ID番号」「ひかり電話番号」「ご契約者連絡先電話番号」のいずれか1つ
  • フレッツ光回線のご契約者名義(カタカナ)
  • フレッツ光回線敷設先の郵便番号と住所
  • 現在のお支払い方法(請求書、口座振替、クレジットカード)
  • 「転用承諾番号」連絡先のメールアドレス

承諾番号には有効期限があるので、取得後5日以内に@nifty光にお申し込みください。

GMOとくとくBBと@nifty with ドコモ光を比較してみた

GMOとくとくBBと@niftyはどちらもタイプAのプランとなっているので、月額料金は変わりません

しかし、オプションサービスが少し異なります。

どのような違いがあるのか具体的に見ていきましょう。

@niftyGMOとくとくBB
Wi-Fiルーター
訪問サポート〇初回無料3か月以内〇初回無料12か月以内
リモートサポート〇初回無料なし
総合セキュリティ〇12か月無料〇12か月無料
メールウイルスチェック
メールアドレス数515
その他独自サービス・ファミリープラン
・Webメール
・メール転送サービス
・ブログ
・ホームページ
・Webメール
・メール転送サービス

大きな違いは4つあります。

まず1つ目が訪問サポートの期間です。

@niftyの場合は3か月以内GMOとくとくBBの場合は12か月以内となっています。

訪問サポートでは、機器の接続や設定の仕方などのサポートをしてもらうことができます。

次に2つ目は、リモートサポートの有無です。

@niftyのリモートサポートは、オペレーターが遠隔で利用者のパソコンやスマートフォンの画面を見ながら、トラブルの解決や使い方を案内するサービスとなっています。

さらに3つ目は無料で使うことのできるメールアドレスの数です。

@niftyの場合は5個GMOとくとくBBの場合は15個となっています。

最後に4つ目は、その他独自サービスです。

@niftyの場合は、家族用の子ID4つまで無料のファミリープランと2GBまでのブログ、GMOとくとくBBの場合は350GBまでで、最大15個のホームページのサービスがあります。

GMOとくとくBBについても知りたいという方は以下の記事にも目を通してみるとよいでしょう。

個人のインターネットの利用の仕方にもよりますが、パソコンに不安が多いので長期間サポートを受けたい方多数のメールアドレスを無料で取得したい方GMOとくとくBBへ申し込むのがよいかもしれません。

GMOのサイトでは、実際に2019年5月22日~6月4日にかけてGMOとくとくBBのドコモ光を利用者の満足度を数値にしましたが、満足度は96.8%と非常に高い満足度を得ているので安心です。

また@niftyのファミリープランやブログに興味があるという方は@niftyに申し込まれる方がよいでしょう。

【キャンペーンが魅力的な光回線】
ドコモ光
ドコモ光wiz
  • 20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料無料
  • ドコモスマホ割引あり
NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 月額4,743円で使い放題
  • 通信速度2Gdps
ソフトバンク光
Wiz-img 
  • 48,000円キャッシュバック
  • ネット会員数No.1
  • たった5分の超簡単入力!