ドコモ光とフレッツ光の違いや転用の手続き方法、メリットなどを徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光とフレッツ光の違いや乗り換え方法、メリットなどを徹底解説

ドコモ光とフレッツ光の違いって何?

最近よく耳にする「ドコモ光」と「フレッツ光」。ドコモショップではしきりにドコモ光を勧められたり、家電店ではフレッツ光を案内されたり、しかもどちらもプロバイダが選べるようだし、とにかくよくわかりませんよね。どちらも同じNTT系の会社のようですが、いったい何が違うのでしょう?

今回はドコモ光とフレッツ光、なんだかよくわからないこの2つと会社と仕組みを探ってみました。

ざっくり言えば提供元が違うだけ

ドコモ光とは、NTTドコモがフレッツ光回線とプロバイダを抱き合わせて提供する光ブロードバンドサービスで、ようするにドコモの光コラボです。

もちろんドコモですからケータイとのセット割引も期待できるというわけです。フレッツ光とは、単に東西NTTが提供する光回線のことなんですが、プロバイダと契約しないとインターネットは利用できません。

ただ一般的にフレッツ光といえば「インターネットができるNTTの光回線」ということで、プロバイダはおまけ程度に思われているのが現状のようです。

実ははどちらも同じNTTのフレッツ光回線なんです。シンプルに違いを見れば、光回線を提供する会社が違うということだけです。

ではなんでそんなややこしいことをするの?どちらでもいいのでは?

同じ光回線で同じNTT系なら、あえてそんな複雑なことをしなくてもと思われがちですが、同じNTT系といってもどちらも民間企業ですから、それぞれに売り上げを伸ばすための新たな事業展開を進めたいわけです。NTTは既に全国区の光回線網をもっているわけですから、これをうまく利用したい。

ドコモはケータイ部門ではシェアが高いわけですが、近年ではソフトバンクやauにおされがちなので、ドコモの利用者を維持しながら他のキャリアへの乗り換えをくい止めるべく、兄弟分のNTTがもっている光回線網をうまく利用できればと思っていたわけです。ここで最近よく耳にする「光コラボ」というしくみが絡んできます。

光コラボスタートで「ドコモ光」が誕生

フレッツ光がNTTの提供する光回線、このフレッツ光回線をNTTから買い取ってドコモが独自のサービスを提供するのが、ドコモの光コラボ「ドコモ光」です。

ちなみに光コラボと聞けば、フレッツ光回線とプロバイダがひとつになっただけの印象ですが、じつは企業や学習塾、家電店や警備会社、など、フレッツ光回線を利用してさまざまにサービスを提供するしくみのことなんです。こうして今後ますます、光コラボを利用する生活サービスが増えてくることが予想されています。

ドコモが運営する光回線だからドコモケータイとの連携ができる

光コラボを扱う事業者は、フレッツ光回線を自社のサービスのひとつとして展開できます。

ドコモは本来ケータイがメイン商品ですが、新商品の「ドコモ光」は、ドコモのケータイとフレッツ光回線のセット利用でトータル的に割引されるおトクなサービスなんです。

ドコモのケータイを使っていたり、他のキャリアからドコモへの買い替えを考えているなら、インターネットもオトクになるドコモ光はオススメです。

もちろん申し込みやサービス、料金の支払い窓口はひとつなので、余計な手間いらずでいいですよね。

 

フレッツ光からドコモ光に乗り換える方法

すでにフレッツ光でインターネット契約をしている人は多いと思います。

ドコモ光もフレッツ光回線を使っていますが、同じフレッツ回線ということでそのまま利用できれば、あらたな手続きや工事費の発生もなく楽勝なんですが、そのあたりはどうなんでしょうか?プロバイダのことも気になりますよね。

転用は意外とあっさり、条件があえば費用負担もゼロ!

実はフレッツ光からドコモ光への転用は意外と簡単なんです。まず、現在利用しているプロバイダやフレッツ光回線用の機材がそのままの転用なら、申し込んで切り替え日を待つだけ。工事の立ち会いや、フレッツ光の解約金、その他の工事費は一切不要です。

但し、現在のフレッツ光回線の契約が、「Bフレッツ」「フレッツ光プレミアム」「フレッツ光ライト」の場合や、新規に光電話対応無線ルーターをレンタルする場合などは、申し込み内容により若干の費用が必要な場合があります。

ドコモ光はプロバイダを選ぶことが必要になる

ドコモ光では他社の光コラボと違い、プロバイダを自分で選ぶ必要があります。

先ほど紹介した「転用時にプロバイダがそのまま利用できる」というのも間違いではありませんが、お金をかけずに転用するには、ドコモ光があらかじめ用意した「タイプA」18社、「タイプB」7社のプランの中に、利用中のプロバイダがあることが前提です。

ドコモ光のプラン、タイプAとタイプB、単独型って?

タイプAとタイプBはプロバイダ料金一体型で、単独型はその名の通りドコモ光の光回線だけの提供、プロバイダは自分で用意するので別料金になります。

タイプAとタイプBといっても、たんに料金が違うだけ。タイプAのほうが2年定期契約の月額料金が200円安くなります。

ドコモ光の提携プロバイダがコチラ

タイプAのプロバイダは、

ドコモネット、ぷらら、So-net、ビックローブ、DTI、BBExcite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、光コアラ、ANDLINE、@ネスク、hi-ho、GMO、IC-net、タイガースネット、TiKiTiKi、UPa! 計18社

タイプBのプロバイダは、

ASAHIネット、@ニフティ、TCOM、TNC、OCN、WAKWAK、@ちゃんぷるネット 計7社

いかがですか?フレッツ光を利用中で今お使いのプロバイダがこの中にあれば、プロバイダ料金だけでもほぼ半額以下になります。

あればラッキーなのですが、それ以外の「単独タイプ」(自分で決める)では、実質月額料金がアップ、ドコモ光に転用するメリットまでもがなくなってしまうのです。

フレッツ光からドコモ光への転用はカンタンなのですが、この点は要検討かもしれません。 

フレッツ光からドコモ光に転用するメリット・デメリット

さて、フレッツ光とドコモ光の違いや、プロバイダのことさえクリアすれば転用もアリかなとも思えてきました。

ではここであらためて、フレッツ光からドコモ光に転用する場合のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

あくまで「転用する」際のメリット・デメリットですから、フレッツ光を利用していない場合や新規の利用では多少主旨がずれてくるので、この限りではありません。

フレッツ光からドコモ光に転用するメリット

◆解約金が発生しない

フレッツ光からドコモ光への「転用」は、たとえばフレッツ光から電力系の光回線へ変更する場合の「他社乗り換え」とはならないため。フレッツ光の解約金が発生しません。

同じフレッツ光回線を利用するわけですから設備や端末もそのまま、ハード面での変更が不要なわけですね。

◆プロバイダを変えずに使えて料金が安くなる

現在利用中のプロバイダがドコモ光の提携するプロバイダに含まれていれば、プロバイダがそのまま使えて月額利用料金も安くなります。

◆ケータイがドコモならセット割が使える

フレッツ光ではケータイと光回線は別物でしたが、ドコモ光はケータイ会社のドコモがやっている光コラボ。ドコモのケータイを利用するなら「ドコモ光パック」というセット割が受けられるようになります。

◆サポートや料金窓口が1本化される

フレッツ光ではプロバイダと回線の運営会社が別だったため、問い合わせ窓口や料金の支払いも別々になっていました。ドコモ光にするとこれが1本化され、ドコモショップでの対応も可能になり、手続きがラクになります。

◆dcardGOLD支払ならポイントが貯まりやすくなる

ドコモケータイのサービスのひとつにdcardGOLD支払でのポイント還元がありますが、ドコモ光に転用することで支払先がドコモに一本化されるため、当然ポイントも貯まりやすくなります。

dcardGOLDは、転用の際に同時に申し込んでもいいでしょう。

公式サイトよりもお得にドコモ光に申込みが可能なGMOとのコラボページはこちら

フレッツ光からドコモ光に転用するデメリット

◆プロバイダを変えると料金が高くなることも

フレッツ光からドコモ光に転用するなら、今まで使っていたプロバイダもとくにこだわりがないので、いっそのこと替えてしまおうとなりがちですが、あくまでドコモ光が提携するプロバイダに限られます。

それでもプロバイダが提携先にない場合は「単独型」というプランになります。

しかしプロバイダを提携先以外から決めてしまうと、トータルの利用料金が高くなることがあります。

◆速度が遅くなったというクチコミも意外と多い

フレッツ光からドコモ光への転用では、同じフレッツ光回線つまりハード面は変わらないので理論的に回線速度は変わりません。

ただ実際は、転用後に速度が遅くなったというクチコミが後をたちません。

これはいったいどういうことなのでしょう?

→参考ページ ドコモ光の速度が遅くなってしまう原因と評判まとめ

よくある原因ですが、ドコモ光へ転用するついでにプロバイダを変更、これにともなってセキュリティソフトを入れ替えたこと。また転用にともなって心機一転、PCやルーターなどの端末を変更したなどと、ユーザーのハード面の環境が変わったことで、ネットの閲覧が遅くなるということがあります。

PCを選ぶときは値段ではなく、CPUとクロック周波数とメモリ容量の3大要素が充実しているものを選びましょう。PC選び方の詳細は、また別のカテゴリで詳しく紹介します。

WiFiを利用するときの無線ルーターも、無線の電波が混雑している地域では、チャンネルを変更することで改善される場合があります。

・WEBサイトが混みあっている

大きな事件や台風や地震などの大災害時に、WEBサイトが混みあってネットの閲覧が遅くなることがあります。WEBサイトといっても結局は発信元のサーバーとつながっているだけ。よほどスペックの高いサーバーでなければ、処理が追いつかなくなってしまいます。

この原因で回線が遅くなると、自分だけ閲覧するサイトを変えてもそのエリアでの閲覧が集中している場合は結局回線がパンクし、なかなか平常に戻らないときがあります。

このようにひと口に「ネットが遅くなった」といっても、いろんな要因が考えられるわけです。

ただここでいえることは、フレッツ光をドコモ光に転用しただけで回線速度が遅くなるということは、基本的にはあり得ないということです。

■とにかくサポート窓口の電話がつながらない

さまざまなトラブルや契約内容の確認などで、ドコモ光のサポート窓口にTELする方は多いと思います。ちょっとしたことでも書面やメールでのやりとりではどうもイマイチ不安、電話で直接話ができれば、内容はともかく安心感が違いますよね。

ただこの電話が全然つながらないといった苦情がダントツに多いのです。

これは一部の光コラボを除いて、ほぼすべての光コラボでいえることですが、とくにドコモ光は、ソフトバンク光と肩をならべて電話がつながらないと悪評です。

こればかりはどうしようもありません。ドコモ光に言わせれば「時間帯を変えてみてください」とか「メールでの問い合わせもできます」、「オフィシャルサイトのQ&Aにも似たような事例がありますのでまずは参考に」とのこと、その場で困っているユーザーへの対応にはなっていませんよね。

プロバイダ選びの3大要素は「安い」、「速い」、「サポートが充実」です。

サポート面では早期の改善を望みたいところです。

フレッツ光からドコモ光へ転用する際のメリットとデメリットをあげてみましたが、トータル的にどう判断するかは結局ユーザー次第です。

ずっと長く安心してネットが快適に使えるよう、しっかり検討してみてくださいね。

ドコモ光からフレッツ光に戻すことは可能?

ドコモ光のことをいろんな情報や口コミをもとに考えた結果、ほぼフレッツ光からドコモ光へ転用への運びとなったとしましょう。

ただ転用前にもうひとつだけ気になること、それが転用後にドコモ光からフレッツ光に戻せるのかという点です。

さまざまに検討した結果の転用ですから、そうたやすくコロコロと変えたくはありませんよね。

それでも使ってみたらほとんどメリットが感じられなかった、むしろ料金も高くなって回線も遅くなった、とにかくサポートの対応が悪いなどと転用したことにストレスが溜まり、、やはりもとのフレッツ光に戻そうなんてことになるかもしれません。

転ばぬ先の杖ではありませんが、事前にその仕組みを知っておきましょう。

ドコモ光からフレッツ光に無料で戻す方法はナシ!

そもそもフレッツ光からドコモ光への転用は、フレッツ光の回線をそのまま利用できるため、費用がほとんどゼロということがメリットでした。

ところがいったんドコモ光にしてしまうと、これは他の光コラボでも同じですが、ドコモ光からフレッツ光へは「転用」とならないため、「解約」した上で「新規」にフレッツ光を申し込むようになります。

これには、解約金や新規契約時の工事費などが必要になります。

ようするに、ドコモ光からフレッツ光に無料で戻す方法はないということです。

それでもドコモ光からフレッツ光に戻したい時

費用がかかっても、とにかくドコモ光を解約したいとなると、これはもう通常の解約ですから、新規契約となるフレッツ光に戻す戻さないはその後の話、まずはドコモ光の解約の申し込みをして手続きを始めるしかありません。

ドコモ光の違約金は定期契約の場合、戸建てファミリータイプで13,000円、マンションタイプで8,000円です。その他の細かな金額は契約内容や解約時期によってまちまちなので、ここでは一概には言えませんが、フレッツ光などの解約金から見れば比較的安い設定とは言えそうです。

解約日は日割り計算なしの月締めなので、少しでもネットの閲覧時期を延ばすなら、月末の解約が少しでもオトクです。

→ドコモ光の解約方法についてはこちらに詳しく書いています