ドコモ光とフレッツ光の違いは?利用時に差がつく5つのポイントとは

ドコモ光 フレッツ光 違い アイキャッチ画像

ドコモ光とフレッツ光って何が違うの?
料金が安いのはどっち?

スマ子ちゃん
ドコモ光とフレッツ光の違いって何?
学園長
ドコモ光とフレッツ光は提供会社が違うぞ!

ドコモ光とフレッツ光は提供会社が異なります。
この提供会社の違いから月額料金やプラン内容は異なります

ドコモ光とフレッツ光を5つの項目を比較してみました。

《ドコモ光とフレッツ光の比較表》
 ドコモ光フレッツ光
提供会社NTTドコモNTT東・西日本
月額料金戸建て
¥5,200※
マンション¥4,000※
戸建て
¥3,300~7,000※
マンション¥2,500~5,250※
工事費キャンペーンを利用すれば無料戸建て¥18,000
マンション¥15,000
スマホのセット割〇(毎月最大3,500円引き)×(なし)
通信速度最大1Gbps最大1Gbps

プロバイダ料金を含む

ドコモ光とフレッツ光を比較するとメリットが3つ挙げられます。

《ドコモ光のメリット3つ》

  • 高額な工事費が無料
  • 月額料金+プロバイダでの料金が低価格
  • スマホがドコモならセット割が利用できる

ドコモ光では約2万円くらいかかる工事費が無料になります

またスマホとセットで利用すればスマホ料金が割引になるセット割を利用することができます。

さらに家族でドコモのスマホを契約している場合は最大で3,500円の割引が適用されます。

工事費無料キャンペーン15,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っているので工事費を節約できキャッシュバックキャンペーンも契約できます。

安くてキャンペーンが豊富なドコモ光に以下のボタンから申し込みができます。


ドコモ光について詳しく知りたいという方は下記のサイトも読んでみましょう。

ドコモ光

ドコモ光の特徴

  • 15,000円キャッシュバック!さらに追加でdポイント最大10,000円分
  • 今申し込むと期間限定工事費無料キャンペーン実施中!
  • 高速通信可能!ダウンロード速度が152.67Mbpsと高速!

ドコモ光とフレッツ光の違いを分かりやすく説明

ドコモショップではしきりにドコモ光を勧められたり、家電店ではフレッツ光を案内されたり、違いが分かりにくいですよね。

ドコモ光とフレッツ光の違いを分かりやすく説明していきます。

ドコモ光とフレッツ光の違いは提供している会社が違うだけ

ドコモ光とフレッツ光の違いは、光回線を提供する会社が違うという点です。

ドコモ光は、NTTドコモが提供会社となっていますが、フレッツ光は、NTT東日本やNTT西日本が提供会社となっているプロバイダ一体型の光インターネットサービスとなっています。

フレッツ光回線をNTTから買い取ってドコモが独自のサービスを提供するのが「ドコモ光」となっています。

フレッツ光と比べたドコモ光のメリット

ドコモ光は、ドコモが運営する光回線なのでドコモのスマホとの連携によって利用できるサービスが多くあります。

ドコモのスマホを使っているあるいはスマホをドコモへの乗り換えを考えているという方は、ドコモ光を利用することで料金が節約できるので良いかもしれません。

これから、ドコモのスマホと利用することで生じるメリットについて説明していきます。

ドコモ光と請求を一本化することができるというメリット

まずは固定電話の利用料を、ドコモ光と一本化して扱うことができるというメリットが挙げられます。

前述の通り、ドコモ光電話は「ドコモ光の付帯サービス」として扱われるため、基本的な料金はドコモから請求されることになります。

今までは電話会社に支払っていた電話料金は、当然ながらインターネットサービスとは別に請求されることが基本です。

ドコモ光電話に加入することで、これをドコモ光の請求と一本化することができ、家計の管理をしやすくなります。

ドコモのセット割を利用できる

ドコモは本来スマホがメイン商品ですが、新商品のドコモ光はドコモのスマホとフレッツ光回線のセット利用でトータル的に割引されるサービスとなっています。

ドコモのスマホを使っていたり、他のキャリアからドコモへの買い替えを考えているなら、インターネットとスマホの料金を安く抑えられるドコモ光も合わせて使うとよいでしょう。

割引金額としては、1台契約かギガホ・ギガライト、シェアパックご利用かによって変わります。

通常の1台契約の場合

通常の1台契約の場合の割引価格は以下のようになっています。

プラン名称(パック)割引価格月額定額料セット割適用後
ウルトラデータLLパック-1,600円8,000円6,400円
ウルトラデータLパック-1,400円6,000円4,600円

シェアパックの場合

シェアパックの場合の割引価格は以下のようになっています。

プラン名称(パック)割引分月額定額料セット割適用後
ウルトラシェアパック100-3,500円25,000円21,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円16,000円13,100円
ウルトラシェアパック30-2,500円13,500円11,000円

ギガホ・ギガライトの場合

ギガホ・ギガライトの場合の割引価格は以下のようになっています。

料金プラン割引分月額定額料セット割適用後
ギガホ-1,000円6,980円5,980円
ギガライトステップ4 ~7GB-1,000円5,980円4,980円
ステップ3 ~5GB-1,000円4,980円3,980円
ステップ2 ~3GB-500円3,980円3,480円
ステップ1 ~1GB2,980円2,980円

ドコモ光のセット割に申し込みたいという方は、以下のボタンから申し込みができます。

ドコモ光のセット割について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでしましょう。

フレッツ光からドコモ光に乗り換える方法

上記のように、ドコモ光はフレッツ光と同じNTT回線で、さらにケータイとのセット割もききます。

ここからはフレッツ光からドコモ光へ乗り換える際の手続きについて解説します。

実はフレッツ光からドコモ光への転用はそこまで時間はかかりません

さらに、フレッツ光からドコモ光への乗り換えは違約金は必要ありません。

まず現在利用しているプロバイダやフレッツ光回線用の機材がそのままの転用なら、申し込んで切り替え日を待つだけです

工事の立ち会いや、フレッツ光の解約金、その他の工事費は一切不要なので安心してください。

ただし現在のフレッツ光回線の契約が、「Bフレッツ」「フレッツ光プレミアム」「フレッツ光ライト」の場合や、新規に光電話対応無線ルーターをレンタルする場合などは、申し込み内容により若干の費用が必要な場合があります。

ドコモ光はプロバイダを選ぶことが必要になる

ドコモ光では他社の光コラボと違い、プロバイダを自分で選ぶ必要があります

先ほど紹介した「転用時にプロバイダがそのまま利用できる」というのも間違いではありませんが、お金をかけずに転用するには、ドコモ光があらかじめ用意した「タイプA」18社、「タイプB」7社のプランの中に、利用中のプロバイダがあることが前提です。

ドコモ光のプラン、タイプAとタイプB、単独型について説明

タイプAとタイプBはプロバイダ料金一体型で、単独型はその名の通りドコモ光の光回線だけの提供、プロバイダは自分で用意するので別料金になります。

タイプAとタイプBの違いは、料金が違うだけです。タイプAのほうが2年定期契約の月額料金が200円安くなります。

また、それぞれのプロバイダによって提供メアドの数やセキュリティ無料サービスなども違うので自分に合ったプロバイダ選びが重要です。

ドコモ光の提携プロバイダを紹介

《タイプAのプロバイダ一覧》

プロバイダ訪問サポート無料ルーターレンタルセキュリティ
ドコモネット有料なし12か月無料
プララ初回無料ありセキュリティ有料
GMOとくとくBB初回無料あり12か月無料
@nifty初回無料あり12か月無料
DTI初回無料あり12か月無料
ic-net2回無料あり36か月無料
Tigers初回無料(180日以内)なし永年無料
BIGLOBE初回無料あり12か月無料
andline有料あり12か月無料
シナプス初回無料なし12か月無料
BB excite有料なし36か月無料
エディオンネット有料なし有料
SIS初回無料(60日以内)あり永年無料
ハイホー初回無料(60日以内)あり12か月無料
@ネスクなしなし有料
01光コアラ有料なしなし

《タイプBのプロバイダ一覧》

プロバイダ訪問サポートルーターレンタルセキュリティ
OCN初回無料あり12か月無料
@TCOM初回無料(60日以内)あり12か月無料
TNG有料なし12ヶ月無料
AsahiNetなしなし有料
WAKWAK有料なし有料
チャンプルネット12か月以内なし有料

フレッツ光を利用中で今お使いのプロバイダがこの中にあれば、プロバイダ料金だけでもほぼ半額以下になります。

しかし、新しくプロバイダを探しの場合はたくさんあってどれがいいか迷ってしまいますよね。

数あるプロバイダから使う1社を選ぶ際に料金が比較的安く、キャンペーンも多いGMOとくとくBBを考慮に入れてみてください。

GMOとくとくBBは、特に最大20,000円キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが充実しています。

<GMOとくとくBBがおすすめな理由>

  • 新規申込みで今なら15,000円キャッシュバック
  • 今申し込むと期間限定工事費が無料!
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる!

フレッツ光からドコモ光に転用する5つのメリット

フレッツ光とドコモ光の違いや、プロバイダのことさえクリアすれば転用もアリかなとも思えてきました。

ではここであらためて、フレッツ光からドコモ光に転用する場合のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

あくまで「転用する」際のメリット・デメリットですから、フレッツ光を利用していない場合や新規の利用では多少主旨がずれてくるので、この限りではありません。

解約金が発生しない

フレッツ光からドコモ光への「転用」は、たとえばフレッツ光から電力系の光回線へ変更する場合の「他社乗り換え」とはならないためフレッツ光の解約金が発生しません

同じフレッツ光回線を利用するわけですから設備や端末もそのまま、ハード面での変更が不要なわけですね。

プロバイダを変えずに使えて料金が安くなる

現在利用中のプロバイダがドコモ光の提携するプロバイダに含まれていれば、プロバイダがそのまま使えて月額利用料金も安くなります。

ケータイがドコモならセット割が使える

フレッツ光ではケータイと光回線は別物でしたが、ドコモ光はケータイ会社のドコモがやっている光コラボ。

ドコモのケータイを利用するなら「ドコモ光パック」というセット割が受けられるようになります。

サポートや料金窓口が1本化される

フレッツ光ではプロバイダと回線の運営会社が別だったため、問い合わせ窓口や料金の支払いも別々になっていました。

ドコモ光にするとこれが1本化され、ドコモショップでの対応も可能になり、手続きがラクになります。

dcardGOLD支払ならポイントが貯まりやすくなる

ドコモケータイのサービスのひとつにdcardGOLD支払でのポイント還元がありますが、ドコモ光に転用することで支払先がドコモに一本化されるため、当然ポイントも貯まりやすくなります。

dcardGOLDは、転用の際に同時に申し込んでもいいでしょう。

フレッツ光からドコモ光に転用する4つのデメリット

一方でフレッツ光からドコモ光へ転用する際にはいくつかデメリットもあります。

プロバイダを変えると料金が高くなることも

フレッツ光からドコモ光に転用するなら、今まで使っていたプロバイダもとくにこだわりがないので、いっそのこと替えてしまおうとなりがちですが、あくまでドコモ光が提携するプロバイダに限られます。

それでもプロバイダが提携先にない場合は「単独型」というプランになります。

しかしプロバイダを提携先以外から決めてしまうと、トータルの利用料金が高くなることがあります。

速度が遅くなったというクチコミも意外と多い

フレッツ光からドコモ光への転用では、同じフレッツ光回線つまりハード面は変わらないので理論的に回線速度は変わりません。

ただ実際は、転用後に速度が遅くなったというクチコミが後をたちません。

これはいったいどういうことなのでしょう?

→参考ページ ドコモ光の速度が遅くなってしまう原因と評判まとめ

よくある原因ですが、ドコモ光へ転用するついでにプロバイダを変更、これにともなってセキュリティソフトを入れ替えたこと。

また転用にともなって心機一転、PCやルーターなどの端末を変更したなどと、ユーザーのハード面の環境が変わったことで、ネットの閲覧が遅くなるということがあります

PCを選ぶときは値段ではなく、CPUとクロック周波数とメモリ容量の3大要素が充実しているものを選びましょう。PC選び方の詳細は、また別のカテゴリで詳しく紹介します。

WiFiを利用するときの無線ルーターも、無線の電波が混雑している地域では、チャンネルを変更することで改善される場合があります。

WEBサイトが混みあっている

大きな事件や台風や地震などの大災害時に、WEBサイトが混みあってネットの閲覧が遅くなることがあります。

WEBサイトといっても結局は発信元のサーバーとつながっているだけ。よほどスペックの高いサーバーでなければ、処理が追いつかなくなってしまいます。

この原因で回線が遅くなると、自分だけ閲覧するサイトを変えてもそのエリアでの閲覧が集中している場合は結局回線がパンクし、なかなか平常に戻らないときがあります。

このようにひと口に「ネットが遅くなった」といっても、いろんな要因が考えられるわけです。

ただここでいえることは、フレッツ光をドコモ光に転用しただけで回線速度が遅くなるということは、基本的にはあり得ないということです。

サポート窓口の電話がつながらない

さまざまなトラブルや契約内容の確認などで、ドコモ光のサポート窓口にTELする方は多いと思います。

ちょっとしたことでも書面やメールでのやりとりではどうもイマイチ不安、電話で直接話ができれば、内容はともかく安心感が違いますよね。

ただこの電話が全然つながらないといった苦情がダントツに多いのです。

これは一部の光コラボを除いて、ほぼすべての光コラボでいえることですが、とくにドコモ光は、ソフトバンク光と肩をならべて電話がつながらないと悪評です。

こればかりはどうしようもありません。ドコモ光に言わせれば「時間帯を変えてみてください」とか「メールでの問い合わせもできます」、「オフィシャルサイトのQ&Aにも似たような事例がありますのでまずは参考に」とのこと、その場で困っているユーザーへの対応にはなっていませんよね。

プロバイダ選びの3大要素は「安い」、「速い」、「サポートが充実」です。

サポート面では早期の改善を望みたいところです。

フレッツ光からドコモ光へ転用する際のメリットとデメリットをあげてみましたが、トータル的にどう判断するかは結局ユーザー次第です。

ずっと長く安心してネットが快適に使えるよう、しっかり検討してみてくださいね。

ドコモ光のおすすめのキャンペーン

ドコモ光のキャンペーンは、申し込み窓口によって異なります。

どのキャンペーンに申し込んでも、月額料金やサービス内容は全く同じです。

キャンペーンによって異なるのは、キャッシュバックがあるかどうかや工事費が無料になるかどうか、dポイントがもらえるかどうかなどです。

複数のキャンペーンを比較した際に、最もお得なキャンペーンがある申し込み窓口は、GMOとくとくBB公式サイトとなっています。

申し込み窓口キャンペーン内容
GMOとくとくBB公式サイト15,000円キャッシュバック
・本来18,000円の工事費が無料になる
・最大10,000円分のdポイントがもらえる
・高性能ルーターの無料レンタル
・初期設定訪問サービスが無料
GMO以外のウェブサイト・dポイント最大20,000pt
ドコモショップ・dポイント10,000pt
家電量販店・各種ポイント(5,000円程度)プレゼント

GMOとくとくBB公式サイトとは、ドコモ光のプロバイダのサイトです。

GMOとくとくBB公式サイトから申し込めば、15,000円の最多キャッシュバックや、新規工事費が無料、さらに最大10,000円分のdポイントなど特典が盛りだくさんです。

さらに、ドコモのスマホユーザーなら毎月最大3,500円を割引にすることができます。

この記事では、ドコモ光のキャンペーンを申し込み窓口によって比較した上で安く申し込むことができる方法を紹介していきます。

最も特典があり、お得なキャンペーンをしているGMOとくとくBB公式サイトに以下のボタンから申し込みができます。

GMOとくとくBBサイトがおすすめな理由

  • 15,000円の最多キャッシュバック!
  • さらに最大10,000円分のdポイント+工事費無料をプレゼント!
  • 高品質Wi-Fiルーターが12か月無料でレンタルできる!