ドコモ光に転用する場合の設定方法と注意点について徹底解説

「ドコモのスマホを使っているし、ドコモ光に変えようかな」

ドコモのスマホを使っているなら、スマホとのセット割が利用できる「ドコモ光」に転用を検討中、また申し込みされた方もいらっしゃると思います。

フレッツ光からドコモ光に切り替えることは「転用」と呼ばれ、転用には必要な手続きがあります。 また、フレッツ光で利用していた環境をドコモ光に転用した場合に、サービスプランや利用環境によって、機器の交換の有無や設定方法が異なってきます。

当記事では、転用の手続き方法や、工事、インターネット接続設定について解説します。

フレッツ光からドコモ光への「転用」とは

光回線を検討するときに、「転用」や「乗り換え」という言葉を耳にしませんか? 「転用」と「乗り換え」は意味が異なるので、光回線の契約を検討している方は、理解しておくとよいでしょう。

「転用」と「乗り換え」の違い

フレッツ光やドコモ光などの光回線を検討する際に耳にする「転用」とは、どういう意味でしょうか?

「転用」とは、フレッツ光からドコモ光のような光コラボに契約を変更することを意味します。「転用」により、光回線を変更する手続きがスムーズになると言われています。 たとえば、お客さまIDをそのまま引き継げたり、設備や機器を返却せずにそのまま使えたり、というメリットがあります。 さらに、フレッツ光の割引サービスの解約金も発生しない、という金額面のメリットもあります。

【光コラボ】とは?
「ドコモ光」や「ソフトバンク光」など、フレッツ光の光回線を借り受けて独自のインターネット接続サービスを提供する仕組みのこと。

「転用」に似た言葉に「乗り換え」があります。

「乗り換え」は、フレッツ光でも光コラボでもない事業者からドコモ光に契約を変更することを意味します。

「転用」の手続き方法

フレッツ光からドコモ光への「転用」の手続き方法を説明します。

「転用」にはまず、フレッツ光で発行される「転用承諾番号」が必要です。 フレッツ光を契約している本人が、フレッツ光の提供会社であるNTT東日本/西日本に問い合わせ、番号を取得してください。 問い合わせは、インターネットまたは電話で可能です。

つぎに、ドコモ光に転用の申込を行います。ここで「転用承諾番号」をドコモ光に伝えることを忘れないようにしましょう。

ドコモ光への申込は、電話やオンライン、ドコモショップなどで可能です。

ドコモ光に申し込みする際は、窓口によって内容が異なる入会キャンペーンに着目しましょう。

GMOとくとくBBでは、15,000円キャッシュバックドコモポイント最大10,000ポイントプレゼントなどのキャンペーンを行っています。 GMOとくとくBBはドコモの提携プロバイダーで、東証一部上場のGMOインターネットが運用しています。

プロバイダ契約について

フレッツ光を契約している方は、別途プロバイダとも契約をしていると思います。

転用先のドコモ光は、プロバイダ一体型の料金プランがありますので、今使っているプロバイダとドコモ光が提携しているか確認しましょう。

ドコモ光タイプAの提携プロバイダ

プランAは、プロバイダ一体型。
月額料金は、戸建てで5,200円、マンションで4,000円です。

  • ドコモネット
  • プララ
  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • ic-net
  • Tigers
  • BIGLOBE
  • andline
  • シナプス
  • BB excite
  • エディオンネット
  • SIS
  • ハイホー
  • @ネスク
  • 01光コアラ
  • 楽天ブロードバンド
  • ティキティキインターネット

ドコモ光タイプBの提携プロバイダ

プランBも、プロバイダ一体型。
月額料金は、戸建てで5,400円、マンションで4,200円です。

  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • チャンプルネット

今お使いのプロバイダが上記の中にあった場合は、プロバイダの契約はそのままでドコモ光を使うことができます。

プロバイダによって、Wi-Fiルーターの種類やレンタル、サポートサービスが異なるので、転用の機会にプロバイダの変更を検討してもよいでしょう。

※プロバイダを解約し新しく契約する場合は、解約金がかかる可能性があります。

ドコモ光に「転用」、工事はあるの?

フレッツ光からドコモ光への「転用」の場合、利用環境や申込内容によって、現地工事の有無が異なります。

現地工事が必要な場合→「派遣工事」
現地工事が不要な場合→「無派遣工事」
と表記して、解説していきます。

派遣工事がある場合

ドコモ光は、フレッツ光のネクスト回線を借り受けて運用されています。なので、フレッツ光でネクスト回線で、通信速度を変えずに利用する場合は、工事は不要です。
ただし、フレッツ光からドコモ光に転用する際に、サービスプラン(通信速度など)の変更や移転を伴う場合は工事が必要になる場合があります。

無派遣工事の場合

フレッツ光のサービスプランが「ネクスト」タイプで、ドコモ光でのプロバイダを以前から変更する場合は、派遣工事は不要です。 ただし、機器の設定変更は必要になる場合があります。

工事の有無は、フレッツ光のサービスプランや、設備状況によって変わります。工事の内容について気になる点は「ドコモ光サービスセンター」に問い合わせると教えてもらえますよ。

インターネット接続設定について

ドコモ光に申し込みが完了したら、インターネットの接続設定が必要になります。

ここでは、インターネット接続設定について説明しますので、ご自身の環境と照らし合わせながら参考にしてみてください。

光回線終端装置(ONU)を光コンセントに接続する

ドコモ光のような光コラボのフレッツ光回線には、ONUという光回線終端装置が使われます。

【ONU】とは?
ONUとは、「Optical Network Unit」の略で、光信号をLAN信号に変換する装置です。
ONUにもいくつかの種類があり、外観も違います。光信号の変換機能だけをもつシンプルなONUは、高さ10cm程度の小型サイズ。
光電話機能やルーター機能を有したONUは別名「ホームゲートウェイ」ともいわれ、高さ25cmの比較的大きなサイズです。

ONUには、宅内に配線された光回線を接続します。

宅内に引き込まれた光配線は、壁内にプレートとして埋め込まれたり、床上にそのまま置かれた「光コンセント」として設置されています。この光コンセントに、ドコモ光から送付されるONUをつなぎます。

宅内環境によっては、光コンセントがなく、光ケーブルを直接ONU内にまで引き込んでいるパターンもあります。光ケーブルは、半透明なスパイラルチューブ(らせん状のケーブル保護材)に巻かれているので、他の電源ケーブルやアンテナ線とは区別がつきやすくなっています。

※ONUに光ケーブルが直接つながれているのにONUが送られてきた場合
送られてきたONUは、ホームゲートウェイかもしれません。ホームゲートウェイは、背が高く、ルーター機能や光電話機能を目的に使われます。

【ONUとホームゲートウェイをつなぐパターンもあり】
光ケーブルが直接機器内に接続されているONUとホームゲートウェイの接続は、ホームゲートウェイに同梱されているLANケーブルで行ないます。
端末用のONU背面のLANコネクタにLANケーブルを差しこみ、もう一方をホームゲートウェイ背面の「WAN」というコネクタに差し込めば接続完了です。
光電話を利用する場合は、ホームゲートウェイ背面の「TEL1」に電話機をつなぎます。

ONUの電源を入れる

ONU(またはホームゲートウェイ)までの光配線が接続出来たら、電源を入れます。

電源の入れ方は、コンセントにAC電源アダプターを差し込むだけです。(電源スイッチはありません)

電源を入れてしばらく待つと、ONU前面のランプが点滅→点灯します。

・小型ONU単体のパターンでは、前面にある4つの緑色のランプがすべて点灯すればOKです。

・ホームゲートウェイの場合は約10分程度の待機時間が必要です。

この間を利用して、プロバイダからの利用案内を手元に用意しておいてください。

ホームゲートウェイの全面ランプのうち「登録」というランプが緑に点灯していれば接続完了です。このとき「初期状態」というランプがオレンジ色に点灯していることも見ておいてくださいね。

プロバイダ情報を設定する

ONUまで光信号が到達すれば、インターネットの利用まではあと一歩です。

「プロバイダ情報の設定」のことを業界用語で「PPPoE設定」と言います。
「PPPoE設定」は、ユーザー環境によって設定方法が異なりますので、ご自身の環境に合った項目を参考に設定しましょう。

ホームゲートウェイにPPPoEを設定する

これは、もっともポピュラーな作業です。

ホームゲートウェイの内部にアクセスするためには、パソコンが必要です。 パソコンのLANコネクタと、ホームゲートウェイ背面のLANコネクタをLANケーブルでつなぎます。パソコンがない場合は、無線ルーターをホームゲートウェイ背面のLANコネクタに「アクセスポイントモード(ルーターモードではなく=ブリッジモードともいう)」でつなぎ、無線ルーターとスマホをWiFi接続しておきます。

≫ ブラウザを起動してホームゲートウェイのIPアドレスを入力

ホームゲートウェイにつないだパソコンやスマホなどのブラウザを起動し、アドレス欄に「192.168.1.1」を打ち込み、移動します。

≫ 初期ユーザー名・パスワードの設定

ここでは、今後のアクセス時に必要となるユーザー名とパスワードを決めるよう求めてきます。適当なユーザー名とパスワードを決め、入力してください。

≫ 再度ユーザー名・パスワードを入力

画面が変わり、あらためてユーザー名とパスワードが求められるので、先ほど決めたユーザー名・パスワードを再度入力します。

≫ 接続先設定(IPv4)を選択

ホームゲートウェイの設定画面が出てきました。 左縦メニューの「基本設定」→「接続先設定(IPv4)」を選択すると、画面右に「接続先の選択設定」が出てくるので、いちばん上の行の「接続設定1」を選択します。

≫ プロバイダ情報を入力

接続先の詳細を設定する画面が出てきました。
ここには、プロバイダ情報の書面にある「認証ID」(プロバイダによって名称はさまざま)や「接続先パスワード」を入力します。 入力が完了すると、自動的に元の画面に戻ります。

画面右の「接続先の選択設定」のいちばん上の行に、設定した接続先名が表示され、右の「状態」の項目が「回線接続中」となっていれば成功です。 ここで同じ行左側の「接続可」にチェックが入っていることも確認しておいてください。

≫ ホームゲートウェイ前面の「PPP」ランプ点灯を確認

ここまできたら、ホームゲートウェイ内での設定は終わりです。

以上で、ホームゲートウェイの設定は終了、インターネットが開通します。 うまくいかないときは、手順を追って何度かトライしてみてくださいね。

ホームゲートウェイでなくONU単体の場合は無線ルーターを利用

ONU単体の場合は、ルーター機能をもっていないので、別の機器にPPPoE設定が必要になります。

具体的には、パソコンかルーターにPPPoE設定するということになりますが、パソコンで設定すると、そのパソコンでしかインターネットが利用できないので、不便ですよね。

無線ルーターなら、スマホやタブレット、パソコンでそのままインターネットが利用できます。

では早速、無線ルーターを用意し、WiFi経由でPPPoE設定をやってみましょう。

≫ ONUに無線ルーターをつなぐ

無線ルーターに付属のLANケーブルで、ONU背面のLANコネクターと無線ルーターのWANコネクターをつなぎ、すべての電源を入れます。

一般的なメーカー品の無線ルーターでは、WiFiでつながったときに自動的に回線を判断し、インターネット信号がなければ、プロバイダーの認証用「ユーザー名」と「パスワード」の入力を求めてきます。 画面に従って、認証用「ユーザー名」と「パスワード」を入力すると、自動的にインターネット信号の確認が行われます。 「接続に成功しました!」などと表示されたら成功です。

設定した端末から、すぐにインターネットが楽しめます。

PPPoE接続の説明は以上です。 聞きなれない言葉や細かな設定が多く、難しいと感じた方もいらっしゃるかもしれません。 光回線の契約時には、書面でもガイドなどが送られてくるので、ガイドも参考にしてくださいね。

接続設定が不要な場合

ドコモ光に転用したとき、うれしいことに接続設定がいらない場合もあります。

それが、
1 フレッツ光のサービスプランがネクストタイプ
2 ドコモ光でプロバイダを変更しない
3 回線速度を変更しない
パターンです。

申し込み時に案内された「きりかえ日」には、そのままインターネットが使えます。

ドコモ光に転用した際に行う設定に関する注意点

フレッツ光からドコモ光へ転用する際の工事や設定について説明してきました。

下記には、設定の際に注意するべきことをまとめました。気づかずに手続きや設定を進めると、インターネットがうまく使えなかったり、お金が余計にかかったりしてしまうので、参考にしてくださいね。

転用時にプロバイダを変更した場合は、以前のプロバイダを解約する

ドコモ光に転用の際、プロバイダを変更したら、新しいプロバイダでインターネットの閲覧確認ができたら、速やかに以前のプロバイダの解約手続きをしましょう。
フレッツ光の時に利用していたプロバイダの解約は、自動的に解約にはなりませんのでご自身で行う必要があります。
解約手続きをしないと、使用していないプロバイダ料金を支払い続けなければなりません。注意しましょう。

二重ルーターに注意

ホームゲートウェイでPPPoE設定をして、さらに無線ルーターでもPPPoE設定をすると「二重ルーター」になり、ネット閲覧が不安定になることがあります。

PPPoE設定は、より光コンセントに近いホームゲートウェイで設定することが基本と言われています。「二重ルーター」になってしまったら、ルーターを「アクセスポイントモード」から「ブリッジモード」に切り替えて使用すれば大丈夫です。

ドコモ光に転用した際の設定についてのまとめ

ドコモ光に転用し、インターネット接続設定が必要な場合、やり方が難しく手間どる方は多いのではないでしょうか。

ONUやルーター、PPPoEなどの専門用語等も聞き慣れないですよね。

当記事では、転用でのインターネット接続設定について解説してきました。これから設定される方の参考になれば幸いです。