ドコモ光の2回線目を安く!複数割+キャンペーンでお得に申込む裏技

更新日:2019/06/06

「ドコモ光を2回線使うと安くなるの?」
「複数割のしくみがよくわからない…」

ドコモ光を2回線以上契約すると「光★複数割」が適用され、2回線目以降1回線につき月額300円の割引が受けられます。

「光★複数割」とは同じシェアグループ内で複数回線を契約した際に自動で適用される割引です。

自動適用で特別な手続きも必要ないため、新生活で実家を離れて光回線を利用したい人などに、手軽に安く2回線目を利用できると人気です。

この記事では、「光★複数割」の適用条件や申し込む際の注意点、また期間限定で2回線目をお得に契約する方法について詳しく解説していきます。

現在ドコモ光では、「GMOとくとくBB」から申し込んだ方に、工事費無料15,000円のキャッシュバック、最大10,000円分のdポイントがもらえるキャンペーンを期間限定で行っています。

こちらのキャンペーンは2回線目でも適用されるので、検討中の方はキャンペーン期間中に申し込むのがよいでしょう。


<GMOとくとくBBがおすすめな理由>

  • 新規申込みで今なら15,000円キャッシュバック
  • 今申し込むと期間限定工事費が無料!
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる!

ドコモ光を2回線以上で使える複数割とは?

ドコモ光の「光★複数割」とは、家族や法人内などの同一シェアグループ内で、2回線以上のドコモ光を契約すると、2回線目以降のドコモ光1回線ごとに月額300円の割引が受けられるサービスです

シェアグループとは

シェアグループとは、決まったデータ容量をシェアする「シェアパック」を利用している家族や法人などのグループのことです。

シェアパックとは

通常ドコモのケータイを契約する際には、1台ごとに1か月に使えるデータ量が定められたパケットプランを契約します。

このパケットプランをひとつにまとめ家族でシェアすることにより、バラバラに契約するよりもオトクに使えるようにしたものが「シェアパック」です。

シェアパックにも段階的にデータプランが設けられています。

このデータプランの容量をシェアした家族間で分け合うわけですが、誰がどれだけ使うのかという配分は、ドコモ側では操作はできません。

このあたりは、家族間のとり決めや大まかな約束事で運用するしかありません。

シェアグループである家族のうち誰かが使いすぎると、グループ内の他の人の残り容量が減ってしまうわけです。

つまり、上記のように一定のデータ容量を分け合っているグループの中で、ドコモ光を2回線以上契約すると「光★複数割」が適用されます

主な例としては家族の誰かが一人暮らしを始めたりするときに使われることが多いようですね。

ドコモ光を2回線以上契約で複数割を適用する条件

さて、シェアグループ内での2回線以上のドコモ光契約で1回線あたり月額300円オトクになる「光★複数割」ですが、サービス適用の条件としてどんなものがあるのでしょうか?

同一のシェアグループであること

前置きに「シェアグループ内での…」とあるように、まずは同一のシェアグループ内であることが必要です

ここで「家族だからいいじゃないか」、「何年も同居している」などといった無茶な論理は通りません。

そもそもシェアグループとは、「シェアパックを利用しているファミリー割引適用の家族」などのことで、この家族というのも厳密にいえば、ドコモの定めた3親等内である必要があります。

ここでいう3親等とは、法律上のものでなく、ドコモの定めたものということになります。違いは簡単に言うとドコモの定めた3親等のほうが緩いです。

また、家族でなくてもドコモの法人向け契約でも同一シェアグループなら、ほぼ同じ条件で光★複数割が受けられます。参考にしてみてください。

同居でなくても同一シェアグループなら大丈夫

同一シェアグループなら「光★複数割」OKということで、同居である必要はありません

離れた場所に住んでいるご家族でも、ファミリー割引のシェアパック適用になるわけですから、それぞれにドコモ光を利用していれば、この「光★複数割」が適用になるわけです。

ドコモ光を2回線以上契約すれば複数割は自動適用!?

「光★複数割」の申し込み方法ですが、これが意外にも、あえて申し込む必要がないのです。

つまり、適用条件を満たせば自動適用になります

考えてみれば、ドコモでシェアパック適用になっていることは、ドコモのシステム上でわかりますよね。

このシェアグループ内の誰かがドコモ光を利用している、またはドコモ光を申し込む際にもわかります。

それが複数回線であっても同じことですよね。

というわけで、適用条件を満たしていれば、ドコモのシステム内で自動的に適用になっているということなんです。

そのため、2回線目を検討中の方は同じシェアグループ内のメンバーの名義で2回線目を申し込んでしまえば「光★複数割」で利用できるということです。

すでに「光★複数割」が適用されているかも

そんなわけで、シェアグループ内でドコモ光を複数回線利用している方は、親回線の明細を確かめてみてください。

「おおっ、これだ!」なんてことになりそうですね。

あまり明細を見ない方は時々チェックしてみましょう、光★複数割に限らず、何か他にも割引がついているかもしれません。

逆によくわからない料金が付加されているかもしれないので、料金明細はこまめにチェックしたほうがいいですよ。

ドコモ光の2回線以上の契約と複数割適用の注意点3つ

「光★複数割」には見逃しがちな注意点がいくつかあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

「ドコモ光ミニ」「2台目プラス」には適用されない

インターネットをあまり利用しないユーザー向けのドコモ光の新プラン「ドコモ光ミニ」や、「2台目プラス」は、ドコモ光の「光★複数割」の対象外です。

同居の家族でも適用されないことがある

2世帯住宅や、同じ敷地内でドコモ光を2回線以上利用している、家族全員がドコモを利用しているという場合でも、ドコモの同一シェアグループでなければ、「光★複数割」は適用になりません

逆に同一シェアグループに申し込めばいいわけです。

ドコモ光は携帯1契約につき1契約まで

ドコモの同一シェアグループ内で複数のドコモ光を契約できますが、ドコモ光は携帯1契約につき1契約までしかできません

ドコモ光を複数契約する場合は、ペア回線として利用できる別な携帯を用意する必要があります。

ドコモ光の2回線以上の契約をさらにお得に行う裏技

ここまで、2回線以上の契約で料金がお得になる「光★複数割」を紹介してきましたが、最後にさらにお得に契約できる裏技を紹介します。

それは2回線目に「ドコモ光×GMOとくとくBB」を契約することです。

現在ドコモ光では、「GMOとくとくBB」で申し込んだ方に、工事費無料15,000円のキャッシュバック、最大10,000円分のdポイントがもらえるキャンペーンを期間限定で
行っています。

そのため、2回線目としてこちらの「GMOとくとくBB」を契約すれば複数割だけでなくこれらの特典もついてくるため大変お得です。

期間限定キャンペーンのため検討中の方は早めの申し込みがおすすめです。


<GMOとくとくBBがおすすめな理由>

  • 新規申込みで今なら15,000円キャッシュバック
  • 今申し込むと期間限定工事費が無料!
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる!

公開日:2017/01/20