ドコモ光のプロバイダを変更する方法と注意点、かかる費用などについて

ドコモ光のプロバイダを変更したい!

キャンペーンが豊富で速度が速いプロバイダって?

プロバイダを変更する際に、どのプロバイダにするのかは悩みどころですよね。

GMOとくとくBBはドコモ光のタイプAのプロパイダの1つですが、15,000円のキャッシュバック高性能のWi-Fiルーターをレンタルできるなど、キャンペーンが豊富です。

まだプロバイダをどこにするか迷っている方はGMOとくとくBBも候補に入れてみてください。

このサイトでは、プロバイダの変更方法変更する際の注意点、またGMOとくとくBBの魅力について紹介していきます。

≪GMOとくとくBBの魅力≫

  • タイプAだからタイプBより月額料金が200円安い
  • 満足度が96.8%と非常に高い
  • 15,000円のキャッシュバック
  • 無料でルーターがレンタルできる
  • v6プラス対応で速度が速い


ドコモ光のプロバイダの選び方!GMOとくとくBBの魅力とは

ドコモ光の定額プランにはタイプA・タイプB・単独タイプの3種類のタイプがあります。

タイプAとタイプBの違いは対応プロバイダ会社と月額料金のみになっており、月額料金が200円安いタイプAを選ぶのがよいでしょう。

GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダ会社の1つとなっています。

ドコモ光の公式キャンペーンとしてどのプロバイダに申し込んだとしても、「新規工事料無料」や「dポイント10,000ptプレゼント」のキャンペーンは受けることができます。

ただし、「15,000円のキャッシュバック」「ルーター無料レンタル」「セキュリティ特典」などのキャンペーンはプロバイダ会社によってあるところとないところがあるので、確認してから申し込む方がよいでしょう。

この3つのキャンペーンを行っているタイプAのプロバイダ会社は、plalaGMOとくとくBB@niftyDTIの4社となっています。

その4社の中からお好みのプロバイダ会社を選ばれるのがよいでしょう。

以下のボタンから、GMOとくとくBBの公式ホームページを見ることできるので、ぜひ見てみましょう。


ドコモ光のプロバイダを変更するタイミング

契約期間は、ドコモ光の利用開始日の翌月を1か月として計算されます。

ご利用開始日が1日の場合は、当月を1か月目とします。

とくに利用を開始する日によって、料金が増えることや損することはないので、どのタイミングで申し込みをしてもよいでしょう。

ルーターの設定の方法

wi-Fiルーターの設定は自分で行う必要があります。

wi-Fiルーターを接続する際には、SSID1暗号キー1が必要になります。

SSIDと暗号キーはルーターの機器に貼られていることがほとんどなので、確認してみるとよいでしょう。

wi-Fiルーターの設定方法の手順4つは以下のようになっています。

    ≪wi-Fiルーターの設定方法の手順4つ≫

  1. 装置の確認
  2. 機器の接続
  3. Wi-Fiの接続
  4. プロバイダ情報の入力

まず1段階目として、ルーターの装置の確認をする必要があります。

まず設置したルーターにPPPランプがあるかどうかを確かめましょう。

ドコモ光で使うルーターには、PPPランプがあるものしか用いることができないので注意が必要です。

次に2段階目として、ルーターの機器の接続を行いましょう。

ルーターは、前後左右約5cm、上約5cm以内に他の機器や壁などがない場所に設置するようにしましょう。

そして、ルーターのスタンドを取り付け終わったら、LANケーブルをOCNもしくは光電話対応ルーターに接続しましょう。

その後ルーターの電源を入れ、60秒経過後ACアダプタをルーターに接続しACアダプタのコンセントをさしましょう。

次に3段階目として、Wi-Fiの接続を行いましょう。

Androidのスマートフォンの場合のWi-Fiの接続について解説していきます。

まずスマートフォンの「設定」を選択し、その次に「Wi-Fi」を選択しましょう。

「Wi-Fi」選択後、複数のWi-Fiが表示されるのでその中から、「ルーターに記載されているSSID1」を選択します。

もし「ルーターに記載されているSSID1」が表示されない場合は、ルーターの接続ガイドをもとに再度機器の設定を行いましょう。

「ルーターに記載されているSSID1」した後、パスワードの入力画面が表示されたら、「暗号キー1」を入力し「接続」を押しましょう。

光回線機器に接続ができると、Wi-Fiの電波のマークが画面内に表示されます。

これでWi-Fiの接続は完了です。

最後に、プロバイダ情報の入力をしましょう。

設定する前に、「会員登録証」に記載されている「認証ID」「認証パスワード」が必要となります。


ドコモ光のプロバイダを変更する方法

ドコモ光プロバイダ変更には、電話で手続きする方法ドコモショップで手続きする方法の2つがあります。

ドコモ光のプロバイダを変更しようとしている方は、変更しようとお考えのプロバイダとドコモ光の公式ホームページを訪問するとよいでしょう。

電話での受付時間は午前9時~午後8時となっています。

ドコモショップの営業時間は店舗によって異なります。

ドコモショップでプロバイダの変更を申し込む方は、事前に来客日時や用件を伝えておけば優先して案内を受けられるので、店舗へ連絡して訪問するのがよいでしょう。

もしGMOとくとくBBのプロバイダに申し込もうとお考えなら、以下のページから電話での手続きやドコモショップの検索ができるので見てみるとよいでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダに変更する方はこちら

ドコモ光のプロバイダ変更にかかる違約金

ドコモ光のプロバイダを別のプロバイダに変更する際は、違約金がかかる場合があります。

違約金として、事務手数料3,000円が必要になる場合がありますので、確認してみましょう。

    ≪違約金3,000円が発生するケース≫

  • 同一タイプ内でのプロバイダ変更
    (タイプAからタイプA、タイプBからタイプBなど)
  • 異なるタイプへのプロバイダ変更
    (タイプAからタイプB、タイプBからタイプAなど)
  • 使用しているプロバイダの廃止
    (タイプAの廃止、タイプBの廃止)

プロバイダ変更には、タイプに関係なく違約金3,000円が発生するということを念頭に置いておきましょう。


ドコモ光のプロバイダの選び方

ドコモ光の定額プランには、タイプAタイプB単独タイプの3種類があります。

タイプAとタイプBの違いは月額料金と対応プロバイダの2種であります。

2年の定期契約をする場合の月額料金は以下のようになっています。

戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

これらのタイプAとタイプBの料金は、プロバイダ料金も含んだ金額になっています。

特にこのプロバイダ会社にしたいという強い気持ちがなければ、タイプBより月額料金が200円安いタイプAにする方がよいかもしれません。

タイプAの対応プロバイダを全て紹介します。

《タイプAのプロバイダ一覧》

プロバイダwifi
ルーターレンタル
訪問サポートリモートサポート
ドコモnet有料有料
plala○初回無料○初回無料
GMOとくとくBB○初回無料
12ヶ月以内
@nifty○初回無料
3ヶ月以内
○初回無料
DTI○初回無料
BIGLOBE○初回無料
andline○選択制有料○初回無料
タイガースネットドットコム○初回無料
180日以内
エディオンネット有料
excite有料有料
ハイホー○初回無料
60日以内
○初回無料
60日以内
スピーディア
インターネット
サービス
○初回無料
60日以内
○初回無料
60日以内
ic-net○2回無料○36ヶ月以内
シナプス○初回無料
3ヶ月以内
○初回無料
6ヶ月以内
楽天ブロードバンド○初回無料
60日以内
○初回無料
60日以内
ネスク
TiKiTiKi有料
01光コアラ有料

これらのタイプAのプロバイダ会社の中で、「15,000円のキャッシュバック」「ルーター無料レンタル」「セキュリティ特典」などのキャンペーンを行っているのは、plalaGMOとくとくBB@niftyDTIの4社となっています。

これらプロバイダ会社4社の詳細なキャンペーンを紹介しておきます。

プロバイダキャンペーン内容
plala ・Webからの新規申し込みで15,000円キャッシュバック
・IPoE対応Wi-Fiルーターの無料レンタル
・訪問設定サポート1回無料
・マカフィー最大24カ月無料
GMOとくとくBB ・Webからの新規申し込みで15,000円キャッシュバック
・高機能Wi-Fiルーターの無料レンタル
・マカフィー最大1年間無料
・ドコモの携帯代を毎月割引
@nifty ・Webからの新規申し込みで15,000円キャッシュバック
・IPoE対応Wi-Fiルーターの無料レンタル
・ウイルスバスターfor @niftyが永年無料
・リモートサポート1回無料
・Mail@nifty IMAP機能初月無料
・@nifty WiFi初月無料
・常時安心セキュリティ24 1年間無料
DTI ・Webからの新規申し込みで15,000円キャッシュバック
・IPoE対応Wi-Fiルーターの無料レンタル
・マカフィー最大1年間無料
・ウイルスチェック、迷惑メールブロック、迷惑メールチェック無料
・PC遠隔サポート無料
・VPNサービス無料
・ホームページサービス無料

以下のボタンから、GMOとくとくBBの公式ホームページを見ることができるのでぜひ見てみましょう。