ドコモ光のプロバイダはどこがいい?納得いく選び方とおすすめ2つ

ドコモ光を契約したいけどどのプロバイダにすればいい?

ドコモ光ではプロバイダを選べます。

基本プラン「ドコモ光 1ギガ」であれば、選べるプロバイダは全部で24社です。たくさんあって、どれがいいか迷いますね。

本記事がおすすめするプロバイダは、「GMOとくとくBB」と「ぷらら(plala)」です。どちらも、料金の安いタイプAに分類されます。

基本プラン「ドコモ光 1ギガ」の場合、料金プランは以下の通りです。

ドコモ光 1ギガタイプAの月額料金タイプBの月額料金
戸建て5,200円5,400円
マンション4,000円4,200円

※2年定期契約の場合

タイプAのプロバイダは、タイプBより月額料金が200円安くなっていますね。

タイプAのプロバイダの中でも、「GMOとくとくBB」と「ぷらら」は安定した通信環境を実現する、v6プラスというIPv6通信推奨⽅式の高速通信に対応しています。また、「GMOとくとくBB」はルーターの性能が、「ぷらら」はサポート・セキュリティサービスが魅力です。

ドコモ光のプロバイダを、「GMOとくとくBB」または「ぷらら」に決めたなら、代理店Wizのキャンペーンを確認してみましょう。

Wizのキャンペーンは以下の通りです。新規申込の他、転用(フレッツ光からの契約変更)、事業者変更(他社の光回線からの契約変更)も対象となります。

  • 新規工事料19,800円が無料
  • オプション契約なしで20,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント

ドコモ光に申し込むなら、一度、代理店Wizのサイトをのぞいてみましょう。

ドコモ光のプロバイダは4つの手順で選ぼう

ここでは、ドコモ光のプロバイダについて、選び方のポイントを紹介していきます。

プロバイダとは、回線をインターネットに接続するための事業者です。インターネットを利用するためには、回線だけでなく、プロバイダとも契約する必要があります。

ドコモ光の基本プラン「ドコモ光 1ギガ」のプロバイダは、以下の24社です。

「ドコモ光 1ギガ」プロバイダ

ドコモnet、ぷらら(plala)、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、hi-ho、タイガースネット、SIS、エディオンネット、ic-net、BB.excite、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、01光コアラ、@ネスク、OCN、@T COM、TNC、WAKWAK、ASAHIネット、ちゃんぷるネット

これだけプロバイダがあると、どれを選べばよいか迷いますね。

なお、ドコモ光は、2020年4月より「ドコモ光 10ギガ」の提供をスタートさせました。10ギガプランで選べるプロバイダは以下の7社です。

「ドコモ光 10ギガ」プロバイダ

ドコモnet、ぷらら(plala)、GMOとくとくBB、andline、hi-ho、BB.excite、ASAHIネット

いずれにせよ、複数のプロバイダから一つを契約しなければなりません。そこで、本記事では、以下4つのポイントで選ぶことをおすすめします。

STEP1:キャッシュバック特典がある窓口を探す
STEP2:料金プランがタイプAのプロバイダに絞る
STEP3:Wi-Fiルーターを無料レンタルできるか調べる
STEP4:v6プラスなどIPv6通信推奨⽅式に対応しているプロバイダに決める

それぞれについて、くわしく説明していきます。

STEP1:キャッシュバック特典がある窓口を探す

ドコモ光には、たくさんの申込窓口があります。このうち、キャッシュバック特典を実施しているのは以下の2つです。

  • プロバイダ
  • 販売代理店

プロバイダの中には、ドコモ光の販売代理店を兼ねているところがあります。これらのプロバイダは、契約獲得のため、独自の特典を用意しています。

ただし、プロバイダのキャンペーンを利用すると、他のプロバイダは選べません。

一方、販売代理店から申し込むと、ドコモ光が提携するプロバイダならどれでも選ぶことができます。速度やサービスにこだわってプロバイダを契約したいなら、販売代理店から申し込むといいでしょう。

販売代理店であれば、光テレビなどのオプションを契約しなくても、キャッシュバック特典が受け取れるキャンペーンがおすすめです。望まないオプションに加入すると、月額料金が加算されてしまい、思わぬ出費に後悔するかもしれません。

本記事がおすすめするのは、オプション加入なしで20,000円のキャッシュバックを受け取れる代理店Wizです。

Wizでドコモ光を申し込むと、以下の特典を受け取ることができます。

  • 新規工事料19,800円が無料
  • オプション契約なしで20,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント

契約するプロバイダを絞り込んだら、Wizの特典を確認しましょう。

STEP2:料金プランがタイプAのプロバイダに絞る

ドコモ光の料金プランは、タイプAとタイプBに分かれ、それぞれ選べるプロバイダが異なります。基本プラン「ドコモ光 1ギガ」の場合、各料金プランと選べるプロバイダ数は以下の通りです。

ドコモ光 1ギガタイプAタイプB
月額料金(戸建て)5,200円5,400円
月額料金(マンション)4,000円4,200円
プロバイダ18社から選択可6社から選択可

上の表を見ると、タイプAのプロバイダのほうが、タイプBよりも月額200円安くなっていることがわかりますね。

次の18社がタイプAのプロバイダになります。

「ドコモ光 1ギガ」タイプAのプロバイダ18社

ドコモnet、ぷらら(plala)、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、hi-ho、タイガースネット、SIS、エディオンネット、ic-net、BB.excite、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、01光コアラ、@ネスク

負担をなるべく抑えたいなら、月額料金が安いプロバイダから選ぶといいでしょう。

STEP3:Wi-Fiルーターを無料レンタルできるか調べる

プロバイダをタイプAの18社に絞ったら、Wi-Fiルーターを無料レンタルできるかどうかを調べます。プロバイダによっては、ルーターにレンタル料がかかる場合があるので注意が必要です。

Wi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダは、以下の9社です。

・GMOとくとくBB
・ぷらら(plala)
・@nifty
・DTI
・BIGLOBE
・andline
・hi-ho
・SIS
・ic-net

プロバイダが、だいぶ絞り込めてきました。

STEP4:v6プラスなどIPv6通信推奨⽅式に対応しているプロバイダに決める

プロバイダ9社から、次に安定した通信環境を実現してくれるものを選んでいきます。そこで重要なのが「v6プラス」などのIPv6通信推奨⽅式です。

「v6プラス」とは、快適なインターネット接続を実現するためのIPv6通信推奨⽅式の高速通信サービスです。この「v6プラス」と「IPoE接続方式」両方が備わっていれば、混雑を回避しやすいIPv6通信だけでなく、従来のIPv4通信にしか対応していないページも「IPoE接続方式」で閲覧できます。

v6プラスの環境を実現できるのは、以下12つのプロバイダです。(2020年7月時点)

  • ドコnet
  • ぷらら(plala)
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • andline
  • hi-ho
  • Tigers-net.com
  • SIS
  • エディオンネット
  • ic-net

このうち、本記事でおすすめするのは、「GMOとくとくBB」と「ぷらら(plala)」の2社です。理由については次で説明します。

プロバイダは「GMOとくとくBB」と「ぷらら」がおすすめ

ここまで、ドコモ光の基本プラン「ドコモ光 1ギガ」で選べるプロバイダ24社のうち、4社にまで絞りました。

中でも、本記事がおすすめするのは「GMOとくとくBB」と「ぷらら(plala)」の2社です。理由を説明していきます。

「GMOとくとくBB」は高性能Wi-Fiルーターが選べる

「GMOとくとくBB」は高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルできます。しかも、ルーターは以下の4種類から選ぶことができます。

・BUFFALO製「WSR-2533DHP3」
・BUFFALO製「WXR-1900DHP3」
・NEC製「Aterm WG2600HS」
・ELECOM製「WRC-2533GST2」

いずれのルーターも、新規格のIEEE802.11acに対応しています。幅広い範囲の通信をカバーするもの、とにかくノイズに強いものなど、それぞれ長所があるので、自分に合っているものを選びましょう。

Wi-Fiルーターを無料レンタルできても、機種が限られているプロバイダも少なくありません。ルーターの性能にこだわりたいなら、プロバイダは「GMOとくとくBB」をおすすめします。

「ぷらら」はサポート・セキュリティサービス重視の人向け

サポートやセキュリティサービスを利用したいなら、プロバイダは「ぷらら」がおすすめです。

プロバイダを「ぷらら」にすると、訪問設定サポートを1回無料で受けられます。接続設定を行ってくれるので、初心者でも安心してインターネットを始められますね。

なお、リモート(電話)でのサポートなら、回数制限なしで無料サポートが受けられます。

また、「ぷらら」なら、セキュリティソフト「マカフィー」が最大24ヵ月無料になります。ウイルスやスパイウェア、迷惑メール対策などを備えたソフトが、最大3台の端末に利用できるので便利です。

サポート重視であれば、プロバイダは「ぷらら」を選ぶといいですね。

ドコモ光の魅力とは?ドコモユーザーにおすすめの理由

ドコモ光を契約すると、スマホの割引サービス「ドコモ光セット割」を利用できます。ドコモユーザーにおすすめする理由の一つです。

「ドコモ光セット割」が適用されれば、ドコモのスマホ利用料が割り引かれます。対象となる料金プランと割引金額の一例は以下の通りです。

スマホ料金プラン割引金額(1台につき)
5Gギガホ/
ギガホ
-1,000円/月
5Gギガライト/
ギガライト〜7GB
-1,000円/月
5Gギガライト/
ギガライト〜3GB
-500円/月

※一例

「ドコモ光セット割」は、ドコモ光開通後にドコモショップに行って申し込みましょう。手続きも窓口のサポートがあればスムーズです。

ドコモ光のプロバイダを選んだら20,000円のキャッシュバックを確認

契約したいプロバイダを選んだら、ドコモ光に申し込みましょう。申し込み窓口は、販売代理店がおすすめです。

販売代理店をおすすめする理由は以下の通りです。

  • プロバイダの選択が制限されない
  • キャッシュバック特典を受け取れる

代理店は、ドコモ光で契約できる全プロバイダをカバーしています。さらに、ドコモ光公式にはない、独自キャンペーンも展開しています。

いくつかの代理店は、申込者に対してキャッシュバック特典を実施中です。中でも、オプション加入なしでキャッシュバックを受け取れる代理店は、魅力的と言えるでしょう。

本記事がおすすめするのは、代理店Wizのキャンペーンです。Wizから申し込むと、以下の特典を受け取れます。

  • 新規工事料19,800円が無料
  • オプション契約なしで20,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント

オプション加入なしで20,000円のキャッシュバックは魅力的ですね。気になったら、一度Wizのサイトをのぞいてみましょう。

ドコモ光はプロバイダの変更が可能!費用と変更方法を解説

すでにドコモ光を契約している人のなかには、プロバイダの変更をしたい人もいるかもしれません。ドコモ光のプロバイダの変更は、契約中にプランによって異なります。

変更内容事務手数料具体例
同タイプのプロバイダ3,000円「GMOとくとくBB」から「ぷらら」へ変更
違うタイプのプロバイダ3,000円「OCN」から「GMOとくとくBB」へ変更
プロバイダを解約する3,000円「ドコモ光 1ギガ」から「ドコモ光ミニ」へプラン変更

「ドコモ光ミニ」の料金は「単独プラン」となり、プロバイダを自分で契約します。よって、タイプAもしくはタイプBのプロバイダを解約しなければなりません。

ちなみに、「ドコモ光ミニ」から「ドコモ光 1ギガ」にプラン変更する場合、プロバイダ契約における事務手数料は無料です。

まとめ

この記事では、ドコモ光のプロバイダについて紹介してきました。ドコモ光のプロバイダは、以下4つのステップで絞り込んでいきましょう。

STEP1:キャッシュバック特典がある窓口を探す
STEP2:料金プランがタイプAのプロバイダに絞る
STEP3:Wi-Fiルーターを無料レンタルできるか調べる
STEP4:v6プラスに対応しているプロバイダに決める

本記事がおすすめするプロバイダは、「GMOとくとくBB」もしくは「ぷらら(plala)」です。

「GMOとくとくBB」も「ぷらら」も、月額料金が安いタイプAのプロバイダです。また、安定した通信環境を実現するv6プラスに対応しています。

2社のプロバイダのうち「GMOとくとくBB」はルーターの性能が、「ぷらら」はサポート・セキュリティサービスが魅力です。

ドコモ光のプロバイダを、「GMOとくとくBB」または「ぷらら」に決めたなら、代理店Wizのキャンペーンを確認してみましょう。

Wizのキャンペーンは以下の通りです。新規申込の他、転用(フレッツ光からの契約変更)、事業者変更(他社の光回線からの契約変更)も対象となります。

  • 新規工事料19,800円が無料
  • オプション契約なしで20,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント

ドコモ光に申し込むなら、代理店Wizのキャンペーンを利用して、快適なインターネット生活をお得にスタートさせましょう。