ドコモ光の工事費を無料にする方法!開通までの流れ・工事内容も解説

更新日:2020/06/12

ドコモ光の工事って壁に穴をあけるのかな…

ドコモ光の開通工事費はいくらかかる?開通までの期間は?

この記事は、ドコモ光の開通工事について、工事内容や工事費、開通までの期間などをくわしく紹介しています。

ドコモ光の場合、建物の設備状況などによって、派遣工事もしくは無派遣工事が決まります。各工事の概要は以下の通りです。

派遣工事無派遣工事
・工事担当者が訪問
・電柱から宅内へ光ケーブルを引き込む
・設置機器を持参、一部設置
・工事担当者は訪問しない(NTT局舎内での作業)
・設置機器は自宅に送付されてくる

建物の壁に穴をあける可能性があるのは、戸建てで派遣工事を行う場合です。ただし、一般的には、すでにある多目的配管、またはエアコンダクトなどを利用して引き込むので、穴をあけることはしません。

また、派遣工事と無派遣工事では、工事費も異なります。費用は以下の通りです。

派遣工事の費用無派遣工事の費用
・戸建て18,000円
・マンション15,000円
・2,000円(建物にフレッツ光の回線が残っている)
・無料(転用)

※いずれも税抜・オプション加入なし
※土日祝日の追加手数料などは含まれない

フレッツ光の契約者が、ドコモ光に乗り換える転用であれば、工事費はかかりません。

工事費がかかってしまう場合でも、申込キャンペーンを利用すれば負担額がゼロになるのでおすすめです。

ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。回線速度に定評があり、また特典も充実しています。


ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

ドコモ光の工事が派遣・無派遣になる条件とは?

ここでは、ドコモ光の開通工事が必要な場合、不要な場合について、具体的に説明していきます。

ドコモ光に申し込んだとき、工事は以下の2パターンに分かれます。

  • 派遣工事
  • 無派遣工事

各工事の概要は以下の通りです。

派遣工事無派遣工事
・工事担当者が訪問
・電柱から宅内へ光ケーブルを引き込む
・設置機器を持参、一部設置
・工事担当者は訪問しない(NTT局舎内での作業)
・設置機器は自宅に送付されてくる

では、どのような場合に派遣工事、あるいは無派遣工事になるのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

派遣工事が必要となる場合

以下の場合は、派遣工事が必要です。

  • 建物にフレッツ光の回線が引かれていない
  • 独自回線の光回線を契約している

建物がフレッツ光、または光コラボを契約していなければ、ドコモ光への新規申込が必要です。

光コラボ(光コラボレーション)は、フレッツ光の回線を利用しているサービスのことです。ドコモ光以外では、ソフトバンク光、So-net光プラスなどがこれにあたります。

フレッツ光の回線を利用しない、独自回線の事業者は、NURO光やauひかりなどです。これらを契約している場合も、ドコモ光へ乗り換える際は派遣工事が必要となります。

無派遣工事になる場合

無派遣工事になるのは次の場合です。

  • 建物にフレッツ光の回線が残っている
  • フレッツ光から光コラボへ転用する

まず、建物にフレッツ光の回線が残っていれば、派遣工事をしなくて済みます。また、すでにフレッツ光を契約していて、光コラボに転用する場合も無派遣工事です。

ドコモ光の工事費を確認!無料キャンペーンを賢く利用しよう

ドコモ光は、派遣工事と無派遣工事で費用が異なります。

派遣工事の費用無派遣工事の費用
・戸建て18,000円
・マンション15,000円
・2,000円(建物にフレッツ光の回線が残っている)
・無料(転用)

※いずれも税抜・オプション加入なし
※土日祝日の追加手数料などは含まれない

ドコモ光によると、工事の種類については回線事業者が判断するようです。申込時点で、住所や住居形態の情報から、必要な工事の手配をします。

工事費はキャンペーンを利用して負担ゼロにできる!

新規申込の場合、派遣工事には15,000~18,000円の費用がかかってしまいます。決して少額とは言えません。

工事費の負担をゼロにしたければ、新規申込キャンペーンを利用しましょう。ドコモ光公式サイトから申し込むと、「新規工事料無料」特典が適用されます。

しかし、さらにお得なのはプロバイダのキャンペーンです。下の申し込みボタンから、ドコモ光GMOとくとくBBに申し込めば、新規工事費が無料になるだけでなく、最大20,000円のキャッシュバック、高性能wi-fiレンタルがずっと無料など、たくさんの特典を受け取ることができます。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる


ドコモ光の工事日はいつ?申込~開通まで2週間かかる

ドコモ光の基本コース「ドコモ光 1ギガ」の場合、申込から開通(利用開始)まで、おおよそ2週間必要です。余裕をもって申し込みましょう。

ドコモ光とくとくBBに申し込む場合、開通まで以下の手順を踏むことになります。

1.ドコモ光とくとくBBにWEB申し込みする
2.折り返し連絡があり、料金プラン・サービス内容の決定
3.開通工事日の決定
4.開通工事完了(開通)

ドコモ光とくとくBBのキャンペーンサイトで特典内容を確認したら、そのままWebフォームに必要事項を入力し、申し込みします。この時点では申し込みは確定しません。

その後、折り返し電話があり、ドコモ光とくとくBBの専門スタッフが料金プラン・サービス内容を案内します。専門スタッフは、回線やドコモ光について豊富な知識を持っているので、それぞれの状況に合わせたプラン・サービスを提案してくれますよ。


契約内容が決まったら、指定のサポートセンターへ連絡し、工事日を決定します。

ただし、工事を土日祝日に行う場合は、追加手数料が発生するので注意しましょう。追加料金は、「新規工事料無料」特典の対象外です。

開通工事が完了し、ルーターの設置が終われば、インターネットが利用できるようになります。

なお、一度申し込んだ工事日は、「ドコモ光サービスセンター」に連絡すればキャンセルが可能です。工事2日前の午後8時までに連絡しましょう。

ドコモ光の工事内容が知りたい!戸建て・マンションに分けて解説

ここでは、戸建て、マンションそれぞれの工事内容についてくわしく見ていきます。

ドコモ光に新規で申し込んだ場合、派遣工事はどのように進んでいくのでしょうか?

新規申込の派遣工事について解説

派遣工事は、工事担当者が訪問して作業を行います。内容は以下の通りです。

・電柱から宅内設備に光ケーブルを引き込む
・電柱からNTT局内への開通作業
・光コンセントとONU(回線終端装置)、またはVDSL終端装置をつなぐ
・光電話を契約した場合は対応ルーターを設置する

なお、無線LAN(Wi-Fi)ルーターの設置、インターネットの設定は、契約者が行います。

では、次に、戸建てとマンションで工事の際に注意したいことを紹介します。

戸建ては壁に穴をあける場合がある

戸建ての派遣工事では、まず電柱から宅内へ光ケーブルを引き込みます。

光ケーブルは、建物の多目的配管を利用することがほとんどです。多目的配管がなければ、エアコンダクトなどを利用します。

エアコンダクト以外の引き込み例は次の通りです。

・換気扇や通気口
・テレビ配線の穴
・玄関のドアホンの穴
・小窓

ただし、上記のどちらもないなど、まれに壁に穴をあけることがあります。穴は直径約1cmです。

光ケーブルの引き込み方法は、工事当日に担当者が説明してくれます。

マンションでドコモ光の工事を行う場合の注意点

マンションに光ケーブルが引き込まれていない場合、MDF室での作業が必要です。MDF室はマンションの共用部分なので、オーナーや管理会社へ許可を取らなければなりません。

マンションにおける工事では、以下の申請が求められることがあります。

・MDF室の解錠手配
・オーナー・管理会社への工事許可
・入館届(西日本エリア)
・工事許可申請(西日本エリア)

例えば、契約者本人が承諾しても、入館届がなければ工事ができないということも起こり得ます。工事日を決める際には、必要な許可を確認しておきましょう。

ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。回線速度に定評があり、また特典も充実しています。


ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる



ドコモ光のオプション工事は?光電話と光テレビの費用を紹介

ドコモ光には、オプションサービスとして「光電話」と「映像サービス(光テレビ)」があります。これらに申し込むと、開通工事に加え、オプションサービスの工事も必要です。

ここでは、光電話と光テレビ、それぞれの工事について紹介していきます。

光電話の工事について

ドコモ光の「ドコモ光電話」オプションとは、ドコモ光の回線を使った固定電話サービスです。オプション金額は月500円となっています。

「ドコモ光電話」の工事費は以下の通りです。

番号ポータビリティあり 3,000円
番号ポータビリティなし 1,000円

番号ポータビリティとは、電話番号を変えずに、契約事業者を変えることができる制度です。これまで使っていた電話番号を継続したい場合は、番号ポータビリティの工事を行いましょう。

ただし、NTTから発番された番号でない場合、番号ポータビリティは利用できません。

光テレビの工事費用と工事内容

「ドコモ光テレビオプション」は、光回線を使用して番組視聴できる映像サービスです。アンテナ設置が必要ないので、天候に左右されず高画質動画を楽しむことができます。

「ドコモ光テレビオプション」の工事費は以下の通りです。

テレビ1台の場合 12,300円
テレビ2台~4台の場合 25,600円

内訳を確認しましょう。

  • 基本工事料
  • テレビ接続工事料
  • テレビ視聴サービス登録料

工事は2~3時間程度かかるようです。

まとめ

ドコモ光の開通工事について、工事内容や工事費、開通までの期間などを紹介してきました。

ドコモ光の場合、建物の設備状況などによって、派遣工事もしくは無派遣工事が決まります。各工事の概要は以下の通りです。

派遣工事無派遣工事
・工事担当者が訪問
・電柱から宅内へ光ケーブルを引き込む
・設置機器を持参、一部設置
・工事担当者は訪問しない(NTT局舎内での作業)
・設置機器は自宅に送付されてくる

建物の壁に穴をあける可能性があるのは、戸建てで派遣工事を行う場合です。ただし、一般的には、すでにある多目的配管、またはエアコンダクトなどを利用して引き込むので、穴をあけることはしません。

また、派遣工事と無派遣工事では、工事費も異なります。費用は以下の通りです。

派遣工事の費用無派遣工事の費用
・戸建て18,000円
・マンション15,000円
・2,000円(建物にフレッツ光の回線が残っている)
・無料(転用)

※いずれも税抜・オプション加入なし
※土日祝日の追加手数料などは含まれない

フレッツ光の契約者が、ドコモ光に乗り換える転用であれば、工事費はかかりません。

工事費がかかってしまう場合でも、申込キャンペーンを利用すれば負担額がゼロになるのでおすすめです。

ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。回線速度に定評があり、また特典も充実しています。


ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる


公開日:2017/01/20